アーミテージ

2010年09月17日12:16尖閣沖衝突事件「日中関係緊迫」 何故強硬な姿勢なのか?!【ミヤネ屋】

昨日(9/17)、読売テレビ【ミヤネ屋】で、

『日中関係緊迫』と題してやっていたので、記録しました(青字はナレーション)

今後も中国は、尖閣諸島の件は言いがかりをつけてくると思うので、歴史上の事実をしっかり頭に叩き込んでおきましょう。尚、日本人の感覚とは一味違った崔洋一監督のコメントにご注目ください^^;

001

003004_2

事の発端は今月7日、尖閣沖で発生した海上保安庁の巡視船に中国の漁船が衝突した事件だ。
違法操業していた中国の漁船は、停船命令を無視して逃走を続けた末、2隻の巡視船に衝突した。

リポーター「えー、船の後方にハッキリとした傷がこちらからも確認できます。」

海上保安庁は、漁船の中国人船長を公務執行妨害の疑いで逮捕した。

仙谷氏「えー、我が国の法令に基づいて厳正に対処していく事となります。」

005

006 007

しかしこの事件、
中国では漁船が日本の巡視船にぶつけられたと全く逆の報道が行われた。そして日本に対する激しい抗議が・・

報道官日本側が深刻な事態を引き起こした。全ての責任は日本側が負うべきだ。」

何故中国は日本に対し、強硬な姿勢を貫くのか?

008009昨日来日しているアメリカのアーミテージ元国務副長官はある可能性を指摘した。

アーミテージ「ある程度、中国は日本を試そうとしているんだと思う。」

日中の思惑が複雑に絡み合う今回の事件、両国間に緊張が高まっている。

(VTR終了 CM明けスタジオ)

太田アナ「えー今回の衝突事件を受けまして、中国国内では日本への抗議活動というのが活発化しそうな情勢になっているんですねぇ。

えー、現在、外務省では、中国に住んでいる日本人にこんな注意喚起を行っております。

●外出時、特に大勢の人が集まる場所では注意

●中国人と接する際には言動や態度に注意

●日本人同士で集団で騒ぐ等の目立った刺激的な行為は慎む

運動会も現地で延期されてしまって、、」

宮根氏「なんかかなり、あの中国ではね緊迫した状況なんだなっていう感じしますよね。これだけ見ると。」

010 太田アナ「で、今回のこの衝突事件なんですが、改めて場所をご覧頂きましょう。

舞台となったのは、尖閣諸島なんですね。えー、これが尖閣諸島なんですが・・ (場所の確認 略)

だいたい台湾からの距離と石垣からの距離が似たような位置関係なるんですけどもね、

まっ、この尖閣諸島は5つの島と岩礁などからなる諸島で、日本の領土なんですね。

で、この中の久場島という島の沖合い、日本の領海内に中国の漁船が入ってきまして、衝突事故を起こしたという、、(巡視船に衝突しているわけですからね:宮根) そうです。

で、この今回の事件の経緯なんですが、コチラをご覧頂きたいと思います。(時系列で説明 略)

011

で、中国はですね、今回のこの事件に対しての対応だけではなくて、非常ーに、強硬な態度を取っているんですね。コチラが一覧なんですが・・

012

●排他的経済水域内で中国海洋調査船が海保測量船に中止要求(11日)

●東シナ海ガス田開発の条約締結交渉延期(11日)

●中国人民代表大会李建国副委員長訪日延期(14日)

宮根氏「まぁ今回のいわゆる事件なのか事故なのか分かりませんけれども、それをある意味きっかけに監督、ここまでやるっていうのは非常ーに、外交上のいろんな思惑って考えざるを得ないっ。」

013014崔氏「そうですねぇ、あの、いかにもやっぱり中国外交だなっという事は感じますねぇ。

1つはやっぱり、日米同盟がどのくらいの強さかという、やっぱりそういうまぁえーーー、言ってみれば、それを確証していく検証していくって大きな意味合いもあるでしょうし、

えーっと今出てますけれども、やっぱりガス田であったり、排他的水域であったりという、そういう意味でのつば競り合い。だからもう少し多分エスカレートしていく可能性はあるでしょうけども、

最終的にはやっぱり外交チャンネルで解決していくと。こういう事の積み重ねをする事によって、現在の東シナ海の制海権は一体どこにあるのかというような、あの大きな目的が多分あるだろうと思います。」

宮根氏「まぁ、飯星さん、こう日本の外交というものが試されているような気もしますね。」

015 飯星氏「うーーん、さっきもちょっと監督と喋ってて、ちょっと意見が分かれてしまったんですけど(笑)、やっぱり中国的外交だって言われればその通りなんですよ。今までずっとやってきた事だから、中国が。

ただねぇ、こういわゆる中国国内向けのパフォーマンスに乗せられたくないというか、そのあんまりこう振り回されたくないというのは、正直私達は感じるんですよ、感情的には、非常に強く、、」

宮根氏「あとー、春川さん、アメリカもどうするねん?と。オマエら、どう対応するねん?みたいなところも(笑)ある、、」

016 春川氏「それもあるでしょうし、もう1つやっぱり、背景事情として大きいのは、中国はやっぱり海洋権益ですね、要は海の上の自国の権利とか、影響力を広めるべく、今やっているわけですよね、群島も含めて

私はちょっと監督とは意見が違うのは、

もちろん外交的配慮っていうか、その落としどころもアレなんですけども、要は日本の領土でね、勝手に入ってきて、違法な操業をして、それで巡視船にぶつけてきたわけですよね。ですからやっぱり粛々とやっぱり司法手続きに則ってね、処理していくって事が大事だと思いますけどねぇ。」

宮根氏「だから、恐らく日本の外交がね、いわゆるどうするんだって、じゃあ徹底的に中国と対峙するのかどうするのかっていうのは、本当は岡田外務大臣もどうなるのか分かんないですけど、、」

017崔氏「まぁ菅さんが言う通り、それは粛々と対応するしかないんですね。

ですから僕が言ってんのは、やっぱり日本側が冷静でいるという事が一番大切なことなんだろうと思いますね。」

宮根氏「こうやって見てると、もうね、人事とか組閣で揉めてる場合じゃない(笑)と思っちゃうんですよね。」(全員、そうそうそう)

太田アナ民主党代表選のさなかに起きた事件ですからね。

で、この尖閣諸島に関して、日本がとっている立場というのはこれ、ゆるぎないものなんですね。コチラをご覧頂きたいんですが、

尖閣諸島に関して解決すべき領有権の問題は”存在しない”とあくまで、日本の固有の領土であるという立場をとり続けているんですね。

この尖閣諸島の歴史なんですが、コチラの年表をご覧頂きたいと思います。

●1895年 に正式に日本の領土になったんですね。それまで日本は無人島かつ清国の支配下にないことを確認する為の作業をずっと行って95年に日本の領土になったんですね。 

●1968年 に、国連アジア極東経済委員会が石油資源の可能性を指摘して、それから

●1971年 台湾・中国が領有権を主張しました。

●1971年 沖縄返還により日本の施政権下に。

宮根氏石油資源の可能性っていうのが出てきているんですね、、」

019(CM)

太田アナ「えー、今回のこの事件について、非常に強硬な態度を示している中国。

それに対しての日本の対応という点に関してなんですが、えー、専門家にお話を伺いました。コチラです。中国事情に詳しい拓殖大学客員教授の石平氏によると、

020

昨今、中国では"外交に弱腰"との批判が国内である

一連の中国政府の対応は、強い政府をイメージづけるパフォーマンス。 

日本は既に中国のシナリオにのって妥協しまくっている。毅然とした態度が必要。』(時間切れ CM) 以上

尖閣沖衝突 中国船長を起訴へ 検察「厳正に処分」…、海保が撮影した衝突時の映像やGPS(衛星利用測位システム)に基づく航行データの解析などを進めているようなので、いずれ違法性はハッキリしますね。

相変わらず、崔洋一の]最終的には外交チャンネル・・発言はトンチンカンです。妥協とか交渉とかという問題ではないし!

毒ギョーザ事件の時も最初、中国は「小日本の自作自演」と言ってました。

ネット工作もいっぱいしてました(苦笑) 例えば・・・中国毒餃子は、小日本の自作自演でしたね?言いがかりをつけられても、正義は勝つので検察はキッチリとやって欲しいです。

とにかく尖閣諸島が日本の領土だというのは確実なので、恫喝されても日本人は誰一人1ミリも揺らいではいけないと思います。ただ、在中邦人の方は、十二分に気をつけてください!

ブログ内関連記事

漁船乗組員帰国で中国「外交勝利」、日本政府へのハッカー攻撃も 【ニュースバード・NEWS23】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年03月01日19:23外国から見た沖縄基地問題 後編  【池上彰のそうなんだニッポン】

前記事の続きです。(青字はナレーション)

二つ目のキーワードは "リチャードのホンネ" アメリカ軍出身の大物が語った本音とは・・アメリカが沖縄にこだわる理由が分かります。

025_2 026_2池上氏「さぁ、リチャードとは誰か。

その前にですね、アメリカ軍の軍隊についておさらいしておきましょう。アメリカ軍とは4つの軍隊から成り立っています。陸軍・海軍・空軍、ここまでは分かりますね。

もうひとつ、海兵隊というのがあるんですよ。もし何か戦争になったら、相手の国に真っ先に上陸して戦う部隊なんです。

で、この普天間基地というのは、この海兵隊の基地なんですよ。名護市の辺野古にあるキャンプ・シュワブというのもこれも海兵隊の基地なんですね。

だから同じ海兵隊の基地でいいんじゃないか、こっちにしよしよという事になったんですが、実は沖縄で一番大きい基地というと、嘉手納基地というのがあります。

コチラご覧ください。嘉手納基地というのはこれは空軍の基地なんです。同じ基地なんだから嘉手納と普天間一緒にしたらいいんじゃないかって議論が日本でもあったんですが、

アメリカの都合、理屈で言えば、万が一ここが攻撃を受ける事があるとする。そうすると一つの基地にしていると嘉手納基地がやられてしまったら、それでおしまいだ。いくつもの基地にしておいた方が嘉手納がやられても、まだ普天間が残るということだと、なるべくたくさんあった方がいい。実はそういう本音もあるんです。

実はアメリカの軍の出身の大変政治的に影響力を持っているリチャード・アーミデージさんという方がいます。そのリチャード・アーミテージさんに私がワシントンで話を聞いてきました。ご覧ください。」

027_2028_2アーミテージ氏「オゲンキデスカ?」 池上氏「お会いできて光栄です。」

リチャード・アーミテージ・・かつては海軍に所属。レーガン政権時代には国防次官補として東アジア及び太平洋地域を担当。ブ゙ッシュ政権では国務副長官を務め、イラク戦争直後には日本に対し、『ブーツ オン ザ グラウンド』と発言。自衛隊のイラク派遣を強く求めた事でも知られる。

現在は政治コンサルティング会社の代表であるアーミテージ氏に普天間問題を語ってもらった。

029_2030_2アーミテージ氏「アメリカ人は命懸けで日本を守っているんですよ。」「もし20年前、私が国防次官補だった時に普天間基地を沖縄の他の場所に移転させていればと、今でも思います。当時から(普天間は)とても危険な環境だと思っていました。でもそれから移設先が辺野古に決まるまで10年もかかりました。今から全く別の移設案でさらに10年を費やす事だけは避けなければなりません。何故なら普天間周辺は今なお危険な状態だからです。」

-沖縄にこだわる理由は?-

031_2032_2アーミテージ氏「アメリカにとって沖縄は北、西、南どこで問題が起きても対応するのに最高の場所にあります。軍事は不動産と同じで、場所が非常に重要なのです。」

アメリカが沖縄にこだわる理由は、その場所にあった。北朝鮮や中国の脅威に迅速に対応出来る上、日本の生命線である石油タンカーのルートを守る役割も果たしていると言うのだ。

-アメリカの都合ではという批判について-

  034_2アーミテージ氏「日米安保はアメリカが日本の国土を守るために協力するというものです。

それはアメリカ人が命を犠牲にしてまで日本を守るという意味なんです。

我々は逆に日本人に命を懸けてくれとは頼んでいません。そういう意味では不平等な条約とも言えます。もし、今後、日本がさらなる平等を求めると言うのなら、アメリカ人が日本のために命を懸けることは果たして平等と言えるのでしょうか?」

上田氏「池上さん、いかがでしたか?実際にお会いになって、お話になられて。」

039_2 池上氏「そうですね、日本にも居た事があるものですから非常に親日家なんですね。

特に普天間基地はあのままだと、周りの人たちが大変だよと非常に心配して下さっているというところがありました。

その一方で、アメリカの国益はなんとしても守らなければいけない。日本の人たちの事を考えてはいるけれど、結局は私がアメリカ人だからです。とご本人が仰っていましたね。

あの、アメリカというのはアメリカ国内だけではなくて、国外にもいっぱい基地・施設があります。どれくらいあるかっていうと、これだけですね。716カ所38の国と地域にアメリカ軍の基地がある。」

041_2 042_2上田氏「自分の国に(米軍)基地があるっていう方はどれくらいいますか?あっ結構ね、半分近くはね。ドイツではどうですか?トラブルが起こったりなんていうのはないですか?」

ドイツ人「私の出身地のビュルツブルクにも冷戦から大きな基地があって、毎日のようにアメリカの車が町を走ったりしていて、けどそれを逆にチャンスだと思っている人が多かった。(中略)

目の前に国際化のチャンスがあるのに、なんで沖縄県民はそれを否定しているのかなってちょっと思います。」

上田氏「ドイツの方からするとね。韓国ではいかがですか?トラブルとか」

043_2044_2韓国人「韓国というのは、北朝鮮と接してますからね、日本と危機感が違うんですね。反対派もちろんありますよ。あるけども、それはもうやむを得ないという考えでですね、理解度が全然違いますよね。」

クエェート人「クウェートは中東で一番大きな米軍基地があるんですよ。

10万人以上(米兵が)いるんですけど、日本と違って米兵が自由に町中に出たりって事が出来ないんですよ。(基地が)砂漠の奥地にあって、そこから出られない状態なので、全然そういう問題が起きないんですよ。」

上田氏「それぞれの事情によって随分違いますねぇ。ところがこんなアメリカ軍の基地、いらないよと言った国があるんです。そこで最後のキーワードがコチラ  "『NO』と言った国" 」

最後のキーワードは "『NO』と言った国" かつて米軍基地返還で合意した国とはどこなのか。その背景には意外な事実があった。

045_2047_2池上氏「・・フィリピンですね。

じゃあ、その位置を確認しましょう。日本よりずっと南にあります。このフィリピンも第二次世界大戦後、アメリカと相互防衛条約を結びました。つまり日米安保条約と同じような条約を結んだんですね。

それによってアメリカ軍がいました。この国で1960年代の半ばからずっとこの国の政権を握っていた人が、この人です。マルコス大統領。イメルダ夫人が靴をたくさん持っていたという事で大変有名になりました。

048_2049_2このマルコス大統領の独裁政権に対して国民が怒ってですね、マスコス大統領を追い出したんですね。それがピープルパワー革命と言いました。

人々が民主化を求めたんですね。人民の力でマルコス政権を崩壊に追い込みました。代わって政権を執ったのがこの人。

コラソン・アキノ元大統領ですね。アキノ大統領が就任した翌年、憲法を変えました

新しい憲法の中で非核兵器化、つまりフィリピンに核兵器は要らないよと宣言をしたんです。

となるとフィリピンにいるアメリカ軍、核兵器を持ち込んでいるんじゃないか、そのアメリカ軍はいらないよねと国民がこう盛り上がってですね、結果的にフィリピンからアメリカ軍基地に出て行ってもらう事になりました。」上田氏「当時、フィリピンはどんな様子だったんですか?」

050_3046_2フィリピン人「まぁフィリピン人は、もう必要じゃないと思ってたんだけど、アメリカはフィリピンに(基地の)地代物凄くお金払ってる。だから政府もお金もったいないなと思ってて困っていたので、、でもピナツボの火山(の噴火)で米軍基地が全部壊れちゃった。だからもうしょうがないという意味。」

池上氏「先ほど出ましたクラークっていう基地があったんですよね。

そのすぐ近くにピナツボ山という火山が大噴火をしまして、アメリカ軍基地が壊れちゃったんですね。じゃあこの際だからと。」フィリピン人いいタイミングだった(笑)」

051_2052_3ネパール人「その自尊心というか外国人からみると、日本は日本で守るという気持ちになって、初めて出て行ってくれという事になると思うので、もっと日本人は一般的に日本の問題というふうにはならないで、沖縄あるいは普天間の問題になるんですか?これからも。」

池上氏「そうですね。だからアメリカ軍が全部出て行って、代りに日本の自衛隊が全部守ればいいんじゃないかと、そういう議論は当然あるんですよ。

ところが一方で、中国にしても韓国にしても日本の自衛隊がどんどん強い力を持ったらなんだか心配だなぁと思う人がいるっていう現実も、実はあるわけですね。

あるいは当然日本の自衛隊で全部守ろうっていうのが大原則のはずなんですが、大変お金がかかる。アメリカ軍がいてくれた方が安上がりだという非常に経済合理的な考え方もあるんですよね。」

クリステル「5月に結論を出すという事になっていますけれど、その中で焦点というのは?」

054 055_2池上氏「まさに辺野古じゃなくて、その代わりのものがあるのか、つまり民主党と連立゙意見を組んでいる社民党にしてみれば、沖縄の県よりも外でなきゃダメだと言ってますよね。

で、例えばグァムにしたらどうかとか、サイパンにしたらどうかとか議論が出ていますが、

アメリカにしてみれば、沖縄という場所にあってこそ朝鮮半島や台湾海峡をにらむことが出来るから、ここでなきゃいけないんだよとなるとですね、大変解決策は難しい。

日本にとってアメリカっていうのはとっても大事なパートナー、アメリカにとっても日本は大事なパートナーなんですよ。その大事なパートナー同士で何を話し合うかってことをこれから考えていかなければいけないという事だと思います。以上

話の流れが石破さんの主張と一緒でした。米軍基地のある外国人の話がとても興味深かったです。

で、一番びっくりしたのがフィリピンのクラーク基地の事。

実は【パックインジャーナル】という番組で、朝日の軍事評論家の田岡氏は「米軍は絶対に日本を守らない。守るわけがない。フン」「中国は脅威でであるわけがない」「海兵隊なんて抑止力にならない(笑)」と毎回言ってますし、

田岡氏を師と仰ぐキンキンは、「フィリピンは民意で米軍を追い出した。フィリピンは素晴らしい。日本はフィリピンに笑われている」と壊れたテープレコーダーのように繰り返しているんですよ。(もちろん先週も)

なので、フィリピン人の「ピナツボの火山(の噴火)で米軍基地が全部壊れちゃった。だからもうしょうがない」「いいタイミングだった」と言うのを聞いて、ホント吹き出しました。

それにしても「米軍は日本から出て行けー」という人は、米軍がいなくなった後の事を考えているのだろうか・・

「平和、平和」と言うのなら世界平和も考えてほしい。東アジアが不安定になってもいいんでしょうか。

前編に書いたとおりどっちにしても第6条があるから、基地提供はしないといけないんですよね。

それがイヤなら日米安保の見直しかないという事じゃないでしょうか。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく