朝日新聞 捏造関連

2017年06月02日15:18【加計学園】武田邦彦氏「朝日新聞が物凄く違う方向に世論誘導してるので、学者の視点から指摘。獣医は物凄く不足」 前半【虎ノ門ニュース】

【DHC】6/2(金) 武田邦彦・須田慎一郎・居島一平【虎ノ門ニュース】 (←動画)で、

「首相 過去に加計学園役員」というニュースに関して、

武田先生が「そもそも日本に獣医が物凄い不足している」話をしていたので記録しました[E:downwardleft](やや要約)

日本に35なければいけない獣医学科が18しかないなら、全然足りません。

日本の事を考えれば、マスコミはまずそこを指摘しないと!(;一一) にほんブログ村 テレビブログへ

Photo_4(首相、過去に加計学園役員 理事長が担当相に働きかけ 

 安倍晋三首相は30日の参院法務委員会で、友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)の役員を過去に務め、年間14万円の報酬を得ていたと説明した。「(1993年衆院選に)初当選した当初だが数年間、監査かそうしたものを務めた」と述べた。国家戦略特区制度担当の山本幸三地方創生担当相は記者会見で、昨年9月に学園の加計孝太郎理事長と大臣室で面会し、愛媛県今治市への獣医学部新設を[E:danger]働き掛けられたことを明らかにした。

 菅義偉官房長官は会見で、和泉洋人首相補佐官が、前川喜平前文部科学事務次官に新設手続きを促したか調査する考えがあるか問われ「全くない」と否定した。(共同)  居島氏読み上げ)

2

武田氏「この問題はNHKとか[E:danger]特に朝日新聞が独占インタビューとか称して、物凄く違う方向に世論を持って行っちゃってるので、大学に関係する事なので、私が学者の視点から指摘する。

獣医は物凄く不足しているんです。もう30年前から言われ続けている。どうしてかというと、例えば鳥インフルエンザとか人畜共同の感染症(豚コレラとか、食品安全とか)、動物に関係する病気とか物凄くいっぱいある

現在は確か獣医学科は全国に約18だと思う(変動あり)。必要だと言われているのは35学科。[E:danger]現状18で望ましいのは35なので物凄く少ない

こんなに少ないので外国、特に先進国との折衝が全くダメ。僕も外国との間のお医者さんとか技術関係の交流の国の委員をやっていたが、もう日本の大学の(笑)ダメさ加減があって、建築でも日本の一級建築士が外国で設計できるのは少ない。獣医なんかも全然ダメ。昔なら心理療法士・薬剤師とかいっぱいあったんだけど、、

 
日本は物凄く独特の教育をしている。獣医学科は欧米並みなら35必要なのに18で抑えているとか、ほとんどの先進国は5年で教育しているのに4年でやるとか非常に特殊でグローバリゼーション全く出来ない。

しかも問題がもう1つあって、これ取材しないとわかんないが、僕ら大学関係者で言われているのは 獣医学会の特権の保護だと。数を増やすと1人当たりの儲けが減るから。

例えば、[E:danger]獣医は各都道府県で足りないという要望を文科省にいっぱい出してるが文部省は頑として獣医がどの位必要かという数字を絶対に出さない。それは農水省だとか言ってるが、これは教育の問題だから、農水省が必要性を言っても、教育の必要性は文科省が出さなきゃいけないが出さない。

それで今まで来ちゃったので、この問題は安倍さんの個人の問題とかを議論しちゃいけない問題

まず日本の獣医が先進国としてどの位必要か、それをしないと我々の健康とか動物のアレができないかを先にやらなきゃいけないのに、

もう議論がバーーっと変な、悪いジャーナリステックになっちゃってる。これがまず大きな問題で大学関係者として指摘しておく。

Photo

で、こういう問題がいっぱいあるのはもちろん文科省の認可権。これは物凄く大学に対して強い。

僕も大学の学長事務代理やって、新設とか物凄くやったが、とにかく文科省の若い役人を説得しないといけない。だがそれは全然教育の経験がないのが威張ってる訳なのでどうにもならない。だけど文科省がOKしないといけない。

で国民がそれを支持してるのは、日本国民は大学受験があって文科省があるのが当たり前だと思っているから。だけどアメリカは文科省はない。
欧米は、教育の応援したりするが規制側にはいないこんな規制側の文科省があるのはもう後進国だけで物凄い古い体質
文科省が認可権を持っていなければ、需要があるだけつくるので獣医学科は30位できてるはず。日本の教育が歪んでいるのはまずそこにある。

(中略)

Photo_2

この記事、安倍さんが過去に加計学園、、これは言いがかりに過ぎない。自分は安倍さんの政策を全然支持しないところもあるが、この記事自体が内部分解してる。自分が大切だと思う事を経験していて、権限を持ったら個人的な利得に関係なければ国の為には自分が良いと思う事をやらなきゃいけないので、

基本路線が獣医の問題・大学規制の問題・首相と事務次官との関係の問題。

それから日本は(アメリカと違って)政権交代しても官僚は変わらないから、事務次官はちゃんと安倍さんの思想を忖度、考えなきゃいけないわけで、安倍さんに反抗するって、アンタ何やってんの!?と。[E:danger]国民が選んだ首相の意思にできるだけ沿おうと努力しなきゃいけないのが役人

だから一連の報道、朝日新聞の報道はもう絶対に日本をダメにしようという方向の記事を毎日のように出していて本当に残念
僕は獣医の関係の大学を知ってるんで、朝日新聞が一体どういう企画をして、これでますます慰安婦事件と同じように日本がダメになる方向だけを報道してる。
今の獣医の事とかをちゃんと報道した上で、安倍さんの交友関係を言ってもいいけど、あまりに比重が違う(笑)

居島氏「獣医不足の深刻さを8年も前からというのは知らなかったし、前事務次官なんでこのタイミングで言い出したのかなぁと」

須田氏「そのタイミングとかラブ・オン・ザビーチに行った事については、あとの『社会の裏』で話すが、・・

Photo_3

(後半は、朝日新聞の倒閣運動。その印象操作と、

前川氏が天下り斡旋処分の2ヶ月前の時点でクビになっていた話など・・つづく)

[E:typhoon]関連記事[E:downwardleft]

  1.  がリツイート

    前知事=加戸 守行証言で、獣医学部誘致の真相が判明


    ① 加計学園に安倍首相の意向が働いていたなら、
      5年前に獣医学部はできていた
    ② 愛媛県は畜産県にもかかわらず、獣医師が不足
    ③ 2009年民主党政権になって、好感触を得た

  2.  がリツイート

    前知事=加戸 守行証言で、獣医学部誘致の真相が判明


    愛媛県は畜産県にもかかわらず、獣医師が不足している
    最新の設備を持った加計学園に、
    獣医学部新設は
    四国のためだけではなく、日本の発展にもなる

マスコミの「安倍総理のお友達だから優遇した!」批判、

肝心な前提の、「獣医学科が日本は果たして足りているのかいないのか[E:sign02]」の議論が抜け落ちているのでイライラします

あと、わざとらしく前川氏を聖人君子のように報じ出したテレビメディア・・・さて、その正体は?

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく 

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト   

 

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



2016年08月17日17:35SEALDs解散と、朝日新聞とTBS

SEALDsの解散に関し、SankeiBizの渡辺哲也氏の記事が物凄く面白かったので、

この際その、今までのSEALDsを賞賛していた人達を記録しておきます[E:downwardleft](覚書です)にほんブログ村 テレビブログへ

【高論卓説】「隠れ左派」の炙り出しに成果残す ありがとうSEALDs 2016.8.17

Sealds1会見で解散を表明し、記念撮影に応じる「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基氏(前列左から2人目)ら=16日午前、東京・永田町の[E:danger]衆院第二議員会館(斎藤良雄撮影)

・・・SEALDsは、一部メディアなどにより若者の代表であるように扱われてきたが、投票結果を見る限り明らかな間違いであり、所詮ノイジーマイノリティー(うるさい少数派)の代弁者にすぎなかったわけだ。

 そして、彼らの活動には常に共産党など野党とその関連団体や人物の影が見え隠れした。SEALDsは良くも悪くもそのような人らに利用されつつ、逆に利用もしたというのが一つの実体でもあるのだと思う。

 SEALDsメンバーの野党への選挙支援や協力がそれを明らかにしたともいえる。しかし、各種選挙での支援候補の選挙結果を見る限り、それは失敗に終わったといえるだろう。

私はSEALDsの活動が無意味だったわけではなく、わが国に対して非常に大きな成果を残したと考えている。なぜなら、彼らによって、一部のメディアに潜む隠れ左派活動家の存在が明らかになったからだ

 日本では、報道メディアに対して放送法で政治的中立性が求められている。当然、一部の政党や政治家などの意見だけを流すのは許されず、特に政治的に対立する問題に関しては対立意見を紹介し平等に扱う必要がある。[E:danger]だが、タレントやジャーナリストを名乗る人たちの多くは中立を装いながら、報道に名を借りた反政府活動や政治活動を行ってきた。

 昨年のSEALDs現象と国会前デモと集会は、このような人たちを駆り立て、自ら名乗り出させることに成功したといえる。都知事選への出馬を最終的に取りやめたがタレントの石田純一氏や、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏がその典型だといえる。

また、SEALDsが、若年層を中心とした学生運動を知らない世代に、改めて市民団体など左派活動家の存在と思想や活動などを知らしめた役割も大きいと思う

 1980年代になるとほとんどの大学から学生運動団体が消え、彼らの主張や過去に起こした事件などを知らない学生がすでに多数を占める。左派活動団体、特に過激派などの危険性やリスクを認識しない学生ばかりになっていたわけだ。今回、SEALDsがこれを再認識するきっかけを与えてくれたことは間違いない。そして、これを否定する学生を大量に生み出しただろう。

 SEALDsはさまざまな世代と分野で、非常に優秀なリトマス試験紙として機能し、隠れていた多くの問題を炙(あぶ)り出ししてくれた。これはSEALDsなしには成し得なかったことであり、日本にとっても非常に良いことだったと思う。ありがとうSEALDs、さようならSEALDs。

SEALDsを利用しまくっていたメディアも、違う意味でSEALDsの今までの活動を絶賛しています(笑) 保守速報さまから右

朝日新聞、社説でSEALDsを絶賛…「野党共闘の原動力になった。野党に勝利をもたらした。」

シールズ解散 個人の連帯これからも
安倍政権が成立させた安全保障関連法への反対や立憲主義の擁護などを訴えてきた学生団体「SEALDs(シールズ)」が15日に解散した。「自由と民主主義のための学生緊急行動」との日本語名の通り、昨年5月以来の緊急行動は終わり、参院選後には解散すると宣言していた。

国会前での集会に代表されるシールズの活動は、選挙による代表制民主主義に限られない民意の表し方を、わかりやすく、スマートに示した。反発も受けたが、若者だけでなく、より上の世代の政治参加も後押ししたのは間違いない。それがうねりとなり、やがて政党を動かすまでにいたったことは、大きな功績だ。

 7月の参院選では、安保法に反対する学者やママの会などの有志とともに結成した市民連合を通じて野党共闘を働きかけ、32の1人区すべてで統一候補を擁立する原動力となった。改憲勢力の伸長は許したものの、11の1人区で野党に勝利をもたらしたことは特筆される。

シールズの活動は野党各党の間を、また野党と市民との間をつなぐ懸け橋となった一方、参院選で勝利した安倍政権は、秋以降、憲法改正を現実の政治日程に上げようとするだろう
政権の行き過ぎをチェックし、ブレーキをかけるためには、野党と市民の連帯はますます重要になってくる。解散ですべてが終わるわけではない。「終わったというのなら、また始めましょう」というのがシールズの姿勢であり、「シールズ琉球」はこれからも活動を続けるという。

きのうの解散記者会見で、メンバーの一人が語った言葉を銘記したい。「友達から『解散するの?』『今後どうするの?』と聞かれるが、それを私たちに問いかける前に自分はどうしていきたいかを考えてほしい」

Sealds4

http://www.asahi.com/paper/editorial.html 

「安倍政権を潰す」という大目標に、成果があったとはとても思えません

私の目にはドンチャンやってただけに見えます。

人さし指ここから、SEALDsの活動を1年前からザックリ拾ってみます。

SEALDsに注目していたわけでは全くなく、たまたま見ているテレビが(私生活まで丹念に取材して)不自然に大きく取り上げるので記録していただけなんですが・・・右

安保法案「本当に止める!」若者が怒りの声。SEALDs・奥田愛基さん特集 枝野幹事長「自然でおしゃれでカッコ良い」【田勢康弘の週刊ニュース新書】 》2015年7月19日

枝野幹事長は、「(廃案に追い込むには)新国立競技場の白紙撤回にみるように国民世論しかない。国会論戦などを通じ国民にこの法案の問題点を知っもらい、世論がさらに大きく盛り上げれるか」とし、 

「(国会前デモは)歴代のデモと比べると初々しいが熱意は伝わってきた」という田勢氏に対し、

枝野幹事長は、「私も現場に連日行っているが、歴代のデモとは本質的にがっている。非常に真摯な姿勢で、自然でおしゃれでカッコ良いいのが、政治になんとなく距離感を持っていた人達の間にも広がっていて期待している」と語った あと・・)

001

女子アナ「国会では数の力で安保法案が衆議院で通過しましたが、政府与党が進める安保法案に反対する若者の声が大きくなっています。」

(中略)

「[E:danger]戦争法案 絶対廃案♪」(ラップ調)

安保法案は、「止められる」。奥田さんはそう信じて、いま連日国会前で声を上げます。

018

「いま僕らに出来るってゆーか、一番効果の上がっているものって実際、この国会前の抗議がどんどんどんどん人が増える事が、ひとつこの国の希望で。まっそうすることで、この政権にどんどんどんどんプレッシャーを与えていって、最終的にはこの政権は終わると」 (奥田愛基)・・・

安倍政権、終わるどころか、高い支持率キープしたままだけど?泣き笑い

で、安保法案を「戦争法」と言って、野党と精力的に反対集会のパフォーマンスやってましたね(呆)右

安保関連法案、全国一斉反対デモ(市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催) 【ニュースバード】2015年8月31日

・・国会周辺のデモには[E:danger]主催者側の発表で12万人が集まり、雨が降る中、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案への反対を訴えました。

004

岡田克也代表「皆さんこれから3週間、さらに力を貸してください!一緒になって法案を廃案にしようじゃありませんかー!」(民主党)

005

小沢一郎共同代表「今回だけは何としても、いい加減で馬鹿げた危険な法律を阻止する為に、何としてもみんなで力を合わせなければいけないっ!」(山本太郎と生活・・)

主催者側によりますと、少なくとも全国300か所以上でデモや集会が行われたということです。

006

大阪でも反対集会が行われ、法案に反対する学者や弁護士、野党の国会議員らが参加しました。

008

辻元清美氏「アメリカの戦争の下請け法案だということ、もうはっきりしたんじゃないですかあ。」(民主党)

014

009

集会には、他にも学生団体「SEALDs KANSAI」のメンバーや自民党と連立を組む公明党の支持母体でもある創価学会の会員も参加し、法案反対を訴えました。

こういう野党とSEALDsの活動を、TBSが連日報道していましたねぇ(遠い目・・)

で、私はSEALDsとママの会が自民党の武見議員と生討論したのを見た時、ダメだこりゃと思いました右

“安保反対” 「SEALDs」諏訪原健氏・「ママの会」西郷南海子氏が武見敬三議員と本音と方法論の議論 前半 【プライムニュース】 》2015年9月10日

006015

秋元氏「 3人のお子さんのママで普段の生活も大変なのに、どういうきっかけでママの会を立ちあげられたのか?」

007
西郷氏「5月位から新聞の見出しが安保問題になり、私の娘も、新聞に載っている安倍首相の顔を見て、何をしてるの?と。子供自身も興味を持つんです。
(娘さん幾つ?:反町4つです。
別にうちの子だけじゃなくて、フェイスブックで子供達が凄い不安がっていると。そういう声を可視化させなくてはならないと会を立ち上げた。」・・・

“安保反対” 「SEALDs」諏訪原健氏・「ママの会」西郷南海子氏が武見敬三議員と本音と方法論の議論 後半 【プライムニュース】 》2015年9月11日

(※参考 「安保関連法案に反対するママの会」西郷南海子(和賀南海子)正体はゴリゴリの中核派の活動家と発覚。学生時代には「安倍のクビしめる」と殺人予告までしているにも関わらず、普通の主婦が立ち上がった感で報道する各メディア。)

・・秋元氏「ここからは実際の政治との関係について伺っていきたい。
8月30日の国会前でのデモ。野党4党の代表が登場し、手をつないで結束をアピールした。これはシールズ側から声をかけたのか?」
044
諏訪原氏「そうですね。政治家だけではなく、学者・アーティストなど色んな人に声をかける。政党に声をかけるのは今の安保法案に反対している画を作っていく。徹底的に政治家を利用していかなければいけないと思っている。そういう発想でやっている結果」
反町氏結果的に、野党の応援団のように言われる事は良い?
諏訪原氏「 いやいや応援団ではないお前ら、しっかりしろよ、というのが僕らだ。態度をしっかりしない野党の人もいる、お前ら本当はどうしたいんだと言っていこうと。徹底的に利用しようと。」・・

SEALDsンバーって、本当に勉強不足でバカだと思った件右

【自衛隊】 SEALDs「就職出来ず自衛隊に」の人が多いので・・安保法案には反対!」。一部市民「自衛隊の災害派遣は戦争に進む道だ!」。日教組「自衛隊、人殺し!」ビラ 》2015年9月13日

・・【人間のクズ】安保法案反対派SEALDs「自衛隊は就職失敗した奴、勉強できなかった奴が行く所」炎上→今回の大雨被害でテノヒラクルーしてまた炎上

0 :ハムスター速報 2015年09月11日 09:16 ID:hamusoku
安保法案反対派SEALDsの皆さんの自衛隊を馬鹿にする発言
0907sealds1

SEALDs所属の女子大学生がテレビの取材に対して、安保反対デモに参加する理由について答えているシーンだ。就職が決まらない学生がやむを得ず自衛隊に入ることもあるので国民の身に危険が及ぶ安保法案には反対という論調だ。

SEALDsは以前にも、自衛隊を揶揄した発言で炎上したことがある。
▼こちらは現在削除済。「勉強できなかった人が自衛隊に行く。そんな状況をつくりたくない」
・・・

NEWS23は、安保法案反対一色だったNEWS23に、例の長谷部恭男教授をゲストに呼んだり右

【安保法案審議最終局面】 岸井成格「安保法案の中身を調べる程、審議すればする程に、戦後の平和主義と民主主義が本当に危機。分岐点だ」【NEWS23】 》2015年9月16日

長谷部氏「9/6日に新宿の歩行者天国で行われた集会に参加したが、

印象に残ったのが、志位和夫さん(共産党委員長)の話。「[E:danger]この集会参加者は何の組織・何の団体からも動員されず、本当に普通の一般市民の方々がご自身の判断で参加し抗議の声を挙げている

こんな事は今まで無かった事だと仰っていて、私もそうだと思うし、

003_2

志位さんは更に、「これは日本の社会に憲法の精神が本当に根付いてきたのを示している」とも仰っていた。

004

なので例えこの法案が成立するような事があるとしても、まだまだ諦めるには及ばないと考えている。」

NEWS23が反アベキャンペーンの中、SEALDsはデマを流したり右

安保法成立から1か月、国会前に"9500人"。SEALDs奥田クンはスチャダラパーと「民主主義ってナンダ!?」。小熊英二教授の映画広報とポピュリズムのススメ 【NEWS23】 》2015年10月21日

・・「安保法反対デモを企画すれば、サヨクメディアがこうやって大々的に取り上げ、学者・野党政治家が持ち上げるから、

ハッキリ言って、SEALDsの若者たちは人気者気取りになって、絶叫・ラップに酔いしれてる図にしか見えません。

そしてその主張をセンセーショナルなものにしようと、デマを振りまいてしまうんです。(1018渋谷街宣)

10月18日、渋谷駅ハチ公前広場にてSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)とT-ns SOWL(Teens Stand up to Oppose War Law)主催の安保法制に反対する街宣が行われた。この街宣には、ヒップホップグループのスチャダラパーが応援にかけつけるなどして大きな話題となった。

そんな中、SEALDsの小林叶さんが

この国には、子どもの学費のために裏で自分の内臓を売り生活をくいつなぐ母親がいます

とスピーチ。『YouTube』には動画もアップされ、多くの方が衝撃を受けている模様である。・・・

本日デマ確定。  正義の見方さまより右

【サヨク悲報】SEALDs公式「学費の為に内臓を売る母親がいます」⇒  SEALDs公式「誤りでした。事実確認を怠りました」*但し指摘してもブロック継続中

人さし指ちなみに「戦争法案」「徴兵制」も立派なデマゴーグ[E:sign01](・・・というのはさすがに善良な国民も気付きましたけどね)

「民主主義ってなんだ?」と叫んでいるけど、本当に学生達は全く分かってないようですね。

民主主義は本当に時間がかかるもの。だから地道な市民活動でしか政治は動きません。

デモで動いたらクソ政治ですよ。それを小熊氏はすぐに動けと言う・・・

「[E:danger]政治の側がいち早く答えればその正当・その政治勢力は強くなるだろうが、そうでないところは段々落ちていくだろう

そういうポピュリズム主義になると、韓国政治のようになってしまいます(;一一)

挺対協のようなモンスタークレーマー団体に育ててしまいますよ。

一旦そうなれば、正義・ルールより、政治が絶対的にその団体の言う事を聞かざるを得なくなります。それでも良いのかって話です。

人さし指それにしても、NEWS23が「今も続く街頭デモが問いかけるものとは?」などともっともらしい特集して、

スタジオトークが政権批判に繋げるのはワンパターンだけど、安保法「廃案」の為の必死さがイタイ。

賛成派の意見は無視して、サヨク映画の宣伝とか、SEALDs応援とか、アジってるだけの放送法違反でも、罰則がないからケンチャナヨ~なんですよね勝ち誇り

「安保法シンポは政治的」立教大が場使用不許可。放送大学が問題文を削除で「過剰な自己規制」と教授が辞意。学問の府に“物言えぬ空気”。ジュンク堂騒動。岸井成格「あってはならぬ“議論封じ”」 【NEWS23】 》2015年10月27日

昨日、法政大学で行われたシンポジウム。
安保法制に反対する大学生らのグループ・SEALDsのメンバーの1人はこう訴えた。

015

SEALDs KANSAI・大沢茉実氏空気を読んでいては空気は変わらないんです。そのことをデモをする度、街宣をする度、一緒に声を上げる名前も知らない人がその勇気でもって教えてくれました。」

(スタジオトークはやや要約)

016

膳場氏「今回の2つは大学という場での出来事だが、他にも[E:danger]安保関連法に批判的な本のフェアを開催した書店が偏向しているという批判を受け中止するといった事も起きている。

モノを言いにくい空気・トラブル回避の空気が急速に広がっているような気がするが。」

岸井成格氏「そうですね。そこは非常に深刻な問題で、特に安保関連法を巡ってそれが目立つ。やっぱり言論・表現の自由は民主主義の基本なので、

特に大学は色んな意見が飛び交うのがあるべき姿。安保関連法はいま批判を受けて今も続いている。そういう議論を封じ込めるような動きは、ぜっったいにあってはならないと思う。」

膳場氏「法政大学のシンポには1300人以上が詰め掛ている。安保関連法への感心は決して下がってはいない。自由で活発な議論というのを尊重したいですね」 岸井氏「そうですね。」

以上

【北海道5区補選】星浩氏「野党統一候補で大接戦。参議院選の前哨戦」 & (労組丸抱え)北海道選挙の特異性 【NEWS23】 》2016年4月13日

006


007 

一方の野党は池田真紀氏を擁立。池田候補は介護ヘルパーなどの資格を取得。野党共闘の試金石となるが初日はあえて幹部応援は見送った。もう一つの補選の舞台京都には岡田克也代表が。池田候補の集会にはSEALDs・奥田愛基、ママの会・長尾詩子、鳥越俊太郎、山口二郎など駆けつけた。

人さし指最後にBLOGOSの長谷川豊氏の記事にも共感したので、紹介します右

ネットが変えた「情報革命」とは ~SEALDs騒動の終焉から見るサヨクメディアの限界~ 長谷川豊 2016年08月16日 13:34

共産党と朝日グループが仕掛けたバカバカしい若者扇動騒動が終わりました

あ、新聞などで言われてる表現の方が分かりやすいです?じゃあ「SEALDs騒動」で。アホらしい。カッコつけてそういう表現をするのも私はあまり好きではありません。繰り返しますけれど、
「共産・民進党と朝日グループが仕掛けたバカバカしい若者扇動騒動」
が一番正確で分かりやすい表現だと
思います。もしくは「サヨクバカ騒ぎ騒動」でもいいけど。・・・

アカヒもだけど、TBSも相当やってましたよ。

自分達が言いたい事をやってくれるSEALDsを取り上げて煽っていました。

民進党(民主党)とか共産党とか既成の政党じゃイメージが悪いので、

 

「若者の声」「若者代表」という事にして神輿に押し上げた。その方が目新しくニュースになるから。

担ぎ上げた大人が悪い!

元SEALDsの若者はこれからはちゃんと勉強して、人生やり直してくださいね

Sealds2

少なくても「戦争法」なんて言ったら、世間からバカにされるし、付き合う人も考えないと!

Sealds3

あ~、あと「民主主義」を勉強する前にこれも読むべき。 アカヒは怖いよ右

《櫻井よしこさん大推薦書 『崩壊 朝日新聞』 松井やより&本多勝一 (元朝日新聞記者・長谷川煕氏著) 【虎ノ門ニュース】》2016年5月 5日

4

櫻井よしこ氏「もう1冊紹介、、『崩壊 朝日新聞』という本。

長谷川煕さんは元朝日新聞記者で、アエラとかにも記事を書いていた人。
2014年の朝日新聞の検証記事を読んで、これはもうダメだと思ってこの本を書いた。

この本を読むと、慰安婦問題のルーツとか、北朝鮮・中国・ソ連がいかに民主主義社会を貶めるような記事のルーツがこれを読むとほんっとうによく分かる

朝日新聞の人達がいかにこの日本を貶める事に精力を費したか、酷い話がここにいくつも出ている。・・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく 

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



2016年05月01日16:57【検証】リテラの主張のように「安倍の葬式はうちで出す」「安倍叩きは朝日の社是」はデマ・与太話・風説の流布なのか!?

デマばかり撒き散らしているリテラが、

”そもそも「安倍の葬式はうちで出す」「安倍叩きは朝日の社是」はデマなのに、

若宮啓文を攻撃するネトウヨは、”『品性下劣さに吐き気を催す』 『1ミリの品性もなければ知性もない。まぎれもなく“カス』 と言っています。

リテラがいくらデマだと断言しても、少なくても「朝日の社是」発言は、自民党の衛藤晟一議員も別口で証言しているし、朝日新聞の体質を見るとそう思われても仕方ないかと。

人さし指で、このタイトルだと百田が「ざまあみろ」と言ったかのようなミスリード・・(わざとか?)

人さし指あと、「風説の流布」って表現もおかしい。

文章力のなさだけが光っている記事なので、ちょっと長文ですが記録しました[E:downwardleft]にほんブログ村 テレビブログへ

まずは読んでみてください右

急死した元朝日・若宮啓文にネトウヨと百田尚樹が「ざまあみろ」と攻撃!「安倍叩きは朝日の社是」はデマなのに 2016.04.30

朝日新聞社主筆の若宮啓文氏が、4月28日、訪問先の中国北京のホテルで亡くなっているのが発見された。報道によれば外傷はなく、病死とみられている。68歳、突然の訃報だった。

 若宮氏は1970年に東京大学を卒業後、朝日新聞に入社。政治記者として自民党の宏池会を担当するなどキャリアを積み重ね、2002年より論説主幹、11年より主筆を務めた。“朝日新聞的リベラル”の象徴的存在として認知している人も多いだろう。

 一方、予期されることではあったが、ネット上では若宮氏死去に際して、引用するのもためらうほどの罵詈雑言が飛び交っている。

〈ざまあみろ売国奴。地獄で懺悔してきな、悪党〉〈国賊がひとり減って誠に清々しい〉〈売国奴死す。御冥福お祈り致しません。38度線に骨でも巻いてもらえや〉〈正直、反日的なことを発信する迷惑な人間が死んだのは日本にとってプラスだと思う〉などなど……。

 品性下劣さに吐き気を催すが、さらに[E:danger]作家の百田尚樹氏にいたっては、ツイッターでこんな陰謀論まで披露する有様だった。

〈これは私の妄想です。
もし中国のハニートラップにかかり、あるいは金を貰ったりして、中国の利益になるような報道記事をいくつも書いた日本人記者がいたとして、彼が晩年その行いを反省したとしたら…。
ヤバいことをいろいろ知っている彼を、中国はどうするだろうか。〉(4月29日)

 反論する術を持たない死者に向かって、一方的に「売国奴」「国賊」と悪罵を連ね、“中国のスパイ”扱いしたあげく“謀殺されて当然”などと、いったい、連中はどんな思考回路をしているのだろう

 しかも、こうした“若宮ディス”の根拠のひとつとしてがなりたてられているのが、“若宮は「安倍叩きは朝日の社是」と得意げに言っていた”なる逸話。これをもってして若宮氏を“極左反日メディアの大ボス”みたいにいうのだから呆れはてる。

 だいたい、若宮氏の手がけた社説やコラムを少しでも読めば、彼が、ごくごく穏健派のリベラル保守であることは誰にでも分かるし、というか、その“「安倍叩きは朝日の社是」と若宮が言った”なる物語自体が大ウソ、安倍応援団が連携して仕込んだデマゴギーだ。どうやら連中には、血眼になって死者を愚弄するほどに人間性も欠けていれば、常識的に情報を精査する能力も欠如しているらしい。

そもそも、この「安倍叩きは朝日の社是」デマの発端は、自民党総裁選直前の2012年9月に出版された『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)という一冊の本にある。報道圧力団体「放送法遵守を求める視聴者の会」事務局長である自称文芸評論家・小川榮太郎氏のデビュー作で、安倍氏の人柄や政治家としての素質と功績をひたすら称揚する“安倍礼賛本”だ。 

 同書は、無名の「文藝評論家」による処女作にもかかわらずベストセラーとなり、安倍首相復権の第一歩につながったと言われる。だが、以前本サイトでお伝えしたとおり、この本は安倍氏とその応援団の仕掛けによって世に送り出されたものだった。事実、安倍氏の資金管理団体である晋和会が数百万円分も“爆買い”していたことも判明。はなから、安倍待望論の世論形成のためのツールだったのだ。 

 実は、同書が安倍氏のイメージ回復のため、まっさきに矛を向けたのが、朝日新聞だった。小川氏は冒頭で、「安倍の葬式はうちで出す」と朝日幹部が発言したとして、〈この「大新聞」の安倍への憎悪は、本物だった〉と書く。そして、安倍氏再登板運動を牽引し、同書の中心的仕掛け人でもあった政治評論家・三宅久之氏から〈次のような話を聞いたことがある〉と切り出す。 

〈朝日新聞論説主幹の若宮啓文と会った時ね、「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものなのか?」と聞いたら、若宮は言下に「できません」と言うんですよ。で、「何故だ?」と聞いたら「社是だからです」と。安倍叩きはうちの社是だと言うんだからねえ。社是って言われちゃあ……。〉 

 しかし、この「証言」は、小川氏が同書の中で〈ちなみに右記の発言を私は当人達に確認していない。確認するまでもないのだ〉と開き直っているように、なんの裏付けもないもの。当然、録音テープやメモなどの物証も存在しないだろう。もっと言えば、そもそも小川氏は三宅氏の“子飼い”と呼ぶべき弟子であり、証言者と取材者との関係を考えると、客観性がまったく担保されていない。つまり、どう小川氏に好意的に捉えたとしても、せいぜい“都市伝説”レベルの記述にすぎないのだ。 

 にもかかわらず、『約束の日』発売から数日後、なんと、これまた安倍応援団の筆頭株である阿比留瑠比記者が、産経新聞ウェブ版で同書にある三宅氏の「証言」をモロに紹介した書評を掲載。しかも〈安倍叩きは「朝日の社是」〉と見出しを立てて、〈(朝日は)政治的意図をあらわにしたプロパガンダ機関というべき〉などと騒ぎ立てたものだから、ネット上で瞬く間に拡散した。その後も、百田氏など安倍応援団がさかんに「有名な話」として引用しまくったことで、右派論壇やネトウヨ界隈を超え、いつの間にかさも“事実”であるかのように流通してしまったのである。 

 しかも最悪なのが、当然のように安倍首相もこの“噂”を政治利用したことだ。安倍首相は、14年10月30日の衆院予算委で、暗に若宮氏を指して「朝日新聞は安倍政権を倒すことを社是としているとかつて主筆がしゃべったということです」などと述べ、朝日を“捏造メディア”と攻撃。もちろん、その年の慰安婦報道訂正に端を発した一連の“朝日バッシング”に、油を注ぐ意図があったのは間違いないだろう。 

一方、朝日新聞社はこの安倍首相の答弁について、14年10月31日付朝刊で〈朝日新聞社に「安倍政権を倒す」という社是はなく、主筆が話したこともありません〉と断言。そして、若宮氏自身もこのように全面否定している。 

〈驚いて(三宅氏に)電話しましたよ。そうしたら、三宅さんは「いや、たしかにそう言ったよ」と。だったらどこで言ったのかと聞いたら、「記憶がない、どこかで立ち話で言ったんじゃないか」とそういう話だったんです。だから「いや、それは三宅さんの勘違いですよ。そもそも私は『社是』とか『国是』なんて言葉はあんまり好きじゃないし、どこかでそんなことを言うことなんてない。想像さえつかない」と。だから、本でその話を読んだときも本当に狐につままれたような気持ちだったんですよ。〉(ウェブメディア「現代ビジネス」15年5月2日付より)

 これは田原総一朗氏との対談記事での発言だが、さらに若宮氏は[E:danger]「言った言わないの水掛け論」で終わらせないよう、「社是」発言のありえなさの証明としてこう続ける。

〈それで『約束の日』を出した幻冬舎に、まだ私が朝日新聞にいた頃の話なので、朝日新聞社として厳重に抗議文を出したんです。そのときに「三宅さんが言っているように、朝日新聞が安倍さんのいいことを褒めずにすべて叩いたかどうか、事実で証明しましょう」ということで、いくつか私の論説主幹時代の社説をコピーしてそれをつけて出したんですよ。
 そうすると、ハッキリわかったのは、少なくとも三つの社説で安倍政権を高く評価しているんですね。そういうこともあるから、もし社是だったら私は社是に反したということになるわけですよ。でも、そんなことはあり得ない。〉(前出「現代ビジネス」より)

 ちなみに、若宮氏は、百田氏が田原氏との対談本『愛国論』(KKベストセラーズ)でこの「安倍叩きは朝日の社是」発言を事実のように語ったことについても、版元に「厳重抗議」をしたという。事実、百田氏自身も4月29日にツイッターで若宮氏から謝罪訂正を求める内容証明付郵便が送られてきたことを認めている。 

 若宮氏がここまで徹底して発言を否定し、抗議を行ったのは当然だろう。そもそも安倍氏とその応援団の仕掛けで世に出た『約束の日』の“与太話”が、いつの間にか「事実」のように流布され、しかも安倍首相自身がこれを根拠に攻撃してきたのだ。[E:danger]まさに風説の流布である。

 ところが、冒頭で挙げたように、安倍政権の応援団であるネット右翼たちは、こうした経緯をネグって、ひたすら若宮氏を“「安倍叩きは朝日の社是」と公言した反日マスコミの大ボス”扱い。何度でも繰り返すが、若宮氏がもう自らの口で反論できないのをいいことに、こうして悪罵し続ける様は、1ミリの品性もなければ知性もない。まぎれもなく“カス”である。

[E:danger]最後にひとつだけ、そんなネトウヨたちに言っておきたいことがある。

 若宮氏は、君たちがイメージしているガッチガチの護憲派でもなければ、ましてや“9条信者”でもなかった。朝日主筆としての若宮氏の最後の仕事である13年1月12日付コラムでも〈9条を改めることがすべて危険だなどとは思わない。それは朝日新聞にとっても悩ましい問題だった〉と書いている。正直に言えば個人的には首肯しかねる意見ではあるが、しかし、それでも若宮氏が改憲に慎重さを求めて止まなかったのは、〈9条は過去に軍国主義で失敗した日本のメッセージであり、自衛隊は国民に広く定着、そのことが周辺国にも安心感を与えてきた〉という事実があってのことだ。 

〈刺激と反発の悪循環は止めなければならない。周辺国の指導者にも日本のリーダーにも、ぜひ考えてもらいたいことである。〉 

 そう朝日主筆として結んだ若宮氏に対して、「無能なサヨク工作員を中国が粛清か?」「スパイが雇用主に粛清された、ってことでFA?」などとほざいているネット民たち。本当に、やりきれない。
梶田陽介

梶田陽介って知らないけど本当に酷い文章ですねぇ。百田氏の反論を期待します

人さし指ちなみに「風説の流布」、根拠のない情報なら罰せられるので通報すれば!?(苦笑)

風説の流布(ふうせつのるふ)とは、[E:danger]有価証券の価格を変動させる目的で、虚偽の情報を流すこと。

証券取引等監視委員会が監視を行なっており、風説流布の動きを知った場合は、同委員会に通報することができる

人さし指そうそう!私も死者に鞭打つような記事を、3日前に書きました。

オンナ・カネ・・・の醜聞もデマなんでしょうか? 梶田陽介さん右

朝日新聞元主筆・若宮啓文氏、中国で死す。中国・韓国に大事にされた若宮啓文とは・・

その中でも紹介したけど、若宮氏の別の「朝日の社是」発言の証言です右

[E:downwardleft]

《「『従軍慰安婦』も朝日新聞の社是だ!」by若宮啓文 【チャンネル桜】》 2014年8月 9日

「あのー、丁度まぁ自民党が政権を失った時に、後藤田委員会で、綱領検討っていうのをやったんですよね。
その時に後藤田さんは、実は憲法改正を下ろすと言ったんですね。

それで中川昭一先生から、私が2期で安倍さんが1期ですよね。で10人位揃ってもう後藤田さんとガンガンやったんです。
で、やっとですね、もう激しい激しい何回もやった末に、やっと落ち着いたのが、"新しい時代に相応しい憲法を作る"というところで、自民党の党是をひっくり返そうとした分をですね、やっと留めたんですね。
で、その時にですねぇ、中川昭一さんが、『俺は親父の遺言を守る。憲法改正と教育はね、親父の遺言だ』

それを受けて我々は、実は、あの従軍慰安婦の記述がありましたから"歴史教育を考える若手国会議員の会" というのを作って、木の上の人はもう除いちゃおうと。若手だけで作ろうと。
それで会長を当時4期やった中川昭一さん、2期やった私が幹事長やって、1期をやった安倍さんに事務局長

それで『本当に従軍慰安婦はあった』と言う人。だからアノ中央大学の吉見(義明)教授
それから色んな反対の方にもきて頂いて、両方で15分から20分ずつ喋ってもらって、意見を戦わせてみんなで質問という、、これを30回位やったんですよ。それで1冊の本にまとめました。

で、結果としてはですねぇ、「従軍慰安婦という言葉は非常にごく最近出来たもの」だ。それから「慰安婦さんや慰安所はあったけれども強制連行という事実は1件も明らかにする事は出来なかった」と、いう事だけはハッキリしたと。

ですからそれを受けて、今度は教科書会社と新聞社の方にお会いした。新聞社の方は論説委員の方々が1ヶ月以上話をお聞きしたいと言ってやっぱりお願いした。・・[E:danger]朝日新聞だけ出てこなかった

それでじゃあ会長と幹事長と事務局長とでですね、朝日に直接行こうと若宮さん会いに行ったんです。
まぁその時に中川さんが急用が出来られて、私と安倍先生でお会いしてですね、もう色々やってね、『報道がおかしいんじゃないのか』とか『こういうとこが事実に反する』とずーっとやってってですね、

最後まぁ若宮さんがですねぇ、もう議論に窮したらですね、『これは朝日新聞の社是です!』って言った時に、それで話が終わっちゃったんですね(笑)
社是ってあんまりじゃないかと。その場に3人しかいなかった訳ですからね、あまり私も????言えませんでしたけどね。

「????も社是でしょ。????もでしょ。????も社是だって、、」

水島氏本当にでも社是っていうのはもうクセになってるんですかねぇ。まぁ私物化ですよね、朝日新聞自体をね。」

衛藤氏「朝日ももう今だいぶ変わりつつあると思うんですけどね。」

水島氏「内部はね。私はこの間、本郷さんという元朝日新聞の方、ここに討論にきて仰ってましたけど、やっぱり内部では相当変わっていると。ただ論説委員のあの辺の主筆グループは全く旧態前でね、あのー、変わってないという話をしてましたけども、、」

以上

若宮氏、櫻井さんと去年生激論していましたが、アカヒが今までやってきた事の反省は一切ありませんでした右

《【朝日誤報問題】櫻井よしこVS朝日新聞元主筆・若宮啓文 「朝日のOBは全く反省していない」「朝日の読者は気の毒」「メディアを名乗る資格が無い」 【プライムニュース】》2015年2月 6日

001

 「終戦70年」、そして「日韓国交正常化50年」を迎える2015年。アジア外交では“安倍談話”の内容など、歴史の向き合い方が再び焦点となりそうな気配だ。
 安倍政権は、そしてメディアは、どういう基本姿勢で臨むのか。
 ジャーナリスト櫻井よしこ氏と、朝日新聞元主筆の若宮啓文氏を迎え、徹底議論する。

(中略)

若宮氏は反省していると言いながら、言い訳ばかりで本当は全然反省してないのがハッキリ伝わってきました。

なので余計、櫻井よしこさんの容赦ない反論が痛快でございます万歳・・・

死者に鞭打つような事は本当は書くべきでないのは分かっているけど・・・

若宮氏の活動・背信行為はあまりにも日本の国益を害し、それは先人達・今を生きる私達・これから日本を担う若者達に対し、あまりにも大きな影を落としました。 

[E:cloud]朝日新聞の捏造関連記事右

《【朝日の三ホンダ】 故・中川昭一氏VSと朝日新聞OB・武藤正武氏のバトルで見える、朝日新聞の庇い合い体質  【ニュースの深層】》 

アカヒの電波工作。朝日新聞大株主のCS放送局「朝日ニュースター」とはより

《NHK「ETV2001   問われる戦時性暴力」番組改変問題も、そもそも朝日新聞捏造記事の波及から》

靖国神社問題も!火をつけたのは朝日新聞の加藤千洋記者

朝日新聞が「南京事件」を「南京大虐殺」として火をつけた本多勝一の「中国の旅」とは

あと、加藤元ソウル支局長と、報道の自由をめぐっての発言右

若宮啓文と金慶珠「言論弾圧?〝表現の自由〟論争に揺れる韓国」&報道の自由度、日本の61位は「皇室批判がタブーのせい」? 【いま世界は】2015年12月14日

005

若宮氏「報道・言論の自由が侵されているとなっているが、正直この記事で報道の自由とか拳骨を振り上げるには、内容があまりに恥ずかしい記事で、つまり朝鮮日報を引用しているが、朝鮮日報は一線を引いて噂の中身は書いてないのに、産経はその噂がいかにも男女のスキャンダルがあったかのような事を書いているのであまり褒められた記事じゃない

ただそれを検察が起訴までするかと。記事が虚偽なのは既に分かっているので起訴する必要はなかった逆に起訴してしまったので"正義は産経にアリ"になっちゃって(笑)別に産経を腐す訳ではないが、どうせ争うならもっと真っ当な立派な記事で争ったらという気がする。(裁判は?) [E:danger]起訴した以上は有罪だと思う。執行猶予か罰金かではないか。」

(中略)

[E:danger]日本の記者クラブ制度を「日本独特の制度」とし、「フリーランスや外国メディアが排除されている」と度々指摘されている。)

020

若宮氏「最近特に下がっている。[E:danger][E:danger]1つは元々低いのは天皇に対する、、天皇制・皇室に対する批判がタブーとかいう面はあるだろう。

最近は今の政権になって非常にメディアに対する表に出ない形での統制、(自粛?) つまり批判的なメディアには情報を流さないという形で峻別したり、

あるいはテレビには露骨に介入してきた。自民党がNHKやテレ朝幹部を呼びつけて、、ボクなんかよく行くなと思ったが、行かないとまた叩かれるからしょうがないから行ったとか、全般にかつて程の気概が最近は感じられない。」

リテラ記事の件に話を戻すと・・その記事の通り、言った言わないはもはや「水掛け論」。

だけど私は「朝日の社是発言」はデマじゃないと思っています。

この人の日頃の言動から見て少なくてもそういうニュアンスで言っていたんじゃないかなと。

あと、デマならもっと騒いできっちり訴えているハズ。弁護士170人体制で「ボクは捏造記者じゃない!」と提訴した植村隆のように。

人さし指で、梶田陽介さん・リテラさん!若宮啓文の擁護するなら、

オンナ・カネ・・の醜聞の方も取材して、きっちり汚名返上してあげるべきじゃないかな[E:sign02]

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト 

 

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



2016年04月29日11:37朝日新聞元主筆・若宮啓文氏、中国で死す。中国・韓国に大事にされた若宮啓文とは・・

今朝、朝日新聞元主筆・若宮啓文氏死亡のニュースを見て驚きました

しかもその場所が、中国・北京のホテルというのがビミョーな感じ。

やはり畳の上では死ねなかったんだ・・というのが率直な感想です。

人さし指思い起こせば・・安倍さんが自民党総裁に返り咲いた時に書いた(安倍さんの敵は日本のマスコミ。特にテレビと朝日新聞という)ブログ記事が、この若宮氏の事でした。

これを機に、少しまとめて記録しておきます[E:downwardleft]にほんブログ村 テレビブログへ

若宮啓文・元朝日新聞主筆が死去 朝日新聞 2016年4月28日23時19分‎

 朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任したジャーナリストの若宮啓文(わかみや・よしぶみ)さんが28日、訪問先の北京市内のホテルで亡くなっているのが見つかった。68歳だった。シニアフェローを務めている公益財団法人・日本国際交流センターから家族に連絡があった。現地の警察当局によると、外傷はなく、病死とみられる。北京で28、29両日に開かれる[E:danger]日中韓3カ国のシンポジウムに出席するため滞在していた。 

 27日、ソウルから北京入り。同センターのスタッフと北京で合流したが、同日夜から体の不調を訴えていたという。28日昼過ぎ、電話をしても応答がないことを不審に思ったスタッフがホテルの従業員と部屋を確認したところ、浴室で倒れていた。(以下 略)

 

実は、つい6日前にも若宮氏のことを記事にしていました右

《オバマ広島訪問に「行くべきでない!」と言う韓国・中国&朝日・若宮啓文「日本の首相の南京訪問・天皇の韓国訪問が可能ならより望ましい」》2016年4月24日

(朝鮮日報日本語版) オバマ大統領の広島訪問に韓中日の識者が懸念の声4月23日

2016042300411_thumb 米国のバラク・オバマ大統領が来月、広島を訪問する可能性が浮上しているが、

これに対し、ニア財団(鄭徳亀〈チョン・ドック〉理事長)の招きにより22日にソウルで会談した韓国・中国・日本の代表的な識者たちは懸念を示した。

(中略)

003_2 当事者である[E:danger]日本日本から出席した朝日新聞の若宮啓文・前主筆は「広島は日本の被害ではなく、人類全体の悲劇を象徴する場所であり、米国の大統領が訪問するのは『核廃絶』のメッセージを発信するうえで基本的に望ましい。広島には韓国人被爆者も多かった」と述べた。

ただ「[E:danger]右派の首相が政権の座に就き、米国との防衛協力を増強している時期でもあるので、特に中国や韓国などに波紋を呼ぶのだろう」とも述べ、

「その意味でも[E:danger]日本の首相の中国・南京への訪問、天皇の韓国訪問が可能な状況であれば、より望ましい」と述べた。南京は1937年、日中戦争のさなかに日本軍が大虐殺を行ったとされる都市だ。・・・

若宮氏を最初に記事にした4年前の記事です右

《安倍新総裁を今度こそ支えよう!そのためには・・・》 2012年9月26日

安倍さんが石破さんとの決選投票した結果、新総裁になりました万歳万歳万歳

92f77a12.jpg

(中略)

Imagescapum0f5_2 

「安倍の葬式はうちで出す」「安倍叩きは朝日の社是」

↑ここに出てくる若宮 啓文 という人物像を見ればよく分かります[E:downwardleft]  

Imagescab0xu1q_2


(中略)また、全斗煥韓国大統領訪日、中曽根康弘首相の靖国神社公式参拝、宮澤喜一政権での天皇訪中をはじめ冷戦終結前後のさまざまな外交問題を取材。その後、論説委員、政治部長を歴任する。

  • 1979年(昭和54年)8月に山下元利防衛庁長官の同行取材で訪韓し、翌1980年(昭和55年)9月には北朝鮮を訪れて金日成とも会ったことから、南北朝鮮に関心をもち、1981年(昭和56年)9月から1年間ソウルに留学して韓国語を学ぶ。そこで歴史教科書事件による激しい「反日」を体験したことから、日本とアジアの「和解」が自らのライフワークとなった、と本人は言う。[要出典]
  • 以降、1993年(平成5年)に発足した日韓フォーラム」に参加、近年では「東京=北京フォーラム」などの日中対話にも積極参加。日中韓の「和解」や「相互理解」を促す論評、コラム、著書を発表し、国際派言論人として中国、韓国にも広く知られるサッカー・ワールドカップの「日韓共催」を社説で提案した。
  • (中略)また、社説とは別に朝日新聞には署名コラム「風考計」(現在は「ザ・コラム」に改称)も連載。2005年(平成17年)3月には竹島問題について「竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想」を書いた。日韓の友好を固めるために「いっそ日本が竹島を譲ってしまい、韓国がこの英断を称えて『友情島』となづけて周辺の漁業権を日本に認める」といった戦略的な「夢想」を提示したもの[2]。この内容は強い批判を招いた。これらのコラムはすべて英訳されHerald Tribune Asahiに Japan Notebookのタイトルで掲載されている。コラム集は『右手に君が代 左手に憲法――漂流する日本政治』(2007年(平成19年)、朝日新聞社)として出版され、英文も収録されている。

    Photo

  • 2008年(平成20年)2月、自著が中国で翻訳出版され、中国人民外交学会がその出版記念パーティーを開催、招かれた若宮主筆(当時、論説主幹)が秘書を同伴し、その際、会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していた
  • 翌2009年、朝日は東京国税局の税務調査を受け社内の飲み食いに使った金を、取材費として計上していたことが発覚、そのさい若宮の不正も発覚し彼はそれを認め、全額を会社に返済した。不正経理はもちろんのこと、日本の主要紙である朝日新聞の幹部が、外国の準政府機関からの接待を唯々諾々と受け入れている点でも問題があると批判されている。[3]
  • 2011年(平成23年)5月1日、朝日新聞主筆に就任。
  • 2012年(平成24年)4月5日、韓国の東亜日報にて、従軍慰安婦問題に関して野田総理大臣が謝罪すべきであり、朝日新聞を介して提案を行ったとのコラムを執筆した。[4]
  • 日本人とは思えない所業ですね。

    それとも、中韓になんか弱み掴まれてるのかな??

    China絡みの活動では古森義久氏や櫻井よしこ氏も批判[E:downwardleft]

    Images


    告発スクープ! 本社直撃に「不徳の致すところ」だって

    朝日新聞主筆 若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞  (週刊文春2012年5月17日号) より

    石原都知事の「尖閣購入」を痛烈批判した若宮氏。

    この日本を代表するオピニオンリーダーは、中国政府主催の自書の出版記念パーティーのため美人秘書同伴で訪中。

    しかも会社のカネを不正につかったというのだから、開いた口がふさがらない!

    (中略)

     都の尖閣購入プランを「挑発」「筋違い」と斬り捨てた上で、石原氏を「アジア侵略の責任を強く否定する」と、批判している。

     これを執筆したのは、同紙主筆の若宮啓文氏(64)である。 

    麻布高校、東京大学法学部を卒業し、一九七〇年に朝日新聞社に入社。 

    父の若宮小太郎氏は朝日新聞政治部記者を経て、鳩山一郎首相の首席秘書官を務めた人物。 

    エリート揃いの朝日の中でも抜群の毛並みの良さである。

    「主筆」とは読んで字のごとく、朝日の社説を決定する最高責任者の意味だが、若宮氏の影響力はそれにとどまらない。

    三月初め、ロシア大統領のプーチン氏(当時首相)は野田佳彦総理よりも早く若宮氏との会談に応じ、北方領土問題について踏み込んだ議論を交わしている。

    いまや若宮氏は日本を代表するオピニオンリーダーであり、国家の政策や外交にも大きな影響力をもつ人物である。

     そんな若宮氏について、驚くべき情報がもたらされlた。

    朝日新聞社幹部が告白する。

     「若宮氏が主筆に就任する前、二〇〇八年二月のことです。

    当時、論説主幹だった彼が、中国出張に女性秘書の加藤洋子(仮名)を個人的に同行させ、しかも会社の経費を使ってビジネスクラスに乗せ、高級ホテルに宿泊していたのです。

    後日、社の内部監査室による調査で不正が発覚したのですが、彼はこれを認め、全額を会社に返済しました。 金額は数十万に上るヒ言われています」

     もし本当だとすれば、、このような人物を主筆に戴いている朝日新聞社のモラルも問われかねない。

    (中略)

    若宮氏は三十代前半でソウルに語学留学しており、韓国通としても有名だ。

     「向こうではチョー・ヨンピルの師匠に歌を習っていたそうで、カラオケでも韓国語の歌を十八番にしています」(別の朝日OB)

     韓国通ゆえか、韓国ネタになると筆が滑ることもある。

    最も有名なのは論説主幹時代のコラム「風考計」(〇五年三月二十七日付)で、(いっそのこと(竹)島を(韓国に)譲ってしまったら、と夢想する〉 と書き、物議を醸した

     意外にも、ライバル社の主筆とは関係良好だという。

    「じつは若宮氏は読売新肺の渡連恒堆会長兼主筆に可愛がられており、頻繁に大手町の読売の会長室を訪ねています」(同前)

     これまで、〝女性問題″らしきものは一度だけあったという。

    「彼が若い頃、韓国の女性から電話がA社にしきりにかかってきたことがあった

    それでもみんな若宮氏の将来を心配し、協力して電話を取り継がないようにしたんだ」(同前)

    (中略)

    中国との親密すぎる関係

     また、中国出張の目的そのものにも、重大な疑惑がある。

    「若宮氏を招待した中国人民外交学会とは、中国外交部の別働隊で、中国政府そのものです。基本的には大使経換者とか、外交部で部長や副部長を歴任したOBたちがサロン的に出向してくるセクションです。

    そんな組織が、外国の記者が出した本の出版記念パーティーを主催するには、何か思惑があるのでしょう」(全国紙外報部記者)

     なぜ中国政府は若宮氏をそれほど大切にするのか。

     ここで思い起こされるのは、今回の尖閣問題だけでなく、靖国参拝問農など歴史認識が絡む問題となると、若宮氏はつねに中国に与する論を展開してきたことだ。

    中国で翻訳出版され、出版記念パーティーが開かれたのも、『和解とナショナリズ』(朝日選書)という、おもに日中間の歴史認識を題材にした作品である。

     「ほとんどブラックジョーク」と呆れるのは、産経新聞ワシントン駐在編集特別委員の古森義久氏だ。

     「まるで『雨の降ってる晴天の日』というようなもの。

     日本という、言論の自由のある国のジャーナリストとして、言論の自由が無い独裁国家の政府機関に自らの言論活動をお祝いされるというのは本来ありえないことです。

    私であれば、嬉々として出かけていくことなど考えられない

     ジャーナリストの櫻井よしこ氏も手厳しい。

     「中国にとっては、それだけ若宮氏が『大事な言論人』であるということでしょう。

    意見は違っても、若宮氏は尊敬に値するジャーナリストだと思っていましたが、この件は朝日新聞と若宮氏の信頼性を大きく傷つけるものであり、とても残念に思います」

    (中略)

    経理への事前説明の有無や、「自主的に返納」という点など、若宮氏の説明とは若干異なる。不正ではないなら、なぜ返納を受け入れたのかも疑問である。

     若宮氏が主筆に就任したのは、本件が露見した後である。

     日本を代表する報道機関の社論を代表する立場にある者として、若宮氏は中国という独裁国家との距離、公私の分別を含め、自らの言動に細心の注意を払うべきではないか。

    以上

    アカヒらしいといえばらしいけど・・・ 

    こんなのペンの暴力というか、ペンのテロじゃん! 

    中韓に都合のいい事ばかり論説して・・・何をかいわんやですね。

     

    [E:cloud]関連記事[E:downwardleft]

    《「『従軍慰安婦』も朝日新聞の社是だ!」by若宮啓文 【チャンネル桜】》 2014年8月 9日

    衛藤氏「・・・・ですからそれを受けて、今度は教科書会社と新聞社の方にお会いした。新聞社の方は論説委員の方々が1ヶ月以上話をお聞きしたいと言ってやっぱりお願いした。・・[E:danger]朝日新聞だけ出てこなかった

    それでじゃあ会長と幹事長と事務局長とでですね、朝日に直接行こうと若宮さん会いに行ったんです。
    まぁその時に中川さんが急用が出来られて、私と安倍先生でお会いしてですね、もう色々やってね、『報道がおかしいんじゃないのか』とか『こういうとこが事実に反する』とずーっとやってってですね、

    最後まぁ若宮さんがですねぇ、もう議論に窮したらですね、『これは朝日新聞の社是です!』って言った時に、それで話が終わっちゃったんですね(笑)
    社是ってあんまりじゃないかと。その場に3人しかいなかった訳ですからね、あまり私も????言えませんでしたけどね。

    「????も社是でしょ。????もでしょ。????も社是だって、、」

    水島氏本当にでも社是っていうのはもうクセになってるんですかねぇ。まぁ私物化ですよね、朝日新聞自体をね。」

    櫻井さんとは去年生激論していました右

    《【朝日誤報問題】櫻井よしこVS朝日新聞元主筆・若宮啓文 「朝日のOBは全く反省していない」「朝日の読者は気の毒」「メディアを名乗る資格が無い」 【プライムニュース】》2015年2月 6日

    001

     「終戦70年」、そして「日韓国交正常化50年」を迎える2015年。アジア外交では“安倍談話”の内容など、歴史の向き合い方が再び焦点となりそうな気配だ。
     安倍政権は、そしてメディアは、どういう基本姿勢で臨むのか。
     ジャーナリスト櫻井よしこ氏と、朝日新聞元主筆の若宮啓文氏を迎え、徹底議論する。

    (中略)

    若宮氏は反省していると言いながら、言い訳ばかりで本当は全然反省してないのがハッキリ伝わってきました。

    なので余計、櫻井よしこさんの容赦ない反論が痛快でございます万歳・・・

    死者に鞭打つような事は本当は書くべきでないのは分かっているけど・・・

    若宮氏の活動・背信行為はあまりにも日本の国益を害し、それは先人達・今を生きる私達・これから日本を担う若者達に対し、あまりにも大きな影を落としました。 

    [E:cloud]朝日新聞の捏造関連記事右

    《【朝日の三ホンダ】 故・中川昭一氏VSと朝日新聞OB・武藤正武氏のバトルで見える、朝日新聞の庇い合い体質  【ニュースの深層】》 

    アカヒの電波工作。朝日新聞大株主のCS放送局「朝日ニュースター」とはより

    《NHK「ETV2001   問われる戦時性暴力」番組改変問題も、そもそも朝日新聞捏造記事の波及から》

    靖国神社問題も!火をつけたのは朝日新聞の加藤千洋記者

    朝日新聞が「南京事件」を「南京大虐殺」として火をつけた本多勝一の「中国の旅」とは

    冒頭、畳の上で死ねなかったというのはそういう意味です。

    もし天国に行けたなら、三宅久之さんに「アベの葬式は出せませんでした」と報告すべき。 

    アカヒの葬式は国民の手で出すので、安らかにお眠りください。合掌

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく

    Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト 

     

     Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



    2015年12月06日19:41ユダヤ人を救った杉原千畝ともう1人の日本人&(エルトゥールル号の恩返しの)トルコを貶めた朝日新聞

    日本映画で久しぶりに見たい!と思うものに出会いました。

    というのも、この2つの国際的な出来事に関わる逸話を以前に記事に書いていたからです。今回はそれを紹介します[E:downwardleft]

    先人達の素晴らしい行いを描いた、この2つの映画が奇しくも同日公開というのも面白いですね

    166485_02_2杉原千畝 スギハラチウネ

    2015年10月13日、杉原がビザを発給したリトアニアカウナスでワールドプレミアが行われ、杉原の家族やカウナス副市長が出席した[2]。450席の劇場は満席で50人の立ち見が出た他、上映終了後には5分間のスタンディングオベーションが起きた[2]

    164562_02_2海難1890

    本作は2005年頃から企画され、2013年10月に会談した内閣総理大臣安倍晋三トルコ首相レジェップ・タイイップ・エルドアンとの間で合作について議論された[4]

    2014年1月、『エルトゥールル』の仮題で制作が発表され、同月に会談した安倍首相とエルドアン首相との間で合作することに合意し、日本外務省・トルコ文化観光省が製作を全面バックアップすることになった[5][6]。日本での撮影は12月から開始され、2015年7月からはトルコでの撮影も行われた[7] 

    2015年1月、タイトルが『海難1890』に正式決定し、内野聖陽忽那汐里が主演・ヒロインを演じることが発表され、同時に3月に発足する「『海難1890』を成功させる会」の最高顧問に安倍首相が就任することも発表された[4][5][6]。内野は本作への出演について、「次の世代に残すものに参加させていただきたいと、2つ返事でお受けしました」とコメントしている[8]

    4月28日、トルコ映画史上初となるイスタンブルユルドゥズ宮殿英語版での制作発表会見が行われた[7]。7月9日にクランクアップ報告会見が行われ、安倍首相・エルドアン大統領(2014年8月就任)からビデオメッセージが寄せられた[8]

    11月13日、ユルドゥズ宮殿で本作の特別上映が行われ、安倍首相・エルドアン大統領が鑑賞した。東映は「合作とはいえ、両国のトップが一つの作品を鑑賞することは極めて異例のこと」とコメントしている[9]

    人さし指ユダヤ人を救った杉原千畝は有名だけど、他にも尽力した日本人が居たそうです右

    《ニューヨークの「ジャパンウィーク」、ユダヤ人を救った杉原千畝ともう一人の日本人大迫辰雄さん  【Nスタ】》より抜粋[E:downwardleft]

    TBS【Nスタ】で、

    ニューヨークで開催された「ジャパンウィーク」で、ナチスの迫害から逃れるユダヤ人の逃避行を支えたある日本の民間人の足跡が今回の展示の目玉というニュースをやっていたので記録しました[E:downwardleft](青字はナレーション)

    この時期にこの話題、タイムリーですねぇ[E:confident]

    72d393f3.jpg

    アナ日本の文化などをアメリカで紹介する"ジャパンウィーク"がニューヨークで始まりました。

    今回の展示の目玉の一つが、ナチスの迫害から逃れるユダヤ人の逃避行を支えた、ある日本の民間人の足跡でした。」

    9c1679f9.jpg

    日本の文化や観光地を紹介するジャパンウィーク

    8e120782.jpg

    dffb46c7.jpg

    今回の目玉の一つが、ユダヤ人と日本人との関わりに焦点をあてたVTRの上映でした。

    29209864.jpg

    このVTRを見つめる一人のユダヤ人女性。シルビア・スモーラーさん

    d305c7c1.jpg

    bf674a45.jpg

    シルビアさんは70年前、ナチスの迫害を避けるために、かの有名な杉原千畝氏のビザを片手に祖国ポーランドを脱出。ウラジオストク、日本を経由して、アメリカを目指しました

    ae7336cd.jpg

    シルビア・スモーラーさん「(ウラジオストクから)私たちが乗った敦賀行きの船はいったい誰が手配してくれたのでしょうか。本当に興味深いです。」

    スモーラーさんの日本への旅を支えたのが、もう一人の日本人でした。

    bcd1924a.jpg

    0c6f7de6.jpg
     

    当時、旅行会社に勤務していた大迫辰雄さんは、ウラジオストクに到着したユダヤ人と共に輸送船に乗り込み、スモーラーさんらの身元確認や渡航保証金の処理等にあたり、敦賀への上陸を見届けました。

    7caa5a92.jpg

    リトアニアとウラジオストク。ユーラシア大陸の両端にいた二人の日本人が、数千人ものユダヤ人の命を救ったのです。

    98db0ae8.jpg

    シルビア・スモーラーさん「彼らが共に行動したか分からないけれど、彼らが取った行動は素晴らしかった。」

    e895a973.jpg

    田中由紀さん「やはりここはニューヨークですので、ユダヤ人のコミュニティーも大きい所でございます。こういうことを通じて少しでも日本に関心を持っていただいて、日本に来ていただく方が増えると良いかなと思いまして、、」(ジャパンウィーク主催者 事務所長)

    f505c692.jpg

    70年の歳月を越えて掘り起こされた歴史が、新たな日米交流の橋渡しになりそうです。

    以上

    良い話ですね! TBSとは思えない良い視点の取材です☆

    日本人って本当にスゴイ!万歳

     

     

    人さし指で、もう1つの話は、ちょっと胸糞が悪くなりますが・・・・

    トルコがエルトゥールル号の恩返しとして日本人の救出に動いた事を、カネ目当てみたいに書いた新聞がありました(;一一) 右

    《【世界が忘れない日本の物語】 トルコを貶めた朝日新聞》 より抜粋[E:downwardleft]

    トルコは遠く離れた親日国で、近年も日本国民の多くの命を助けてくれた尊敬すべき国です。 

    トルコの大地震の一報を受けて、どの国より早く日本は救助に向かうべきですね。 

    エルトゥールル号遭難事件  の逸話をドキュメンタリー番組などでご存知の方も多いと思いますが、 

    その時にも朝日新聞は、ゴミでした。

    まず、この関西ローカルの番組を是非ご覧ください[E:downwardleft]

    再現ドラマに心打たれます☆

    で、その後のコメンテーターの指摘に唖然とします・・

    【世界が忘れない日本の物語】(動画 削除)

    (VTR終了後・・・)

    たむけん「いや、これは伝えてもらわんと。」

    リンゴ「なんかこう、良いことをした方は伝えてなくってね、されたほうだけに伝わっている話、、」

    筒井氏「これ、最初マスコミね、トルコがあんな事してくれたのは経済問題で、、そんなこと言ってましたよね。」

    井沢元彦氏「そうそうそう!カネの為だとか言ってた。とんでもない話なんです。そういう事をいうマスコミのヤツがいるんです。

    ・・・・何故トルコが助けてくれたのか、それは日本からの経済援助をあてにしてたり、その経済援助を受けていたからだということを新聞が書いたんですよ。日本の新聞が。」(サイアクや、えー?! うわぁ)

    それでさすがにトルコの大使が怒りましてね、で投書したんですよ『我々はこの借りを返しただけだ』って

    これはどんなににスゴイことかって言うと、トルコ国民も残ってたわけですよ、600人くらい。それよりも日本人をまず助けてくれた

    だから、しかもあの飛行機ってのは、何故日航が行かなかったかっていうと、撃墜されるからですよ。要するに早く脱出しなきゃいけない。ところが外務省がグズグズしていたんで日航機もう行く時間がない。

    で、もう切羽詰ってトルコの人に頼んだら、『分かりました』ってやってくれた。」

    筒井氏「だけどトルコもギリギリでしたね。危ないとこだった。」

    井沢元彦氏「そうです。」

    (以下 略)

    で、そんな非常識な新聞はもちろん・・・

    地球史探訪:エルトゥールル号事件のこと さまより[E:downwardleft] (抜粋して赤字強調)

    ■2.日本・トルコ関係史に無知な朝日

        こうして、もはや万事休すと思われた土壇場、翌20日の朝刊
      に「テへラン在留邦人希望者ほぼ全員出国/トルコ航空で215
       人」という朗報が載った。
     
       何とトルコ航空機がテへランに乗り入れ、邦人215人を救出
      してくれたのである。
     
        まさに間一髪であった。掲載された写真には無事脱出できた子
      供たちを含む邦人家族の喜びの顔が写っている。


        さて、ここで考えなければならないのは、なぜトルコが危険を
      冒してまで邦人を助けたのかということであるが、この疑問に対
       して朝日新聞の記事はこうである。
     
       すなはち「日本がこのところ対トルコ経済援助を強化している
       こと」などが影響しているのではないかと、当て推量を書いてお
      しまい
    なのである。
     
        自国の歴史に無知とはこういうことを言う。日本とトルコには
      歴史的に深いつながりがあるのだ。この記事を書いた記者が知ら
       ないだけである。
     
       無知だけならまだしも、金目当ての行為であったかのように書
       くとは冒涜もはなはだしい。
    トルコは長いあいだ日本に対する親
      愛の情を育ててきた国である。

    ■3.駐日トルコ大使のコラム■

       その証左として、昨(平成9)年一月の産経新聞に載った駐日
       トルコ大使ネジャッティ・ウトカン氏のコラムを紹介する。

       これを読むだけでも、トルコが何故日本に親愛の情を寄せるに
       至ったかの消息が明らかになろう。それは日露戦争をさらに遡る
      明治二十三年の出来事に端を発している。
        
         勤勉な国民、原爆被爆国。若いころ、私はこんなイメージを
         日本に対して持っていた。中でも一番先に思い浮かべるのは軍 艦エルトゥルル号だ。1887年に皇族がオスマン帝国(現ト
         ルコ)を訪問したのを受け1890年6月、エルトゥルル号は初の
        トルコ使節団を乗せ、横浜港に入港した。三ヵ月後、両国の友
         好を深めたあと、エルトゥルル号は日本を離れたが、台風に遭
        い和歌山県の串本沖で沈没してしまった。
       
          悲劇ではあったが、この事故は日本との民間レべルの友好関係の始まりでもあった。この時、乗組員中600人近くが死亡
         した。しかし、約70人は地元民に救助された。手厚い看護を
        受け、その後、日本の船で無事トルコに帰国している。当時日
         本国内では犠牲者と遺族への義援金も集められ、遭難現場付近の岬と地中海に面するトルコ南岸の双方に慰霊碑が建てられた。
         エルトゥルル号遭難はトルコの歴史教科書にも掲載され、私も
        幼いころに学校で学んだ。子供でさえ知らない者はいないほど
         歴史上重要な出来事だ。

          
       ここに挙げられたエルトゥールル号遭難に際して、台風直撃を
       受けながらも約70人のトルコ人を救助した地元民とは、和歌山
      県沖に浮かぶ大島の村民である。・・

    イラン・イラク戦争の逸話は1985年(昭和60年)ですから、95年前の恩を忘れなかったトルコ[E:sign01] ということです。

    あの頃を生きた日本人が素晴らしいのはもちろんですが、感謝の気持ちが、時空を超えて現代日本人の多くの命を救ったなんて胸が熱くなります。

    それに対し200­6年春の叙勲で、

    別枠の外国人叙勲は21カ国の49人。国別最多はトルコの13人で、
    イラン・イラク戦争中の1985年にテヘランから日本人200人以上を救出したトルコ航空特別機の当時の乗務員ら。 
    小泉首相が今年1月のトルコ訪問で元機長と懇談したのがきっかけとなった。

    ということなんですが、20年経って表彰って・・・遅っ(・・;)

    今こそ、イラン・イラク戦争の時の恩を全力で返す時です[E:rock]

    《エルトゥールル号救出、95年目"感謝の3倍返し"とトルコを貶めた日本の新聞社 【朝ズバッ!】》

    ・・・④95年目の??倍返し

    00a4adc6.jpg

    1890年に和歌山沖でトルコ(当時オスマン帝国)エルトゥールル号が沈没し、598名が死亡したが、日本は官民挙げて69名を救助した。

    みの氏「みーんなで抱いて暖めたんだよね。」

    井上アナ「そうみたいですね、寒さに凍えていた中、、で、この出来事が日本とトルコの友好関係のきっかけと言われています」

    時は流れ、95年、イランイラク戦争の時に多くの日本人が首都テヘランに取り残された。日本の航空機がその上空を飛べない事態の時、トルコ政府が特別機を派遣、約220人の日本人を救出した。

    トルコ機機長・オルファン氏「[E:danger]危険だったが日本人を助けなければという恩返しの思いがあった」

    以上

    歴史的な事も知らず、トルコとの友情に水を差すような記事を書いたのは、 

    またも、アカヒかっ!・・・でした。。。。(;一一)

    助けてもらったのに、まるでカネ目当てのような記事を書くなんて!

    「感謝する」とか、人間として一番大事なものが足りないんだな・・

    とにかく!どちらの映画も日本人が知るべき話です。

    特に子供達に見せたいですね。

    大ヒットしてほしいなと思います☆

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく

    Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト   

     

     Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



    2015年08月05日14:39朝日新聞特別編集委員・冨永格、「ナチ支援者は安倍支持者」と捏造レッテル貼り &今までの朝日捏造記事あれこれ

    また、朝日新聞の反日姿勢が顕わになったので、一応記録しておきます。

    朝日新聞はとにかく世界に発信して騒ぎにしてから、国内でゆっくり叩く手口なんですが、

    朝日新聞の冨永格特別編集委員の報道姿勢もそれを踏襲したものと考えれば、よくぞこんなポカをやって、分かりやすく手の内を披露してくれたものだと思いましたPhoto

    とりあえず、朝日デジタルのお詫びから見ましょうか右

    報道姿勢に疑念抱かせおわびします 朝日新聞社特別編集委員、不適切なツイッター   2015年8月5日05時00分

     朝日新聞記者の冨永格特別編集委員が2日、ツイッターに不適切な投稿をし、削除しました。本社は、報道姿勢に疑念を抱かせる行為だったと重く受け止め、社名などを名乗ってツイッターを利用できる「公認記者」から外すとともに、コラム「日曜に想(おも)う」の執筆者からも外す措置をとります。

     今回の経緯について説明いたします。

     冨永記者はツイッターにナチスの旗などを掲げてデモをする人たちの写真を載せ、英語で「東京であった日本の国家主義者のデモ。[E:danger]彼らは安倍首相と保守的な政権を支持している」と投稿し、フランス語でもほぼ同様の内容の投稿をしました。

     冨永記者は投稿について、事実関係の裏付けをしておらず、写真も撮影者の許可をとらずに転載していました。

     この投稿に対し、多くのみなさまから批判を受け、冨永記者はおわびをし、英語、フランス語の投稿を削除しました。

     本社は、冨永記者に厳しく注意し、冨永記者は改めておわびの投稿をしました。

     本社の記者ツイッターは記者個人の責任で発信していますが、このような事態を招いたことについて、みなさまにおわびいたします。記者に対する研修の強化などを通じ、ソーシャルメディアの適切な利用を進めます。

    ジャーナリズムって本来、何も引かず何も足さず、事実を報じる事だと思うんですが、

    人さし指「報道姿勢に疑念を抱かせる行為」もクソもなく、ウラを取らず願望で記事にしちゃうのはアカヒの伝統。

    この件に関しての産経新聞の記事です(抜粋)右

  • 朝日編集委員ツイートに自民が抗議、謝罪・訂正申し入れ 「欧米フォロワーの誤解解けない」
  • 冨永氏が「嫌韓デモの参加者には安倍首相の支持者が多いという趣旨だったが、英語ツイートに『一般的に』の言葉が抜けていた」と釈明したことに対し、

  • 朝日編集委員ツイート、菅官房長官「あらぬ誤解招きかねない」 
  • 日本の主要メディアの責任ある人が、事実と異なる内容を英語によって発信することは、海外において日本に対するあらぬ誤解をまねきかねない。事実に基づいて発信することが大事だ」

  • 朝日編集委員、首相にレッテル「ナチ支援者は安倍支持者」 ツイート削除し謝罪
  • 冨永氏のツイッターは、朝日新聞のホームページにある記者紹介のページからリンクが張られている。同氏は、ツイッターの紹介として「あれこれ含め個人の責任で本音をつぶやきますので、ヨロシクでごんす」としている。

     

    人さし指で、冨永氏の事実誤認というか、捏造の件で、ネオナチデモの人が「安倍支持者じゃないし[E:annoy]」とお怒りなんですよね。大変だー(棒)

    Photo_2

    【嘘つき】朝日編集委員が首相にレッテル貼り「ナチ支援者は安倍支持者」→安倍支持者ですらないことが判明 (抜粋)より右

    朝日新聞の冨永格特別編集委員はこのように弁明しているのだが

    冨永 格@tanutinn 

    きょうのヘイトデモに関する英仏ツイート(削除ずみ)について。嫌韓デモに参加する人たちには安倍首相の支持者が多いという趣旨でしたが、英語ツイートに「一般的に」の言葉が抜けていたので、彼らがこぞって首相を支持しているかの印象を与えるツイートになってしまいました。失礼しました。

    写真を無断使用されたデモ主催者は安倍支持者ではないとツイート

    荒巻丈@joearamaki 

    トレンドに #ナチ支援者 なるものがありハーケンクロイツデモが乘ってる。あれは俺が提唱し、首謀したものであり俺自身はネオナチであるが安倍政権を支持していないので、朝日新聞のナチ支援者は安倍支持者なる見出しは見当違いである。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-…

    荒巻丈@joearamaki 

    ネオナチ=反移民、国家社会主義者が移民推進かつグローバリストの安倍晋三を支持するわけないだろが。朝日新聞って本当にアホだな。headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150803-…

    実際に朝日が取り上げた写真に出てくるナチス系活動家の今までの活動や発言をまとめてみればすぐのわかる、安倍信者とは正反対ということが一発でわかるというのにアホちゃうか

    頭来た朝日新聞に電話する

     

     

    中山なりあき@nakayamanariaki 

    かつて天声人語も書いていたという朝日の富永格編集委員がナチスの旗を掲げたデモの写真と共に「東京での日本人の国家主義者によるデモ、彼らは安倍首相と彼の保守的な政権を支持している」とツィートした。相変わらず日本人を貶める為なら捏造も厭わない。削除したが本音を呟くというから本音だろう

     

    【海外向け拡散】さて、そんな朝日新聞の冨永格編集委員のツイート誤報の事実を世界中に広めなければなりません。なぜなら、慰安婦報道と同じように朝日はまともな謝罪も訂正もしないからです。特に海外向けがそう。 @kohyu1952 pic.twitter.com/E5NcqRJd4O

     
     

    人さし指人さし指夏休みなので、良い子の皆さんに是非教えたいんだけど、

    朝日新聞は「新聞」という名のアジビラ(政治的煽動を目的)みたいなもんで、

    日本を貶めて喜ぶ人達が作ってるんだから、読むと物凄く偏って思考停止になる恐れがあるんですよビックリ

    人さし指じゃ、今までどんな事をやっていたかいっぱいありすぎるので、ちょっとさわりだけ紹介しますね。

    [E:cloud]朝日新聞の捏造関連記事右

    《【朝日の三ホンダ】 故・中川昭一氏VSと朝日新聞OB・武藤正武氏のバトルで見える、朝日新聞の庇い合い体質  【ニュースの深層】》

    2006年5月放送分の、CS朝日ニュースター【ニュースの深層】という番組で、

    上杉隆がキャスターの日、ゲストの中川昭一氏と朝日新聞OBの武藤正武とのバトルが、朝日新聞内部の庇い合い体質をよく表していたのを思い出したので、文字起こしして記録しました[E:downwardleft](やや要約)

    人さし指NHK番組改変問題「朝日新聞虚偽報道」事件を知らない方も(あとで解説しますが)とりあえず読んでみてください。

    (中略)

    朝日新聞の記者って・・・正義とか国益とか全然関係ないのが良く分かりますね。何より無礼だし!勝ち誇り

    朝日ニュースターは、そういう記者やOB、在日や反日日本人をいっぱい投入し、朝日新聞社の中から放送していました右

    アカヒの電波工作。朝日新聞大株主のCS放送局「朝日ニュースター」とはより

    ・・今日は、その反日偏向番組のいくつかを紹介します[E:downwardleft]

    それぞれの番組のメインの司会者が、シンスゴ・葉千栄・・金慶珠・上杉隆・青木理・金子勝・・

    サブが・中山千夏・永六輔・下村満子・荻原博子・落合恵子・吉永みち子・重信メイ・中村うさぎ・二木啓孝・佐高信・石坂啓・・

    というラインナップ。今思えば、皆アカヒマインドのオンパレードだったなぁ・・・(遠い目)

    人さし指それもそのはず、この朝日ニュースターの主要株主は 朝日新聞社 83.2% (2011年3月31日時点) テレビ朝日 朝日放送 という構成ですから。

    で、ボヤキがてら、《旧 テレビにだまされないぞぉ》では《朝日ニュースター》  カテゴリー作って記録してましたふっ

    例えば、このニコニコ大辞典の『パックイン』解説 でなんとなく全体像も分かって頂けるかと右

    [E:cloud]関連記事右

    《NHK「ETV2001   問われる戦時性暴力」番組改変問題も、そもそも朝日新聞捏造記事の波及から》 より[E:downwardleft]

    NHK番組改変問題を憶えてますか? 

    人さし指ザックリ言うと、「ETV2001   問われる戦時性暴力」(2001年放送)で、政治家が介入したと朝日新聞が騒ぎ立て、NHKと朝日新聞が紙面と放送でガチバトルしていたアレです。 

    私はその番組を見てないけど、当時、サヨク番組で何週にも亘ってずーーっとこの話題を取り上げていたので良く憶えています。(その泥仕合の模様はwiki で)

    その番組では、朝日新聞を大応援してNHKと安倍さん・中川さんをボッロクソに言ってました。CS朝日ニュースターの【愛川欽也パックインジャーナル】なんですけどね(笑)・・・・

     

    靖国神社問題も!火をつけたのは朝日新聞の加藤千洋記者

    朝日新聞が「南京事件」を「南京大虐殺」として火をつけた本多勝一の「中国の旅」とは

     

    人さし指特に毒電波ドクロだった『青木理の眼 』と『痛快!おんな組 』は必見[E:sign01]

    アカヒの電波工作。朝日新聞大株主のCS放送局「朝日ニュースター」とは 

    関連記事[E:downwardleft]

    朝日新聞慰安婦報道」訴訟 原告2万5700人に

    ZAKZAK-2015/03/25
    朝日新聞の慰安婦報道で「日本の国際的評価が低下し、国民の名誉を傷つけられた」として、上智大学の渡部昇一名誉教授(原告 ... 原告側が問題としているのは、「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏の証言に基づいた記事など13本。朝日新聞は昨年8月に吉田氏の証言を虚偽と判断、記事を取り消した。

     訴状によると、原告側は「日本の官憲が慰安婦を強制連行したという証拠はない」と主張。そのうえで、問題の記事は「『日本軍に組織的に強制連行された慰安婦』というねじ曲げられた歴史を国際社会に拡散させ、わが国が激しい非難を浴びる原因になった」と指摘している。

    尻拭いも出来ない無責任な朝日新聞なんて、日本にとっては害でしかありません。

    世界向けて情報ロンダリングさせてる大元だし、マジいらんわっ

    《国連で「慰安婦の真実」伝える杉田水脈氏・山本優美子氏の活躍をテキサス親父も絶賛。魑魅魍魎の国連とは? 》 より一部抜粋[E:downwardleft]

    ケント・ギルバートさん「慰安婦問題知らぬ海外では反日団体の主張をすぐ信じる」「日本の立場を掲げて戦うべきだ」

    (中略)

    ■米カリフォルニア州弁護士 ケント・ギルバートさん

     「歴史戦」の英語版が出版されることをうれしく思う。米国やカナダ、オーストラリアなどで慰安婦像・慰安婦碑の設置計画がある市議会のメンバーは全員、本書を読んだ上で設置の是非を議論してもらいたい。

     海外の人たちは慰安婦問題を知らない。興味もない。70年前のことを何でいまさら持ち出すのかと思う程度だ。あまりにも無知なので、中国系の「抗日連合会」や韓国系の反日団体が「日本はひどいことをやった」といえばすぐに信じてしまう。「日本はやっていない」と否定しても、「朝日新聞が書いている。日本の新聞が認めている」となる

     朝日新聞が虚偽の報道をしていた間、日本政府を含め、日本国内から英語の反論は発信されなかった「朝日新聞は海外の新聞に自ら誤報・訂正の広告を出すべきだ」と私は何度も言っているが、まだ実行されていない

     朝日新聞の問題もあるが米大手紙のニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどが朝日新聞の報道を転電し、その内容を歴史学者が検証することもなく信じ、一部の米国の歴史教科書に書き込まれた。こうした流れが一番困る

     日本政府は教科書会社に訂正を求めた。ただし、米国人は一般的に公権力の干渉を嫌う。だから、産経新聞のような新聞社が慰安婦問題の真実を記した本の英語版を出版することは重要であり、その意義は非常に大きい

     日本は発信が下手な国だ。英語という壁が理由かもしれないが、国際政治はディベート(討論)なのだから、日本は自国の立場を掲げて戦わないといけない。この本はそのためにも貴重な存在だ。

     

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく   

    Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト 

     

     Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



    2015年06月10日13:34池上彰氏の「韓国建国は棚ぼた式」発言批判と、韓国が本気で「戦勝国」と思い込んでるワケ

    先日、私の感想を書いた番組右

    ”池上彰からラストメッセージ”と「独島部」 【「金曜プレミアム・池上彰緊急SP 知っているようで知らない韓国のナゾ」】

    やはり、サヨクの皆様&韓国系&反ヘイトスピーチ団体の方々などなどがお怒りのようですね。夕日新聞さまより右(タカヒロさん感謝[E:#x2606]) 

    しばき隊が池上彰の番組にブチ切れ「酷いヘイト番組!池上彰はネトウヨ!」

    ホント、もう何でもかんでもヘイト認定で、笑っちゃいます。

    で、韓国ネットもまたワケの分からない激怒コメント・・・右

    「韓国は棚からぼた餅式にできた国」池上彰氏の発言に、韓国ネット「いろんな意味で傑作」「日本全体が劣等感に包まれている」

    2015年6月9日、韓国・国民日報によると、ジャーナリストの池上彰氏が「韓国は棚からぼた餅式にできた国だ」と発言したことが、韓国内で物議を醸している。

    池上氏は5日、日本のテレビ番組に出演し、日韓関係の悪化や韓国の反日感情について言及した。その際、池上氏は「韓国は反日が建国の基本精神となっている」と紹介。「韓国という国は、韓国人が自ら戦って独立したのではなく、日本が戦争に負けて朝鮮半島を手放した後にできた国だ。つまり、韓国は棚からぼた餅式にできた国である。そのため、韓国人は劣等感を持つようになり、日本に対して反感を持つようになった」と説明した。

    これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。


    「実際に番組を観ていたが、いろいろな意味で傑作だと思った(笑)。現在の日本のレベルが分かった

    「日本人は韓国を国として認めていない。中国に支配された国だと考えている。そしていつかは自分たちが支配しなければならない国だと信じているようだ

    日本人は自分たちの侵略の歴史を正当化しようとしている。もううんざり!

    「確かに、韓国人には劣等感が強い人もいる。しかし、最近は日本全体が劣等感に包まれているようだ。日本が戦争に勝利していたら、そんなふうにはなっていなかっただろう。劣等感を克服しなければならないのは日本の方だ」

    敗戦国が何を言っても言い訳にしか聞こえないということを日本人は自覚するべきだ」(翻訳・編集/堂本)

    はい!、出ました「敗戦国のクセに!」的意見。敗戦時は朝鮮人も日本人だったのにね(呆)

     

    人さし指日本人には理解できない、この「韓国人が本当に、真剣に戦勝国と信じ込んでいるワケ」を、

    在日韓国人の方が、実に分かりやすく解説してくれているので紹介します右

    ここにも朝日新聞が関わっていたんですねぇ・・・(;一一)

    在日朝鮮人から見た韓国の新聞さんの

    [リクエスト] 本当に韓国は戦勝国だと信じているのか より抜粋

    弁護士のケント・ギルバードさんは、WebVoiceに次のような内容の文章を掲載しています。

    私が中国と韓国を見て理解に苦しむのは、両国が第2次世界大戦における戦勝国だと自称することです。そもそも、この2国は戦争に参加していません。朝鮮半島は日本の一部でしたから韓国という国家は戦争中に存在しません。いま韓国人と呼ばれる人たちの先祖は、日本人として敗戦の日を迎えたのです。」

    至極真っ当な歴史観です。史料読んでこれ以外の認識が出ないハズなのですが、残念な事に日本の一部の歴史家も含めて、多くの南朝鮮同胞はそうは思っていません。

    「ウリは戦勝国なんだ!」

    と信じて疑いません
    。正確に言うなら「日本の言う事を聞き入れたアメリカの所為で戦勝国扱いをしてもらえていない」というのが彼らが考えている認識でしょう。

    (中略)1951年9月8日、第二次世界大戦に参戦した米国など連合国49カ国と日本国の間で戦争状態を終結させるための平和条約(サンフランシスコ条約、サンフランシスコ平和条約または強化条約とも呼ばれる)は、米国サンフランシスコオペラハウスで締結された。 また、この日、日本全権団代表のうち、シニア全権であった吉田茂首相は、単独で米国代表とは別に会って「日本国と米国2との間の相互協力及び安全保障条約」(日米安保条約)を締結した。サンフランシスコ条約はその後の批准手続きを経て、1952年4月28日から発効した。 したがって厳密に言えば、太平洋戦争は1945年8月15日、日本のポツダム宣言受諾を表明や同年9月2日のミズーリ号艦上の降伏文書に署名後も戦争状態が継続されており52年4月28日になってようやく終戦を迎えた事になる。形式上は条約に基づいて日本は「朝鮮」の権限を放棄し、独立を承認し、在日朝鮮人たちは日本国籍を失う事となった 

    条約締結のため、サンフランシスコ講和会議には、米国、英国が51年7月20日、共同で日本など50カ国を招待し、その年の8月22日にフランス側の要求に応じて、ベトナムなどインドシナ3国にも招待状が送信された。これらの国の中でインド、ビルマ(ミャンマー)、ユーゴスラビアは招待に応じず、ソ連とポーランド、チェコスロバキアなど3カ国は、条約の内容に反対し署名しなかった。 

    韓国も条約草案には、連合国の一員として表記されていたが、日本の強硬な反対にあった結果、米国がリストから韓国を除外してしまった。 そして、義兵運動と3・1運動、上海臨時政府、中国側抗日戦闘部隊の参加をはじめとする中国及び韓中国境地域抗日武装闘争など延々と血の抗争を繰り広げてきた韓国は除かれてしまい、あっけなくも連合国米軍の被占領地となった。また何の関連もないドミニカ共和国、コスタリカ、エクアドル、エルサルバドル、イラン、イラク、グアテマラ、サウジアラビア、パキスタン、ハイチ、南アフリカ共和国などは、連合国の一員となった。今日のゆがんだ韓日関係の別の出発点であった。米、日代表が同日場所を移して別々に締結した両国の安全保障条約は、60年に改正され、冷戦を一つの軸としており、96年以降の再解釈と関連法律の制定などを経て、中国を狙った軍事同盟の性格を軸に適用範囲を東アジア及び全世界へと拡大しつつある。

    で、このサンフランシスコ講和条約が後の日韓請求権協定につながります。第2条のこの文言ですね。

    (中略)「韓日両国は、日韓両国及びその国民(法人を含む)の財産、権利及び利益並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題が、1951年9月8日にサンフランシスコで署名された対日講和条約第4条aに規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されることを確認する」

    文が少し異なるのは、南朝鮮側の文章だからです。このサンフランシスコ講和条約に南朝鮮が戦勝国として列席できれば、もっと日韓関係は違っていたんじゃないか!という論調です。

    それでは、日本の強硬な反対、とはどういったものなのでしょうか。それについて面白い記事があります。

    한국이 '전승국 자격'을 박탈당한 사연 (2005.3.1 ohmynews)
    韓国が「戦勝国資格」を剥奪された理由

    (中略)韓日協定の根拠となった国際条約は、「サンフランシスコ条約」  

    一方、日本の権威誌である朝日新聞は2000年8月22日付で機密解除された米国立公文書館の資料をもとに当時の状況を次のように述べている。  

    「... 1951年に締結された対日講和条約にあたって最初に韓国は戦勝国の一員として明記されて調印式に参加する予定だったが、当時の吉田茂首相と米国のジョン・デルラス特使との会談のために条約締結5ヶ月前に戦勝国としての地位を失ったことが明らかになった。 1949年条約草案の連合国のリストには、韓国が含まれていたが、51年4月23日、吉田茂首相は、米国側の条約草案の担当者ジョン・フォスター・ダレス特使との秘密会談を通じて「日本国内の朝鮮人たちはほとんどが共産主義者である。 彼らは平和条約の受益者になってはならない。 韓国が加盟国に参加することになれば、日本はとんでもない請求金額訴訟に包まある」と主張して、米国側がこの提案を受け入れて、韓国は戦勝国リストから排除される... "

    ここでも朝日新聞がやらかしてくれているんですね。基本、南朝鮮寄りと言うよりも、両国間に諍いが起きることを意図して活動しているようにしか感じないんですが、そこはやはりミトロヒン文書にあるように共産主義者の影響が非常に強い新聞社だからなんでしょうね。まぁ、今回はおいておきます。

    (中略) 

    ということで、南朝鮮の中では「吉田茂にしてやられた!」という感じなんですね。ですから、南朝鮮同胞だけでなく民族学校で学んできた人の少なくない人たちも「南朝鮮は戦勝国!」と思っているのです

    またアカヒかっ!・・・

    では、日本の戦後の諸問題を吉田茂のマッカーサー宛の手紙から見てみます右

    一九四九年8月末か 吉田→マッカーサー 在日朝鮮人の全員送還を望む(無署名) 

    連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥閣下

    親愛なる閣下

    日本の戦後の諸問題のうち朝鮮人と台湾人に関するものがありますが、彼らはかつて日本国民であり、現在もこの国に依然として滞在しているものです。

    ここでは台湾人については、彼らが比較的少数であり、それほど問題を起こしておりませんので、しばし触れないことに致します。しかし、総数約一〇〇万人、そのほぼ半数は不法入国者であるところの在日朝鮮人の問題について、われわれはいま早期の解決を迫られております。私はこれら朝鮮人がすべて、彼らの生国の半島に送り返されることを欲するものです。その理由は以下のとおりです

    1. 日本の食糧事情は、現在もまた将来においても、余分な人々を維持することを許しません。アメリカの厚意によって、われわれは大量の食料を輸入していますが、その一部は在日朝鮮人を食べさせるために用いられています。これらの輸入は、将来何世代にもわたって我が民族の負債となることでありましょう。もちろん、われわれはそのすべてを返済する覚悟を固めておりますが、この対米負債のうち朝鮮人のために生じた分まで、将来の世代に負わしむるのは、公正なこととは思えません
    2. これら朝鮮人の大多数は、日本の経済の債権に貢献しておりません
    3. もっと悪いことには、これら朝鮮人は犯罪を犯す割合がかなり高いのです。彼らは我が国の経済法規を破る常習犯です。かなりの数が、共産主義者かその同調者であり、最も悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。投獄されているものは、既に七〇〇〇人を超えています。

    戦後今日まで裁判に付せられた、朝鮮人による刑事事件は以下のとおりです。

    年次 事件数 朝鮮人関係者数
    一九四五(八月一五日以後) 五、三三四 八、三五五
    一九四六 一五、五七九 二二、九六九
    一九四七 三二、一七八 三七、七七八
    一九四八 一七、九六八 二二、一三三
    合計 七一、〇五九 九一、二三五

    さて朝鮮人の送還計画としてわたしが考えるのは次のようなものです。

    1. 原則として、朝鮮人は全て送還され、その費用は日本国政府の負担とする。
    2. 日本に在住を希望するものは、日本政府に許可を申請すべきものとする。在住許可は、日本経済の再建に貢献しうると見なされたものに与えられる。

    以上述べました私の考えが、期間によって原則的に承認を得られた場合は、送還に伴う予算その他の具体的措置について、改めて案を提出いたします。        敬具

     吉田 茂

    吉田茂は、ちゃんと日本人と非日本人を区別したので、韓国人の言う「吉田茂にしてやられた!」は当たらずと言えども遠からずかも。 

    温情を加えず全員送り返していれば、今の在日問題はなかったのが悔やまれてなりません・・・ビックリ

     

    関連記事右

    《終戦直後、朝鮮人が日本人にしたこと。(具体例) (再) 【高倉健・三代目襲名】》

    ・・・例えば、ヘレン・ミラーズの本なんか見ても、44年の終戦の前の年の、カイロ会談の翌年の8月、『アジア人は日本の奴隷になりたくない』とかいう公式発言をボコボコやっている。

    で、これを踏まえて、その日本の占領統治政策が行われるのだが、その時に日本にいる在日朝鮮人に何を言ったかというと『今日、奴隷解放の日だ』と。『朝鮮人が解放された日』だと。

    250pxlkrj_building_that_became_offl

    それを受けてマッカーサーが日本に来て、厚木に降り立って1か月後に、在日本朝鮮人連盟 という、今の民団・総連の母体がGHQの指導の下で結成された。

    その結成趣旨が『朝鮮人は奴隷から解放された』『今や我々は連合国民だ』『戦勝国民だ』と言い出した。

    で、奴隷扱いした日本に対して、『奴隷扱いしたのを十分に理解させるのが我々の義務だ』と朝鮮人連盟が。

    それを追認するように、マッカーサーは日本の新聞なんかに連合国人について、つい最近も、サンフランシスコ講和条約の後も、米兵の犯罪について裁判権を放棄させられたっていう密約が出てきたと各紙載って騒いでいたが、

    あれと同じで、逮捕権も裁判権も連合国の兵隊なんかには一切、日本人は持たない。新聞コードでもそういう連合国人を批判するのは書いちゃいかんというのがある。それを9月の段階でもう既にプレスコードに要求している。要求って言うかまぁ日本は呑まざるを得ないんだけど。

    で、その翌々月にその連合国人に対する扱いは、朝鮮人にも与えるってことだと

    これはもうハッキリGHQで出している戦勝国民扱いをしろと。それから新聞で叩いちゃいけない。それから裁判権もない。

     

    改めて、この池上解説番組を書き起こししました↙

    «①#三・一運動、「大韓民国臨時政府」とは?憲法前文に作られた反日建国神話 【池上彰緊急SP知ってるようで知らない韓国のナゾ】» 2019年1月17日

    8 

    « ②韓国の不思議「なんで韓国は反日だったのに国交正常化したの?」【池上彰緊急SP知ってるようで知らない韓国のナゾ】»

    25_2

    «③日韓条約交渉、韓国は「大韓民国臨時政府」が対日戦争してたからと賠償金請求(・・;) 【池上彰緊急SP知ってるようで知らない韓国のナゾ】 »

    225

     

    この記事をシェアする:

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   

    Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト

     

     Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



    2015年01月07日20:13朝日新聞に対する集団提訴の件

    "朝日新聞に対する集団提訴の件"ですが、今回何故か原告団の人数が集まっていないようです。

    人さし指多分、広報が足りないんだと思うので、取り急ぎ【朝日新聞を糺す国民会議ニュース】のメールを転載致します。

    朝日新聞に対する国民の意思表示をキッチリ示してやりまししょう!オーーッ[E:rock]

    【朝日新聞を糺す国民会議ニュース】 第6号 (H27.1.7)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ※ このメールニュースは、「朝日新聞を糺す国民会議」への
       参加ご登録をいただいた皆様へ、お送りしております。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「朝日新聞を糺す国民会議」の皆様へ


    「朝日新聞を糺す国民会議」のメンバーの皆様に、改めてお知らせと
    要請をさせていただきます。

    私たちは「朝日新聞を糺す国民会議」結成大会宣言の通り、今月末、
    朝日新聞に対する集団提訴を実行します。

    国民会議メンバーに登録された皆様におかれましては、出来だけ早く
    原告団の御一人に加わっていただきますよう、御通告させていただき
    ます。手続きとしましては、原告団の一人として、代表弁護士団に対
    する「委任状」を提出していただくだけ
    です。

    昨年、私たちはNHK一万人集団訴訟における東京高裁判決で勝訴を勝
    ち取りました。この集団訴訟の勝利は、日本裁判史上最大の原告団が
    結成され、様々な国民運動を展開した結果です。

    しかし、今回、朝日新聞集団提訴の原告団への参加は、現在のところ、
    四千数百名
    にとどまっています。私たちはNHK訴訟を上回る数の原告団
    を結成して、朝日新聞に日本国民の本物の怒りを示さなければなりま
    せん。これは単なる裁判闘争ではありまぜん。私たち日本国民と無数の先祖は、残酷で野蛮な「強姦魔」のごとく犯罪者扱いされて、世界中にこの歴史ねつ造をばらまかれました。この集団訴訟は、現在を生きている日本国民と無数の先祖、そして未来の子孫すべての名誉と誇りを取り戻す戦いです。

    国民として、何もしないまま、手をこまねいているわけにはいかない国民運動です。

    ぜひ、皆様におかれましては原告団に参加し、その怒りを正義に変え
    る戦いに加わっていただきたく、改めまして、集団訴訟原告団に加わ
    っていただくよう要請いたします。


                    「朝日新聞を糺す国民会議」
                     事務局長 水島 総


    --------------------------------------------------------------

    【朝日追撃】戦後レジーム脱却のためにも、朝日新聞集団訴訟へのご参加を[桜H27/1/7]
     http://youtu.be/VajErMfWCzQ


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【朝日新聞集団訴訟・原告参加要項】

    希望される方は、下記より訴訟委任状(PDFまたはWord)をダウンロード
    していただき、必要事項をご記入の上、「朝日新聞を糺す国民会議」ま
    で必ず郵送にてお送りください。

     PDF
     http://www.asahi-tadasukai.jp/ininjyo.pdf
     Word
     http://www.asahi-tadasukai.jp/ininjyo.doc


    ご記入される際は、以下の「記入例」をご参照のうえ、日付・郵便番号・
    住所・お名前(直筆)・印(三文判可・シャチハタ不可)・電話番号・
    捨印(三文判可・シャチハタ不可)を忘れずにご記入ください。
    お名前だけは必ずパソコンではなく直筆でお願い致します。

    記入例
    http://www.asahi-tadasukai.jp/ininjyo-sample.pdf


    ※必ず現物を郵送にてお送りください。
    ※FAXやメールでは受け付けておりません。
    ※裁判の全てを訴訟代理人に委任することになりますので、実際に法廷
     にお越しいただく必要はありません。
    ※金銭面のご負担は必須ではありませんので、ご安心ください。
    ※外国在住の日本人、外国人の方もご参加になれます。
     その場合、委任状に記載する御住所は現住所でお願いいたします。
     また、お名前と御住所の記載は、アルファベット等の現地語とカタカ
     ナ等の日本語を併記してください。
     外国在住または外国人の方で印鑑をお持ちでない場合は、イニシャル
     等のサインで結構です。


    <訴訟委任状送り先>
     〒150-0002
     東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
     頑張れ日本!全国行動委員会内 「朝日新聞を糺す国民会議」


    多くの皆様のご参加をお待ちしております。


    ※朝日新聞の捏造報道によって、具体的な実害を受けられた方がご参加
     いただく場合、一度、事務局まで電話・ファックス・メール等にてご
     連絡いただければ幸いです。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◇◆ 「朝日新聞を糺す国民会議」参加登録人数 ◆◇

        合計 17,358 名

        [平成27年1月7日午前10時現在]

    --------------------------------------------------------------

      朝日新聞追撃のための一大国民運動を展開していくため、
      さらに多くの方達の参加ご登録を目指しております。
      お知り合いの方へのお声掛けや、インターネットでの情報拡散等、
      皆様のご協力をぜひ、お願いいたします!

      「朝日新聞を糺す国民会議」(参加登録フォーム)
      http://www.asahi-tadasukai.jp/

      Facebook https://www.facebook.com/asahitadasukai
      Twitter https://twitter.com/asahitadasukai

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「朝日新聞を糺す国民会議」代表呼びかけ人
    (平成27年1月7日現在 / 50音順敬称略)

    --------------------------------------------------------------

    浅野久美 (ライター)
    阿羅健一 (近現代史研究家)
    荒木田修 (弁護士)
    池内ひろ美 (八洲学園大学教授)
    井尻千男 (拓殖大学名誉教授)
    井上和彦 (ジャーナリスト)
    潮 匡人 (評論家)
    梅原克彦 (前仙台市長)
    大高未貴 (ジャーナリスト)
    小川榮太郎 (文芸評論家)
    尾崎幸廣 (弁護士)
    小田村四郎 (元拓殖大学総長)
    小山和伸 (神奈川大学教授)
    鍛冶俊樹 (軍事ジャーナリスト)
    加瀬英明 (外交評論家)
    葛城奈海 (女優・予備三等陸曹)
    上島嘉郎 (元産経新聞社 雑誌「正論」編集長・ジャーナリスト)
    川村純彦 (元海将補)
    クライン孝子 (ノンフィクション作家)
    日下公人 (評論家・社会貢献支援財団会長)
    小林 正 (教育評論家・元参議院議員)
    小堀桂一郎 (東京大学名誉教授)
    佐藤 守 (元空将)
    佐波優子 (戦後問題ジャーナリスト)
    上念 司 (経済評論家)
    杉原誠四郎 (新しい歴史教科書をつくる会 会長)
    すぎやまこういち (作曲家)
    鈴木邦子 (外交・安全保障研究家)
    瀬川紘一郎 (愛媛県隊友会会長)
    関岡英之 (ノンフィクション作家)
    高池勝彦 (弁護士)
    高清水有子 (皇室ジャーナリスト)
    高山正之 (ジャーナリスト)
    田中英道 (東北大学名誉教授)
    田中禎人 (弁護士)
    田母神俊雄(元航空幕僚長)
    椿原泰夫 (「頑張れ日本!全国行動委員会」福井県支部
                     相談役・京都府本部顧問)
    頭山興助 (呉竹会会長)
    富岡幸一郎 (文芸評論家・関東学院大学教授)
    中西輝政 (京都大学名誉教授)
    中山紘治郎 (株式会社愛媛銀行会長・日本会議愛媛県本部会長)
    永山英樹 (「台湾研究フォーラム」会長)
    西尾幹二 (評論家)
    西村幸祐 (作家・ジャーナリスト)
    濱口和久 (拓殖大学日本文化研究所客員教授)
    藤岡信勝 (拓殖大学客員教授)
    藤原 茂 (愛媛万葉苑保存会常任理事)
    本郷美則 (元朝日新聞研修所長・時事評論家)
    松浦光修 (皇学館大学教授)
    松木國俊 (朝鮮問題研究家)
    馬渕睦夫 (元駐ウクライナ兼モルドバ大使)
    三浦小太郎 (評論家)
    水島 総 (株式会社日本文化チャンネル桜代表・
                 頑張れ日本!全国行動委員会幹事長)
    水間政憲 (ジャーナリスト)
    溝呂木雄浩 (弁護士)
    三橋貴明 (「経世論研究所」所長・中小企業診断士)
    宮崎正弘 (作家・評論家)
    三輪和雄 (「日本世論の会」会長・「正論の会」代表)
    村田春樹 (「自治基本条例に反対する市民の会」会長)
    室谷克実 (評論家)
    目良浩一 (「歴史の真実を求める世界連合会」代表)
    八木秀次 (麗澤大学教授)
    柳原 宰 (三津厳島神社宮司)
    山本皓一 (フォトジャーナリスト)
    山本優美子 (「なでしこアクション」代表)
    柚原正敬 (「日本李登輝友の会」常務理事)
    渡部昇一 (上智大学名誉教授)


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「朝日新聞を糺す国会議員の会」
    (平成27年1月7日現在 / 50音順敬称略)

    --------------------------------------------------------------

    代表
    中山成彬 (前衆議院議員)

    今村洋史 (前衆議院議員)
    杉田水脈 (前衆議院議員)
    田沼たかし (前衆議院議員)
    長尾たかし (衆議院議員)
    中丸 啓 (前衆議院議員)
    西川京子 (前衆議院議員)
    西野弘一 (前衆議院議員)
    西村眞悟 (前衆議院議員)
    松田 学 (前衆議院議員)
    三宅 博 (前衆議院議員)


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「朝日新聞を糺す地方議員の会」
    (平成27年1月7日現在 / 50音順敬称略)

    --------------------------------------------------------------

    代表
    植松和子 (静岡県函南町議会議員)

    相澤宗一 (新潟県柏崎市議会議員)
    相田光照 (山形県米沢市議会議員)
    浅川喜文 (東京都荒川区議会議員)
    阿部利基 (宮城県石巻市議会議員)
    新井克尚 (東京都町田市議会議員)
    荒城彦一 (新潟県柏崎市議会議員)
    石田昭夫 (静岡県焼津市議会議員)
    出田裕重 (前兵庫県南あわじ市議会議員)
    犬伏秀一 (前東京都大田区議会議員)
    上畠寛弘 (神奈川県鎌倉市議会議員)
    江花圭司 (福島県喜多方市議会議員)
    大瀬康介 (東京都墨田区議会議)
    大西宣也 (東京都町田市議会議員)
    柿沼貴志 (埼玉県行田市議会議員)
    北川元気 (滋賀県彦根市議会議員)
    楠井 誠 (東京都国分寺市議会議員)
    久野晋作 (前千葉県我孫子市議会議員)
    小礒 明 (東京都議会議員)
    小坂英二 (東京都荒川区議会議員)
    小坂泰夫 (長野県南箕輪村議会議員)
    小島健一 (神奈川県議会議員)
    小菅基司 (神奈川県秦野市議会議員)
    小坪慎也 (福岡県行橋市議会議員)
    桜井秀三 (千葉県松戸市議会議員)
    佐々木ゆうじ (岡山県赤磐市議会議員)
    佐藤和典 (新潟県柏崎市議会議員)
    渋間佳寿美 (山形県米沢市議会議員)
    鈴木正人 (埼玉県議会議員)
    千住啓介 (兵庫県明石市議会議員)
    竹内太司朗 (大阪府守口市議会議員)
    田中ゆうたろう (東京都杉並区議会議員)
    土屋たかゆき (前東京都議会議員)
    中澤裕隆 (千葉県議会議員)
    林けんじ (北海道恵庭市議会議員)
    松浦芳子 (東京都杉並区議会議員)
    松岡みゆき (東京都町田市議会議員)
    三井田孝欧 (新潟県柏崎市議会議員)
    諸井真英 (埼玉県議会議員)
    諸岡覚 (三重県四日市市議会議員)
    柳毅一郎 (千葉県浦安市議会議員)
    山本光宏(神奈川県大和市議会議員)
    吉田あい (東京都杉並区議会議員)
    吉田康一郎 (前東京都議会議員)


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    朝日新聞を糺す国民会議
    議長 渡部昇一 / 事務局長 水島総

    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
    頑張れ日本!全国行動委員会 内
    TEL 03-5468-9222 FAX 03-6419-3826
    MAIL info@asahi-tadasukai.jp

    公式サイト http://www.asahi-tadasukai.jp/
    Facebook https://www.facebook.com/asahitadasukai
    Twitter https://twitter.com/asahitadasukai

    人さし指※要するに、訴訟の委任状をダウンロードして署名・捺印して郵送するだけ。

    私は親戚が集まった飲み会で話をして11通取りまとめました。

    あとは郵送するだけ!

    ブログ内関連カテゴリー[E:downwardleft]

  • 朝日ニュースター 
  • 朝日新聞 捏造関連 
  • 朝日新聞、慰安婦記事捏造関連
  • にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく   

    Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト
        

     Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!   

     



    2015年01月07日12:24朝日新聞【(戦後70年)明太子、韓国に里帰り 味が国境を溶かす】記事全文と、辛子明太子とナガサッキチャンポンとインスタントラーメンの話

    出直ししたハズ?の朝日新聞が、また韓国絡みの記事で批判されているという事なので[E:downwardleft]

    韓国が起源? 朝日新聞の「明太子」記事にネットで反発 livedoor

    (要約↓)

  • 朝日新聞が再生案を発表した5日、1面の明太子記事をめぐり批判にさらされた
  • 記事にて、辛子明太子は韓国の塩辛がヒントになっていると書かれていた
  • 辛子明太子が韓国起源であると読めたことで、読者は怒っているようだ
  • 今日は、「長崎ちゃんぽん」「インスタントラーメン」など過去記事を引用しつつ検証してみます

  • 人さし指まずは、朝日デジタル版だけでは何とも言い難いので、全文掲載[E:downwardleft]
  • (戦後70年)明太子、韓国に里帰り 味が国境を溶かす
    ソウル=木村司、貝瀬秋彦 木村司 木村司 聞き手・木村司 2015年1月5日02時53分

     昨年暮れ、ソウル。百貨店の食品売り場で、辛子明太子(めんたいこ)店に人だかりができていた。店員が呼びかける。「日本の家庭の味です」

    • 特集・戦後70年
     明太子の起源の一つは、1948年、博多にある。焼け跡の市場に開店した9坪の食料品店「ふくや」だ。店主・川原俊夫、当時35歳。タラコが持ち込まれると海の向こうを思った。「釜山のメンタイが食べたい」
     川原は釜山生まれ。多感な時期に出会ったのが、市場に並ぶ真っ赤なメンタイだった。「スケトウダラ=明太(ミョンテ)」の卵の塩辛。朝鮮半島で長く食べられていた。
     川原は、味の再現を試みる。釜山までは約200キロだが、朝鮮戦争前夜の半島は遠かった。毎晩店を閉めた後、ガラス瓶の中のタラコと向き合った。鷹(たか)の爪をくだいてかけたり、ザラメを混ぜてみたり。完成をみたのは50年代後半だった。
     辛みをマイルドにし、プチプチ感のある北海道産のタラコを使った。昆布やかつおだしを調味液に配合した。柔らかい風味がご飯にも、日本酒にも合った。
     同業者も次々出現。その風味は75年の新幹線博多開通も相まって全国に届けられ、「博多ブランド」は近年、国境を越えている。
     川原の三男で現社長の正孝(64)は「父は、[E:danger]ふるさと釜山の味をみんなに食べさせたいとの思いだった。国境が溶け合うような土地だからこそ生まれた食が、辛子明太子です」と話す。韓国進出では、ライバル社「やまやコミュニケーションズ」(福岡市)が先行するが、ふくやも「里帰り」を果たすべく計画を練っている。

     日韓の食は戦後70年、深く交わってきた。日本から韓国に渡り、今や「国民食」となったのがインスタントラーメンだ。ぴりっと辛い韓国風の「長崎ちゃんぽん」もヒット商品の一つ。[E:danger]開発したのは「三養(サムヤン)食品」(ソウル)だ。
     同社が韓国初のインスタントラーメンを世に出したのは、日韓国交正常化2年前の63年。裏には、2人の経営者の出会いがあった。

    ・‥…━━━・‥…(ここまで朝日デジタルより)━━━・‥…━━━


     韓国の全仲潤(チョンジュンユン)は61年、食品業界に身を投じた。朝鮮戦争の傷が癒えず、貧しかった韓国の食糧難を何とかしたいとの思いがあった。日本に出張した際に食べたインスタントラーメンが念頭にあった。人づてに紹介されたのが当時の明星食品社長、奥井清澄だった。
     三養食品広報室長、崔男錫(チェナムソク)によると、全は韓国の食糧事情の厳しさを説明。奥井は戦後日本の食糧難や朝鮮戦争特需による日本の経済復興にも触れ、「企業人として何か寄与したい」と全面協力を約束した。全は明星食品の工場に約2週間通い、製造工程を学ぶ。ただスープの配合だけは教えてもらえない。帰国直前、奥井の使いが空港を訪れ、そっと書類を渡す。中には配合が書かれていた、という。明星側はその後も、三養に職員を派遣して技術指導をした
     
    まったくの無償協力だった。国交正常化前に、こんな民間交流があったんです」と崔は感慨深げだ。
     スープはその後、独自に改良。60年代末に米国やベトナムなどに向けた輸出も始まり、輸出先は今や日本を含む50カ国近くになる。
     [E:danger]韓国は世界屈指のインスタントラーメン大国に。韓国農林畜産食品省によると、1人あたりの消費量は世界一だ。13年の輸出額は約2億1千万ドル(約251億円)で、5年前から約64%伸びた。
     全と奥井の出会いから半世紀。2人は世を去ったが、日本発のラーメンは韓国の地に根付いている。=敬称略(ソウル=木村司、貝瀬秋彦)

    ■焼き肉、異文化拒み受け入れた歴史
     あまり意識されていないことがある。カルビは韓国語、ハツやタンは英語、ホルモンはドイツ語に由来する。ミノは日本語だ。焼き肉のメニューには、多彩な文化があふれている――。
     そんな歴史や、肉やキムチの栄養価を、鄭大馨(チョンデソン)(81)は焼き肉店トラジ(東京都)の研修制度「焼肉大学」で教えている。在日コリアン2世。大学や食品会社で朝鮮半島の食文化の発展を追求してきた全国焼肉協会顧問でもある。
     原点は1947年ごろ、故郷の京都にさかのぼる。家族で網を囲み、ホルモンを焼き、ほおばっていた。それは、戦後の在日社会で育まれた「焼き肉」の原点ともいえる光景だ。「日本人はほとんど食べないと聞かされた。肉はおいしいのに、複雑な味だった」
     78年。鄭がかかわったテレビCMがお茶の間に強烈な印象を残した。「生き続ける朝鮮の味」とうたった。家庭でも本格的な焼き肉を味わってもらおうと発売されたモランボン(当時はさくら物産)のタレ。
     真冬の北海道で撮影に挑む俳優米倉斉加年(よねくらまさかね)(昨年死去)の姿が忘れられない。「何度でも撮り直す。焼き肉、ご飯、キムチを何度もほおばる」。食べすぎたのか、救急搬送されたこともあった。
     在日への差別は依然として根強かったころ。米倉はのちにモランボンの社内誌の対談で語っている。
     「家に帰ると娘が『パパはナニ人?』と聞くんです。ぼくが知らない間に子どもたちが学校でいびられていた」。その事実を知った米倉は逆に、CM契約の延長を決めたという。鄭は振り返る。「CM制作を断った企業もあった。でも快く引き受けた企業も、日本。体をはった演技を見せたのも日本人だった」
     戦後日本で急成長した焼き肉は、在日コリアン社会で育まれた。80年代には、日本企業が開発した無煙ロースターが、煙くて臭いといったイメージを変え、大衆化、高級化を加速させた。日本オリジナルの「タレ産業」も、エバラ食品工業やモランボンの商品で普及し、家族だんらんに彩りをもたらした。
     農林水産省の食料需給表によると、牛や豚や鶏をあわせた肉の1人当たり消費量は60年、年間3・5キログラムだったが、69年に10キロ、78年に20キロを突破。2013年で30・1キロに達している。
     「焼き肉の歴史には、異文化を拒み、受け入れ、発展させてきた戦後日本の姿が詰まっている」と鄭は話す。(木村司)

    ■韓国に和食「キムチの恩返し」
     ソウルの街に日本食があふれている。植民地期に伝わったとされるオデンやウドンは韓国語で定着。最近は回転ずしやカレーライスなど、ブームが拡大中だ。
     かつて日本料理の定番は「刺し身にコチュジャン」だった。今は本場に近い。ソウルの「Tokyo Saikabo」には家庭の味を看板に煮物やコロッケ、自家製ぬか漬けなど50種類以上のメニューがそろう。
     韓国料理で知られる妻家房(さいかぼう)(東京都)が2009年に出した店だ。
     「私はかつて日本料理を誤解していた。淡泊で、量も少ないと。でも装いの美しさがあり、目で楽しんで食べると後から満腹感が生まれると知りました」と社長の呉永錫(オヨンソク)(62)は言う。
     韓国生まれ。デザイナーになろうと83年に来日し専門学校卒業後、都内の大手百貨店に就職した。転機は1年後。同僚を自宅に招くと、キムチやチヂミ、ピビンパなど、妻の手料理が絶賛された。「韓国料理=焼き肉」のイメージしかなかった同僚が、デパ地下への出店を勧めた。妻家房の始まりだった。
     88年のソウル五輪で日韓の距離がぐっと縮まった時代。両国の食文化も互いに広まった。食品需給研究センターによると、[E:danger]キムチは99年に浅漬けを抜いて国内漬物生産量のトップに。今も独走中だ。
     日本に入国した韓国人は2013年には約270万人で30年前の約10倍に上る(法務省調べ)。大半を占める観光客の期待は「食」が5割強で、温泉やショッピングを抑え1位だ(日本政府観光局の10年調査)。
     日韓の味を知る呉は「韓国料理の魅力に気づかせてくれたのは日本人だった。韓国に正しい日本料理を伝え、日本の良さをもっと知ってほしい。キムチの恩返しですね」と笑う。
     正しさに固執するつもりもない。「10年、20年先、韓国ではちらしずしを、日本ではキムチを、自分の国の料理だと思う若者がいるかもしれない。でも『国籍』が入れ替わるくらいが、新しいおいしさにつながっていく」。そんな未来像を描いている。=敬称略(木村司)


    ■違いに気付いて、取り入れて
     国交正常化50年の今年、国立民族学博物館は、韓国国立民俗博物館と「食」の特別展を共催する予定です。「ご飯・汁・漬物」と食の基本で日韓は共通項を持ちます。世界からみれば、よく似た食文化の国同士です。
     ただ、日本は箸を、韓国はスプーンと箸を使います。ご飯の盛りつけは、日本は相手にあわせて量を調節しおかわりを促す。韓国はお膳の脚が曲がるほど山盛りにする。こうした似て非なる点をどう受け止めるのか。
     山盛りのご飯は、韓国人の情の深さであり、その情を分かち合おうという気持ちの表れです。でも、日本人には、相手のことを考えないと思えてしまうかもしれません。逆に、控えめな量のご飯は、日本人の情の細やかさなのに、韓国人には他人行儀で冷たいと受け取られるかもしれません。
     「同じものだ」と思って見るとマイナスイメージを抱きがちです。「違うものだ」と思ってみれば、似ているからこそ、小さな違いまでがよく分かります。小さな違いに気づき、似せたり、まねたりして取り入れることにこそ、おいしいものを生み出すヒントがあります。
     多様性を認めあえれば、共通項を持って融合してきた日韓の食文化は、世界に発信できる可能性が広がっていくのではないでしょうか。(聞き手・木村司)
         ◇
     あさくら・としお 1950年生まれ。国立民族学博物館教授。専門は韓国社会論、社会人類学。著書に「世界の食文化①韓国」「日本の焼肉 韓国の刺身」など。


    ■関係が滞っても、味は忘れない
     かつお節や昆布だしのスープ、茶わん蒸しもすばらしい。繊細さや透明感と、深い味わいが同居している。韓国、フレンチ、イタリアンと学びましたが、一番好きなのは日本料理です。
     といっても、25年前に来日した当時、日本の食べ物が何一つ口に合わなかった。漬物も、魚の煮物も、牛丼もダメ。食べたことのないものに恐れを抱き、気持ちの上で一線を引いていた。慣れが必要だった。何度か試みているうちにむしろ、好きになりました。
     10年近くで料理教室やホテルで教えた日本の生徒は何千人。韓国料理人になった人もいる。日韓関係の悪化で新たな生徒は減りましたが、一度はまった人は離れるどころか、言葉や歴史へと世界を広げています。
     辛さや臭いがかつて嫌われた韓国料理は時間をかけて、日本のみなさんの口にあうようになってきた。少し長い目で見てみれば、食の世界一つとっても、日韓の距離は本当に近くなった。国同士の関係が滞っていても、舌から覚えた味は一生忘れないと思います。
         ◇
     チョ・ソンオク 1969年生まれ。韓国料理研究家。90年に来日しレストラン経営を経て、東京の新大久保に趙善玉料理研究院を開く。日韓農水産食文化協会の初代会長。著書に「いちばんやさしい韓国料理」など。
         ◇
    ■取材後記
     韓国への親近感が1978年の調査開始以来、過去最低を記録した。日韓国交正常化50年を前にした昨年の内閣府世論調査結果だ。たしかに「悪化する日韓」をニュースで何度も見聞きし、本屋に行けば「嫌韓反韓」の文字。何げなく過ごしていると、私の心にもそんな空気が入り込んでくる。
     でも、今回の取材で、浅はかさを思い知らされた。親近感どころか、[E:danger]私は隣の国の文化にどっぷりと漬かっているのだ。キムチも、辛子明太子も、焼き肉も。ない暮らしなんて考えられない。いまはもう、新しい食の誕生を待ち望むばかりだ。(木村司)

    以上

    それにしても全体に非常に紛らわしい書き回しの文章だなぁ(呆)

    途中まで、明太子が韓国発祥と断言していないのに、取材後記で「キムチ・明太子・焼肉」は隣国の文化と書いちゃってるし・・あーあふらふら

    川原氏の言う「[E:danger]ふるさと釜山の味」というのも元々は日本人が作った物というのがごっそり抜け落ちている右

    まぶし型辛子明太子[編集]

    日露戦争直後から太平洋戦争中にかけて、鉄道省(後の日本国有鉄道→現・JRグループ)は下関と当時日本領であった朝鮮釜山との間に関釜連絡船を運航していた。また、中国との定期連絡船も存在し、スケソウダラ(明太魚)の辛子漬け(明太卵漬け)を運んでいた。韓国側の連絡船では釜山を経由して、明太の卵巣の辛子漬け(「明卵漬(ミョンナッジョ)」)が下関へ輸入された。この当時の明太卵漬けはタレと唐辛子に漬け込まれており、韓国側の明卵漬は唐辛子やニンニクで漬け込んだ現代の「キムチ」に近いものであった。

    漬け込み型辛子明太子[編集]

    まぶして作る辛子明太子は徐々に減っていき、調味液漬けの辛子明太子がほとんどとなった[4]。この漬け込みでは「乳酸発酵」を伴う。漬け込みに際しては、各社工夫をして異なる方法や副材料を使用する事もある。

    元祖 [編集]

    辛子明太子は日本全国に広がり、その普及の裏で誰が辛子明太子の元祖かを調べ主張する者がいる。これはかつて各業者がそれぞれ自分だと名乗っていたから混乱が起きたのであり、[E:danger]日本統治時代の朝鮮で現地の辛子漬け明太子を初めて販売した樋口、戦後のパイオニアを育てた山根、まぶし型の始祖・高井現在の辛子明太子の直系を造った川原の労があって今日に至っているという説がある。このように多くのプロセスを経て今日の辛子明太子が日本に普及したのである。

    もちろん諸説あるようですが、明太子が韓国の文化って断言はできないですね、ニンニクも使ってないし。

    あと、諸説ありつつ、誤解されているもののひとつが「焼き肉」右

    焼肉のルーツ「ニッポン焼肉物語」  【ビーバップハイヒール】》 2011年11月

    ・・・ところで、日本人の誰もが好きなこの焼肉。いったいルーツはどこにあるのだろうか?

    003

    単純に朝鮮半島の料理の一種と考えている人も多いだろう。

    004

    しかし、実は現在の焼肉は、今から60年ほど前、戦後の日本で生まれた日本だけのオリジナル料理なのだ。その証拠に・・

    で、インスタントラーメンはもちろん日本発祥ですが、何故か韓国がその歴史を誇らしく報道していました右

    《韓国KBS「今や世界の食卓で活躍しているインスタントラーメン50年の歴史をどうぞご覧ください」 【ワールドWaveアジア】》 2013年10月

    d929f7cd.jpg

    女子アナ「庶民の味方、インスタントラーメンが韓国に登場したのは今から50年前の事。

    初めは縮れた麺を毛糸や針金と間違える人もいましたが、今や韓国だけではなく世界の食卓で活躍しています。インスタントラーメン50年の歴史をどうぞご覧ください。」

    そしてインスタントラーメンを一番食する国になりましたとさ右

    《麺を食べる国ランキング世界一の韓国!インスタントラーメンの歴史とチャンポン騒動 【ネプ&イモト世界番付】》2014年8月

    54c35d30.jpg

    さらに[E:danger]チャンポンという麺料理があるんですけど、日本のチャンポンが語源とも言われてますね。唐辛子の粉を大量に使用した真っ赤な激辛スープなんです、はい。」

    194085ca.jpg

    麺を食べる国世界一の韓国は、[E:danger]即席麺を食べる国ランキングでも第1位

    それから「ちゃんぽん」が韓国の国民食となり、インスタント化したのが記事にあった[E:danger]「三養(サムヤン)食品」右

    《「長崎ちゃんぽん」を「ナガサッキ チャンポン」で商標登録する韓国 【スーパーJチャンネル】》 2012年6月

    1c370162.jpg

    今度のターゲットは・・・長崎ちゃんぽん

    韓国で長崎ちゃんぽんが商標登録申請されている!というのだ。

    0f057242.jpg

    昨日の長崎県議会の一般質問で明らかになった。

    (中略)

    で、ナガサッキ チャンポンというインスタント麺を売っている韓国企業、絶好調のようです。

    =2012/06/20付 西日本新聞朝刊= より[E:downwardleft]

    ・・・ 韓国では長崎ちゃんぽんが数年前から居酒屋や日本料理店の人気メニューになっている。昨年7月には韓国初のインスタントラーメンを開発した三養食品(ソウル)が同名の即席ラーメンを売り出し、大ヒット。今や日本や米国など5カ国に輸出しているという。

     長崎ちゃんぽんの商標登録は、2007年にも韓国人の個人名により韓国語と日本語の2種類で出願されたが、韓国特許庁は翌年、「長崎は有名な地名」との理由で認めなかった。このため三養食品も出願を見送った

     「長崎」のハングル表記は複数あり、今回の出願は前回とは別の表記。同庁関係者は「長崎ちゃんぽんは韓国で製品名として定着している。審査官は前例を参考にするだろう」と話している。

    まぁ、これだけ近いんだから食文化の交流はアリだけど、

    人さし指問題は韓国が何でもパクった上で起源を主張する事。

    「ちゃんぽん」を「ナガサッキチャンポン」としたのが良い?例です。

    あと、すぐ思い浮かぶのが「いちご」[E:sign03]右

    《農業技術泥棒・韓国「"レッドパール"など日本のイチゴ」不法栽培の取材 【ニュースJAPAN】》2013年6月

    フジテレビ【ニュースJAPAN】で、

    "安倍政権が掲げる「攻めの農業」で懸念される、ある死角を取材"と題し、

    韓国人の日本のブランドイチゴ泥棒の話を詳しくやっていたので、見てない方にも是非知って頂きたく記録しました[E:downwardleft](録画してなかったのでフジのサイトの動画から画像を抜き出し)

    苦労して開発した日本人の農家の方の生の声と、契約違反した韓国人の言い訳が、極端過ぎで改めて激しい怒りを覚えます。・・・

    何でも最初に開発した人の努力・苦労は計り知れません。

    韓国人は、せめてそういうものに敬意を持って頂きたい。

    そして新春早々、「戦後70年」と題して1面にこんな記事を載せるなんて・・・、

    こういう朝日新聞のセンスが国民感情を逆撫でしているんだという自覚をそろそろ持たないと朝日新聞の再生はないなと思うわけです。

    つーか、わたし的には朝日新聞はそもそも絶対に許せないし、いらないけどっ ( ゚д゚)、ペッ

    キムチ関連記事[E:downwardleft]

    《韓国が宮中料理に続きキムチを世界遺産に! 【NEWSゆう+】》2011年7月13日 (水)

    011

    017

    018

     

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく      

    Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト
       

     Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!   

    Photo_2



    2014年09月18日16:31#朝日の三ホンダ 故・中川昭一氏VS朝日新聞OB・遠藤正武氏のバトルで見える、朝日新聞の庇い合い体質【ニュースの深層】

    2006年5月放送分の、CS朝日ニュースター【ニュースの深層】という番組で、

    上杉隆がキャスターの日、ゲストの中川昭一氏と朝日新聞OBの遠藤正武とのバトルが、朝日新聞内部の庇い合い体質をよく表していたのを思い出したので、文字起こしして記録しました(やや要約)

    人さし指NHK番組改変問題「朝日新聞虚偽報道」事件を知らない方も(あとで解説しますが)とりあえず読んでみてください。

    1_8 2_7
    杉隆氏「・・えーっと、今日は番記者の方もかなり多数別室に来てご覧になっていると思うんですが、まず本題のBSE・食の安全に入る前に、どうしてもちょっとジャーナリストとして1つだけ伺いたいのがありまして。

    3_5 4_7

    実はここ【ニュースの深層】の建物は朝日新聞の中にあります。

    で、えー、朝日新聞というと丁度今から1年位前、NHKの番組改編問題に関して中川さんの記事が出ました。これですね。

    5_6
    まあ番組改編が。NHKの番組に事前に、中川さんが介入して結果として圧力をかけたという(朝日新聞の)記事なんですが、まっ率直なところこれ圧力をかけたんですか?

    6_7

    中川昭一氏まっっったく事実無根ですね。

    突然、朝日新聞の社会部の記者が、私が長崎に居る時に電話かかってきまして、何年も前の話で突然電話が掛かってきたもんですから、こういう民間団体の模擬裁判をNHKが放送するという事の記憶はありましたけれども、確か放送は1月30日だったと思いますけれども、それに関心を持っていた事は事実ですけども、曖昧な記憶だという事を、その記者に申し上げたらこういう風(大騒ぎ)になって。

    徹底的に調べた結果、NHKの人が予算の関係で私の所に来たのは2月の2日だったと思います。3日だったかな。」

    上杉氏「2月の3日、放送の後っていう事ですか?」

    中川氏「ええ。に、お会いしたという事がもうハッキリしました。その後この記者、私が一度会いたい、公開の場で会いたい、って言っても一切逃げて出て来ない

    卑怯ですね。どうぞ出てきて、今からでも遅くないから出てきて下さい。逃げまくってますね。社を挙げて守っているんじゃないの?これ。」

    上杉氏「そんなことは・・まあ私、朝日の人間ではないんですけど、」中川氏「じゃあ貴方が言うことない(笑)」

    7_6

    上杉氏「そうですね(笑)、まあ基本的には率直な印象としては中川大臣もまあ今日ここで言ってますし、また安倍官房長官に関しては、同じように記者会見の中で、、」

    中川氏完全に私の場合は後に会ってるんですから。それが違うんだったら、どうぞジャーナリストの良心があるんだったら、きちっと証明してください。ええ、逃げまくってますよ。この人は。」

    8_5

    上杉氏まあこの記者の方はまだ朝日にいらっしゃるんで、是非【ニュースの深層】に出て反論して頂きたいと思います」

    中川氏「・・しかも昇進してるとかいうからねぇ。」上杉氏「昇進?そうですか(笑)」

    中川氏名前言ってもいいけどね、この場でね。」上杉氏「まあ火曜日8時、是非この記者の方は来て頂きたいですね。」

    中川氏「おお、ここで対談やらしてください。是非やらしてもらいたい。」

    上杉氏「はははは、次回。お呼びして・・・よろしくお願いします」

    中川氏「ここで堂々とやりたいね。 逃げまくるなと。一年半、、」

    ここからは最後の〆の場面です。朝日新聞のOB(遠藤正武)と中川氏のバトル。

    9_5 10_6

    上杉氏「大臣から色んな話を伺いましたが、どうですかね?大臣のお話。」

    遠藤正武氏「そうですね、あのねぇ、非常に為になるね、興味のある話を聞かせて頂いたんですけど、

    冒頭の話でね、やっぱり朝日新聞と中川さんと安倍さんと、まあ非常に対立した関係にある・・・今でもあるんですけども、その話が出たので、(微妙な問題ですから)それでまず最初にこういう問題のある中で中川さんがスタジオに来て頂いた事について凄く感謝して、、」

    11_5

    中川氏「いや別に朝日新聞と私が対立しているんじゃないですよ。朝日新聞の中の、ごく一部の、、」 遠藤氏「そうなんです、うん。」

    中川氏マスコミ人とはいえない人間が、卑怯な態度を取っているというだけの話で」

    遠藤氏「で、まぁその事についてですね、ぼくも朝日新聞のOBとして全部背負って立つつもりはまったく無いんですが、

    そいでもう1つは取材というのは、1人の個人の記者がほんと責任をもってやる事であって、まぁそれを社がバックアップする体制はあるにしても、第一義的にはそういう記者そのものの責任なんですよね。

    それで、、我々の常識としては、最初にその記者が中川さんに電話で聞いた時にですね、中川さんが『ああそれ、全く、全くそういう事は無い』とハッキリ100%こう否定されたら、もうあとの質問は無いはずなんですよね。」

    中川氏「『4年前の何月何日にねぇ、誰とどういう話しました?』って突然ですね、電話かかってきて答えられます? ボクはそれほど頭良くない、記憶力無いな。だから『私の記憶が間違っているかも知れませんけど、そんな事は無いと思いますよ』と言ったんです。」

    12_5

    遠藤氏(どろもどろ)「分かりました。だから、あのー、ま、これはそのー、その記者と中川さんでここでやり取り、が実現したとしても、これは言った言わないの事になるので、この問題はあの、もう短い時間の中でとっても議論できないと思うんですが、

    あのー、やっぱりその・・今後の事もあると言うかね。今後、記者の質問に対しては、その、NOと言う時は、もう完璧にNOと言って頂ければ、」

    13_5

    中川氏それを仰るんだったら、裏づけ取ってからやって下さいって事ですよ。じゃあ取材した方の勝ちだと、、反証責任はこっちにあるという事ですか? (いやっ、、)

    私はだから反論したんですよ。議員会館の面会票まで出して反論したんですよ。まず時間的に(それは後日、、) そうですよ、だったら訂正すべきじゃないですか。その時はそうだったかも知れないけど、百歩譲ってそうだったとしても、事実関係を私は証明したんだから。の後反論しないまま逃げまくってるんですよあの記者は

    それをだから、そういう風におっしゃると会社がそういうのを守っているじゃないか、庇ってているじゃないかと。」

    遠藤氏「いや、それはねぇ、バックアップ体制はあるけれども別に守っている訳じゃなくて、、」

    中川氏正義は守ればいいんだけど、卑怯を守る必要はありませんよ。」

    遠藤氏「だからそのね、彼は"卑怯"であると、、その記者がいうのはね、やはりそれは少し、いくらなんでもね、その人の全否定になる訳ですから、彼はその要するに真実を証明しようとして中川さんにアプローチしてる訳ですから、、」

    中川氏だからそれが違ったんだったら、私と党を挙げて 安倍さんも含めて、出来るだけの事をやって、是非公開討論もやりましょうと言っても一切出てこないじゃないですか。」

    遠藤氏「だからそりゃ、あのー、一対一で行くというと結局水掛け論になりますからね」

    中川氏「だから公の場でやりましょう。」

    遠藤氏「だからそう、色んな資料をですね、まだそれは集めている最中です。」

    16_4

    中川氏「ああ、また反論するわけ。」遠藤氏「いやまぁそれはどうか分からないけれども、、」

    中川氏社を挙げて。(そんな事はないですよ、そりゃ、、)あ~じゃあいよいよ裁判という事になっちゃうね、これね。」遠藤氏「それも1つの方法だと思います。」上杉氏「どうもありがとうございました。」

    中川氏「んー・・・あまりそういう事を言うとね、っぱし社が守る、あの本田さんを守る、、聞いてる人は守ると誤解されるかも知れないれないから。」

    遠藤氏「しかしバックアップ体制がないと、記者が活動できないという事もあります。」

    中川氏「だってそれは社の記者だから、最終的には社の責任じゃないですか、そうすると。」

    17_2 18_5

    上杉氏「この件に関しては私もずっと取材していましたがまっここではとりあえず・・」(時間切れ)以上

    人さし指中川さんが意図的に口にした「本田さん」という本田雅和記者は右

    Photo_5

    本多勝一松井やよりを師と仰ぐ。朝日新聞社に入ったのも、両人に憧れていたためと語る[2]。」

    というような人物で、「朝日の三ホンダ」の一角右

    Photo_2 Photo

    南京事件報道などで有名な本多勝一、1989年のサンゴ捏造記事を書いた本田嘉郎カメラマンと本田雅和記者をあわせて「朝日の三ホンダ」と呼ばれている[17]

    また、評価としても、いかにも朝日の記者というカンジ右

    朝日新聞社の後輩である烏賀陽弘道も「記者会見でいきなり自分が演説を始めたり、延々と質問をして会見をジャックしてしまう記者は、朝日の先輩で二人いました。本田雅和記者と菅沼洋一郎記者です」と証言している[16](本田は、記者会見で、長時間の質問をする事が多い)。

    人さし指で、この番組に出ていた朝日新聞OBの遠藤正武、こっちも凄いタマ。ふらふら

    麻生さんがゲストの時に、「竹島の海底の名称を韓国式に変えさせても良いじゃないか、創氏改名したんだしぃ」みたいにグイグイ迫っていました(・・;)

    麻生さんに売国を勧める遠藤正武@反日朝日 - nicozon

    www.nicozon.net/watch/sm14914748

    朝日新聞の記者って・・・正義とか国益とか全然関係ないのが良く分かりますね。何より無礼だし!勝ち誇り

    朝日ニュースターは、そういう記者やOB、在日や反日日本人をいっぱい投入し、朝日新聞社の中から放送していました右

    アカヒの電波工作。朝日新聞大株主のCS放送局「朝日ニュースター」とはより

    ・・今日は、その反日偏向番組のいくつかを紹介します[E:downwardleft]

    それぞれの番組のメインの司会者が、シンスゴ・葉千栄・・金慶珠・上杉隆・青木理・金子勝・・

    サブが・中山千夏・永六輔・下村満子・荻原博子・落合恵子・吉永みち子・重信メイ・中村うさぎ・二木啓孝・佐高信・石坂啓・・

    というラインナップ。今思えば、皆アカヒマインドのオンパレードだったなぁ・・・(遠い目)

    人さし指それもそのはず、この朝日ニュースターの主要株主は 朝日新聞社 83.2% (2011年3月31日時点) テレビ朝日 朝日放送 という構成ですから。

    で、ボヤキがてら、朝日ニュースター (110) カテゴリー作って記録してました。

    例えば、このニコニコ大辞典の『パックイン』解説 でなんとなく全体像も分かって頂けるかと右

    関連記事右

    《NHK「ETV2001  問われる戦時性暴力」番組改変問題も、そもそも朝日新聞捏造記事の波及から》 より

    NHK番組改変問題を憶えてますか?

    人さし指ザックリ言うと、「ETV2001  問われる戦時性暴力」(2001年放送)で、政治家が介入したと朝日新聞が騒ぎ立て、NHKと朝日新聞が紙面と放送でガチバトルしていたアレです。

    私はその番組を見てないけど、当時、サヨク番組で何週にも亘ってずーーっとこの話題を取り上げていたので良く憶えています。(その泥仕合の模様はwiki で)

    その番組では、朝日新聞を大応援してNHKと安倍さん・中川さんをボッロクソに言ってました。CS朝日ニュースターの【愛川欽也パックインジャーナル】なんですけどね(笑)・・

    何度も過去に記事にしたけど、安倍さん・中川さん・麻生さんの悪口ばかりの二時間番組とか、在日だらけで日本人の悪口ばかりのキモ番組とか・・長年垂れ流しし続けていたなぁ・・・(遠い目)

    朝日ニュースターが消滅したのは、ネット社会になって、その人達の言論が通用しなくなったせいだと思います。この中川さんと朝日OB・遠藤氏の議論聞いて確信しました。

    にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村
     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく