ウトロ

2013年01月30日08:20大阪市が立ち退き提訴、朝鮮学校側「歴史的背景を踏まえ交渉したい」  【キャスト】

ABC朝日放送【キャスト】(1/29)で、

大阪市が立ち退きを求めて朝鮮学校を提訴したニュースを短くやっていたので記録しました(青字はナレーション)

朝鮮学校側の「歴史的背景を踏まえ交渉したい」って・・ずうずうしいにもほどがある

c545ec99.jpg 84007b06.jpg

伊藤アナ行政が学校の立ち退きを求めて提訴したというんですけれども一体何があったんでしょうか。」

女子アナ「大阪市が、東成区にある中大阪朝鮮初級学校の土地の明け渡しなどを求めて学校法人朝鮮学園 を相手に訴えを起こしていたことがわかりました。」

f66cc946.jpg 74a30f50.jpg

中大阪朝鮮初級学校の敷地は、大阪市が所有する土地で、

朝鮮学園によりますと、1967年に大阪市から認可を受けた際、市と土地を無償で貸すという内容で覚書きを交わしたということです。

8f939281.jpg a362552e.jpg

しかし数年前、学校の建て替えの問題が浮上した事をきっかけに、大阪市から有償化に向けた働きかけが始まったということです。

市は土地の明け渡しと、月々124万円あまりの支払いを求めて去年12月に提訴しました。

9e1f886a.jpg 17ed4b4a.jpg

大阪市の幹部は、『契約書を交わして賃料を支払ってほしいという交渉してきた。交渉が進まないので、裁判で決着をつけることにした。立ち退かせるのが目的ではないとしています。 

朝鮮学校の関係者は、『子供たちの教育の場を奪われてしまうことは残念で、歴史的背景を踏まえ、市と交渉を続けたい』としています。 

12519259.jpg f729e443.jpg

来月、大阪地裁で、第1回口頭弁論が開かれます。以上

何気にさらっと「1967年大阪市から認可をもらい無償の覚書を・・」と言っていますが、市が何もないのにそんな事をするわけがない。

人さし指まず、当時の抗争を知らなければいけません。

朝鮮人が語る朝鮮学校の成り立ちをざっくりご覧ください右

《朝鮮学校教師「日本人に拉致言う権利ない」 発言と朝鮮学校の成り立ち》より抜粋

元一橋大学社会学部教授で現滋賀県立大学名誉教授で歴史学者姜徳相氏の『在日韓人歴史資料館内の写真の説明です(一部抜粋)

003004「これ、戦後の状況ですが、この旗は韓国の国旗です。

 だけど良く見てください。これはね元は日の丸なんです。

 日の丸を半分色を塗って、、、これもそうです。最初はみんなそういう形で大極旗が再生するんです。」

「これは民族教育です。

民族教育ってのは、やはり1945年まで朝鮮語を教えるってのは、犯罪なんです。砂川刑務所行きです。だけど、そりゃもう言葉っていうのは民族ですからね。

皇民化政策では、常に反抗するものという形でショハン?)されるわけですけど、在日が60数年の歴史の中で、戦後の、一番力を尽くしたのは教育。で、それは奪われたものを取り返すという、そういう事だと思いますね。

だから子供たちに民族を吹き込むというそういう為に、学校が出来るのはね1946年9月。一番先に出来たのはね、今の高田の馬場。

ですから、早稲田の方に行くと、明治通りとぶつかってるとこありますよね。交差点。スワ町っていうんですね。そこにお寺があったんです。お寺の一角で始まったのが、民族学校の始まりです。そして一年の間にね、全国に広がります。そして最大525校、中学校は4校、まだ高等学校は出来てなかったと思いますが、青年学校14校、そして48年には高等学校も出来るんです。で民族教育が、、で学生数が6万人。」

「で、この時に日本政府がやったことは、朝鮮人は日本人と同じであると

だから日本人である以上、義務教育は日本の学校に通わなければならない。こういう変な理屈をつけて、これを潰すんです。これが48年朝鮮人学校事件という大騒動になった事件です。

だから日本政府は戦後、一番先にやったことは、、朝鮮人は日本国籍持ってましたよね。
で、貴族院にも衆議院にも議員を出してます日本にいる朝鮮人は選挙権があったんですね。市会議員は多分かなりいた、、地方議員は。

ところが45年の12月の衆議院議員改正法これを作ると当分の間、朝鮮人は選挙権、、戸籍法の適用を受けざる者は、当分選挙権を停止するという変なことで、選挙権を奪うんです。

で、サンフランシスコ条約までは日本国内にいる朝鮮人は日本国籍なんです。法的にもね。ところがそうやって終わります。そのことはね、なんでこういうことをやったのかと。いうと当時、日本政府が無条件降伏の際に例外をひとつ付けました。

『国体の護持』、これを条件にしてましたね。そして、これは天皇制の問題です。

で、米軍はそれについて確約も何もしないで、占領しました。だけど、対日理事会ってのが、アメリカだけでなくて、ソ連もいたし、イギリスもいたし、オーストリアもいたし、オランダもいた。そういう中で、中国もいたし、一致できなかった。で、天皇制が維持できるかどうか分からないっていうんで、色々難しい問題があったようです。

そのときにね、日本の議会から天皇制廃止を言う議員が出たのでは身も蓋も無い。そういう意味での緊急避難。当時の朝鮮人、200万人位いましたからね。単純計算しても議員は5,6人でるんです。だからその危険を切ってしまえっていうのは、どうも真相のようです。・・

このような流れで、阪神教育事件 のような、朝鮮人学校をめぐる抗争事件が多発しました。

今こそ知ろう!朝鮮人が暴れまわった事件の一覧、是非一読を!

何故「三国人」が差別用語になったのか(左翼系在日朝鮮人騒乱史)

この際、コチラも一読を

《終戦直後、朝鮮人が日本人にしたこと。(具体例)》 より抜粋

「田岡一雄自伝 電撃篇」(田岡一雄 一九七一年初版 徳間書店)よりの引用

<その日のうちに神戸は修羅場と変貌した。
敗戦の報に茫然自失する市民とは対照的に、これまで過酷な労働で軍部から抑圧されてきた第三国人たちは欣喜雀躍とし、略奪、報復の火蓋をきったのである。
その日の午後七時。徒党を組んだ三国人は国鉄深川駅構内の貨車を襲って配給物資を強奪。これを皮切りに市内随所で襲撃略奪事件を起こし、婦女子を暴行し、わがもの顔に跳梁しはじめた

終戦当時、国内には二百万以上の三国人がいたが、とくに兵庫に多く、昭和一八年に一三万五千人、四八都道府県の七%強を占め、大阪、東京につぐ三位という勢力をもっていた。
略)
三国人たちは闇市を掌握して巨大な利益をあげ、徒党を組んでは瓦礫と焦土の神戸の街をのし歩いた
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ半殺しにし、 無銭飲食をし、白昼の路上で見境なく集団で婦女子を暴行する。善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。
彼ら不良三国人は旧日本軍の飛行服を好んで身につけていた。 袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首にまきつけ、肩で風を切って町をのし歩いた。
腰には拳銃をさげ、白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげ、略奪、暴行をほしいままにした。
警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」
警官は小突き回され、サーベルはヘシ曲げられ、 街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。 >p一九〇~十九三
<昭和二〇年八月末、わたしは所用の帰途、女の悲鳴をきいた。人通りもすくない東山病院の裏手である。白熱の太陽がキナくさい焼跡に照りつけていた。
一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女はわたしに泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の、三国人の男たちだった。
彼らは不適な薄ら笑いで女の手足をおさえつけ、一人がその上に乗っている。女は狂ったように絶叫していた。
<汚ねえ・・・・>
うめくと、わたしは遮二無二彼らに突進していった。>p一九四
<昭和二一年二月、神戸生田署の岡政雄巡査部長が彼らに拉致されて暴行殺害され、同年四月、須磨署佐藤進巡査部長がやはり彼らの手によって射殺された。
そればかりではない、警察の威信を根底からくつがえす不祥事さえもちあがった。すなわち不良三国人三百余人は兵庫警察署を襲撃し、署長はじめ幹部署員たちを人質として電話指令交換室を占拠したのである。>p二一四

少し話題が逸れました。
もとい、契約書を交わしても、ちゃんとそれに従わないのは朝鮮人たるところ。

ウトロの件でも、朝鮮学校無償化などなど、朝鮮人はごねごねです(呆)

人さし指そして一番頭に来るのは真実の歴史的背景を無視し、情緒的なコメントを繰り返すコメンテーターたち  (キャストの前番組)

《「大阪府、朝鮮学校への補助金凍結」へのコメント 【NEWSゆう+】》より

80475c12.jpg

谷口真由美氏「あのー、国連のですねぇ、さまざまな人権委員会から、何度も日本の民族学校に対して、日本政府とかが不利益な取り扱いをしているのではないか、それを是正しろという勧告を何度も何度も受けているんですね。

それともう1つは、犯罪者の子供は、じゃあいつまでも犯罪者なのかっていう問題がありまして、やはりここは日本の懐の広さみたいなものを見せて頂きたいと思います。」


《『ウトロ土地問題”決着”』の報道の仕方がおかしい!! 【Newsゆう+】》より

c051005e.jpg
大谷氏
「もうあのねぇ、強制的に連れて来られて、これでずっとですねぇ????のように暮らしてらしたわけですから、

特に高齢化が進んでいる中で、今更例えば別の土地っていう事もあり得ない事ですんでね、

あのこういう解決の仕方になって、で、老後をですね、この土地で過ごして頂けるという事であればですねぇ、良い解決方法だったと思いますがねぇ。」

こういうコメンテーターたちの感情論・ウソに振り回されないために、戦後、朝鮮人が何をしたか、

今、日本人こそが歴史的背景をしっかり踏まえなければいけませんね!

テレビではタブーのようですが、ちょっと検索すれば知る事が出来ますから☆

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2011年02月04日08:45『ウトロ土地問題”決着”』の報道の仕方がおかしい!! 【Newsゆう+】

昨日の関西ローカル・朝日放送の【NEWSゆう+】(2/3)で、

先日記事にした、ウォン安で暗礁に乗り上げていた在日コリアン地区・ウトロ土地問題が、とうとう解決したというニュースをやっていたので記録しました。この報道の仕方、またまた絶対に変なんですー! 

4373345b.jpg

女子アナ在日コリアンが暮らすウトロ地区で住民側が目指してきた土地の購入契約が、関係機関の合意に基づき成立しました。これから本格的な住環境の整備が進む事になります。

c84aecf8.jpg ab25efd9.jpg

ウトロ地区の土地を所有する西日本殖産韓国政府系財団(ウトロ財団)との間で、土地の一部およそ3800平方メートルを住民側へ売却する契約が成立しました。

ウトロ地区は戦時中、飛行場建設のため、朝鮮半島から多くの人達が連れて来られた場所で、およそ70世帯200人の在日コリアンが暮らしています。

45dfd349.jpg 0696d0e3.jpg

住民側は2007年、韓国政府の支援金など合わせて5億円で土地を買い取る契約をしましたが、円高・ウォン安の影響などで難航していました。

呉氏「本当にうれしく思います。住民の方々、安定的に住めるそういう土地が確保できたということでほっと致しました。」

6c29ced2.jpg

この土地取得で長年放置されてきた下水道などの環境整備がようやく本格的に進む事になります。

(VTR終了 スタジオへ)

d3f079a2.jpg f826d4bb.jpg

アナ「大谷さん、ウトロ地区、高齢の方が多くて井戸水を飲み水に使う家庭も多かったという事なんですねぇ。」

大谷氏「もうあのねぇ、強制的に連れて来られて、これでずっとですねぇ????のように暮らしてらしたわけですから、特に高齢化が進んでいる中で、今更例えば別の土地っていう事もあり得ない事ですんでね、あのこういう解決の仕方になって、で、老後をですね、この土地で過ごして頂けるという事であればですねぇ、良い解決方法だったと思いますがねぇ。」

b3efd65e.jpgアナ「もうほんっっとに、ようやく根を下ろした生活が出来るという事ですもんねっ。」 以上

早い話、韓国政府が為替変動で出し渋ったから買収面積を減らすという形で、今回の最終解決に至ったという事。

(平成19年10月の最初の合意案では、住民側は、韓国政府などの支援で地区の東半分(約1万500平方メートル)を約5億円うち韓国政府の支援額約3億8千万円)だった。

今回、約3800平方メートルの土地を1億8千万円で購入する売買契約が成立。この結果、住民側は、すでに購入している土地と合わせ、計約6500平方メートルの土地を所有

Osk201012130008
ウトロ地区に暮らす約230人のなかには、一人暮らしの高齢者や生活保護受給者も多く、住宅の老朽化や浸水被害にも悩まされてきた。

で、ウトロ財団というのは韓国政府の支援でつくられた財団で、ウトロ町内会では「土地売買が成立したことは韓国国民と韓国政府の同胞愛のおかげ。住環境整備はこれからで、関係者と協議を重ね、より良い町づくりをめざしていきたい」とのコメントを発表したそうです。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

前回の報道もすっごく変だったんですが、その中では「強制的に連れて来られた」の真逆の証言してるんですけど・・

在日コリアン地区 “京都・ウトロ問題”遠のく解決」 【NEWSゆう+】》 より

・・幼い頃、母親に抱かれ、先に日本に渡った父親を追ってきたという南君子さん。

020

南氏「子供はおるし、仕事はないし、みんな飢え死にになるさかい、

私らの親もな、自分の国で住めばええねんけども、

住むに住めへんから日本に来たんや。」.


こんな証言をちゃんと?流しているクセに、なんでアカヒは、「強制的」「強制的」って繰り返し報道するんでしょうねぇ。

(昔は強制連行されたと主張していたが・・・)

しかし現在、ウトロ地区住民の作る「ウトロ国際対策会議」などによると日本国際航空工業の1300人の朝鮮人労働者達は、ほとんどが国民徴用令や国家総動員法による強制徴用で来日した訳ではなく、経済的理由や兵役免れなどで移住してきた者であるとしている[3]

また、韓国の国務総理傘下の「日帝強占下での強制動員被害者の真相究明委員会」も、2006年末の報告書で、ウトロ地区住民について、「強制徴用者ではなく、元から日本に居住していた朝鮮人がほとんど」と明らかにしている[4]

つまりウトロ地区は、強制徴用以前から日本に居住していた朝鮮人を基盤とし、これに1930年代末に日本の併合時代の層の朝鮮人や被徴用者が加わって形成されたものである。

にもかかわらず、ウトロ地区住民および支援者らは、長年にわたり強制徴用被害者とその子孫を名乗って居住権闘争を展開した。

おまけですが、このニュースを韓国側の朝鮮日報がどう報じているか・・

京都ウトロ地区問題:韓国政府が土地の一部を購入へ

民間団体も昨年に土地購入、「無断占有」状態解消へ 

 日本統治時代に強制的に徴用された朝鮮人労働者たちと、その子孫が暮らしている、京都府宇治市郊外のウトロ地区について、韓国政府が土地の一部を買い取ることになった。これにより、土地を「無断で占有」している状態だった住民たちの住居空間が確保される見通しだ。

 外交通商部(省に相当)は1日、「ウトロ地区の土地を所有する西日本殖産との間で、3日に土地の売買契約を締結し、3808平方メートルの土地を1億8000万円で買い取ることになった」と発表した。一方、昨年にはウトロ町内会が設立し、韓日両国の国民が募金に協力した「民間基金財団」が、2753平方メートルの土地を購入した。韓国政府と民間団体がウトロ地区の土地を買い取ったことを受け、日本政府は近く、同地区の在日韓国人が居住する共同住宅を建設するなど、住環境の改善に取り組む方針だ。ウトロ地区には現在、60世帯・約180人の在日韓国人が居住している。    鄭佑相(チョン・ウサン)記者 

先日のサッカーの旭日旗写真の捏造の件もですが、アカヒの報道は韓国報道と重なってますよね。  

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2011年01月11日10:30在日コリアン地区 “京都・ウトロ問題”遠のく解決」 【NEWSゆう+】

昨日のABC朝日放送【NEWSゆう+】(1/10)で、

もうすぐ解決と思っていたあのウトロ問題が、暗礁に乗り上げたという特集をやっていたので記録しました(青字はナレーション)この報道の仕方、絶対にヘンです!!

dd967e83.jpg 369b7686.jpg

女子アナ韓国政府も巻き込んで進み始めた新たな町づくりの計画が、今ある問題で危機に直面しています。」

ごくありふれた住宅街の先に、その地区へと入る道は続いています。京都市宇治市伊勢田町ウトロ宇治と言う土地の入り口・ウトロ口が訛ったとも言われるこの地区に、70世帯200人ほどの在日コリアンが暮らしています。(大音量で韓国の演歌?を鳴らすトラックの映像)

お婆さん「おめでとうは?」 運転手「あっ、おめでとうございます。」

b744c1c3.jpg

何十年と続く、日常のひとコマ。韓国の食材を積んだトラックが週に二回、兵庫の方からやってきます。幼い頃、母親に抱かれ、先に日本に渡った父親を追ってきたという南君子さん。

13d79c9a.jpg 06b4e7ea.jpg
南氏「子供はおるし、仕事はないし、みんな飢え死にになるさかい、私らの親もな、自分の国で住めばええねんけども、住むに住めへんから日本に来たんや。」

ウトロに住む同じ在日の男性の元へ嫁いだのは18の時でした。戦時中ここには1300人が住んでいたと言います。日本が植民地としていた朝鮮半島から軍事飛行場建設の為、半ば強制的に労働力として集められました。

終戦を迎えても母国に帰るあてのない多くの在日にとって、この土地に住み続ける以外生きていく術はありませんでした。

d1cfe5af.jpg
南氏「嫁に来て今日まで苦労しに来たようなもん。ホンマにそやで。そんな話な、今からこれに関してな、喋ろう思ったら涙しかでえへんはぁーー~・・もうホンマにうちはこの世にな、苦労しに生まれたようなもんや。」

c689d3fa.jpg ddb23220.jpg

河本氏「これもそうですね、これも50年以上、終戦当時から使っているような井戸のモーターをつけて・・今二軒使ってますねぇ。それで飲み水にされてる方もおりますよ。」

ここでは今尚、下水道などの当たり前の生活環境が十分には整理されていません。

fef67bae.jpg c0ba2584.jpg

河本氏「これが水が向こうで(上流で)雨がきつく降ればですね、こっちは溢れる。溢れたら(土地の低い)もう全部ウトロ地区に流れていきますね。」

このウトロの土地をめぐって住民は、ある問題に直面し続けてきました。

元々国有地だったウトロの土地は、戦後、民間に払い下げられ、更に地上げを狙った不動産会社の手に渡りました。そして住民はその会社から立ち退きを求めて裁判を起こされたのです。

a8f74f5a.jpg 7ee4cafc.jpg

751330e6.jpg
一審、二審ともに住民側敗訴の判決が言い渡され、2000年最高裁で確定しました。

いつ強制執行の日が訪れるのか、住民にとっては不安な日々が続いたのですが・・

裁判を起こした会社・西日本殖産を6年前、先代から引き継いだという今の社長

4655ce29.jpg
大畑氏そこ(ウトロ)にはきちっと生活をされとる方はおられないと、という話やったんです。その僕自身は聞いていた話はですねぇ。一回、地元行ったらですねぇ、そうしたところ、まったく地べたへ足つけたまま皆さん生活されとるわけですねぇ。

明日の日にもここから出て行きなさいという事を、その強制的にするという事をとてもとても出来る状況じゃないという判断をしたんですよね。」

1fd83580.jpg a92abfc4.jpg

問題解決に向けて、あくまでも住民との間で話し合いを進める。それが大畑社長の決断でした。

一方で住民が土地を正式に買い取れるようにと、他の地域で暮らす在日達から寄付金が集まるようになりました

48732d38.jpg 871d72c1.jpg

そして西日本殖産と住民とがひとつの合意に達します。土地の半分を住民側が買い取り、そこに全員が移り住むというもので、代金は5億円でした。

07588fdc.jpg
大畑氏「こちらがそういう手荒い事をですね、一切せずに解決が見えるという、そういう見通しを立てた中での数字ですね。ギリッギリのお互いのラインで折り合った線なんですね。」

4042b48a.jpg 98d0bc66.jpg

本国での市民運動での高まりもあって、韓国政府は5億円の大半にわたる30億ウォン、当時のレートで3億6000万円を支出する事を決めました。極めて異例な政治的判断でした。

 金氏ウトロの土地問題は、韓国の支援により、解決に向けて大きく前へ進みだしました。暗闇の中であえいでいた????と想像すら出来なかった事です。」

4cbce853.jpg f7476fbc.jpg

戦後60年が過ぎ、ようやく新しい町づくりに向けて京都府と宇治市による、生活実態の調査も始まっていました。ところが・・


大畑氏「ここまでのものが積み重なって、さぁ終りですよと言って、さぁここで皆さんやっと終わりましたねってゆうてる時に、その宇治市だけがコロッと態度を変えたというとこです。」

58428070.jpg 2792e568.jpg

ウトロの土地をめぐっては、住民から賃料を得られない西日本殖産は固定資産税を20年以上滞納したままとなっていて、土地の売買代金で滞納分で支払う予定でした。

ところがこのところの円高・ウォン安で韓国政府からの支援金が目減りし、売買代金は半減

2d62c172.jpg

そこで会社は、宇治市に対して税の滞納分、3000万円を1300万円に減額してほしいと申し出ていました。宇治市には当初、反対する姿勢は見られなかったというのですが・・

8332cae8.jpg
木下氏優先されるべき債権・税はいただくという事以外、今の宇治市としては何も他にはないです。他のきちっと納期内でしておられる方との比較を考えれば、当然収めていただくというのが我々の考え方で、、」

法制度に基づく税金の徴収と、土地の売買が成立しなければ先に進まない生活の改善と

fe066ec3.jpg
中村氏
「(宇治市の見解は)本当に狭い範囲では、いかにも合理的な正当な議論のように聞こえますけど、もっと長い歴史的な、あるいは世界的な広がりの中では大変一面的だと思います。 

問題はそういう事じゃないはずなんですけどね、っていうのは、そこに住んでいる人達の生活の困難をどう解決するか。これは行政の課題だし、政治の問題であるはずですよね。」

ここでは5人に1人が65歳以上の高齢者。残された時間はそう長くはありません。

このまま土地の所有者と宇治市との間で更に溝が深まっていけば、そう遠くなく強制執行という事態も避けられないという見方もあります。

3fb832f3.jpg
南氏このウトロに日本の人ばっかりやったら、もっとはように何とか解決してるやろうて、これひがみやな。と思うで。私ら朝鮮人ばっかりやさかい、もう・・・・こんなんかなぁと。 寂しく感じる場合もあるよ。」

戦後66年目、ウトロの在日の人達は今尚、安住の住処を得られないままただ時間だけが過ぎています。

(VTR終了 スタジオへ)

aeab2042.jpg
アナ「これね、確かに宇治市の言っている事は正論です。正論なんですけど、こうとりつく島がないというか、杓子定規的な判断だとも言えると思うんですね。

これ歴史的な問題を考えるに、こう・・市側も一歩踏み込んだ、歩み寄った、対話を重ねた対応ってのは出来ないものなのかなと感じますけどねぇ。」

04373111.jpg 7cf64541.jpg

女子アナ「そうですよねー、あの皆さん、しっかりあのウトロの地に根を張って(そうなんですよー) 生活されているわけですからね。(うーん)」

アナ単純な一本の線引きだけではこれ片付けられない問題だと思います。」以上

このアナウンサーのコメント、ウトロ在日側&西日本殖産 の立場に寄り過ぎですね。

あのカルデロンのり子さんを語る時に似ているなぁと思いました。「法より情」を視聴者に訴える手法。。。ウトロ問題をあまり知らない人は、「行政、ヒドイ」とか思うんでしょうかね?

でも、これ杓子定規にしなかったら、逆に真面目に税金払っている日本人が怒りますよ。

何十年も、行政も見守って来たんだからそろそろ決着つけないと!

そもそもが不法な居座りなんだから、上下水道整備されるわけがないし、電気が通っているのが不思議なくらい。

もっと早く、市営住宅にでも引っ越してもらってたら、上下水道整備されていないヒドイ環境だと嘆く事もなかったわけだし、宇治市も町づくり計画が進んでいたものを・・とにかく、ごね得社会は絶対に許してはいけませんっ!

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

で、この西日本殖産がもの凄く引っかかって検索したら、なんと、在日同士の売買から事が始まっているようです^^; (アンダーライン

(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)mumurブルログ さんウトロの件で民潭に電話したよー(2005年)より抜粋

mu はいはい。要するに売却先も在日の方ですよね
男 そうです
mu 詳細が分からなかったので、ネットで調べたんですよ。そしたら、売却先がウトロの自治会長で、彼が西日本殖産という会社を設立して他の在日に立ち退きを求めていることが分かったんですね。しかし、それが民潭新聞の記事からは分からない。
男 ええ
mu ちゃんと隠さず記事にしてください
男 わかりました


そして、京都新聞『ウトロ町内会が土地購入へ 中間法人を設立』平成19年10月26日付

を基に書かれたブログです。Doronpaの独り言 さん

ウトロ不逞在日への反撃(2008年)  より 抜粋

そもそも、先述のウトロ支援の人物は「せっかく買った土地を住民サイドが誰かに売ろうとするわけがない」と主張していますが、それこそ歴史を知らない愚者であることを自分で認めているに等しい発言です。
1987年にウトロ地区自治会長だった許昌九が日産車体(ウトロ地区の所有者)から3億円でウトロ地区を買い取り、それを西日本殖産という不動産会社(民団京都地方本部長だった河炳旭が設立した会社)に4億5千万円で転売したことでウトロ問題がより複雑化していきました。ちなみに許はこの土地ころがしで莫大な利益をあげて、そのまま行方をくらませています。なにはともあれ、すでに20年も前に「
せっかく買った土地を住民サイドが誰かに売っていた」のです。
なお、最新の情報ではこのウトロ中間法人は、韓国や国内在日同胞から支援金などの名目で6億5千万円を集めたそうですが、すでにそのうちの
1億5千万円が使途不明金となって消えており、残りの5億円もどれくらい残っているか分からない状況のようです。ウトロの在日の間からも「この売買(西日本殖産から5億円でウトロ地区の半分を買い取る)は一部の人間をもうけさせるだけの土地ころがしだ」という声が上がっているとのことです。

そして、最近の記事です。
Osk201012130008
ウトロ地区に暮らす約230人のなかには、一人暮らしの高齢者や生活保護受給者も多く、住宅の老朽化や浸水被害にも悩まされてきた。

やっぱり、強制執行しかなさそうですね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく