チェルノブイリ

2011年04月18日07:09原発事故レベル7 「3/15に何があったのか」・・時系列検証 【新報道2001】

フジテレビ【新報道2001】(4/17)で、福島第一原発の事故がレベル7になった経緯を、時系列にまとめていたので、今後の検証の為にその部分のVTRのみ記録しました(青字はナレーション)

大地震から4日後の3/15日、2号機・・・・・

e6cf08ba.jpg

女子アナ「続いては特集です。未だ予断を許さない状態が続いている福島第一原発。今、原発では何が起きているのでしょうか。」(福山官房副長官が川俣町を訪れた説明会の様子・チェルノブイリの様子 略)

6bf717e9.jpg
松本氏
放射性物質の放出量という観点から見れば、チェルノブイリに匹敵する、あるいは超えるかも知れないような放射能物質の放出になったという事に関しましては、誠に申し訳ないという風に思っております。」

この日、福島第一原発の事故が、国際原子事象評価尺度レベル5からチェルノブイリと同じレベル7に引き上げられたのだ。事故から一ヶ月経った今、何故レベル7だと発表したのか。この発表後、会見を開き、意外な見解を語る組織があった。

4bf7a6b4.jpg e821ed62.jpg
代谷氏「その23日にご発表する時には思っていたわけですね。
ですから、そのレベル7にいく可能性はかなり高いかなというその思いはございました。」

原子力安全委員は保安院とは違い、内閣府に属した組織。彼らは保安院の発表よりも3週間ほど前にレベル7になると考えていたのだ。

原子力事故のレベルは国際原子力機関が持つ国際評価尺度により、事故発生直後から放射能物質の放出量を積み上げた総量によって決まる。彼らの根拠になったものがある。

このグラフは放射能性各種の総放出量を示したもの。注目してほしいのは3/15日。この日に放出量は一気に増え、その後、横ばいになっている。既に15日の時点で現在とほとんど同じ量になっている。

この日、大きな危機があったのではないか。震災から4日後の15日に何があったのか。この日、政府と東電の動きがいつもと違っていた。

57d14544.jpg 882fcea1.jpg

朝、5時43分、菅総理が早朝にもかかわらず東京電力本店を訪問した。午前11時、政府は新たに30㎞圏内に屋内退避を追加した。

bc1e599d.jpg f53a824d.jpg

夕方、厚生労働省は、原発内で働く作業員の被爆線量の限度を現行の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げたと発表

政府や東電の動きだけ見ても、ただならぬ事件が起きた事が分かるあの日、原発で何が起きていたのか。

田中氏「これは官邸のHPに行けばプラント情報があって、そこに全部載っていますよ。」

前原子力委員会委員長代理・田中俊一氏。彼が指摘したのは2号機の炉心の圧力データーだ。

dbf17873.jpg 943704ce.jpg

田中氏「この時に、こう原子炉の圧力容器っていうのは、かなりこう・・一時、74気圧まで上がっているんですよ。(これは設計時の設定以上?) かなり、かなりの、、」

14日の17時12分には原子炉の設計圧力の上限、86気圧に迫る74気圧までに達していた。そして翌日の3月15日午前6時14分、2号機屋内で爆発が起きた。

2号機の原子炉の圧力は、前日の74気圧から、夕方にはおよそ1気圧に急降下。外気と同じになっしまった。この数字に大きな問題があると専門家は言う。

田中氏「ここではもう(原子炉のどこかが)完全に破けているという事を私は示してるんだと思います。」

4ea650a9.jpg cc5b09ba.jpg

写真を見る限りでは、1号機や3号機と違い、わずかに煙が出ている程度に見える2号機。圧力抑制室が破損した恐れがあるという。そこでもう一度15日に起きた事実を追ってみた。

朝7時:福島第一原発の敷地では放射能レベルが一気に上昇。事故後最高の965.5マイクロシーベルトを記録

caa51129.jpg d49ebe9a.jpg
7時50分に、原子力安全・保安院が会見

西山氏「一時間で一年分の半分ぐらいを浴びるという点ではそれなりの大きさではありますけれど、えー、とてもその健康にかかわるようなものだとか、そういうものでは必ずしもありません。」

8時30分、東電の本店では・・

東電の人「(残っている人は?)えーっとですね、正確な数字は分かりませんけれど、50人程度プラスαくらいだという風な情報があります。(それは退避しない人が50人程度?) はい、はい。(50人程度を残して全員が退避した?)はい。」

午前10時になると、敷地内の放射線量は更に上昇。単位が千倍の400ミリシーベルトを記録。会見に現れた菅総理が原発の状況について報告をはじめた。

71d3cf09.jpg b121493f.jpg

菅氏「1号機、3号機の水素の発生による水素爆発に続き、4号機においても火災が発生し、周囲に漏えいしている放射能、この濃度がかなり高くなっております。」(礼をして帰りかける)

何故かこの日に爆発した2号機について触れなかった。

記者「総理!すいません。総理、2号機への言及がありませんけれど、2号機はもっと深刻な事態なのではないでしょうか?」

菅総理の言葉には注目が集まった。

20dd8379.jpg 74707bb6.jpg

菅氏また別の機会に、、あの、、東電の方から報告をすると、こういう風に認識しております。」

2号機についての言葉を避けたこの日から1か月経った昨日、テレビ番組に出演した細野原発担当補佐官はこう語った。

細野氏15日は大変な混乱がありました。なかなか本当に手段がないような時期が続きました。事態が本当に深刻だったんです。」

当時、政府は2号機から大量の放射線が放出された事を知らなかったのか?!専門家は・・

414c6b82.jpg 4ef6e289.jpg

田中氏いや、分かってるでしょう。現場は。分かんないということはないと思うけど、、」

一方、保安院は・・

西山氏「圧力抑制室、これが破損している恐れがあります。」

レベル7について原子力安全委員会はこう語っていた。

代谷氏「その23日にご発表する時には思っていたわけですね。ですから、そのレベル7にいく可能性はかなり高いかなという、その思いはございました。」

では何故、原子力安全委員会はその事を伝えなかったのか

代谷氏「(言及されてこなかった?) はい、我々のINES(国際原子力事象評価尺度)について、それを判断するのはもう保安院と決まってますので、それについて、私たちとしてはどうこう言う、そういう立場でないという風に思っています。」

原子力安全委員会と保安院はどんな組織で何が違っているのか。原子力安全・保安院は原子力を許可・監督するという立場にある。原子力の専門家集団のように見えるが、実態は違うという。

田中氏「(保安院の専門性は?)それはないですよ、明確に。だって彼らは行政官だもん。他(部署)に行っちゃったりまた来たりって事ですから。役人の世界は。それは専門性を求めても無理ですよね。」

b658326d.jpg 248f5799.jpg
会見を担当している西山英彦氏
実は彼は原子力安全・保安院の職員ではなく、経済産業省の大臣官房審議官。東大法学部卒業後、通産省へ入省。貿易局や通商政策局を経て現職。原子力の専門家ではないトップの寺坂氏をはじめ、ほとんどが技術畑の出身ではない

一方、原子力安全委員会は内閣府にあり、5人の原発のスペシャリストをトップにした独立機関。完全確保の企画立案はするが、安全をチェックする機関ではない。

田中氏「ところが今、安全委員会は全く死んでますよね。ですからあのー、行政庁官の保安院と安全委員会とか文科省とかいろんな所が、肝心な所がなんか一つになっていないんですよ。」

原子力安全委員会は、保安院との関係をこう述べた。

defa33c6.jpg

斑目氏「我々と保安院との間のコミュニケーションが足りないんだはないかという認識をちょっと持ってまして、、」(原子力安全委員長)

この複雑なシステムが国民を翻弄したのか。(海水汚染の問題 略) 

やはり、あの15日辺りが一番やばかったんですよね・・しかも2号機の事を当時、会見でスルーしていた。でも、新聞記事では、緊迫した様子を記していました。

今日の国会は、東京電力の清水社長を参考人として呼び、「何故、菅政権では駄目なのか」分かる審議にしたいということなので、この15日に何があったのか、その辺もきっちり明らかにしてほしい。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年04月12日22:55最悪「レベル7」各国に衝撃【ニュースバード】。レベルの定義

TBS系【ニュースバード】で、福島原発事故がレベル7に引き上げられた事に関する、

韓国・ドイツ・イギリス・中国での受け止め方を報じていたので記録しました(青字はナレーション)


36e9f107.jpg
女子アナ「福島第一原発の事故の評価が、最悪の「レベル7」に引き上げられたことは、世界各国でも衝撃を持って受け止められました。」

38db0329.jpg

「日本の福島第一原発事故に対する評価が、最悪の段階のレベル7に格上げされました(韓国・YTNニュース)
韓国のYTNテレビは「日本政府が今回の事故を最悪の原発事故と認めた」と報じました。
7e2e1c37.jpg

また、ドイツのニュース専門チャンネルは「レベル7は人間の健康と環境に大きな被害を与える。日本人は今回の原発事故の意味をやっと理解したようだ」と批判的に報じています。
709d0695.jpg

イギリスのBBCは「1か月経っても福島の状況は不透明で、いつ終わるのか、誰にもわからない」と懸念を示しています。
8e8db3c3.jpg

「日本側が取っている措置が、当面の事態を効果的に緩和させるよう希望する」(中国外務省・洪磊報道官)
中国政府は、日本政府に対し、事故に関する情報を迅速、正確、かつ全面的に開示するよう改めて求めました以上

今日の夕方、東電の会見をライブで見たんですが、昼間の「チェルノブイリ以上になるかも」という発言は、危惧していたから発言したと、記者への突っ込みに釈明していました。

国民が疑心暗鬼になっている時になんという不用意発言・・

で、TBS【Nスタ】で、元日本原子力学会会長の齋藤伸三氏がチェルノブイリと福島の比較をしていたので要約しました。

72c18f85.jpg 7ff0231e.jpg
(何故レベルが引き上げられたのか?)

齋藤氏「・・そもそもこのレベルというのは、外部に放出された放出性物質の量で決められている。

初期の段階では、暫定的にスリーマイル島並みの限られた放出であるとしていたが、今回、安全委員会で正確に評価した結果、60万テラベクレル放出した事が分かったという事でチェルノブイリ並みの評価になった

(ただこれがチェルノブイリと同じと言うのはレベル的にちょっと違うような気もするが?)

3b47dde0.jpg b4366385.jpg
テラベクレルと言ってもチェルノブイリとは一桁違う

チェルノブイリは、原子炉自体が暴走して周りの黒煙の減速材の火災が延々と10日間続いた。で、これに従事者・事故対応の人が急性被曝で亡くなった。

対して福島の場合は、原子炉自体・格納容器もそれほど損傷していない

(ただ、原子炉が複数でまだトラブルが収まっていないので、これが積算されてチェルノブイリのようになるという事は?)

今後、水素爆発とかよっぽどの事がない限り、放射性物質がそれほど増えるという事は予測されない。なので一般の方もレベルが上がったからと言って急に心配する必要はないだろうと考えている。」以上

今回、レベル7に引き上げられた事で、何も慌てる必要はないと思います。だって、危険水域でずっと安定状態みたいなもんだから。私もやっぱりチェルノブイリとは違う気がする。チェルノブイリは別格だもん。

ただ、数字だけが信用できるものなのに!この外部への放射性物質の放出のトンデモ値を、政府と東電と保安院がいつ分かったのかは大問題だと思います。

それにしても、毎度発表が二転三転するの、何とかならないんでしょうかねぇ。

先人が長年かけて築きあげてきた「日本の信用」をぶち壊してくれて、怒り心頭!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年04月03日14:31韓流の街から消えた韓国人、外国メディアの大誤報 【ニュースキャスター】

昨日のTBS【情報7daysニュースキャスター】(4/2)でやっていた、

外国メディアの報道により外国人が日本脱出を急いでいるというVTRを記録しました(青字はナレーション)

「日本中チェルノブイリ」だの、「日本はオワリ」だの・・ビックリ。

44eb7311.jpg e17ef0fc.jpg
ディレクター「新宿区新大久保にやってきました。コチラは韓国料理店が数多く並ぶ人気スポットです。このように営業をやっている店はあるんですが、コチラの屋台村、営業今やっていません。」

年配女性「サムゲタンのそのおいしいってお店がやってない。地震のせいとは書いてありましたけどね。」

新大久保では、閉じている店が目についた。いったい何故?Nキャスはその理由を営業中の店で聞いた。

f53caab1.jpg

イ氏帰った人は大体20人なんですよぉ。そちらの半分ぐらいはまぁやっぱり辞めてしまったっていうのがあるんですね。」

店によると、地震の影響で多くの従業員が韓国に避難新大久保界隈では従業員の帰国が相次ぎ一時閉店に追い込まれる店が増えていたしかし、何故東京から避難するのか? そのわけを探ろうとNキャスは韓国へ渡った

(震災をどう見ているのかというソウルの街角インタビュー)

cc6395d8.jpg 9eacb2db.jpg

d2a03428.jpg
(日本から避難してきた男性の家庭への取材・・本人は東京で働き続けるつもりだったが、震災を伝えるテレビや新聞の日本のニュースを見て、家族が帰国を切望したという話)

fad734f3.jpg f8b42cea.jpg

ちなみに韓国の3大紙・中央日報がつけた見出しは『日本沈没』・・あまりにも逸脱した表現だ。

4428d732.jpg

キムさんは東京に戻り仕事を再開させたい考えだが、家族の理解は得られない。日本の報道に必要以上に反応した韓国の人々、それが脱出へと繋がった。日本脱出を急ぐのは韓国人だけではなかった。

(東京入国管理局へ向かう、普段の10倍もの一時帰国する外国人たちの取材)

601c9e02.jpg 012

フィリピン人日本はもうオワリとみんな思っている。」

オランダ人オランダの新聞はえっと、日本全国、あのチェルノブイリみたいのようになっている。」

c7e28c7a.jpg d7a415b8.jpg

アメリカ人日本の政府、菅とかみんなね、ウソ!ね、本当の事を隠します。何があります。私たちホントのこと分からない。」

日本脱出の背景には、海外メディアの影響が大きいようだ。

ロシア・・『核爆弾』

16f1e10e.jpg 08ec006d.jpg

イギリス・・・『チェルノブイリ級の事故阻止までわずか48時間』

震災当初、日本人の冷静さと秩序を賞賛しエールを送っていた海外メディアだが、福島第一原発を巡ってこんな誤報も・・

ディレクター「コチラはアメリカFOXニュースが報じた日本にある原子力発電所の場所です。ご覧下さい、シブヤエッグマンと書かれています。」

アメリカのネットワークニュースが報じた日本の原発印。その中にシブヤエッグマンという原発が・・東京・渋谷に原発があるという大誤報(老舗ライブハウス、渋谷エッグマンの取材)

129dec38.jpg

何故、こんな誤報が?関係者も首を捻るばかり。配信元のFOXニュースに問い合わせてみたが回答は今のところない。太平洋を挟んだアメリカでは、震災をどのように見ているのか?今回ツナミも到達したという西海岸ロサンゼルスでは・・

002a7a2a.jpg 5d0b7165.jpg

「特に怖いのは原発から放射性物質が放出されていることよ」

「日本人の友達が何人かいるから私は脱出しろと連絡しているの。でもこんな時でも仕事が大事とか言って。仕事より自分を心配しなさいよ。だって1万人も被曝で死んでいるのよ。」

3adce6ff.jpg d9a901fb.jpg

アメリカ人には1979年、スリーマイル島で発生した原発事故が記憶にある。放射性物質拡散の恐怖をアメリカは経験した。

福島からおよそ8600キロ離れたロサンゼルス。しかし子供を持つ家庭は心配が尽きない。過剰な反応も見られた。

42738811.jpg 0b8879ac.jpg
「先週、子供達の誕生会を開いた時、子供達は日本の食べ物やおもちゃが大好きだから用意したの。その時母親の1人が『日本の物を食べさせて大丈夫か』と言ったの。寿司に使われている魚屋ノリは汚染されてはいないのか、他の日本製品も安全なのか心配してたわ。」

遠い海外にも巻き起こる風評被害。日本製品は安全であると正しく伝えなければならない。

(世界の原発反対の運動、オバマの演説)

da3d068a.jpg d6d3c396.jpg以上

アメリカ女性のだって1万人も被曝で死んでいるのよ。」 コメントには主語がないので分かりませんが、被曝で1万人死亡って何なんでしょうね(・・;)??

まぁ外国人の心配はよく分かります。誰だって本国の報道を信用しますから。

やはり、もっと日本政府が外国メディアにちゃんと正確な情報を毎日発信し続けないとイケないと思う。政府はこういう部分をきめ細かく対処していかないと!

風評被害で、日本の輸出産業自体が落ち込むのは目に見えています。

先日も、あの有名な今治タオルでさえ、風評被害で足止めされていました。今治タオル、ローマ空港で風評被害の足止め‎ 》 

今は、検査をしてちゃんと税関を通過できましたが、「日本製品」という事だけで消費者に敬遠されるかも・・

今後、輸出する日本製品に安全だと政府のお墨付きをつけるとか、早急に手立てしないといけないと思う。

少し前ですが、尖閣諸島問題でNYタイムズが「尖閣諸島は中国領土」という記事を出した時、外務委員会で、自民・浜田議員が当時の前原外務大臣に「抗議しないといけない」とメディア戦略を説いていましたが、

国防動員法、超限戦、中国総領事館の広大な土地取得問題(浜田和幸氏質疑》

今の政府は何事も後手後手なので、世界の誤報に対して対処しているのかどうか疑問・・

関連記事

英国紙デイリー・メールの 「メルトダウン」見出しを紹介  【ワイドスクランブル】より(一部抜粋)

bfa56229.jpg

アナ「これはデイリー・メール(Daily Mail) というイギリスで出されている新聞です。3月15日付けのデイリーメール、これはアフリカはケニア・ナイロビで売られていたというものなんでありますが、

えー、一面にですねぇ、メルトダウンという文字が大きく書かれています。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく