コンクリートから人へ

2010年05月09日17:00『踊るマニフェスト』民主党の公共工事   【新報道2001】

フジテレビ【新報道2001】で、民主党のマニフェストの検証・第6弾をやっていたので、

そのVTR部分を記録しました。(青字はナレーション)

公共工事削減は田舎には本当に切実な問題です。急に減らすわけにはいかないんです。

001_2 「はい、いらっしゃいませ~。

徳島の半田麺いかがでしょうか~。いらっしゃいませ~。」

ゴールデンウィーク真っ只中、首都圏の駅に手述素麺を販売する男性。

「いかがですか? 徳島の半田麺です。コシの強い麺ですからね、ちょっと味わってみませんか?」

一生懸命商品を売り込むも、この日はなかなか客の足が止まらない。 

Q.「営業は慣れましたか?」渕尻さん「えーっとねぇ、まだまだ慣れませんけどねぇ。私土建屋ですので。」

002

建設業者が何故素麺の販売を? 実はこの渕尻さん、本業の建設業不振で2年前からこの素麺の製造販売を手掛け始めたというのだ。渕尻さんの地元は徳島県つるぎ町。山間に位置するこの町で5代に亘り建設業を営んできた。

003しかし、小泉政権の三位一体改革以来、公共工事が減らされ、不況に喘いで来た

そこに民主党政権の公共工事削減政策が追い討ちをかけた。

建設業の売り上げは3年前の3億円から去年は1億円に急降下。

最近受注したのは町道で崩れた石の除去作業。わずか一日数万円の仕事だったという。

渕尻さん「・・・予算でもあればね、二度とこの崩壊が起こらんようなね、擁壁工事を通してくれればいいんですけどね、、」

民間需要のほとんどないこの地域では公共事業費削減はそのまま会社の存続に関わる

ここ徳島県は10年前は4500社ほどあった建設業者のうち、およそ800社が転用した。

シリーズ 踊るマニフェスト 第6章 公共工事

005

006 鳩山氏”コンクリートから人へ”という基本方針に基づき、、」

この合言葉の下、

切り込み隊長として国土交通大臣に就任した前原大臣

就任会見で・・

007 008前原氏「どこに優先的にお金を使うべきなのかという観点で物事を考えれば、当然ながら、この公共事業というものに対しての新規投資は減らさざるをえないし、、」

本年度予算、国の”公共工事費”は過去最大の18.3%という削減が為された。しかし・・

009_2010
 飯泉氏
18%の減と、、
まっ、急激な環境の変化という事になるんですねぇ。こうなってきてしまうと、、もうハッキリ言って徳島をはじめとする地方にとっては公共工事の崩壊という現象が起きますね、、」

徳島県は、国の大幅削減を受け、逆に県単独の公共事業費を増額した。前年度比で実に85.6%増。およそ30億円から55億円へ。その訳は・・

飯泉氏地域の経済、あるいは雇用に大きな打撃を受けてしまうという事で、この公共工事の崩壊をなんとか食い止めなければいけない、そしてこの建設業界をしっかり守る必要が当面あるのではないかと、、」

012 同じような実情は、日本全国にあった。

番組で47都道府県に対し、本年度予算での県単独の公共事業費の増減についてアンケートを行うと、

なんと、ほぼ半数の23都府県が前年度比プラスと回答。

理由としては・・地方経済と雇用を支えている公共事業の急激な削減は地域経済が支えられないというものだった。では財源はどうしたのか?徳島県の場合

飯泉氏「県単独の公共工事ですから、国からの支援はないわけなんですよね。ですからまずは、、これは前政権の事業で色々な基金、あるいは交付金というものが事業で出来ましたんでね、これをどんどん活用して、、」

014 麻生政権時代に、景気対策として臨時に地方に配分された雇用対策・林業対策・あるいは自殺対策などの基金を取り崩し皮肉にも現政権が昨年度の補正予算に組み込んだ臨時交付金も大いに活用されたという。

もともと、電線の地中化、都市部の緑化などの使い道が望ましいとして策定したものだったが、道路の補修などに多くが使われたという。

実際に予算の組み替えにあたった元財務課長はこう言う。

016 中村氏「今回の交付金の場合は、広い分野の中からですね、

実際、自治体が取捨選択して自分で選んで額もまぁ決められるというところがひとつの特徴だったかなと、、」

しかし、これらの基金や交付金はあくまでも臨時のものだ。

来年度は活用できない

中村氏国が制度改正をするのか、もしくは地方にですね、何か手厚い財源を配分するのかと、、

この何かをですね、していただけないと今年度と同じようなロット(規模)で確保するというのは厳しい状況だと、、」

017 更に、こんな問題もある。公共事業依存の地方経済をどう改善していくのか

厳しい建設業界の実情に直面した、渕尻社長が新たな新規事業として地場産業でもある素麺事業に参入したのは2年前。

当時、国の新分野進出の支援制度を利用したが、その助成金額はわずか280万円。ほとんどは事務所経費などで消えてしまい、新築の工場・設備などにかかったおよそ2億円は多くを借金でまかなったと言う。

渕尻氏「お金はかなり使いましたねー。当初機械がいくらするものとか、それが全く分りませんでしたので、見積もりを取ってみてびっくりした、、」

全てが手探りで始まった新規事業参入。売り込みもインターネットで即売会情報を仕入れる所から始まった。素人営業ながらも全国を飛び回りなんとか軌道に乗り始めてきたという。だが、新規事業参入を目指す建設業者も全てが上手くいくわけではない。夜、ひとりになった社長からはこんな呟きが聞かれた。

020

渕尻氏「この日本で何をしたら儲かるか一生懸命考える、

もう夜中でもホンーーマに思う、、

何したら儲かるだろうなーーっていうのを。

どうやったら従業員をこう養えるか、田舎でこうな、どうやって雇用を伸ばしていこうかなーっていうのが一番やな、、」

(VTR終了スタジオへ)

021

アナ「いやー、切実ですね、建設業から素麺に替わったとはいえ、ゼロからスタートですから、(夜中まで考えるっていう言葉がねー、、:女子アナ)こういった悲鳴、前原大臣どう受け止めますか?」

022 前原氏「まぁ我々も好き好んで、予算を減らしているんじゃないわけですね。

えー、前政権が作った借金っていうのは900兆円を超えていると、

えーまぁギリシャ・ポルトガルが大変だと、そしてユーロが安くなってそして世界全体がまた、不安定な状況になっておりますけども、日本の対GDP比の長期債務ってのは、えー実はギリシャ・ポルトガルよりも多いんですね。

しかも、[E:danger]今年の予算では使ったお金が、92兆円使う。税収は37兆円ですよ。つまりは半分以上借金に頼っているということですね。(医療・介護の話 略)

023 我々はこの”コンクリートから人へ”っていうのは全体の財政を見ながら、

今何が一番求められているのか、別に公共事業に関わっておられる方々を困らせる為にやってるんじゃないんです。

今までの自民党政権の傲慢な財政運営の中で積もり積もった借金が、

このままほおって置いたら、ギリシャやポルトガルのような、あるいはそれ以上のことになってしまうかも知れないと、、体質改善を政権交代でやるんですよ。」(地方で公共事業が増えるのは結構。地方分権だから。繰り返し 略)」

結果的に全然”コンクリートから人へ”になってないですよね。

そもそも”コンクリートから人へ”のスローガンが間違ってるんですけどね! いい加減認めればいいのに・・

お金がなくてギリシャ・ポルトガル以上になる事が分かってるのなら、子供手当を止めるべきです。このまま借金で子供手当をまかなうって事がどう考えてもおかしいでしょ。 ムリしてやると国が崩壊するって分かってるクセに!で、真剣に体質改善する気があるなら、消費税を上げるべきなのでは?!

ちなみに原口大臣は今日のたかじんで「日本は外での借金はない。ギリシャとは全く違う。」と言ってました。原口氏は嫌いだけど政府の一員として発言はコッチの方が正しい。今までの民主党マニフェストの検証『踊るマニフェスト』の記事です。間違いなく呆れます

《『踊るマニフェスト』民主党の子供手当   【新報道2001】》

《『踊るマニフェスト』民主党のムダ削減   【新報道2001】》

民主党マニフェストで日本の行く末 『踊るマニフェスト』  【新報道2001】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年02月09日14:56小沢の露骨過ぎる踏み絵(個所付け問題) 【スーパーモーニング】

テレビ朝日【スーパーモーニング】でも『個所付け』問題を取り上げていました。

昨日の【やじプラ】より、その露骨な選挙対策の徹底した自民潰しのやり口の証拠を示していたので記録しました。(青字はナレーション)

002 003赤江アナ「個所付けとは、

道路などの公共事業にいくら予算をつけるのか配分を決める事。今、この個所付けが小沢幹事長の切り札となるかも知れないんです。」

-VTR- 

(小沢・鳩山・田村耕太郎 会見 略)

・・・そして選挙に向けて小沢幹事長が練りに練ってきた次なる一手が明らかに。

それが2010年度予算の個所付けつまりどの事業に予算をいくら付けるかという予算配分だ。しかし・・.

004 平沢氏「予算はもうすべて選挙、選挙、選挙、もうこれ以外何もないと、こういうやり方ですから、じゃあ民主党さん、今まで行ってきたのは何だったの?という事ですよね。」

自民党の平沢勝栄氏は憤りを隠せなかった

民主党が国の予算配分を民主党の選挙対策のために私物化しようとしていると言うのだ。

平沢氏自民党よりはるっかに、はるかに、悪いやり方、もう税金の私物化! 要するにすべて選挙対策。私なんか普段はあまり怒らないですけど、このやり方は酷すぎます。」

自民党よりはるかに酷いという民主党の予算配分。その中身とは・・(CM)

006 007所氏「国道6号線、

日常的に交通量が多く、

その渋滞を解消する為の拡幅工事の予算が求められていました。しかし概算要求では凍結候補となってしまったのです。しかしその後、地元の自治体や民主党議員の陳情により、その予算が復活したと言うのです。」

コンクリートから人へを掲げる民主党が、事業の凍結候補に上げていた東京葛飾区の国道6号拡幅工事。いつの間にかの予算復活の裏にはあるワケがあった。

早川氏「今の渋滞が凄いんですがさらに渋滞が悪化して、まっ例えば救急車がなかなか通れないような道になってしまうので、どうぞ拡幅してくださいっていう事は、淡々とご説明に上がりました。」

民主党本部に工事の予算復活を求めたのは、先の衆議院選で地元選挙区では敗れたものの、比例で復活当選を果たした早川久美子議員

008 早川氏「大臣クラスの方も副幹事長クラスの方も、私のような1年生議員の声をしっかり受け止めて下さった結果だと私思っています。」

地元住民の要望を熱心に陳情し続けたという早川議員。

地元の人「広がったのは良いんじゃないですか。」

地元住民の反応も上々だ。しかし、今回明らかになった民主党の予算配分。いわゆる個所付けには大きな問題があるという。そう語るのは選挙区で早川議員に競り勝った自民党の平沢勝栄議員。

平沢氏「予算の個所付けですね、予算配分。これはすべて選挙対策。地元の民主党の議員から上がった(陳情の)所はつけますよと、それ以外の所は一切相手にしませんよと、こういうやり方でしょ。」

自民党政権時代、国土交通大臣を務めた金子一義議員も

010 金子氏「民主党、俺たちが取ってきたぞと。

俺のいう事を聞けば予算が付くぞという事を政治的に利用しているという、利益誘導政治にあたるんじゃないかっていうんで、、」

つまり、民主党は選挙に勝つ為、なりふり構わず予算を利用しているというのだ。

Q.民主党議員の口添えさえあれば、その事業の凍結したものすら解除される?

  金子氏「ありますね、現に前原大臣の所でも凍結をされた所、それも民主党議員の地方からの要望で復活したという事例が今回あっちこっちに出ました。」

東京都に限ってみれば、先の選挙戦で選挙区を自民党に明け渡した2ヶ所の地域で凍結候補となっていた道路工事事業に予算が復活している。そして金子議員は民主党が国の予算を選挙の為に利用している証拠があると指摘した。

去年、民主党が幹事長室に一本化した陳情ルール。そのルールの中に明らかな証拠があるというのだ(CMへ)

民主党が予算を選挙の為に利用している証拠、それは・・

012013金子氏「民主党の幹事長室に上げてくる情報については、

誰から上がってきたのか、誰が要望してきたのか、その要望してる人は民主党を応援しているのか、してないのか、あるいはこれから参議院選挙で応援するのかそれを全部(書面に)記入させてるんですね。」

金子議員によれば、民主党幹事長室に上がる陳情には、陳情の内容以外にも、民主党を支持するかどうか書面に明記しなくてはならない決まりがあるというのだ。そして・・

金子氏「そして、民主党を応援しないと予算はつけないっ!」

こうした自民党議員からの指摘に対し、民主党の馬渕国交副大臣は・・

015 馬淵氏政治的な一切の行為

あるいは恣意的な判断というのはございませんので、ここは胸を張って申し上げたいと思います。」


.

(VTR終了 スタジオへ)


(ここから流れはそのままで要約)

赤江アナ「この問題、新政権になってから陳情・要望は幹事長室に一本化という事になり、そこで浮上してきたのが、この個所付けか。」

017 018所氏「はい、箇所付け自体は、

これまでの旧政権時代からあったが、

民主党の陳情ルールというのは、

都道府県連でまず要望を集約して、

党本部・幹事長室で精査したものを政務三役などに上げ、それで予算の配分がどういう風に反映されるかっていう事になった。.

『都道府県連からの政策要望の提出方法』というタイトルのペーパー、ここには団体の報告書の書き方、という所があり全部で14項目ある。ここに一部抜粋してまとめたものがある。

例えば、履歴で、今までの民主党とのお付き合いで選挙支援があったかどうか

特記事項で、支持政党や選挙支援があったかどうか継続課題で、選挙対策上の課題を記載、つまり次の選挙をにらんでどういう課題がこの団体には残るのか・・などを明記し、幹事長室へ提出。

まさに踏み絵の要素が入っているんじゃないかと指摘する向きもある。」

赤江アナ「若一さん、民主党とお付き合いはどのくらいかと聞く必要があるのか。」

若一氏「まぁ、自民党も同じような事をやっていたが、ここまで露骨に文字にしてはっきり出すか出さないかの違い。10年くらい前に鳩山さんが民主党代表時代、『個所付けは省庁で決めるんじゃなくて、国会で議論すべき』と自身が仰っていた。にも関わらずこういう状態のこのギャップはなんなのかという疑問を持たざるを得ない。」

016アナ 「三反園さん、本当に選挙の為というのがかなり見えてきてしまったが」

三反園氏「見えてきてしまった。昨日ある民主党議員と話をしたら、『まぁ昔は上手くやっていたが、あまりにも露骨過ぎてやりすぎた』と認めていた。(党内からも?)  そう。で、陳情に行っても、自民党支持か民主党支持か迫って、自民党支持というとお帰りくださいという感じ。ある意味で露骨過ぎる

しかも、議員が仲介するとお金が上積みされるとか、選挙事情(基盤)が弱いとたくさん公共事業を持っていったほうが良いだろうという形で、非常に分かりやすい。

しかし、露骨過ぎるので、、もともと問題なのは、まだ予算時代は審議して決まっていない。決まっていないものをもう決まったかのような形で報告する事自体、国会軽視で今問題になっている。」

赤江アナ「荻原さん、こういうのを聞くと、コンクリートから人へというのが何だったのか、選挙の為に霞んできているが、、」

荻原氏だって私たちは何で民主党を選んだかっていうと、その理念に共鳴したわけですよね。その理念は何だったかというと、皆から集めた税金を無駄にしない。で弱者に底上げをする。そういう所に行くはずなのになんで選挙の為に使われちゃうんだろう。非常に怒りを覚えますよね。」

若一氏「これ三反園さん、今仰ったように、だいたい自民党政権下では個所付けは予算編成が終わった4月頃だったが、今、この段階でチラッと馬渕さんの辺りから出てきてしまっている。これは漏えいではなく、敢えて出して、このようにしないとダメなんだと誘い的にやってるという事はないのか?」

三反園氏「(笑)そうですね、そういう気もしない事はない。自民党時代私も政調会長室で個所付けを何回か見たことあるが、その時はコピーしたり紙で出す事はしない。要するに自分のとこだけメモして上手くやってたが、ここまで露骨にやるという事は、やはり選挙に向けてどっちを支持するのかという事をもう迫っているような感じがする。」

赤江アナ「大沢先生、ずっと国会議員の地元の利益誘導という政治の仕組みはなかなか変わるもんじゃないのか」

大沢氏「これが政権交代の意味だろう。政権を握っているものはこういう本質を持っているんだっていう事だと思う。自民党よりは品が良かったから、それが分からないようにしていたが、これ本質がハッキリ分かるようになった

例えば小沢さんは、鳩山さんの所に行って『このままやってよろしいですか』『いいですよ』といったが、普通民間はしない。不始末をやった部下は上司に進退伺い『辞めるべきでしょうか』というのが普通。常識ではなかなかやらない。」

三反園氏「でも、今回の場合分かりやすくした方が政権にとってプラスだと思ったのではないか」

大沢氏「でしょうね、だから小沢流だと思う。これ田中角栄さんだったら、どっちも全部受け入れ、話を聞くと思う。まぁそうじゃない所が分かりやすい。」

(地方分権を進めて、国会議員の数を減らした方が良いというまとめ 略)以上

・‥…━━━・‥…

テレ朝は他局よりこの個所付けの問題は,徹底的に批判しますねぇ。あと自称・経済ジャーナリストの荻原氏の民主党批判、初めて見ました(苦笑)

大沢弁護士の自民党よりは品が良かったから、それが分からないようにしていたが、これ本質がハッキリ分かるようになった は的を射たコメントかと。

「選挙の為なら何でもやる」って、民主党・オザワの本質じゃないの?!今頃知ったような事言う人は、コメンテーターの資格なし。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年02月08日12:54コンクリートから人へ(笑)      【やじうまプラス】

政権交代前に鳩山さんは「政治が変わるんです!」と力強く言っていましたけど、なんか変わりました?!

えーっと、事業仕分けは注目されましたね。それから・・・鳩山・小沢の巨額のカネ疑惑。。。

外国人参政権などの日本人に何のメリットもない法案提出の画策。。。

そんな中、テレビ朝日【やじうまプラス】一刀両断で、初めてちゃんとした民主党批判をして、びっくりしたので記録しました。

吉澤アナ「さぁ続いて心配なのはですね、民主党、本当に大丈夫なのかという、こんな記事なんですね。

001005朝日新聞参りましょう。

このコーナーでも何度かお伝えしております、2010年度予算案の概算要求時に、建設凍結候補となっていました主な国道、およそ130路線のうち、少なくとも6割の78路線に予算が配分され、凍結解除となる事が、朝日新聞の調べで分かりました。しかもその判明分では、地元の民主党都道府県連が重点要望した道路はすべて凍結を解除されている。という事なんですねぇ。

その辺の解説記事、コチラ朝日新聞の3面参りましょう。

民主党、結局お手盛りという見出しが付けられています。自民党族議員の力の見せ所とされた公共事業の予算配分を、明確な基準で行い、そして堂々と国民に示して国会で議論する。そんな公平性透明性が民主党の信条のはずだった。

ところが今回発表になりました、国土交通省の2010年度予算の配分案は党が情報を統制し、中身も選挙区を意識したお手盛りが伺えると。いう事ですねぇ。

えー、選挙区事情を考慮して議員を仲介した所は、結構厚遇されているという事なんですけども、萩谷さん、こういうの見ると全然やっぱり変わってないじゃないかという声が出て来ちゃうんですよ。」

002 萩谷氏「そうですよね。

あのー民主党『コンクリートから人へ』何度も言われてる事ですけど、こう言って無駄を削ると言っいた。公共事業費も削ると言っていたのに、やっぱり復活したかと。

で、復活するに当たっては公共事業費、今後は、特に道路建設については国がもう必要最小限ものを精査して国が造ると言っていたのに、やはり今後は高速道路会社に対して国が補助を出す形で、お金を渡す形で造らせると、、

そうするとなんか必要なものが本当に必要なだけ造られる事にはならないんじゃないかというような疑問も沸いて来ますし、

やはりこの先週来から問題になっている個所付けですか、個所付けだとかこの高速道路建設の復活については選挙を意識した、、もう地方からはとにかく公共事業は必要だという声が強いのは分かるんですけれども、選挙を意識してこうなったのかなぁということは、ちょっと疑問に感じますよねぇ。

004 003吉澤アナ「そうですよね、造るべき道路というその辺の部分に関して、仲介した議員でさえも『えっ、こんなに増えたの』という結構驚きの声も出ているという、、」 

萩谷氏「しかも、それを推奨しているのが小沢さん、、だからこうもう党に全部、、小沢さんに声が集まるようになっていて、その小沢さんは『7割やめようと、国民が言っている』と、そこにやっぱり問題があるんじゃないでしょうかねぇ。

吉澤アナ「そうですよねぇー。そしてその選挙なんですけれども・・」

(民主党は元ミス東京の民放アナ、自民党は元ヘアヌード女優の候補の話 略) 以上

最近鳩山総理が「コンクリートから人へ」を「いのち」の連呼に変えたのは、ちょっとは後ろめたいからでしょうかねぇ。田舎はね、「いのち」を守る生活道路を待ち望んでいるんです。

なので「道路を造りません」って言う方が、地方無視だと思ってました。

とにかく、キレイ事言って政権をとったクセに、執ったらもうマニフェスト以外の事に精力的で、スローガンさえ守れない、本当にいい加減すぎる!それなのに、民主党支持が40~50%って、到底信じられません。

国会見て、鳩山総理の逃げの答弁聞いたら、だめだこりゃって思うはずなんですけどね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年11月09日22:32【#国立メディア芸術総合センター】石坂啓はコメンテーターとして失格【やじうま】

テレビ朝日の【やじうまプラス】の一刀両断は、

麻生政権の時、毎日毎日麻生さんのちっちゃい記事を取り上げ、開いた口が塞がらない程の悪口で盛り上がっていましたが、鳩山政権になってからは、ほとんど全面擁護してます。分かりやす過ぎー

先週は稲田議員が、鳩山氏が在日に国政参政権まで上げたかった話や宇宙のファンタジー話を引き出し、千葉景子法務大臣のシンガンス署名について追い込んだり西田議員が、公民権停止かも知れない鳩山氏の献金問題への、激しい質疑とか盛りだくさんだったのに、週明けの記事のチョイスがこれですよー!石坂啓のコメントに注目。

今日はasahi.com(朝日新聞社):空港施設会社、8割が黒字 常勤役員の3割が ...  の記事についてさんざんやって、前政権のせいにした後・・

001 003吉澤アナ「・・そんな空港にしてもですね、又、道路にしてもコンクリートで出来ているわけなんですが、『コンクリートには何も罪はありません』と自民党建設族として知られます、脇参議院議員が6日先週金曜日の参議院予算委員会で、鳩山総理の『コンクリートから人へ』というキャッチフレーズを徹底批判しました。

旧建設省出身の脇氏は、鳩山内閣の公共事業削減方針を猛攻撃。『私のところにコンクリートという言葉を社名に使っている建設会社から大変な苦情が来ている』とぶちまけました。そして『コンクリートなしに防災が出来るのか』とたたみかけたという事なんですけどもねぇー、

これあのー(笑)石坂さん、コンクリートに罪はないって、そりゃそーなんですけども、なんか言葉尻を捉えて、建設省出身の方がなんか声を荒げていると、そういう感じですね。」

002 石坂啓「(笑)そうだったのか、私その画面で見てなかったので見たかったなぁ~なんて。楽しそうだったなぁなんて思うんですけども、

あの、『大変な苦情が来ている』って言ってるけど、それ実態はどーーかなぁ~と思いますけどね、

コンクリートと付く会社の方達がどれくらい実際怒ってらっしゃるのか、そちらの方の声を聞きたいですねぇ。あのちょっと、シャレっ気がなさすぎじゃないかと

あのでもね、鳩山さんってねやっぱりね、こういうところの答弁ってすごく正直な感じはあるんですねぇ。そのだからあのその用意していて、杓子定規にその強行に返事をするっていう事は、とりあえずこれまでのところ、ないところは、私はね、ちょっと好感をね、持てるんです

あのー鳩山さんに関しては、開き直る というそういうちょっとね、スレた感じがないところが、まぁあのーツッコミどころにはされますけれども、割とそれは素直に私は、あのー何でしょうか、あのーこの方の言葉で語っているなぁと思って、あの、聞く事に値するなぁと思いますけれども。」

吉澤アナ「まぁねぇ、鳩山さん、脇氏の剣幕に『申し訳ない』と答えたという事なんですが、

さぁ、続いて・・」(行政手続ネット申請、低い利用率とコスト割高の記事 略)以上

石坂啓が無理やり鳩山氏を褒めているのが、笑っちゃいますね。

私は、選挙前からこの『コンクリートから人へ』というキャッチフレーズにスゴイ違和感がありました。

言いたいことは分かるけど、だったら『無駄な公共工事から人へ』でいいじゃん。

そこをコンクリートと言っちゃうところが、アホなんですよー!

で、石坂啓は、民主党大応援したいだけでテレビに出てる、大変思想の偏った人間ですが、(詳しくは記事内→《恥ずかしいのは、石坂啓を)知らない事は黙ってろっと思います。

この人は、鳩山氏が命名した国立メディア芸術総合センターのキャッチフレーズの、「国営マンガ喫茶」に騙されて、民主党の勉強会にのこのこ行って、その挙句「私のマンガは置かせない」って言ってた勘違いオンナですからねっ。やじプラも、ひどい女コメンテーターばかり集めてます・・

石坂啓、吉永みち子、江川紹子・・あ゛ーー同じニオイがする。なんで、真実を伝えない?!
なんでちゃんとした公平なコメンテーターの人選をしない?! 

鳩山氏の「日本列島は日本人だけのものじゃない」発言だけでも、総理大臣の資格なしと、普通の国のマスコミなら、怒りを持って伝えるよ、絶対。

テレビは一切、稲田朋美議員と鳩山氏の質疑応答をスルーしています。これだけでも、異常な日本のテレビ。今もって支持率の高すぎる民主党。ネガティブなことをマトモに報道したら、一気に支持率が下がりますからね。

そうそう、昨日に引き続き、Yahoo!みんなの政治 で、今日は山岡 賢次が槍玉に上がり、猛抗議の評価になってます。かなり流れが変わったのは間違いない。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく