みんなの党

2011年11月29日15:32みんなの党・渡辺代表の猛アピール「維新の会とは一卵性双生児」 【やじうまテレビ】

テレビ朝日【やじうまテレビ】で、みんなの党代表の渡辺喜美氏が生出演し、大阪維新の会との関係について語っていたので記録しました(青字はナレーション) 局アナの質問が、かなり的を射ていたので注目です。

(永田町で一番橋下氏に近い渡辺代表と紹介

001_2 002

維新の会とみんなの党は既に連携していて、アジェンダ(地域主権・脱官僚・生活重視)がピッタリ一緒で考え方が同じだと主張)

女子アナ「・・さぁ果たして次の総選挙で大阪維新はどんな影響を及ぼすんでしょうか? 今、永田町で実しやかに囁かれているシナリオがあるんです。番組ではそのシナリオを辿ってみました。」

(VTR)

003

004

時は来年2012年●月。予てから消費税10%に引き上げを掲げ、その実施を前に解散総選挙を唱えていた野田総理。有言実行。伝家の宝刀を抜く構えだ。

006005

頑なな総理の姿勢に与党・民主党内はその是非を巡って紛糾。自民・公明も解散を迫り、かくして与野党入り乱れ混乱状態のまま総選挙へと突入する事となった。選挙戦で既存政党の奇をつき、無党派層を取り込んだのは国政に打って出た"大阪維新の会"そしてタッグを組んだ"みんなの党"の第三極。

連携して躍進の流れを掴み取る。結果、民主党陣営・自公陣営共に過半数が取れない事態に。奇しくも次の政権を決めるキャスティングボートを握る事となった維新の会。「大阪都構想を受け入れるか」民主党・自民党それぞれに踏み絵を迫った!

アナ「今、ご覧頂いたシナリオをイメージしているか?」

007

渡辺氏「国政に進出するのは今年中にハッキリすると思う。進出する以上は、どういう戦略戦術を取ればたくさん当選できるかというのはこれからの話。」

アナ渡辺さんの話だと、元々みんなの党と近いのかなという印象で、選挙協力の話まで進んでいるように聞こえるが、実は一方で亀井さんが新党を組みたいとか、石原都知事が応援に行ったりしているのを見ると、いろんな人が組みたがってて、結局橋下さんがどう考えているのかよく分からないが?」

渡辺氏「まぁ橋下さんとはよくお話するが、戦略的思考の人なので、わざと曖昧にしているのかも知れない。」

アナ「なんか渡辺さんが一方的に組もう、組もうとしているように見えなくもないが、、」

渡辺氏要は早い話、生みの親が同じ。例えば、堺屋太一さんは橋下さんを担ぎ出した張本人。私が自民党を離党して国民運動をやっていた時に、応援したのが堺屋さんと江口克彦さん。まぁ生みの親が同じなので一卵性双生児みたいなもんだ。」

008

川村氏「ただ、ほぼ政策は同じだと言っても橋下知事は明らかにエネルギー制作に関しては、原発の依存度を下げて発送電の分離をして新規参入を促すと言っていて、それはみんなの党とちょっと違う、、」

渡辺氏まっったく同じです。全く同じです(笑) 全く同じ、(そうですか:川村) 我々は脱原発とハッキリ言ってます。脱原発を実現する為には電力自由化が必要だと。これみんなの党のアジェンダそのものです。」川村氏「じゃあTPPや消費税に関してはどうか?」

渡辺氏TPPは我々は賛成です。(でも橋下さんはまだ、、)消費税は我々は反対です。国政に出てくるときにはそういう事も表明されるでしょうね。」

川村氏「そうすると最終的には合併されたらどうですか?維新みんなの党というような名前で、、」 渡辺氏「うん、まぁそういう考え方もあるかも知れませんね。」

010

涌井氏「私は渡辺代表の発言の中でちょっと気になるのは『みんなの党は関東の地域政党だ』と(そう仰ってましたよね:アナ)」

渡辺氏「まぁ、あのー、維新さんへのリップサービス(笑)」

涌井氏「いやそういう風に言われると、ちょっと待てよと、地域政党と国政とはどういう関係だとグサッと来る。」

渡辺氏「まぁ、要するに関東で議員が多いという意味。現に大阪・神戸だってみんなの党の支部長がいて参議院に立候補もしているのでオールジャパンの政党である事は間違いない。」

涌井氏「そうあってほしい。地域の問題と国政がどうやって手を組んでどこで役割分担をするかというのが今問われているので、そこが一番重要なところだ。」

渡辺氏「我々は地域主権つまり基礎自治体中心という事で、大阪都はまさに基礎自治体中心で今の270万人の巨大な訳の分からない体制をもっと住民の傍に分割しちゃおうと、こういう事なので大いに結構な話。だからそういうアジェンダを共有する人達を求望するのは大いに結構ではないか。

そもそもみんなの党は次の総選挙で100人以上擁立する。残念ながらまだ50人も行ってないので維新の会と連携できればもうドーーンといくわけ、逆に。」

涌井氏「橋下さんは戦略的なので、一方で、近畿ブロックの関西連合見ても、それぞれの知事の連携もやっている。だからなかなか徐々に基盤を作っているという気がする。」

アナ確かに組んだらドーンと行くが、それは他の党も同じように思っていて、例えば石原都知事や亀井新党の話もあるが、そのへんの動きをどう見ているか?」

渡辺氏「だから何をやるかが大事で、別々の考え方の人がとりあえず政権取る為にと言って集まったらこんなになっちゃったっていうのが、出来損ないの自民党みたいな民主党だ。」

013

浜田氏「多分国民が関心があるのは橋下さんが次どこで何をするかだと思う。今、国政に自身が出る事は全くないと明言しているが渡辺さんはどう思うか?」

渡辺氏「ご自身は、次の総選挙が6月にあるとすれば、それは市長をほっぽり出すなんて事は出来ない(次はそうでしょうね) だから6月にあるとしたら、とにかく考え方が同じ人達が組んで国政に足を掛ける手段の探りあいがこれから始まると思う。(将来的には?) 4年しかやらないと言っているので、次は国政、大いにアリだと思う。

随分この選挙中に大阪の人達から『橋下さんと渡辺さん、組んでくれよな』って随分言われた。」

アナ「大阪都構想を実現させるため、具体的にどう協力するのか?」

渡辺氏もう既に我々は法案を作る検討を始めている。地方自治法をはじめとして、もうたっくさん改正しなきゃいけない法案があるので、みんなの党はこう考えるというのをこれから維新の会の皆さんと相談しながら作っていくという事になると思う。」

アナみんなが連携したいと思っていると思うが、渡辺さんが一番密に連携を取り合っている? 」

渡辺氏連携はもう既にしちゃってる。ええ(笑)もうとっくに連携はしちゃってる。」

川村氏総選挙が有った場合にはお互いに連携をして候補者も調整していくという事か?

011

渡辺氏「まぁ、我々は残念ながら近畿ブロックは6人/77しかいないので大いに連携してウィンウィンの関係が成立するということ。」

川村氏「結果として国会内で統一会派を組むのもあり得る?」

渡辺氏「うん、それは色んな連携のレベルがありますからね。」

014 015

涌井氏「関西の事は関西の方に、大阪は大阪の方に考えていただかなければいけないが、片方で健全な政界再編が行われるのが望ましいというのはありますよね?」

渡辺氏「それはそうで、だから何をやるかで一致しないからグチャグチャの政治になる。誰と組むかばっかりやってるからわけが分からなくなる訳で、何をやるかで一致して初めて政党になるんですよ。」以上

そもそも論ですが、みんなの党は大阪維新の会と全く同じで一卵性双生児との事だけど、ならばなんで関西ブロックでドーンと議席が少ないんでしょう。

渡辺氏がまるで一体のように言うのはやっぱり違うと思うな。

この局アナが何度も質問をぶつけていたように、みーんな橋下さんと連携したがってる。橋下氏はそれを戦略的に操っているだけのような気がします。みんなの党も。

あと、リップサービスだと誤魔化していたけど、『みんなの党は関東の地域政党だ』と軽口で言っちゃうような人、ちょっと信用できない。調子に乗ってる小物臭は拭えないわ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年06月26日16:29何故、消費税を上げないといけないか   【ニュースの深層】

与謝野さんが胸ぐらをつかまれた事件を知ったその日の、朝日ニュースター【ニュースの深層】の与謝野さんの生出演だったので、何かその事でコメントがあるかな?と思って見ました。

朝日ニュースターでは、参議院選挙特集として
各党の戦略を党の代表や幹部の方に伺っていますが
第三弾となる今回は、たちあがれ日本共同代表で元財務大臣の
与謝野氏に税制や財政健全化についての考えを中心に伺います。

板書しながらの与謝野さんの話は、スゴイ分かりやすかったです。自民党時代にかなり絞ったので、民主党がいうほど無駄はそんなにはないと断言。長ーいので超要約で記録

002

003 当面の問題は、金利も低いので国債を出しても買ってくれるが、金利が低いと痛みを感じにくいので借金が膨らんでいくという傾向に日本の財政はある。

でも、金利はいつまでも安定しているわけではなく、突然上がる事もあるので、我々の世代は何とか逃げ切れるが、若い世代の方々は、こんな酷い財政を相続するのでは、世代間の不公平もあるし、財政の状況が経済にとってもマイナスに働く状況が出てくる。だから財政再建はいきなりは出来ないが、それに向けた歩みを始めないといけない

菅氏が言っている、「強い財政・強い経済」は4/26日にたちあがれ日本が発表した政策のキャッチフレーズ。

国の借金をいつまでも続けられるわけではない。いつかは限度が来る

民主党の言っている政策は、みんな良くなるというバラマキで、財源を考えないでやると、ハッと気がつくとサラ金地獄に陥るような事になるその政策を全部やると消費税率が20%位かかる

歳出については、抑制的にやる。成長を目指す。税制抜本的改革で歳入を増やさないとやっていけない

政治というのは選挙があるので、なるべく嫌な事を言わずに済まそうとする。でも今は、自民党も民主党も言っているし、たちあがれ日本もちゃんと言っている。

共産・社民は元々ダメだと言っていたが、人気取りに傾いているのは、消費税ダメと言っている、みんなの党。

「痛みもある」というのを国民にきちんとご説明しなきゃいけないのが現実。

たちあがれ日本の提唱フリップ

004

歳出の内訳の説明(88.4兆円)

①22兆円・・借金の利息・元本②22兆円・・地方交付税③22兆円・・社会保障費(毎年1兆円増)

④22兆円・・・国家公務員の給料・防衛費・教育費・科学・公共事業など一般経費

005 減らすとしたら④しかない

去年、民主党は16兆ムダを減らすと大きく出たが、実際は減らす口がない。実際7000億円しか減らせなかった

問題は借金が900兆円だが、国民の金融資産が1000兆円なので、危険水域になってきた。

それでも金利が低いのは、世界中が日本政府を信用している。消費税がまだ5%だから上がる余地があるんじゃないか。過剰流動性がダブついているから。しかし、1.2%以下の低い金利がいつまで続くか分からない

財政健全化は3つのことをやるしかないが・・

①倹約・・・日本の予算は財務省がやかましく言って削りまくるので、結構切り込んでいる。特別会計の無駄は合算しても小さい。

②成長・・・民主党は実質2%超・名目3%超と言っているが、これは夢見たいな話

今、日本は成熟経済で、潜在成長率は1%位。労働力減少もマイナス要因。成長に頼った話は道を間違える。

③税制改正・・・もうこれしかない。世界的に見て日本の法人税は高すぎる。中国・ホンコン・シンガポール・ヨーロッパも20数%。

006 所得税は最高税率を少し高くする位しかいじれない。銀行税も相続税もたかが知れてる。だから、消費税しかない

消費税は、スウェーデンが25%,一番低いのが日本・台湾の5%

財政を健全化(借金の絶対量の減少)するには30年位かかる。(プライマリーバランスの説明 略)

民主党が、2020年にプライマリー赤字が18兆円強だと発表したが、そうなる為には消費税を16から17%にしないとプライマリーバランスに到達できない。(借金とGDPの説明 略)

007 どの党も、選挙で税金の話するの嫌だなと今まで来たから、借金で賄ってきたが、これは後の世代が払うもの

政治的に難しいのは選挙があるから。キレイごと言えば逃げ切れるが、この問題は一党だけで背負いきれるものではない。

私の自民党での最後の仕事は「財政再建法」という法律で、その中に「いさかいは止めて、税制と社会保障の問題は党の利害を超えて、同じテーブルについて決めよう」と。これはスウェーデンでやった。それを日本でもやらないと、不幸になるのは、後の世代の人たちだから。

008 009たちあがれ日本は、財政と社会保障は超党派でテーブルに付くべきだと思っている。ただ、消費税を上げるのは、国民になかなか理解してもらえないと思うので、消費税は社会保障だけに使うと、使途限定する。

そうすると消費税が保険料化する。保険料は自分に返って来るからみんな払う。そういうプレゼンをしないといけない。

子供手当は5兆円で消費税では2%分。農家の個別補償も不公平で本当の農業政策ではない。

(国民も政治家も消費税引き上げは先送りしたいというのが本音という世間話 略)

みんなの党は「国には520兆円資産がある」と言っているが、資産があると言っても国会議事堂を売る訳にはいかないし、

010 やはり政治家全て、選挙が怖いので、税を上げる話はしたくないから、

「倹約すれば!!」「経済が成長すれば!」「無駄を省けば何とかなる!」という演説をすると、聞いている方もうっとりして「そうかなぁ」と思うが現実は違う

菅氏が消費税に言及したのは、国際会議に行ったから。ああいう所に行くと話題はギリシャ破綻の話とかばっかりなので、少しは現実に目覚めてきたのかなと思う

013 民主党は、政権とってから気負いすぎて、国会運営が暴走気味なので、もう少し物事を丁寧に議論した方が良い

民主党が過半数を取ると、暴走しそうな人たちが多いので、今回国民が良識を働かせて下さると思っている。

実は、自民党は強行採決をやった事がなく、強行採決やっているように見えるが、あれは相手から頼まれてやってる。

民主党のは、本当の強行採決。国会は議論をしてバランスの良いところでものを決める所なので、そういう政治構造を国民に作っていただきたい。以上

というわけで、消費税財政再建の話。最後にちょっと選挙の話でした。

あくまでも、これは与謝野さんの見解ですが、昨日の朝生でも、与謝野さんにはどの党も一目置いて、「"同じテーブル"の座長に」と言っているそうです。

国民も、「社会保障は充実させろ!でも消費税は上げるな!」 という虫の良い事は考えないようにして、現実を見ないといけないんだと思います。

消費税引き上げの話、みんな避けたいと言うのも政治家の本音ですよね。

でも、今まで先送りしてたからこんなに借金が膨らんだんです。

せめてこれからは、早い時期のプライマリーバランスの均衡を目指さないと、ツケがどんどん後回しになります。なのに民主党は、高校無償化だって文科省の科学技術費を削って回したそうだし、

歳出を抑えないで(バラマキ)、将来への投資も削って、それで消費税上げたいというのは、本末転倒で論外だと思いますけどね・・

最初に書いた、与謝野さんが胸ぐらを掴まれるきっかけになった、演説会の様子です。

石原都知事が外国人参政権阻止の訴えをしているとこに、割り込んだ「ハクシンクン! ハクシンクン! ハクシンクン!・・・」の大音量連呼で聞き取れません。これは酷い妨害行為です!【必見!】

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく