ジャパンライフ

2019年12月21日18:27【#桜を見る会】ジャパンライフチラシ宣伝「政治家やマスコミトップの方々が参加し毎月帝国ホテルで情報交換会」泉宏「以前から仲間内で大問題だった」【#正義のミカタ】
ABC朝日放送【教えて!ニュースライブ 正義のミカタ】
『日本のミカタ「桜を見る会」問題で追及を受け続ける安倍政権』で、
既存メディアが隠す「ジャパンライフのチラシ」の下部、一番重要な部分を議論していたので記録しました(青字はナレーション)
地上波では初めてこの話題に触れたかも!
桜を見る会-1 桜を見る会-2
桜を見る会-3
ほんこん氏「・・それが出た時にね、あるコメンテーターの人がその被害者の事を自己責任やと言ってた人が、手のひら返しで今度はジャパンライフが悪いってゆうてんのもあるし、
皆ね、好き勝手うゆてる。こういう事じゃなくて、本来の国会の事をやらなあかんのに、安倍政権は何をしてんねやというのが俺は腹立つよ。こんな事で野党に責められて、憲法改正の話もできへんというのは自分らでこんなもん作ったからちゃうかと」
桜を見る会-4
宮崎哲弥氏「あのね、この問題は、確かに追求しなきゃいけないと思うんですけど、私はね、
追及する側のメディアが、この広告の下にですね『トップ政治家やマスコミのトップの方々が参加したメンバーが毎月帝国ホテルで情報交換会を行っています』と広告があるわけ。
そのメンバーの中には例えば、大新聞の元政治部長とか、(ええーっ?! )現役の大放送局の論説委員とか、もうとにかくテレビで私達がコメンテーターとして知ってる人達がそうそうたるメンバーがいるわけですよ」東野氏「えー、高橋先生!」
桜を見る会-5
高橋洋一氏「知ってますよ、皆そんなの。ジャパンライフの顧問をしてる人も中にいます。政治部関係の人で、辞めてからね。それで3千万円だったかな、顧問料貰って。それ
いま弁護士の人が返還を目指してね、請求してる。」
桜を見る会-7
宮崎氏「これ問題なのはね、帝国ホテルで毎月情報交換会やってる、この会にはトップ政治家も。つまり多くの政治家がここに呼ばれて、恐らくはその政治記者達の人脈によって呼ばれている可能性が高い
桜を見る会-6
ほんこん氏政治記者が言うたらそりゃ信用して行くじゃないですか、ね、政治家の人も。ほなら行くわ言うて。そういう仕組みで、それを繋いでたのは誰やねんっていう事」
東野氏これは大きな問題になってるんですか?いま」
桜を見る会-8
泉宏氏「あのー、我々の仲間の間ではもう前から非常ーに大きな問題になってます。ただまぁ先程ほんこんさん仰ったけどなかなかその部分を、そこもパンフレットですから、その部分をどの局も(映したがらない?! ) お触りにならない。それは自らの局のコメンテーターの方も出ておられると、そういう事です。」
桜を見る会-9
藤井聡氏「おかしい・・だって情報を自分の利益の為に歪めているわけでしょ。大メディアが。ジャーナリスト魂のもうカケラもない話」 (以下略)
在京テレビは何故これを報道しない このご時世に、本当に隠せると思ってるのか 
隠せば隠すほど、テレビ報道への猜疑心・不信が広がるだけなのにね(呆)
ちなみに、「マスコミのトップ」の方々の面々です。よーく憶えておきましょう。

«【ジャパンライフ】テレ東NEWS「元社員の告白」VS報道特集「山口元会長の証言」真っ向から食い違い。どっちがホント?»2019年12月18日
ジャパンライフ
・・
(チラシの下部分には山口会長が主催で自民党・二階幹事長を囲む懇親会を開催したとあり。その参加メンバーの写真を掲載し、「マスコミトップの方々が参加!」と紹介)
毎日新聞社 特別編集員 岸井成格  時事通信社 解説委員 田崎史郎  NHK解説副委員長 島田敏男  政治コラムニスト 後藤謙次  毎日新聞社 専門編集委員 倉重篤郎  順天堂大学国際教養学部特任教授 浅海保  元朝日新聞政治部長 橘優  日本経済新聞 論説主幹 芹川洋一  ジャパンライフ代表取締役会長 山口隆祥
(中略)
元朝日新聞政治部長を直撃! 悪質マルチ「ジャパンライフ」顧問を務めた理由は? 「『新聞を読んでないのか』と言われそうだが、知らなかった」2019.12.6

ジャパンライフ9 ■日本消費経済新聞が昨年2月に報じる

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐり、左派野党やメディアが批判を続けている。悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」の山口隆祥(たかよし)元会長が2015年の同会に招待されたことが問題視されているが、何と同社は、元朝日新聞政治部長の橘優(たちばな・まさる)氏を顧問に迎え、テレビや新聞で知られる政治評論家や解説委員らとの懇親会(勉強会)を、マルチ商法の宣伝に利用していた。この事実を、日本消費経済新聞が昨年2月5日付紙面でスクープした。夕刊フジは、橘氏を直撃した。

 ■「事件顕在化する、17年夏ごろまで顧問料」・・
橘氏は、朝日新聞で政治部長や事業本部長を歴任した人物。4日午後、東京・丸の内の日本外国特派員協会で取材した。・・・

実際にジャパンライフの顧問になったり懇親会したりして、直接「マルチに利用されて被害を広げた」のを反省するのはこの「マスコミのトップの方々」でしょうに(呆)

既存メディアが「報道しない自由」使って、この事実に全く触れない時点で、信用に値しない!報道の茶番!

既存メディアが積極的に報じないのはもう1つ。民主党政権でも後援会をガンガン呼んで支持層を増やそうとしていた件も
«【#桜を見る会】安倍総理や夫人の推薦枠を野党が追及。一方、民主党政権の「実態」も明らかに。【FNNニュース】»2019年11月21日
・・一方、民主党政権の2010年に「桜を見る会」を主催した鳩山元総理も、地元支援者を招いていたと明らかにしました。
総理枠6 総理枠7
鳩山元首相「『桜を見る会』というものがあったのですから、それは利用させて頂いた事は事実だと思います」
鳩山氏は「総理として、他の議員より大勢の方を招いた。多分数十人」と述べました。
総理枠8 総理枠9
また、元民主党の細野元環境相はツイッターで「招待枠があった」としたほか、元民主党で現在は自民党の長尾敬議員は、「『桜を見る会』を後援会固めに使うよう民主党本部から指示を受けた」と明かしていて、公費で開かれる「桜を見る会」を、時の政権が政治的に利用してきた実態が浮き彫りになっています。
(中略)

民主党・野田政権時「党所属国会議員各位、野田総理の下での桜を見る会、後援者の方等をご夫妻で招待いただく絶好の機会です」〜ネットの反応「これぞ私物化www」「只の慣例だったのに、なんで安倍だけ責任追及できると思ったの?」

招待状2
実は、特定野党の追及は悉くブーメランで返っています。
・・後援者を招いたとの批判も、民主党時代、議員1人あたり8人の後援者を招くとして〈後援者の方等(とう)をご夫妻でご招待いただく絶好の機会〉との文書を配布し、計3200人の後援者を呼ぶ計画だったことを産経に暴露された。・・
既存メディアが「全体像」を報道しないから、安倍政権だけが悪く見えるけど、安倍政権はやり過ぎたと反省しました。
で、野党は説明責任を果たし、反省したんですか 
ジャパンライフのチラシに載った「マスコミのトップ」の面々も未だに知らん顔ですよね?!  (;一一)
野党もマスコミも同じ穴のムジナだし、マスコミが甘やかすから、マトモな野党が育たないんだと再確信。
たかだか5千万円の「桜を見る会」の粗探しを連日報道してるけど、生産性あるんですかね?!
そんな事よりもっともっと大事な事!緊迫の香港や深刻な人権侵害現在進行中のウイグル問題なども徹底して報道すべきでしょ?!
「ジャーナリスト魂」なんて死語かもね。少なくても日本の在京既存メディアは機能してない。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2019年12月18日13:09【ジャパンライフ】テレ東NEWS「元社員の告白」VS報道特集「山口元会長の証言」真っ向から食い違い。どっちがホント?
●先日、報道特集で、山口隆祥元会長をよく知る関係者を通じて独自取材したとして、
「チラシとして配ったことはない」「安倍総理・昭恵夫人とは面識はなく会って話した事も一切ない」という山口元会長本人の証言を報じていました。、
●で、テレ東NEWS(12/17)では、元社員がセールスの手口を告白として、「チラシを使えと上司から命令された」「山口元会長が『晋三なんかペーペーの新人の議員の時から俺は知ってるんだ』と言っていた」という証言を報じていたので記録しました(青字はナレーション)
真逆なので比べてみます。 真実はさぁどっち  まずはテレ東NEWS(12/17)から

女性アナ「・・被害総額は約2千億円。高齢者を中心に何故7千人もの人が契約を結んだのでしょうか。ジャパンライフの元社員がその『セールスの手口』を告白しました。」(中略)
・・山形のジャパンライフで2012年から営業を担当してきた吉川さん(仮名・30代)
(商品説明と商法説明など 略)
吉川さん「メインは70,80代ですね。約5割は農家の人。将来の健康に不安を抱えている人達が一番多い年代でターゲット」
ジャパンライフ1 ジャパンライフ2
そして営業マンには月に500万円~1000万円を売り上げるノルマが課さられていたと言います。そのノルマを達成する為に「桜を見る会のチラシを使え」と上司から命令があったと言います。
ジャパンライフ3 ジャパンライフ4
吉川さん「(上司から)ジャパンライフは大丈夫な会社なんですっていうのを、これ(チラシ)でPRして下さいっていうのはありました」
安倍晋三さんが写ってる『桜を見る会』のチラシとかを見せると、招待状が届く位の大きな会社なんだよとアピールすると、・・・契約に繋がったケースもあります。」
ジャパンライフは全国で客を獲得する為の講演会を開いていて、山口元会長は度々政治家の名前を上げて会社を信用するよう呼びかけていたと言います。
ジャパンライフ5
吉川さん「会長なんかは『晋三なんかペーペーの新人の議員の時から俺は知ってるんだ』というのは聞きましたね。そういう大物の政治家の方とジャパンライフは付き合いがあるんだなと」
安倍総理はジャパンライフの山口元会長と個人的な繋がりはなかったと関係を否定しています。
ジャパンライフ6
安倍総理「過去において私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定しませんが、山口氏と一対一のような形でお会いした事はありませんし、個人的な関係は一切ございません。」(以下 略)
では、報道特集の独自取材、山口元会長の証言
«【独自 #桜を見る会】ジャパンライフ・山口隆祥元会長「チラシとして配ってない。安倍総理・昭恵夫人面識ない」【報道特集】»2019年12月09日

(中略)

福田赳夫首相以降、今の安倍総理まで桜を見る会を主催した総理大臣は16人。山口元会長はこんな認識を示した。
IMG_1747 (1)
さて、ジャパンライフは、桜を見る会の招待状を「チラシ」として配ったのか それともジャパンライフの地方支部が勝手にチラシを使っていたのか
なんて・・ここまで書いててナンですが・・この手の証言・報道はいい加減なもの。
インタビュアーの求めに沿って喋る場合もあるしね。(元慰安婦の証言のように)
どっちにしても、また既存メディアが「招待状が被害を拡大!」って騒ぐんだろうなと思うとマジでウンザリ・・
山口元会長がハッタリで政治家の名前を口にしていたのだけは明らかで、そもそも詐欺集団なんだから政治家でもマスコミでも何でも利用するでしょうよねぇ後藤謙次さん!(;一一)

【ブーメラン】桜を見る会で話題のジャパンライフ 報ステ、毎日新聞の岸井も広告塔だった 2019年11月30日
ジャパンライフ
(チラシの下部分には山口会長が主催で自民党・二階幹事長を囲む懇親会を開催したとあり。その参加メンバーの写真を掲載し、「マスコミトップの方々が参加!」と紹介)
毎日新聞社 特別編集員 岸井成格  時事通信社 解説委員 田崎史郎  NHK解説副委員長 島田敏男  政治コラムニスト 後藤謙次  毎日新聞社 専門編集委員 倉重篤郎  順天堂大学国際教養学部特任教授 浅海保  元朝日新聞政治部長 橘優  日本経済新聞 論説主幹 芹川洋一  ジャパンライフ代表取締役会長 山口隆祥

元朝日新聞政治部長を直撃! 悪質マルチ「ジャパンライフ」顧問を務めた理由は? 「『新聞を読んでないのか』と言われそうだが、知らなかった」2019.12.6

ジャパンライフ9 ■日本消費経済新聞が昨年2月に報じる

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐり、左派野党やメディアが批判を続けている。悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」の山口隆祥(たかよし)元会長が2015年の同会に招待されたことが問題視されているが、何と同社は、元朝日新聞政治部長の橘優(たちばな・まさる)氏を顧問に迎え、テレビや新聞で知られる政治評論家や解説委員らとの懇親会(勉強会)を、マルチ商法の宣伝に利用していた。この事実を、日本消費経済新聞が昨年2月5日付紙面でスクープした。夕刊フジは、橘氏を直撃した。

 ■「事件顕在化する、17年夏ごろまで顧問料」

 橘氏は、朝日新聞で政治部長や事業本部長を歴任した人物。4日午後、東京・丸の内の日本外国特派員協会で取材した。・・・

実際にジャパンライフの顧問になったり懇親会したりして、直接「マルチに利用されて被害を広げた」のを反省するのはこの「マスコミのトップの方々」でしょうに(呆)
既存メディアが「報道しない自由」使って、この事実に全く触れない時点で、信用に値しない!報道の茶番!
にほんブログ村 テレビブログへ

にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2019年12月09日16:16【独自 #桜を見る会】ジャパンライフ・山口隆祥元会長「チラシとして配ってない。安倍総理・昭恵夫人面識ない」【報道特集】
TBS【報道特集】(12/7)の特集で、
桜を見る会の焦点の人物として、ジャパンライフ元会長を取材していたので書き起こして記録しました(青字はナレーション)

山口隆祥元会長をよく知る関係者を通じて独自取材だってさすが!太いパイプがあるのね。

で、安倍総理との関連性を強めようと思って取材したら、どっこい!全然関係なくて、マルチ商法に焦点持って行ったカンジ~(苦笑)
山口元会長に届いたとされる招待状は本物なのか?宣伝に使われた経緯は?と・・

福田赳夫首相以降、今の安倍総理まで桜を見る会を主催した総理大臣は16人。山口元会長はこんな認識を示した。
IMG_1747 (1)
「真相解明の鍵を握る元会長」とか、「桜を見る会の問題・真相解明の為には」とか言ってたけど
真相解明なんて出来ないでしょ 実際に歴代政権を遡って取材してもゼロ回答じゃん!(苦笑)
「桜を見る会」なんて、予算 たった5千万位だし、全国各地から集まってやる『春のまつり』みたいなもんでしょ そんな目くじら立てるような話じゃないと思う。
安倍政権も拡張し過ぎたと反省して来年中止で見直すんだから、もうそれで良いよ
それでもどうしても追及するというなら、こんなのマスコミがやればいい。国会で1日3億円使ってやるような話じゃない。
 ただマルチ商法の追及は続けた方が良いかも。

主党政権の消費者庁を管轄大臣消費者担当大臣で、マルチビジネス推進の大臣がいましたよねしかも同時に国家公安委員だった。
「マルチ商法に悪用」云々言うのなら、政界で議連作ってたこの人を追求しなきゃだわ。あり得ない程マルチ業界とズブズブだったでしょ

«マルチ宣伝マン・山岡大臣ピンチ! 野田総理の任命責任も 【スーパーニュース】»2011年11月15日

001 002
女子アナ「山岡消費者担当相と"マルチ商法"の深い関係を野党が問題視。追及をさらに強める構えです。」・・
004 005

006 008
015 016 
「国の為になる仕事。国としてお手伝いする。マルチが日本ではネズミの親戚・・全く間違ってる議員連盟の会長としてもバックアップする」動画で5分以上宣伝勧誘してしてたし(;一一)
あと、安愚楽牧場の件では、立憲民主党最高顧問の海江田万里氏も取材すべき

安愚楽牧場関連

破綻した安愚楽牧場和牛預託商法について、海江田は衆議院議員に当選する平成5年までに、複数の雑誌、書籍などで紹介し投資を推奨していた。これに対して全国安愚楽牧場被害対策弁護団と被害者の一部は被害額の1割の損害賠償を海江田を被告として提訴した。

弁護団公式ホームページによると海江田はかつて以下のような記述をして投資を強く推奨し、リスクがないことを強調していたという[63]

  • 「13.3%の高利回りは驚異的だ」「元金確実で、しかも年13.3%と考えれば、他の金融商品はまっ青!」[64]
  • 和牛の死亡率は0.4%と低く、また万一そのような事態があっても代わりの牛が提供されるので、契約どおりの利益は保証されます」[65]
  • 「知る人ぞ知るといった高利回りの利殖商品」「むろん元本は保証付き」[66][67]
  • 「利益は申し込みをした時点で確定していますから、リスクもありません」[68]

また、著作物の中で海江田は、安愚楽牧場への投資のための申し込み電話番号も記述をしており、被害者の中にはそれを見て申し込んだ人もいたという[69]。また安愚楽牧場のパーティーにも海江田は出席していた[70]

海江田は2012年12月25日の民主党新代表就任記者会見で「20数年前のことで、私も自分の金を出しており、時期がきて終わったことだ」と説明している。また、海江田は「(記事を)執筆した時期とその後の日本の経済は全く異なっており、評論の効力はなくなったと考えている。損害賠償責任を負うものではない」という談話を発表したが、弁護団長である紀藤正樹は「海江田氏は経済の専門家として記事を書いた点で責任は重い」として批判した[67]。これまで、2012年6月から、過去3回、同様の申立てが為されていたという事であるが、3度目の調停申立てが、2013年2月5日までに成立しなかった場合は、東京地裁に提訴する方針であるとした[67]。この3度目の調停申立ては、2013年2月5日までに成立しなかったため、出資者約30人は、2月中に数億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こす方針を固めた[71]

2013年2月18日、この件について、11都県に住む40代から70代の男女30人が、「投資の専門家として知名度と影響力があったのに、危険性の調査や説明を怠り、宣伝マンの役割を果たした」として、計約6億1,000万円の賠償を求めて東京地裁に正式に民事提訴をした[72]が、2016年9月9日、同地裁(谷口園恵裁判長)は「海江田が記事を執筆した時点では安愚楽牧場の和牛は破綻必至の投資対象ではなく、海江田と安愚楽牧場間に緊密な関係はなかった」として請求を棄却した。弁護団は控訴の予定。

報道特集は、独自のコネクションを使って、今後もマルチ商法の取材してね。期待してまーす☆

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく