パヨク

2013年05月20日14:51阿蘇地☆曳人さん&みなさんへ

昨晩は実家に泊まっていたため、

昨日の記事「慰安婦」発言問題 当事者が語る悲劇 戦地に行った元日本兵は・・ 【報道特集】への阿蘇地☆曳人さんの意見に対してのコメント欄の盛り上がりに、今ビックリしている状態です^^;

でも、まだたくさんのコメントの読み込みができていません

このブログは、「一方的なマスコミの論調・コメンテーターのコメントなんかを鵜呑みにせず、自分で調べて考えてましょう」というのがコンセプトにあるので、そういう意味でコメントのやり取りは歓迎ですが、

私自身が出遅れてしまったため、流れが把握できていない状況なので💦、まとめレスの時間を少し頂きたいと思います。

一連ののコメント全部に対してレスは出来きそうもないので、後程ここの場所に争点をまとめたいと思います。大変申し訳ありませんが、ご了承を。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


まず、最初に私・さくらにゃんの記事宛てに書かれた阿蘇地☆曳人さんへのレスを青字で書きました

失礼ですが、問題の所在をご理解なさっていないようにお見受けします。日本軍性奴隷制度の〈強制〉性を徴募段階の問題に一面化するのは、「なかったことにしたい」派による問題のすり替えです。

問題の所在云々の前に、「日本軍性奴隷制度」って何ですか?! 

うちの祖父も日本兵でしたが、誰を性奴隷にして何をしたのか、 

そこを具体的に書いて下さい。 

で、「何を」なかったことにしたい派なんでしょう?


秦教授も調査で扱っておられる資料に記述がありますが、客の多さに「もうだめです。体が続かない」と言った慰安婦を寝台に縛り付けて、客を取らせたケースなど、暴力による強制は、事実としてあったのです(縛ったのは「係り」の兵士)。

ケースの話なら・・ 

内地人のある娼妓は「内地ではなかなか足を洗えないが、ここで働けば半年か一年で洗える」といい、中には「一日に二十七人の客の相手をした」と豪語するつわものもいた。」

彼女たちは実に明るく楽しそうだった

という話もあります。 

でも、そんな枝葉末節の話じゃないですよね?、問題の所在は。


日本が特異なのは、こうした運営上の強制性です。他国の場合、多くは周辺の既存の娼家などを利用しています。軍の付属施設として部隊の要請に基づき設置される日本の性奴隷施設とは違います。

実際の経営は、確かに民間業者がやっていましたが、業者が勝手に「出店」できたわけではありません。施設自体は軍のものです。

小野田証言も軍の施設であったことを裏付けるものです。

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月19日 (日) 15時42分

「慰安所」は連隊本部の守備陣地の一隅に鉄条網で囲まれて営業しており、巡察区域内で、軍医も関与していました。

でも、当然ながらそれは軍人を守るためです。

全く理解されておられないようですが、あなた、小野田さんの証言を本当に全部読んだんですか??

しっかり読まれてからコメントしてください。http://dametv3.blog.jp/archives/19075165.html

-外地に出動して駐屯する部隊にとって、治安維持と宣撫工作上最も障害になる問題は、兵士による強姦と略奪・放火である。そのためにどこの国もそれなりの対策を講じていることは周知の通りである。大東亜戦争時、戦場には「慰安婦」は確かに存在した。当時は公娼が認められている時代だったのだから至極当然である。

「商行為」ではない、軍による「性的奴隷」であるとそれでも強弁するとすれば、知らな過ぎるのか、愚かで騙されているのか、そうでなければ関西人が冗談めかして言う「いくらか貰うてんの?」なのかもしれないが、あまりにも馬鹿げた話である。-

で、韓国メディアの「韓国女性20万人を性奴隷にした」というのをどう考えますか?

これは韓国の一部メディアが、より実態を反映する「強制された性奴隷」を使うようクリントン国務長官が国務省高官に指示したことから始まっています。

 

それに沿って日本人のあなたまでそういう表現を使うのは如何なものかと思いますよ。

「戦場に身を曝し、敵弾の洗礼を受けた者として最後に・・」と、遺言のように真実を書き残された小野田さんの証言についての感想をどうぞ


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

以下は、 阿蘇地☆曳人 さんのコメントの流れです。(気になる部分は紫字にしました)

さくらにゃんさん、こんにちは!

>日本が特異なのは、こうした運営上の強制性です。他国の場合、多くは周辺の既存の娼家などを利用しています。軍の付属施設として部隊の要請に基づき設置される日本の性奴隷施設とは違います。

だから、『強制連行』もあったと仰りたいんですか?

>実際の経営は、確かに民間業者がやっていましたが、業者が勝手に「出店」できたわけではありません。施設自体は軍のものです

それは皆さん知っているでしょう。
論点がずれています。
橋下さんはじめ『強制連行』があったかなかったか
そこが一番問題です!
『従軍慰安婦』を広い考えで捉えているのは
勝手ですが、論点と総点は違います。

私はまだまだ勉強不足の人間ですから
論点をぼかさず教えて頂きたい!
横からで失礼しました。

投稿: まるこ | 2013年5月19日 (日) 16時27分

阿蘇地さん、秦郁彦氏の「慰安婦と戦場の性」には、そんな記述がないのですが。秦氏も本で指摘している慰安婦強制連行が慰安婦問題の急所なんですが。そして、日本マスコミが全く報道しない、フィリピン・セブ島日本女性強姦事件での韓国ネットでの慰安婦を口実にした強姦の正当化の書き込みをどう考えてますか。

投稿: 呆れた | 2013年5月19日 (日) 17時01分

「呆れた」さんへ

秦氏が利用した資料に記述があるということです。具体的には、総山孝雄 『南海のあけぼの』(叢文社 1983年1月)です。秦氏は、そこから、「寝台…」の部分を含まない引用をしています。シンガポールに日本軍が進駐すると、英軍を相手にしていた女性たちが日本兵を「慰安」したいと詰めかけたという部分です。しかし、その話の続きとして「寝台」の件が出てきます。実は二つはひとつながりの話なのです。

彼は、一つのエピソードの導入部分だけを引用しているのです。

あきれるなら、そのような引用の仕方をした秦氏に対してでしょう。

>秦氏も本で指摘している慰安婦強制連行が慰安婦強制連
>行が慰安婦問題の急所なんですが。

秦氏によるその主張が問題のすり替えなわけです。彼の引用手法がそれを明示しています。彼は肝心な問題から、まず自分の目をそむけ、次いでその結果、一面化された「事実」を読者に提供します。

あきれるなら、そのような一面化された問題意識で性奴隷制を見る秦氏に対してでしょう。

また安倍氏がわざわざ、「狭義の強制性」なる新語を編み出したのは、徴募段階の話しに留まらない"広義"の強制性の存在自体は、否定できなかったからですが、このように強制性自体を勝手に分割するのは、「なかったことにしたい」派の常套手段でもあります。

あきれるなら、そのような詭弁を弄する安倍氏に対してでしょう。

>セブ島日本女性強姦事件…

愚問です。どんな詭弁を弄そうと女性に対する性暴力を正当化することなどできるはずもありません。

旧日本軍の性奴隷制も強姦事件も、女性に対する性暴力としては、同罪です。

旧日本軍の性奴隷制が適切に処断されていないことが、強姦魔やその取り巻きに詭弁の材料を提供しているのですから、我々のすべきことは、日本軍性奴隷制も含めて女性に対する性暴力と闘うこと以外にありません!

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月19日 (日) 22時59分

>>阿蘇地☆曳人 さん
>>強制〉性を徴募段階の問題に一面化するのは、「なかったことにしたい」派による問題のすり替えです。|

いえ、違いますよ。
何故違うかと言えば、そこが責任の所在の存するところなるのですから。
国家の公命令で募集され、働かされたのならそれは公権力の行使ですから公の責任が生じます(公営企業・公務員と同じです)。
それが民間の募集で集められ働かされたのなら、それは私人間の問題です。責任の所在は経営者にあります。
誰が利用したかは関係ありません。公務員が民間企業を利用しただけの問題です。
確かに今の時代公務員が公に民間風俗を契約して利用するのは憚れるでしょう。
しかしあの時代は、軍隊が民間の買春風俗である慰安所を利用することは世界であったのです。
ですから、アメリカも今でこそ軍の売春施設利用はノーと言ってますが、日本占領下でも韓国でもベトナムでも軍隊が慰安所を利用してます。慰安所云々いっている韓国自体が軍の為慰安所を設けてます
その店の中で通常の営業を踏み外した「特に非人道的」なことが行われたケースもあったかもしれません。それは痛ましいことです。
然しそれも責任の所在はそれを行った「経営者」にあります。
現代でも風俗の営業のその見えないところで非人道的な行為が行われるてるかもしれません。その違法行為責任は国ではなく「その経営者」です。たとえお客がたまたま公務員であってもです。
勿論今から見て軍隊が風俗を利用するその道義性の問題はあります。
しかし軍隊があったから不幸な女性の問題があったのではなく、あの時代軍隊がなくとも日本全国にそういう施設はあったし、同時代の日本だけでなく韓国、中国、いや世界にあった。また各国とも軍隊は同じこと・似たようなことをしてた。
この問題を論じるならそこまで並べて公平に論じなければなりません。
そういうのをわかっていたから最初は「強制性」を理由に(それがないと問題にできない)日本だけが特別に酷いことをしたという話だったのです。

投稿: teatimemail | 2013年5月19日 (日) 23時23分

「性奴隷」って戦時中にあったんですかね?
そんな言葉はどこにも出てないですよね。(笑)

旧日本軍の性奴隷制・・・そんな制度はどこにも見当たりません。

"阿蘇地☆曳人"って方も、「慰安婦=性奴隷」として定義付けたくて仕方が無いらしい。

投稿: しもしも | 2013年5月19日 (日) 23時24分

さくらにゃんさん、連投スイマセン(((・・;)

老婆心ながら阿蘇地☆曳人様に一言。

阿蘇地☆曳人様は、《また安倍氏がわざわざ、「狭義の強制性」なる新語を編み出したのは、徴募段階の話しに留まらない"広義"の強制性の存在自体は、否定できなかったからですが、このように強制性自体を勝手に分割するのは、「なかったことにしたい」派の常套手段でもあります。》とおっしゃいますが、“広義の強制連行”を言い出したのは、慰安婦問題で国家賠償を言っている吉見先生です。

彼は、『朝まで生テレビ』にて、“広義の強制連行”を語る吉見先生に対して、西岡力氏が、「それじゃあ韓国で言われているような奴隷狩りの証拠は見つかったんですか?」と尋ねると、吉見先生その証拠はないとはっきりおっしゃられました。

阿蘇地☆曳人様は、「強制かどうかなんか関係ない」とおっしゃるかもしれません。現に今コメンテーター達はそう言ってます。しかし、「強制は関係ない」と言っている人達は、散々“強制連行”を宣伝した人間達なんですよ。しかも、日本国内では「広義の強制連行」「強制かどうかなんか関係ない」と言いながら、国外では「日本軍は朝鮮人女性を奴隷狩りした」と吹聴しています。

そのような輩は一切信用出来ません!

因みに『朝まで生テレビ』でのやりとりは、『新・ゴーマニズム宣言』の四巻にて収録されていますし、自分もその時の放送を見ました。

余談ながら、中国・韓国・北朝鮮は疫病神だと自分は確信しています。

日本の不幸は、疫病神に近づいたことです。嘘だと思うなら、1年でも2年でも中国か韓国に住むか、既に住んだことのある方に聞いてごらんなさい。

それではさくらにゃんさん、阿蘇地☆曳人様、失礼します。

投稿: 播磨真悟 | 2013年5月19日 (日) 23時56分

まるこさんへ

返信が、他の方と後先になりましたことをお詫びします。

ご投稿の全体のご趣旨が、ご意見なのか、ご質問なのか上手く理解できておりませんが…、とりあえず、気づいたことを述べさせていただきます。

>だから、『強制連行』もあったと仰りたいんですか?

いいえ、運営上の問題を理由に徴募が強制的であったと主張することはできないと思います。

>>実際の経営は、確かに民間業者がやっていましたが、
>>業者が勝手に「出店」できたわけではありません。施
>>設自体は軍のものです
>
>それは皆さん知っているでしょう。

そうですね。「知っている」のかもしれませんが、「なかったことにしたい」派の中には、「知っている」にもかかわらず、民間経営であったことを理由に「単なる商行為」とか「軍の関与はない」などと見苦しい言い逃れをする方があるのも、残ながら事実です。

>『従軍慰安婦』を広い考えで捉えているのは
>勝手ですが、論点と総点は違います。

まったく仰る通りですね。そしてその違いを利用するのが、「なかったことにしたい」派の論点ずらしによる争点隠しの手法なのです。

>橋下さんはじめ『強制連行』があったかなかったか
>そこが一番問題です!

まさにこれが、論点ずらしによる争点隠しです。適切な事例をご提供くださりありがとうございます。

橋下氏の今回の発言が、ここまで問題になったのは、在沖米軍も風俗を利用して兵の性欲をコントロールせよとの主張が含まれていたからです。その上に、そのような女性のセクシャリティを男性のセクシャリティを支配するための道具にしようという、両性に対する二重の性抑圧思想の立場から、旧日本軍の性奴隷制を正当化しようとしたからです。

これ以前の彼の発言はともかく、今回の問題では、橋下氏自身の論点も彼を批判する人々との争点も「強制連行」ではありません。

また、旧日本軍の性奴隷制の問題点は、徴募段階の強制性に限定できないことは、ほとんど自明です。いろいろ言い含められて、あるいは楽な商売と勝手に思い込んで、出かけた人が予想と違って違って性暴力の犠牲となったことが「問題でない」などと言えるでしょうか。性暴力は、どこでいつ起ころうとも問題です。それが軍が自ら設置・管理する施設で起こったならこの問題に対する軍の関与も「なかったこと」にはできません。

そして、これらの問題点が、個々の論者が何を取り上げるかという論点とは区別される、争点を形成します。そして、争点からずれたポイントを論点としたり、争点の一部にだけに論点を絞り込んで、他の争点を論点から外すのが、論点ずらしによる争点隠しです。

以上、ご投稿のご趣旨を取り違えて見当違いの返信をしているかもしれませんが、もしそのような点があればご指摘ください。

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月20日 (月) 00時10分

阿蘇地☆曳人様。
ブログから推察すると在日韓国人の方ですか?
あなたが祖国の方に教わってきた事をそのまま信じているならそれでいい。自分の祖国を愛し、信じるのは当たり前のことですから。
私達も同じです。

でもね、これは「さくらにゃん」さんのブログです。
やたら書き込みしまくりたいなら、2chへどうぞ。

投稿: まい | 2013年5月20日 (月) 01時09分

>>阿蘇地☆曳人

かんたんに言うと貴方の言うことは法律上成り立ちません

貴方、商業ビルやフリーマーケットでもよい
いやそれよりも自社ビルに自分の会社の社員が主に利用する商業店舗を誘致した場合(たとえば床屋でも食堂でもよい)誘致受け出店したその店主や出店者が違法行為をした場合、
例えば店主が従業員や店員を労働基準法違反で働かせたとかのケース(違法残業とか、未成年をはたらかせたとか)、
責任はどこに生じますか?
誘致した会社ですか?それとも店や店主ですか。

投稿: teatimemail | 2013年5月20日 (月) 01時35分

teatimemail さんへ

そちらからご覧になれば、かなりエキセントリックな主張している僕のような人間に丁寧なご説明をいただけることには、感謝いたします。そちらのご投稿の直後にまだそのご投稿を拝見する前に、投稿させて頂いたもので論じた点が取り上げられていますので(僕がもたもた書いている間にそちらのご投稿があったたようです)、重複しますが、改めて説明させていただきます。

>国家の公命令で募集され、働かされたのならそれは公権
>力の行使ですから公の責任が生じます(公営企業・公務
>員と同じです)。

これは、まだ十分説明していない点ですが、兵士などの軍所属の者による「強制連行」だけが、「公命令」の具体化の形態ではありません

「公命令」が「委託・委任」の形で実施される場合もありますし、「軍の威信」との関係で、「命令」の「公的性格」が隠蔽されているケースもあります。

また、徴募の手法も物理的強制ともなうもの、物理的強制はないが詐欺的甘言によるもの、通常の求人方法による場合といろいろあり得ますが、手法がどのようなものであったかということと、それが「公命令」に基づくものであったかどうかは、直接関係がありません。

このコメントの僕の名前をクリックしていただくと開く僕のブログ・エントリーで利用した資料にもあるように、内地で民間業者が慰安婦募集を行った際、警察が詐欺的甘言による誘拐まがいの手法とみて検束したですが、軍の依頼によるという本人たちの申し立てを認めざるを得ず釈放しています。民間業者が徴募をしていたが、「公命令」に準ずるものと警察が判断したわけです。

>それが民間の募集で集められ働かされたのなら、それは
>私人間の問題です。責任の所在は経営者にあります。
>誰が利用したかは関係ありません。公務員が民間企業を
>利用しただけの問題です。

勿論、利用したのが兵士だから軍関与の施設だと申し上げているわけではありません。

設置の責任者が軍であり、施設自体も軍に属し、経営を民間に委託しつつそれを「当該駐屯地ニ於ケル高級先任ノ部隊長」が「指導監督ニ任スル」施設だったからです(歩兵219連隊警備隊第7中隊 昭和18年 極秘 営外施設規定)。

>あの時代軍隊がなくとも日本全国にそういう施設はあっ
>たし、同時代の日本だけでなく韓国、中国、いや世界に
>あった。また各国とも軍隊は同じこと・似たようなこと
>をしてた。

事実認識としては、まったく異存ありません。全面的に同意します。また、僕は、旧日本軍の特殊慰安所とドイツ軍の同様の施設は、軍が管理する施設であったという点で他国軍の性抑圧とは少し違った性格を持っていたとと認識していますが、その点を特に強調するつもりは毛頭ありません。

まさしく、近代市民社会の、女性のセクシャリティに対する戦時・平時を問わない、また、民族、国籍にかかわらず存在する恒常的抑圧こそが問題だと考えるからです(但し、残念ながら、被害の内容には、民族差別が加重され民族・国籍によって差異が生じる場合があります)。

単に、日本軍だけが悪いわけではないが、日本軍も悪かった事実は消せないとい申し上げるのみです。

重ねて、コメントをいただきましたことにお礼申し上げます。有難うございました。

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月20日 (月) 01時36分

まいさんへ

僕のブログをご覧下さったにしては、誤解が多いと思います。

僕は、ナニ人であれ労働する諸個人が、どこの国であれ資本の国家を、「自分の祖国」とみなし、「愛する」ことは、根本的な誤りであると考えています。

また、労働する諸個人は、その政治的・文化的属性上の優位を生かすために、「自」国においてそのような「ナショナリズム」と闘うことが適切であると考えています。だから、僕は「自」国の「ナショナリズム」との戦いを優先しています。

しかし、同時に韓国や北朝鮮、中国のナショナリズムとも戦っています。

僕が日本人でなければ、優先順位が変わり、むしろ資本の国家「日本」との戦いは、最優先の課題ではなくなるでしょう。

「自」国だからこそ、主要敵として最優先で打倒しなくてはならないのです!

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月20日 (月) 01時51分

>阿蘇地☆曳人 さん

「旧日本軍の性奴隷制」と書かれていますが、そんな制度が本当にあったのですか?
あたかも旧日本軍を貶める、悪意のある書き込みです。

そのような制度を示した一次資料があるのなら出してください。
無いのなら陳謝するべきでしょう。

投稿: しもしも | 2013年5月20日 (月) 02時08分

ここは、さくらにゃんさんの私的ブログであって、やはり控えるべきです。
平等に他者の意見を尊重して、自分の意見も聴かせられる物と思います。

さくらにゃんさん、貴重な場所をありがとうございます!
このネットでの声は必ず届くと思います。[E:clover]

投稿: アリエル | 2013年5月20日 (月) 02時10分

>>設置の責任者が軍であり、施設自体も軍に属し、経営を民間に委託しつつそれを「当該駐屯地ニ於ケル高級先任ノ部隊長」が「指導監督ニ任スル」施設だったからです(歩兵219連隊警備隊第7中隊 昭和18年 極秘 営外施設規定)。

この程度のことは経営に対しての「法的責任になりません。
民間で店舗を誘致する時も
この程度のことは契約書に書きます
い例えば
1当該店舗が当施設の利用するについて当該企業の定める規則にしたがうここと
2前項に定めたほか当該企業の定める当該ビル管理責任者の管理に関する指導に関し従うこと
とかね

第一「経営を民間に委託」とかかれているわけでね。
あくまで経営責任は経営者にある

あなた法律に疎いでしょ

>単に、日本軍だけが悪いわけではないが、日本軍も悪かった事実は消せないとい申し上げるのみです

と言う割には結果として日本だけ取り上げてる。
あなたのはその言葉はその言い訳、正当化でしかない。
虚構の強制云々に固執しているのはその証拠。
はっきり言ってこの問題、この問題取り上げるなら
各国の古今東西の軍の問題、売春の問題、その種の全ての問題をとりあげなければ本当に意味のある議論なんか出来やしない。
でもそれを本当にしたらしたら、いまのような日本だけ責め攻撃し貶める今のような異常な状態はなくなる。
冷静な学術的議論になるでしょう。
しかし、そうならないのは貴方のような立場の人がそうしない「実は事実を捻じ曲げても、または他の事実は隠ぺいしても」日本のを攻撃することに熱意をもやしているからです。
貴方がそうでないなら事実を曲解せず、いまはバランスがとれてないのですからバランスをとった議論をむしろ日本を批判している人々に向けて発信しましょう。
そうでないとほんらいあるべき全然冷静な学術的議論ならない。

投稿: teatimemail | 2013年5月20日 (月) 02時15分

アリエルさん

ご忠告に従わせていただきます。

さくらにゃんさん、長々と多くの書き込みをしたこと、お詫びします。コメントにお応えする責任があると考えてのことですが、期せずして長くなりすぎました。

これ以降は、回答は僕のブログで行わせていただきます。

しもしもさん、teatimemailさん、播磨真悟さん、近く回答のエントリーをしますのでご笑覧いただければ幸いです。

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月20日 (月) 02時53分

阿蘇地☆曳人さんコメントありがとうございます。
横にも関わらず丁寧なご説明は有難く存じます。
私からも再度、質問、意見をお伝えします。

>そうですね。「知っている」のかもしれませんが、「なかったことにしたい」派の中には、「知っている」にもかかわらず、民間経営であったことを理由に「単なる商行為」とか「軍の関与はない」などと見苦しい言い逃れをする方があるのも、残ながら事実です。

「なかったことにしたい」派と言うのは何を指して
仰っているのでしょうか?
「性奴隷」ですか?「性暴力」ですか?「強制連行」
でしょうか?
その点が分かりません。
阿蘇地☆曳人さんも
>いいえ、運営上の問題を理由に徴募が強制的であったと主張することはできないと思います。
と答えているので「強制連行」がないとの認識はおありなのでしょう。
そして、「性奴隷」と「性暴力」は全然違いますよ。
「奴隷」と「暴力」と書けばもっと分かり易いでしょう。
「奴隷」と言うのは全くの自由も与えられず、ひたすら
下僕にさせられることです。
「暴力」はその都度力でねじ伏せられることです。

韓国の言い分は「日本に性奴隷にさせられた!」と
叫んで訴えているわけですよね。
お聞きしますが性奴隷だったなら奴隷なわけですから
自由がなかったのでしょうか?
・・・違いますよね。
十分すぎる金銭を受け取っていましたよね。
それらで家も建てたりしていた。
これがいわゆる「性奴隷」になるのですか?
そして、今一番問題なのは「強制連行」があったか
なかったか?とのことですよね?
韓国だけが性奴隷と叫んでいるに過ぎない。
阿蘇地☆曳人さんこそ、最初から論点がすり替わって
います。
あなたがおっしゃる暴力や、奴隷みたいのものは
あったかも知れません。
それこそ世界中で起こっていたでしょうね。
だから反省しないなんて誰も思っていないと思います。
少なくとも現時代では。
そんなことを論点にしても出口なんてありません。

>橋下氏の今回の発言が、ここまで問題になったのは、在沖米軍も風俗を利用して兵の性欲をコントロールせよとの主張が含まれていたからです。その上に、そのような女性のセクシャリティを男性のセクシャリティを支配するための道具にしようという、両性に対する二重の性抑圧思想の立場から、旧日本軍の性奴隷制を正当化しようとしたからです。

今回このような表現がよく議題に上りますが・・・
風俗を利用して、性欲をコントロールするのが
どこが悪いの??
ハッキリ言いますね。その為にあるのがいわゆる
法で認められてる性産業ですよ。
今日、いわゆる風俗店で働いている女性にインタビュー
していたのが写っていましたが、
彼女曰く「そんなところで働いているからと言って
性の道具にされていると思いたくない。橋下さんは
酷い!」と言っていました・・・

私と主人はあきれ返り「はあ?じゃああんたは吐け口
じゃないと思ってんの?誰からも愛してもらえる
仕事だからやってるんだと?」と笑ってしまいました。
道具との表現はよく分かりませんが、性の吐け口ですよ。
それを承知で働いているんですよ。
だから金銭もたくさんもらえるんです。
慰安婦もそうですよね?
若くして女性も知らない兵隊さんに、国が関与してあげた
のは私はいいことだと思っています。
それで少しは軍人さんも所構わずレイプなんてのも
無くなっていくだろうし。
あなた男でしょう?
風俗店に行く行かないは別にして、女とヤリたい!
と理屈抜きに思うでしょうに(笑)
それが健全な男子ですよ。
橋下さんも同じようなことを言いたかったんだと
思いますよ。
だからあの福島瑞穂軍団に女性の私からしても
憤りを覚えます。
性産業の方をバカにしている発言です!
男性が吐け口と思っている以上にフェミニストたちは
あんなところなんて・・・と思っていることが
明明白白になりました。

>争点からずれたポイントを論点としたり、争点の一部にだけに論点を絞り込んで、他の争点を論点から外すのが、論点ずらしによる争点隠しです。
まさに阿蘇地☆曳人 さんの事と思えますが?
もし発言なさるなら「強制連行」に絞ってください
主張が何なのか見えませんので。

最後にさくらにゃんさん、ゴメンナサイ[E:weep]
さくらにゃんさんのブログなのに勝手な真似を
してしまいました
阿蘇地☆曳人さん、あなたも謝罪してください。
あなたのブログではないのですから。

投稿: まるこ | 2013年5月20日 (月) 03時11分

>阿蘇地☆曳人さん

さくらにゃんには申し訳ないが・・・、阿蘇地☆曳人さん逃げないでこの場を使って議論しても、俺は良いと思いますよ。

さくらにゃんのブログは読者が多いので、阿蘇地☆曳人さんの発言も広く伝渡りますからね。
もっとこの場で議論しましょうよ>阿蘇地☆曳人さん。

投稿: しもしも | 2013年5月20日 (月) 03時29分

しもしもさんへ

有難うございます。さくらにゃんさんさえ宜しければそのようにさせて頂けると助かります。

ただ、ご本人の意思が確認できないうちはちょっとどうかと。

僕も、しもしもさんもブログを持っているし、このばでURLを公開していますから、さくらにゃんさんのご意思が確認できるまでは、どちらかのブログでするという方法もあると思いますが、どうでしょう?

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月20日 (月) 08時20分

しもしもさんへ

同趣旨の質問を二度頂いていますから、やはりこれについては、この場でお答えしておいた方がよいと考えなおしました。

>「旧日本軍の性奴隷制」と書かれていますが、そんな制
>度が本当にあったのですか?

ご質問のご趣旨は、当事日本軍の特殊慰安所にかかわる諸事象を巡ってそのような表現が使われていたか、ということだと理解しますが、宜しいでしょうか?

もし、そのようなご趣旨のご質問であれば、答えは、

「いいえ、使われていません」

です。

「性奴隷」とか「性奴隷制」という言葉自体は、一般的な単語として存在したかもしれませんが、日本軍の営外施設である特殊慰安所を巡る諸事象を表現するものとしてこの言葉が定着していなかったことは、全く明らかです。

「旧日本軍の性奴隷制」は、後世の歴史家、政治家、弁護士、被害者支援者などが、新たに創出した表現です。

特殊慰安所における、また、そこに至る過程、引き上げの過程などにおける「慰安婦」(「ピー」)に対する処遇を包括的に表現する言葉が、「旧日本軍性奴隷制度」です。

よくわからないのは、しもしもさんが当事存在しなかった<こ☆と☆ば>はつかってはならないということを仰りたいかどうかですが、これはおそらく違うだろうと判断しました。もし、そういうことになれば、「三角縁神獣鏡」といったことばは使えなくなります。「竪穴式住居」もです。

それでは、歴史研究は成り立たないでしょう。

そんなおかしなことを主張なさっているわけではないと考えました。
---

さくらにゃんさん、やめるといったのに投稿を繰り返して済みません。今後この場をお借りして議論をしてよいかどうか、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

投稿: 阿蘇地☆曳人 | 2013年5月20日 (月) 10時29分


さくらにゃんさんには悪いですが、阿蘇地さん、貴方は私の質問をはぐらかしているよ。朝日新聞の22年前の記事に吉田清治の済州島強制連行があり、当時はこれを元に強制連行が問題になった。そして韓国の教科書では20万人の慰安婦強制連行が記載されている。韓国教科書の矛盾に昭和4年に発生した光州学生抗日運動があるけど、これは3・1独立運動に匹敵する反日暴動で光州の公園には記念碑があり、これの発端は現地の女学生に日本人野郎学生がチョッカイ出した事で発生した。女学生チョッカイ出して朝鮮半島全土反日暴動発生しているのに、20万人慰安婦強制連行されているのに朝鮮半島全土反日暴動発生してないのはなんなの?光州学生抗日運動と慰安婦が同時に教科書に記載されているのは矛盾ではないですか。こんなデタラメな話で日本女性強姦が正当化される事が許されていいのですか。

投稿: 呆れた | 2013年5月20日 (月) 11時19分

阿蘇地☆曳人さんご自身が「かなりエキセントリックな主張」として、

「自」国においてそのような「ナショナリズム」と闘うことが適切

「自」国の「ナショナリズム」との戦いを優先

「自」国だからこそ、主要敵として最優先で打倒しなくてはならないのです!

・・・と言われているので、なかなか議論は難しいかなと正直思いました。

問題の部分は全部「論点ズラしの手法」とされているんですから。

これじゃどこまで行っても平行線じゃないかな?

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2013年03月21日22:34孫崎享問題、国会で取り上げられる 【衆議院総務委員会】

3/21 衆議院総務委員会で、

大西英男議員が、アノ孫崎亨(うける)氏を取り上げていたので文字起こしして記録しました(但し、流れはそのままやや要約)

【ニコニコ動画】03.21 衆議院総務委員会 大西英男議員(自民) 孫崎享問題w

元外交官・元防衛大教授・元鳩山のブレーンという肩書で、共産党も言わない事を平気でテレビで言いたい放題の孫崎亨氏(呆)。

そんな孫崎を各テレビ局が重用するのが我慢ならなかったんですが、NHKをダシに国会で取り上げてくれて本当にありがたい♪

大西議員「自民党新人の大西英男でございます。多く諸先輩のご配慮により質問する機会を与えていただきましてありがとうございます。
まず、私はNHK報道の政治的中立性についてお尋ねをしたいと思う。

実は先日、早朝の会議に急ぐために車で移動していたら家内から、

『お父さん大変よ 、今、テレビでTPPはとんでもないという事をやってるわよ 』という事で連絡があった。
私はすぐ家内に録画を録っておけよと言って、帰ってから深夜見たら、

まぁとんでもない。NHKじゃなくてテレビ朝日、8時からの【モーニングバード】で、丁度、安倍晋三総理がTPP参加を表明した直後の放送だった。

そこで孫崎亨という評論家、これ外務省出身だが、この人がTPPというのは『もう交渉の余地はない。決まってるんだ。今からでは手遅れだ。』

あるいは『これアメリカの国家利益に奉仕する枠組みで、日本はアメリカの植民地化してしまう。』
こういう事を、メインコメンテーターとしてとうとうとやっている。
それで私は孫崎亨氏の今日までの政治的な発言について調べてみた。

とんでもないんですねー。
これは自らのツイッターや、あるいはテレビ報道でも言っているが『尖閣は中国の領土だ』『竹島は韓国の領土だ』こういったことを主張している。

で、これは相当前からで、更に調べていくと、ナントナントNHKに何回か出演している。
例えば、平成24年9月の【NEWS WEB 24 尖閣や竹島に日本はどう対応する】というこの大事な問題に、孫崎ウケルさんがメインコメンテイターとして出席をして、自説を言ってるが、少しトーンダウンしたかも知れない。

その後、ナント今年、平成25年1月、【NHKスペシャル 2013世界とどう向き合うか】 という、世界に向けて日本の公共放送であるNHKが基本的な姿勢を示さんとするその番組にもコメンテーターとして出ている。

複数の人たちが出て、違った意見をいう事を妨げるものではない

しかし、NHKの番組において主たる評論家として、一方的に自己の、、我々にとっては正確を欠いている、正しい認識とは思えないような主張を延々と続けていく、こういう事が許されていいのかどうか
私はNHKの、こうした機会に、率直に見解を伺いたいと思う。」

松本会長「お答え申し上げます。
ただ今、話が出た領土問題だか、NHKは日本政府の公式見解を踏まえ、ニュース・番組を制作しており、例えばニュースの原稿でも、尖閣諸島や竹島に触れる場合には、『沖縄県の尖閣諸島、島根県の竹島』という形で、日本の領土であることを明確に表現している。

また、この領土問題は国家の主権に関わる重要な問題なので、今後ともニュース番組できちっと伝えてまいりたい。

NHKは放送法により、政治的公平を求められている。一方で意見が対立する問題はできる限り多くの角度から論点を明らかにするというのも求められている。

出演者については、色々な論点を紹介する判断の材料を提供するために依頼をするという事で、報道機関として放送法の求める公平・公正・不偏不党という原点を踏まえ考えてまいりたいと思う。」

大西議員「会長からお答えがあったが、NHKは日本の公共放送なので、その公共放送において、こうした『尖閣は日本の領土ではない』という事を発言して、評論家活動を行っている人間が活動しているという事は、これはやはり諸外国に対して、日本の世論は揺らいでいるのではないかという事を思わせかねない状況がある。

会長が仰るように、言論の自由、不偏不党を守っていかなければいけないが、この人だけをテレビ出演させて、一方的な意見の表明をさせたという事は事実なので、これらについては十分注意をしていただきたいと思う。

この孫崎亨さんのこうした一連の評論活動を受けて、朝鮮日報は『孫崎さんの本を読みなさい。日本人は頭を冷やしなさい。』
あるいは中国も、そうした報道をしている。これは明らかに国益に反すること
だ。

これについては、ぜひ、しっかりとした対応を今後ともお願い申し上げたいと思う。
私は別にNHK嫌いじゃない。テレビを見る7割はNHKで大河ドラマが大好きだ。(以下 略)」

これに関して孫崎氏のツイッターでは・・・ 関連部分を抜き出します

孫崎 享

著書:『戦後史の正体』。対米関係を自主、従属で分類。残念ながら日本人の追随派(政治家、官僚ー検察を含む-、経済界、マスコミ)が自主派を切ってきたのが日本の戦後史。今後の日本をどうするか。選挙で自民党大勝。得票率をみると自民党支持は低い。安倍政権タカ派政策遂行なら人気急落。でもリベラル層に受け皿がない。どうしたらいいのか

  1. hasebe‏@lovemeters7いづれ孫崎さんが狙われるのではと心配していました。しかし国会で一人の評論家を攻撃とは!!【衆議院総務委員会 大西英男議員(自民)孫崎享氏発言を延々と国会で質問: … …, 】

  2. 大西議員/Kazuo.K‏@Lumpen17117分 [ こんなのが国会議員だからいつまでも米国さんの植民地から抜け出せないんでしょうね。だいたい孫崎氏は尖閣は日本の領土ではないとは言ってないよ。日本が実効支配しているから棚上げは日本に有利とまで言っている。デタラメもほどほどに」

  3. ニコニコ動画発信:   23日「大西英男議員の衆議院での私への批判を考察したい、」ちなみに、大西議員はどこの議員かと見たら東京都第16区

  4. NHK03.21 衆議院総務委員会 大西英男議員(自民) 孫崎享問題:, いい加減な男だ。大西英男議員という議員は。領土問題に対する私の主張はポツダム宣言をちゃんと見るべき。TPPが属米と言ったのが気に沿わなかったらしい。その通りだ。

  1. NHK::(今日総務委員会◯NHK予算での質疑・採決で大西議員が孫崎さんのNHK出演を名指しで批判)私程度の者の発言を封じて、自民党は日本をどういう国に持っていきたいのだ。自民党は。まさかモデルが戦前の言論統制の時代ではあるまい。

  2. NHK:(今日総務委員会◯NHK予算での質疑・採決で大西議員が孫崎さんのNHK出演を名指しで批判)そういえば、本年1月1日のNHKスペシャル以降、NHKが取材に来たことはない

  3. NHK/こうして言論統制していく。日本 醜い、反自由の国に。旗振りが自由民主党とは皮肉。「自由」欠如の自民党 Light_Walker_A‏@Light_Walker_A3 今日総務委員会◯NHK予算での質疑・採決で大西議員が孫崎さんのNHK出演を名指しで批判していましたね。

  1. 安倍首相:国民が喜びそうなフレーズをどんどん発信。手をたたく多くの国民。18日読売「”参議院選は親の敵を討つようなもので、勝たなければ、私は死んでも死にきれない”と強調。」 親の敵って一体何なのさ

  2. TPP/安倍首相:騙す首相に騙されたい国民:18日日経夕刊「首相”ルール作り主導”」TPPの主要部会ほとんど審議終了。後発国は受け入れるのが条件。こんな何で何でルールつくり。嘘もいい加減にしてほしい。情報見れば歴然。でも国民は強い日本を夢想したい。如何に実態とかけ離れても。

  3. TPP・テレビ朝日・明日のモーニングバード、「そもそも総研 たまペディア」でTPP話します

    孫崎氏はNHKで正月に放送した討論番組や領土問題をテーマにした朝生でも持論を展開。(ウィキより)

    尖閣諸島問題
    尖閣諸島中国漁船衝突事件を巡っては、日中間に領有権「棚上げ」合意が存在するとしたうえで、合意の存在を否定し日米同盟を強化によって中国を牽制しようとする菅政権や外務大臣の前原誠司を、自身のツイッターなどで批判したほか、「日本も中国も自国の領土だと主張しています。どちらもそれなりの根拠があるため、同盟国の米国も中立の立場を取っている」、「係争地であるという出発点に立たなければならない」[7]「(中国の歴史から見ると)すでに14世紀にはその軍事力が尖閣諸島一帯に及んでいたという史実がある」[5]、「日本人にとって受け入れがたい事実だが、尖閣諸島は日本固有の領土ではない」[8]と中国寄りの視点に立った主張している。
    竹島問題
    まず「米国でも‘リアンクール島’(独島の米国名称)が韓国の領土となっていることを知る日本人は少ない」と述べ[9]、2012年10月20日放送の「朝まで生テレビ」では「カイロ宣言によれば日本の領土は本州四国九州北海道に局限される」[10]、「カイロ宣言に『日本国ガ清国人ヨリ盗取シタル一切ノ地域ヲ中華民国ニ返還スルコト』とも書かれており『尖閣は盗取している』」と発言した[11]。2012年10月28日には韓国の朝鮮日報が孫崎の著書をとりあげ、「日本の指導層がまず読むべき本」[12]であるとした。この著書で指摘されている「米国地名委員会(BGN)が竹島の所属を韓国としている」という点については、孫崎と関係の深い田中康夫の国会質問[13]を、孫崎が賞賛[14]。一方で田中康夫も孫崎を畏友と呼び、かねてより絶賛している[15]

    こんなの多分、ネットで調べれば誰でも論破できるはずだし、ずっと資料を漁って記録して来た、ただの主婦の私でも論破出来ます

    韓国紙に取り上げられた、孫崎の主張記事

    「日本もドイツのように過去を清算するべきだった」 2012年10月18日11時55分   [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

    ・・孫崎氏は著書で「日本の右翼が自らの勢力拡張のために領土問題を利用している」と診断した。孫崎氏は「ドイツは敗戦後、奪われた所有物を取り戻そうとせず、むしろ奪われたもの欧州共同所有にする制度を構築した」とし「このためフランスなど周辺国と国際社会がうなずいた」と主張した。 ・・

    こんな認識の人が外交官だったなんて、日本国が領土問題に弱腰だったハズだわ・・・

    マスコミはこのトンデモ評論家を取り上げる度、国益を損するという事を思い知った方が良い。

    民放の放送法無視も甚だしいけど、公共放送のNHKは特に孫崎亨は出しちゃダメでしょ!絶対に (;一一)

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく