たかじんのそこまで言って委員会

2010年03月04日14:27田母神氏をめぐる 【たかじんの・・委員会】 vs 【やじうまプラス】 

田母神さんの統幕学校の卒業式出席をめぐり、テレビ朝日【やじうまプラス】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】の(2/28)コメンテーターの意見が180度違っていたので記録しました。

まずは、今朝の【やじうまプラス】一刀両断より

(統幕学校 田母神氏の卒業席出席を一転拒否 (1/2ページ) - MSN産経ニュース の記事を吉澤アナが読み上げたあと・・)

002 吉澤アナ「・・ただ、伊藤さんねー、

航空幕僚長の時に、あの発言をして辞めさせられた。

なのに、この今回のこの統合幕僚学校の会に招かれるっていうのは、そりゃやっぱり変っていやぁ変ですよね。」

伊藤氏「まぁねぇ。招いた方が問題あるんじゃないですか?」

吉澤アナ「一番最初に招いたっていうのがねぇ。」伊藤氏「それ以上の何ものでもないと思いますけどね。」

吉澤アナ「そうですよねぇー。まぁだから、あのー三反園さんねぇ、民主党政権になって今の政権になって、よりなんか圧力がかかり始めたという風にも仰ってるようなんですけれども、、」

006 三反園氏「そうなんですよねぇ。あのーこの間、ほら1佐(中澤剛1等陸佐)がね、そのー鳩山総理の発言に対してですね、

一言物を言うとかですね、そういう話があったじゃないですかねぇ。(ありましたねぇ)

 色んな形で田母神さんの発言も色々とあるじゃないですか。という事はですね、日本の今防衛を含めてですね、民主党政権になって、どこを目指して何をやろうとしているのかね、そこがハッキリしないわけですよね。その方針をね、鳩山さん含めてしっかりして、だから田母神さんはですね、招かないというですね、そういうものをやっぱり示すべきじゃないですかね。それがやっぱりシビリアンコントロールに繋がっていくんじゃないかですねどっかなんか緩んできているような感じが私はするんですけどね。なんか、はい。(そうですよねー)」

003 萩谷氏「でも、これ読むと、あのー、歴代の統幕学校長を務めた人は卒業式に招待されるのが慣例になっているって書いてあるんですね。

で、平成16年まで務めてたわけですよね、それじゃ今まで招待されていたのかと。それは大丈夫だったのかという話にもなってくるわけなんですよね。だから何か喋らせなければいいのであって(笑)、なんか出席しないでくれっていう事は無いんじゃないか、、」

三反園氏「ただ、ただね、慣例だからそれで全部認めるとかね、そういうのはどうかなって、私は感じがするんですよね。

彼が今まで何をやってきてどういう発言をして、相応しいのかどうかっていう、そういうものをやっぱりこう判断するっていうのも政治のシビリアンコントロールじゃないかと、私はちょっと思うんですけどね。」

007 吉澤アナ「まぁその意味では、

国の防衛と、この人を招いていいかどうかっていうのはやっぱりその辺はねぇ、、」

三反園氏「もうちょっとその辺はしっかりしてほしい。何となくちょっとね、不安を感じるんですけどね。ええ。」

吉澤アナ「そうですよねー。はい。」以上

ここから先週の【たかじんのそこまで言って委員会】テーマ「ガッカリしたこと」

001 田母神氏「私はですね、コレ意味がよく分からないと思いますけれども、」

たかじん卒業式に『来ないで』と言われ??」

田母神氏統合幕僚学校の卒業式が3月の5日にあるんです。私は統幕学校長の経験者なんで歴代校長は卒業式に招待を受けるんですね。

私は招待を受けて、『出席をする』とお答えをしておいたんです。ったらつい最近になって、『来ないでくれと』(それはヒドイ:たかじん) 統幕学校から。

何故かといったら、防衛省で誰かは分からないけれども、『田母神さんが出席するんであれば防衛省からは誰も出席しない』という風に言って来たと。だからそれじゃあ困るんで、『田母神さん、申し訳ないけれども出席を見合わせてくれないか』という風に私の所へ言って来た。(あららら:たかじん) これっておかしいでしょ? (おかしいっ!:勝谷) ねっ、

なんか意見の違いはあっていいけど、ここまでやったらね、これ中国と同じになりますよ、本当に。」

004 辛坊氏「別に田母神さんは処分を受けて、あの辞めたわけじゃないですよね?」田母神氏「そうです。はい」

辛坊氏「普通に定年でお辞めになった訳ですよね。」田母神氏「はい。そうです、はい。」

宮崎氏「それ、なんで防衛省の人は同席されないんですか?」

田母神氏「だから、私がまぁ色々防衛省に批判的な事を言ったりなんかした事が気に入らないのかも知れませんね。」宮崎氏「それは狭量ですよねぇ。」

009 浅尾氏「あの、あれですよだから、田母神さんの話もそうだし、

この間の連隊長の発言は、あれよく読むと別に変なこと言ってないんですよ。アノ発言はね、全部読むと、、」

田母神氏中澤連隊長のね、あの挨拶、スピーチはね、米軍が絶賛ですよ。素晴らしいスピーチだと。今防衛省では禁句があるらしいですよ。使っちゃいけない言葉。それは『信じない』という言葉だそうです。」(スタジオ 笑い)辛坊氏「トラストミーって言っちゃいけない?」

田母神氏「ああ、最近は鳩の鳴き声が変わったと言われてますから。鳩は何て鳴くか、最近。『トラストミー トラストミー』と鳴くらしい」

008010三宅氏「はははははは。これは面白い。ははは」(スタジオ笑い 拍手)

勝谷氏「いやだけど、今のですねぇ、あの田母神さんの出席問題はこれはもう大ごとにしてもらわないと困りますね。とんでもない話で。あの文民統制の反対であって、暴走ですね。」

浅尾氏「来ないでくれで、行きませんって言って、こそっと当日行ったらどうなるんですか?」三宅氏「いやいや、それは堂々と行かないと、、」

勝谷氏「堂々と行ってください。一緒に行きましょうよ。」(スタジオ 爆笑)

辛坊氏「でも、メディアの論調見てたら、新聞の社説で、『あの自衛官の発言は許せない』とか『あれはダメだ』とか書いてた新聞が何紙かありましたよね。(あった!:勝谷)」浅尾氏「連隊長ですか?」 辛坊氏「そうそうそうそう」

勝谷氏クーデターを予想されるって、、なーにを言ってんだろう?!」

田母神氏「クーデターなんかやったらね、大吟醸は飲めないしゴルフにも行けないし、誰があんな事やりますか。バカな事を。」(笑い)

011 勝谷氏「だから今の、、あの退職金の時と同じですよね?(そうそう) 

そういう風に最初はちゃんと招待状が来たわけじゃないですか?(うん、来た)

それをちゃんと目に見える形でやっていく事が文民統制なんですよ。クリーンに。

そうやっておきながら『出る』って言ったら、こっそり『ない』見たいな事を伝えてくるって、これこそ一番危ないんですよ、軍の統制の上で。北澤長官、、これあのー大臣は知ってるのかっ?! 知ってるのか知らないのか、是非マスコミは、、」

田母神氏「私はだから、長島防衛政務官にね、ちょっと伝えたんです。こういう事をご存知ですかと。そうしたら長島政務官は『知らない』と言ってました。『調べる』と。」

勝谷氏文民統制が出来てないじゃないかっ!」(以降、別の話題)

いかがでしたか?!テレビ朝日の局アナ&コメンテーターたちは、田母神さん自体を否定しちゃってますね。

そういう人を招待するのが悪い!!みたいな・・

こーんな事でクーデター云々考えちゃう人って全く理解できないけど、テレ朝の局アナ&コメンテーターにあい通じるものがあるんじゃないかと思いました。

田母神さんのように命がけで日本を守った人と、机上で考えすぎの平和ボケ集団との違いって感じです。たかじんの方が、いたって常識的ですよねぇー?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年02月01日08:30由紀夫鳩山のスべ~る話 ベスト5 【たかじん】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】(1/31)の すべる話のコーナーで、

鳩山由紀夫さんのすべる話だけ抜き出しました(青字はナレーション)


033034・・一方、わが国の

king of スべ~ると言えば

鳩山総理。ついつい口がすべっての発言なのか、総理就任以前からとにかく笑えないすべーる話のオンパレード今回は、その中からベスト5をご紹介。.

第5位 永住外国人への地方参政権付与が必要だとした上で・・

035

037『日本列島は日本人だけの所有物じゃない』.

第4位 巨額の資産報告漏れ問題の解釈にて・・

『恵まれた家庭に育ったもんですから・・』

039

041第3位 偽装献金事件で元秘書2人が起訴され、支持率が下落した時には・・

『元々総理の職にかじりついてもやりたいという思いでいるわけではありません・・』

第2位 温室効果ガスの25%削減が日本企業の競争力をそぐとの批判に対し・・

『国益も大事です。しかし地球益というのも大変大事で・・』

042

043そして第1位 温室効果ガスの25%削減に向けたイベントにて・・

『地球から見れば、人間がいなくなるのが一番地球にとって優しい自然に戻るんだ・・』

044

045更におよそ5年前

当委員会に出演した鳩山さんは

日本の防衛ミサイルシステムについての討論中、どーーんずべりしていたのであーる

鳩山氏「私はね、民主党の考え方MD賛成しちゃってるんですけれども、そんな簡単に撃ち落とせないですよ。そうじゃなくて、私はレーザーディフェンスを造るべきなんです。

日本の国内にこの、レーザーの網を張るわけですよね、それはあくまでも防衛案ですよ。レーザービームの力を(SFっぽくないですか?)SFっぽいんですよっ

SFっぽいから、まだこれから開発しなきゃいけないんです(スタジオ爆笑)・・(バリアーを張れば良いわけですね?)

あっそうそうバリアー♪ こういうものをこういう風に(身振り)まず当たらない・・」

辛坊氏「あのーあのーまことに失礼な話ですが、どっちかって言うとどーでもいい・・」

折角なので、私が最近の由紀夫鳩山にすべった話題を少々

049

048「資料提出を求めているが、何故提出しないのか。」

「売却した株式の一覧表を見せてください」と言う森まさこ議員に・・

あなただけに見せてもいい」と答弁

047

そして、委員会終了後、

森議員に書類を手渡そうとしたその時、

平野長官が静止して、

見せるのを止めた総理は、森議員に

「ごめんよ」と謝罪・・


・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━
おまけ 土日に東京に行っていた娘のお土産

Photo








にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2010年01月24日21:39橋下知事の考え、かなりヤバイかも 【たかじんのそこまで言って委員会】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】外国人参政権の討論の部分だけ文字起こししました。がーー

諸事情で画像ナシです^^; 動画アップされたら是非見てください。重要です☆橋下知事はヤバイんじゃないかなぁ・・

辛坊氏「さっ、原口さんに折角お越し頂いてますので、ここの番組でですね、先週からずっとあの水面下で話題になっているのが、お二方が書いて頂いているこの『地方参政権』『外国人参政権』の問題、、これ村田先生、、」

村田氏「あの、地方参政権、先生が法案出されるんでしょ?(いや、分からん:原口)

まあまあ、そういう話ありますよね。その時に気になるのがね、あの外国人永住者の場合も特別永住者一般永住者の方おられますよねぇ。

特別永住者は第二次世界大戦前のいろんな混乱の中でいろんな事情があって日本にお越しになってそのままおられて、その後いろんな形で定住された方と二つあって、これを同じようにするのか、やっぱり分けるのかっていう事ね、これがひとつとですね、

もうひとつ気になるのは、やっぱりさっきの地方分権の話もそうなんだけれども、今度は例えば条例を制定権を強化するっていうことになった時に、条例がかなりもう大きな事を決められると。大胆な事を自治体が決められるとなった時に、その時に外国人の方が参政権を持ってるって事がですね、地方の枠を超えて、例えば日本の外交とかね、日本全体の利益とかを左右する事になったらやっぱりある種の抵抗ってのは持っておられる方は多いと思います。その辺のご意見を是非伺いたい。」

三宅氏「あのね、ちょっとその前にね、ちょっと一般の方に補足的に憲法上の事を申し上げますとね、憲法15条にね、『公務員を選定し、罷免する事は国民固有の権利である』と『国民とは何だ』というと『日本国民だ』という事が最高裁でハッキリしてます

どうしても日本の参政権が欲しかったら帰化すれば簡単なんですね。とこが帰化するのはイヤだと。自分の祖国は韓国であると。韓国人以外で欲しいって人はいませんから。北朝鮮も欲しくないと言っているし、台湾の人も欲しくないと言っている。

祖国は別にあって、政治に参画する事だけ日本でよこせっちゅうものは、私は憲法に照らし合わせても反対だと。」

金氏「あのね、特別在留のあのー永住者だけでなくて、やっぱり一般在留の永住者にも与えるっていうようなことになったら、これは韓国だけの問題じゃなくて、今ドンドンドンドン中国から来ている人がね、永住者が増えているんですよ。これが大問題だという風に私は思ってますよね。うーん。」

原口氏「だから今の、、お答えするとですね、まずはこれはじゃあ誰が発議するんですかと。法律は。で、これは国民の権利とか様々な民主主義の基盤に関わる事だから、これは内閣がやる事ではないんじゃないかっていうのが私のまず大前提です。

それはどうぞ、国会の議員立法で、立法府、国権の最高機関でまずお考えくださいと。私達が、多数派を取っている政府がこれでやるんだと押し付けるような事は、それはおかしいと。それがひとつです。

それから二つ目。それでも尚且つ与党三党で纏まるとすると、今度私のとこに来るわけですね。で、そこで法律をさっきの4点に亘って論点整理をしなさいっていう事を言ってます。ひとつは、三宅先生が仰る憲法との関係。憲法15条との関係でそれが本当に出来るのかと。

それから金先生が仰る、いわゆる特別永住外国人なのか一般永住外国人なのか

それから投票権だけなのか、あるいは被選挙権までなのか。もちろんこれ地方ですよ。

それから、もうひとつの論点は、韓国で国政選挙に投票できる方が、じゃあわが国のその首長を選ぶっていう事がこれが出来るのかどうか。安全保障上どうなのかって、そういう論点を全部整理しなさいって言ってる。そういうことでやってるわけです。」

三宅氏「あのねー、私が非常に心配しているのはね、小沢一郎の一の子分と言われている山岡賢次という国対委員長がいるわけです。

で、先般ね、在日居住民団の新年会が帝国ホテルで開かれた。その時山岡さんがそこに出席してですね『この前の選挙の時には民団の皆さんには大変にお世話になった』と。ね。まぁ直接投票権はありませんけれども、ビラ貼りとか電話かけたり、その他でお世話になったと。これを、恩を返すのは皆さん方のアレを錦の御旗としてナントカって言ってるわけですよ。というコトバを使って、、何の事か意味は分からないんだけども、そういう事を言っているわけです。

で、小沢さんはですね、この前韓国に行って、イミョンバク大統領と会った時にこの国会でその地方参政権法案は通すという事を言っているという風に新聞報道でされてるわけですよね。

今最大の実力者でありね、かつての平清盛の再来と言われているオザワ一郎がヤレイ!と言ったら、これ通る可能性がある。これ非常ーにね国家の基本に関わる事と同時に問題ですから。

でねぇ、原口さんに大変言いにくいんだけど、心を鬼にして言うとですね、ねぇ、民主党っていうのはこの国柄をどうしようとしているのかという風な事についてもね、アレがないんですよー、指針がね。」

村田氏民主党の動機が未だに分からない。」宮崎氏私もそう

勝谷氏小沢さんの動機も分からない。たかだかどう見積もっても30何万票の事で、ひょっとしたら国民は民主党政権もう少し頑張っていろんな改革をしてもらいたいと思ってるけど、これだけは許しがたいから、この事と民主党政権は心中するかもしれないんですよ。どうしてそんな事をするの。」

橋下氏「だから民主党が、ロンドンの政策のように開放政策を取るのがね、もう日本という国を、、まぁ僕もアジアの経済エネルギーを吸入していかないと日本は立ち行かないと思ってるんです。そうであれば中国資本、そういう物もドンドン日本に持ってこないといけないし、韓国資本でも同じです。

だからそのようにね、日本という器をさっき言った国民の同一対、同一性ユニファイみたいなものをある程度捨て去って、もうどんな人でもいらっしゃいっていう国づくりにするっていう方針だったらある意味一貫性は出てくるのかなぁと思うんですが、、」

勝谷氏「それは長いスパンで論議すべきことだよね?国民的な、、」

橋下氏「だからそこを本当にしっかりそういうね、国柄にするのかどうなのかって話は確かにまだ見えてこないのと、ただ今度は現実問題としてこれは外国人参政権は地方の参政権ですから、これは僕に関わってくる事なんですけれどね、

で、特に僕の大阪っていう所が一番これ大きな問題で、在日韓国人、まっ30何万人の内、21万人が大阪に住まわれているんです。

で、やっぱりね、在日韓国人ってのはこれは日本の国のいろんな所、特に東京の人は絶対に分からない。その経緯とかその在日韓国人とこの大阪府民の関係とか絶対に分からないと思う

やっぱり僕は日韓の歴史的な関係とか大阪府における在日韓国人との関係ってものを見ると、先ほど言ったなんか『外国人!』っていうことでバーーンッと選を引くっていうのは、これは現実の行政を預かる者としては、やっぱりそれも違うんじゃないかなと思うんですね。」

金氏「だからこそ大阪の人はもっと真剣に考えなきゃならないのは、大阪においてはね、そういう事がもし参政権が通ってしまったらね、間違いなくキャスティングボートをね、握る事になるから。それで良いのかどうかっていう事になります。

そうするとね、やっぱりそういう方々の意見やそれこそ希望をね、全部通させないと自分が当選できないっていう事になったら、やっぱりそっちの方に傾いちゃうっていうようなね、間違いなく起こるっていう事も考えてこういう話は真剣に考えてください。」

原口氏「だからね、金先生が仰って橋下さんが仰っる事は僕らの論点整理の中にもあるわけです。全国的にアレするのか、それともやはりその日本に来られてずーーっと住んでおられる隣の隣人の長い歴史の経緯のある方についてどうするか、これ段々段々減ってくわけです。

だからこれがバァーーッと増えるとなるとね、私はそのさっき仰った中国の方がたくさん来られて、その方々に地方参政権っていうような話は、ちょっと私は、、」

辛坊氏「民主党で出てる案はそうじゃなくて、いわゆる一般永住外国人の(違います:原口)  50万人の人も含めて大体100万人の方々っていう議論ではないんですか?」

原口氏違います。あの元々ですね、僕らは法案で、、」

三宅氏自分の国で投票した事もないんだから、一回も有史以来選挙やった事がない。それで人の国に来て投票権よこせなんて、冗談じゃないよ。」

田嶋氏「だけどねぇ、アメリカみたいに、、アメリカは連邦制だから日本と全く違うけれども、例えば同姓愛婚はこの州はいいけどコッチはダメ。死刑はこの州はいいけどコッチはダメってなってるでしょ。(同性婚はダメです:三宅)

だからこの件に関してもね、(そんな事は憲法上許されません)  先生、人の話も聞いてよ。

だからやっぱりアタシは、その地域の事情でやって良いと思うの。国全部でやらなくても、、」

原口氏「橋下さんが仰ったね、とっても大事なのは日本はどっちの政策をやるんですかと。例えばホンコンとか台湾の中では日本に来たいって言う大金持ちいっぱいいるわけです。そしてそれはグリーンカードっていう形にして呼び込むっていう政策も大事で、

ただ、その事と投票権の事はやっぱり別なんですね。」

金氏「あのねー、ちょっと実は今、グリーンカードと仰ったけども、投資をね、いくら以上してで企業を起てればねあの滞在の権利が得られるビザが取れるんですよ。

参政権があろうがなかろうがね、お金っていうものはね、日本に投資すれば儲かるっていう風になればみーんなが投資するんです。」

橋下氏「もちろんそうです。国民・国民っていうのを僕らが前提で考えているのは血統主義なんですよ。だからずーっと自分の親が日本人の血を持っているって事でこれ国民・国民って言ってますけども、実はこういう血統主義をとっている国っていうのは以外に少なくてね(そうなんだよぉ:田嶋)  

生誕主義で生まれたらもうその国民ってやっている所も(そうそう:田嶋)  国民はね確かに憲法上、国民が公務員を選定権・罷免権があり、参政権は国民っていうように、主権は国民ってなってますが、その国民の範囲を決めるのは実は何で決めているかっていったら法律で決めているんです。

だからこれは法律でね、国会で、じゃあ今のような日本の血統主義でいくのか、ないしは仮に特別永住外国人っていうのはもう2世3世っていうのは、生誕主義でいけばこれ国民になっちゃうんですよ(そうなんだよぉ:田嶋)

だから僕らが国民・国民とか皆さんが国民・国民って言うんですけど、その前提が非常に世界の中では少数主義でね、、」

宮崎氏「橋下さんねぇ。血統主義、、純粋なくて、、だって先ほど三宅先生も仰ったように帰化が可能なわけですから、実は意思主義というのも入っているわけだ。純粋に日本は血統主義だけでいっているというのは違う、、」

橋下氏「前提にしているっていう事ですね、まず」

金氏「ちょっと待ってください。国籍の問題についてだったら私に聞いてください。(そのとおり:宮崎)

私はね、台湾人として50年日本にね、滞在してましたし、ずっと居住してましたし、地方参政権欲しいと一度も思った事はありません。

だけど私は日本の国籍を去年の9月に取りました。だから私はね投票権があります。

で、私の子供たちも日本に生まれて日本に育って、で日本の国籍を卒業して就職して取りました

だから今のね、出生主義にするのか血統主義にするのかっていう事はね、これはやっぱりね、国籍法を改正(変えないと、そうそう:橋下)

だからね、(その議論を) そう、その議論をちゃんとしなきゃいけない。」

村田氏「結局根本的にいうなら、日本人とは何かっていう話なんで(そうそう:橋下)  それはもちろん法律も大事ですよ。法治国家だから、法律も大事ですけどやっぱもっと哲学的で政治的なことを含んでいるんでね、

そういう事を含めてこの地方参政権の問題があるから、やっぱある程度幅広い合意が出来るように、じっくりと時間をかけた議論っていうものをしないとね、場合によったら次の総選挙のね大きな争点としてそれで戦ってもいいぐらいの大きな、、」

原口氏「だから、だからね、僕は内閣で出して、そして内閣で出せばですね、党議拘束かかるわけだから、それで四の五の言わないで法律が通るというようなやり方は良くないですねって、、」

村田氏「いや、民主党に対して言いたいのは、こういう大事な時間をかけてやらないといけない事を急ぐんじゃなくて、もっとお宅達は、急いで結論出さないといけない事早くやってっ。」

(場内 大拍手)

辛坊氏「ちょっと待ってください、じゃ原口さん、その法案が閣議決定で回ってきたら署名はどうします?」

原口氏署名も何も、僕の所管だから。」

辛坊氏「その段階で拒否する?」

原口氏「・・・・・それは考えないといけないですよね(小さい声)」

(場内 爆笑)

橋下氏「だから、もう一方で言いたいのは、じゃあ日本人って一体何なんのかと(うーん:田嶋)  日本は海外に向けて開くのか閉じるのか(そうそう:田嶋)  ここの議論なんです。

37組に1組が外国人とのカップルなんです。こういう状況の中でじゃあ閉ざすっていう選択肢は僕はないって思っている。」

金氏「私もね、血統主義に実は反対なんです。だけども哲学的な問題って村田先生仰ったけどね、私の基準はね、日本っていう国にロイヤリティーを(忠誠心!:宮崎)  忠誠心をね持つ人が日本人になってほしいという、これが私の結論」

(場内、大拍手  三宅先生も)

勝谷氏「君が代歌って日の丸の前で食事するんだよ、日本人になりたければ」

村田氏「そりゃロイヤリティーも色んな形があるからね(そうだよー:田嶋)

金氏「あんまりそういう風に茶化さないのっ」

以上

橋下知事は参政権問題への明言は避けたけど、その考えは大体分かりました。

田嶋さんに同調されるような考え方っていうだけで、びっくりー。

開かれた日本と参政権って関係あるのかなぁ?????!

外国人参政権がテーマの番組は金美齢さんに出演してもらって全部論破して欲しいわ。

忠誠心を持つ人が日本人になってほしい」にはシビレました。

三宅さんはもちろんだけど、村田さんも今日はスゴク良かった~

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年01月19日09:07大マスコミのタブー 小沢不動産    【たかじん】

読売テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】(1/17)

『2010年ヤバイモノ徹底検証 これはヤバイ!TOP10』

今回、久しぶりに凄い面白かったんですが、その中で今話題の小沢不動産問題(4億円の土地以外)について抜き出しました。三宅久之さんの発言に注目です。(青字はナレーション)

002 004・・続いて第4位は

 マスメディア


インターネットの普及によって特権性を失い、100年に1度の不況により調査報道を売り物にしてきた雑誌などが次々と廃刊。新聞社やテレビ局の経営難もささやかれる中、

マスメディアの危機は”知る権利”の危機に直結するのか。

宮崎哲弥氏出版業界と新聞業はヤバい河野太郎氏テレビ局は電波使用料の引き上げで利益がなくなる

三宅久之氏新聞社もテレビ局も広告収入の減少で強者による合併が進む」岸博幸氏ジャーナリズムも衰退している。」

そこで皆さんに質問です。アナタはマスメディアはヤバい?と思いますか。

006 007(VRT終了 スタジオへ)

たかじん「ヤバイですよ。ねっ、さっ、えー、小沢報道見ていても頭がおかしい』」.

勝谷氏「とにかくね、政局の動きでは、小沢、豪腕、闇将軍みたいな名前を出して、

そこで思考停止なわけね。(そうそう:田嶋)ねっ、その一言で、切り札で終わり。
そっから先の解説を知りたいのに、ねっ、それをくっついてるのを書くのがメディアじゃないですか。(早くも興奮気味)

それからあの説明責任、説明責任って言うけど、説明責任一番して欲しいのはオマエら、メディアや。あれだけ政権交代の前西松建設、西松建設ワーワーワーワー言って検察の情報全部垂れ流して、今度この間法廷に出てきた検察側の証人の西松建設の総務部長が、えー、あの政治団体はダミーだと認識はしてなかったと、言ってるわけでしょ。そういうことちっちゃーな活字で載せるだけで、説明責任って責任を取らないんですよメディアが。こういう事をしていると少なくとも信用はされなくなるよね。うん」

たかじん「でも、一般庶民はそれだけ頭入れて、ねぇ」

勝谷氏「もっと言ったらですね、ごく最近、大阪やったらわかりやすいと思うけど、メッセンジャーの黒田君が・・(2ケ月の骨折とドンペリ25万円が、実はドンペリも飲んでないし店長のケガは全治2週間だった話。あれも警察発表をそのまま垂れ流しているからで、メディアは信用できないという話 略)」

009 010村田氏「小沢報道でメディアが説明責任ってオマエが言うなっていうのは、気持ちは分かるんですけどね、でも、小沢さんや鳩山さん、自分たちが野党の時にはね、自民党にやっぱり(説明責任を求めてたわけじゃないですか(笑):宮崎) だからオマエが言うなって同じ事なん、、

三宅氏あのねぇ、小沢さんがその政治資金で不動産をたくさん取得してるってんだね。これはね、今から4年前にね、週刊現代っていうのがね、

011 特集で、小沢さんの陸山会っていう政治資金団体が、なんでその東京都心にね、高級マンションをたくさん買って所有しているのか、全部登記まで調べて出したんです。XXXXXがね、すぐ小沢さんと民主党とが一緒になって名誉毀損と事実誤認であると東京地裁に告訴したんです。

そうしたら記事は相当と認められるって事で小沢さんが負けたのね。で今度東京高裁になった。同じように負けたわけですよ。で最高裁は諦めて確定しちゃったわけです。それは。小沢さん負けたの。

これはねぇ、週刊現代が書いたんじゃなくて、裁判でですよ、その小沢一郎が負けたんだから、その事についてどこかの新聞が書きましたか?で地方紙で書いたとこはある。小さく書いたとこはある。

だけども中央紙とか中央の放送局では、全く報道してない。小沢さんの事を。それほど小沢さんが怖かったのかも分からん。その当時はね。

だけどもねぇ、裁判でそのー敗訴したと、続けて二回も敗訴して最高裁の上告も断念したという事はね、私はニュースだと思うけどねぇ。それをね一般の大新聞は全くその時は書かなかった。それも私は不思議な話だと、、」

012 宮崎氏「しかもね、その取材っていうのが、これ私の違う番組に出ていただいたXXXXXっていう非常に優秀なジャーナリストで、これにねぇ、他の大組織新聞が、社会部が、その追求は出来なかったわけですよ。

そういう側面もあるのかも知れない、ひょっとするとちゃんと報じられなかったということは、、」

勝谷氏「記者クラブに入る大マスコミからしたらですね、そのXXXXXさんのような優秀なフリーランスでも、いないような存在なんですよね。

記者クラブに出入りしていない記者は記者じゃない・ないんですよ。その人達が色々と活躍されては困るわけ。だから今でこそ少し書くようになったけど、昔僕が週刊文春の記者やってた頃はいっくらスクープ書いて、それをちょこっと引用するんですよ、新聞がね。一部報道によると、、一部報道ちゃうわ、週刊文春によるととせめてね、書いて欲しいけど、絶対一部報道によるとなんですよ、うん。それくらいこう見下げてるんやろね。」

田嶋氏「はい、話いいですか?違う、、(テレビのニュース、お笑い番組がつまんないという話 略)」

014金氏「いやそれよりもね、やっぱり特に

テレビに出てお話をする、要するにコメンテーターっていう人達っていうのはその時の風の流れに沿って発言してるわけよ。

でその後全然違うね、現実に、、ある意味では時間が全く違うって事をねはっきり証明してたって、だーーれもね、あの責任もとらないし、反省もしないしね、また今度違う事を言っているって言うようなね、状況がね、、」

勝谷氏「だから、昔のね発言を繰り返し流されるこの番組の緊張感っていうのはやっぱり凄いですよ。誠実ですよこの番組は。いつまでも、、」田嶋氏「都合の悪い所は流さないよっ」

015 三宅氏「いやいやそんな事はないだろっ。

やっぱりだから田嶋さんの発言は、、アナタのはまぁ、左に捻じ曲がったまま一貫して(アタシは一貫してるもん)、ね、だけどね

ビデオ、、いやいや私は自分の所説を変えた事はありませんよ。ありますか?(うん?)私が自分の意見を変えた事ありますか?」

田嶋氏「わかんないけど、順応なさるよね。」

村田氏「ヘアースタイルは変わらない」

三宅氏「(略)・・・自分の主義主張とか国家のあり方とかね、そういうことについて自分の考えをありませんよ。そんなことは。妙な事を言うのは止めて頂戴。

アナタはねぇ、議論に困ると私のことをハゲとかなんとか言うけどねぇ、だけどねぇ私がアナタの事をブスと言った事が一度でもありますか。(以下、延々と三宅先生の反撃・笑い話 略)

016 017

(グーグルの中国撤退の話) 

かつて日本の新聞社の支社を台湾に置いたら、中国・北京には置けないというのを唯々諾々と飲んだのが日本のメディアで、情けないという金美齢氏の発言) メディアの話 以上

今回は、NHKの反日報道がヤバイ・排出権取引や日本経済がヤバイ・皇室報道がヤバイ・お笑いブームがヤバイ、とか超盛りだくさんで書ききれませーん。

勝谷氏は、小沢さんが大好きでしょうがないんですね。何があっても弾除けする覚悟のコメントで一貫している・・

今になって大マスコミも小沢不動産のタブーを破ったようで、徐々に報道されてきましたが、こんな「裁判に負けた」という動かざる真実を報じない大マスコミって信用できませんよね。

そんな真実より、「漢字の読み間違い」「カップラーメンの値段」報道を繰り返してたマスコミは、伝える伝えないの取捨選択権があるのでしょうか。

あー~・・中川昭一さんへの攻撃も朝から晩まで凄かったな

金さんが言うように、風の流れのコメンテーターのお陰で政権交代させてもらった民主党。なのに、小沢問題の報道が気に食わないとマスコミ監視委員?を発足って・・

小沢氏を切るなら国民は拍手モノだったのに、一蓮托生を決めた民主党って・・『マスコミと検察が悪い!]』と叫んでますね(苦笑)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年09月28日08:58エコエコ詐欺 たかじんのそこまで言って委員会

日本テレビ【たかじんのそこまで言って委員会】の

CO2を減らさなくても、私の秘策をもってすれば、地球はすぐにでも冷やせるだろう?!』という武田邦彦教授のテーマの部分だけレポートします。(秘策を信じるか信じないかという企画ですが、それが本題ではないのでほぼ省略・会話は無駄な部分が多いので要約)(青字はナレーション)

006 鳩山総理は国連で明言した。『2020年までに日本はCO2 25%削減を目指す』と。

世界各国からは歓迎の声が上がったものの、この国際公約が実現した時は、GDPは3.5%押し下げられ、家計への負担は1世帯当たり年間36万円も増えているとの試算もある。

我々人類が日々の生活で吐き出すCO2は増加し続け、全世界規模で気温と海水温が上昇。各地で異常気象が発生し、大きな被害が起こっているとされている。

この為、太陽光発電やエコカーの普及、炭素税の導入など世界各国がCO2の排出量を削減するべくあらゆる知恵を絞る中、

武田氏は、『CO2削減は意味がない。私には地球を冷やす画期的な秘策がある。』と言う。

  • 第一の秘策とは、サハラ砂漠に反射板を敷く(地球に入ってきた光を相当量宇宙に跳ね返す) 
  • 第二の秘策とは、海水

005 武田氏「北極海の氷が溶けると、物凄い温度が上がる。

何故かと言うと氷に反射する光が弱くなるから吸収される。夏の北極は6万㎢氷があって、それがサハラ砂漠に相当すると、太陽の光が北極は緩いが、サハラ砂漠は3倍くらい。だからそこに反射板を置くと、大体サハラ砂漠の1/10くらい、大体自由に地球の気候はコントロールできるようになると。

多分将来は、そういう反射板とか置いて、ここらに台風作ろうかとかね、この辺少し暖かくしようかとかそういうのが出来るようになる。」

西川氏「無理ですよ~。」

田嶋氏「まぁ中国とか、雨降らしてるからね。」

宮崎氏「ちょっと、気宇壮大な話は置くとして、温室効果ガス25%削減の話は、実質国際公約みたいな話になっていますが、これについてはどうお考えですか?!」

武田氏「まぁ、もちろんCO2を減らす必要は僕はないと思いますよ。CO2があった方が少し温暖化するし、だいたい温暖化した方が北の国は????ですから良いんですが、それはこれはそっちに置いて、

CO2を減らすとしたら、これは各家庭で、まぁ今試算されているように一年で40万くらい払ってくれりゃあ、出来る事は出来るわけですよ。原子力発電やりゃあいいし、太陽光発電やりゃあいい。ただ太陽光発電すると、今ですと2.5倍になりますからね、電気代が。今度強制的に買うのが大体、今の電気代がkw.アワー20円でしょ。それに対して今度強制的に電気会社が買うのが48円ですから。約2.5倍。だから皆さんが電気が2.5倍になって、一年間に40万円ずつ払っていいってんだったらね、それは別にCO2減らせるんですよ。」

志方氏「25%減らすって言うのは勝手ですよ。だけど、『皆さん、俺は国連に行って言うぞ!その代わり毎月3万円ずつ電気代は高くなるぞそうやって言って行ったかって事ですよ。」

武田氏「そう、その皆さんが払う40万はどこに行くかって言うと、これが問題なんだけど、行ったお金は誰かが使うわけでしょ。ねっ、そういう人達がいるからね。今そういう作戦を組んでいるっていうのが僕の見解です、、」

008 勝谷氏「武田理論の裏には、
それを食い物にしているエコ利権屋がいるっていうことで、
だいぶ世界規模になってきましたよね、エコ利権が、、」

武田氏「そうそう。
この頃はねアメリカも数字言わなくなりましたしね、中国も言わないし、
少し今年の夏じゃないけど、多少温度も下がっているし、
まーーあと10年くらいでしょうね。」

009 宮崎氏民主党は、排出権取引の市場形成を推進するそうですが、これについては?!」

武田氏「私はね、今度の金融崩壊が起こったのは何故かというと、やっぱりね、汗水垂らして働いて貯めなきゃいけないのにね、ヨーロッパが、、特にアングロサクソンですよ。アメリカ・イギリスを中核とした所が、金融で生きようと思ってああいう事やったからいけないんで、CO2も排出権取引なんかは関係ないですよ。やっぱりね、減らすんなら減らすと。最初っからね、、」

宮崎氏「私はね、排出権取引市場がもし上手くいった場合、バブルになる可能性があると思いますねぇ。これは私は経済に良からぬ影響を与える可能性が高いと見ているんですけど。」

010 三宅氏「あのねー、私は武田さんが好きなのはね、あなたの話は明解で分かりやすいんだけど、

排出権というのは今、哲ちゃんが言ったけれども非常におかしな制度だと思うんですよ。つまり排出権というのを金融商品にしている

排出権っていうのはね、例えば企業毎に排出権の上限を決めるわけです。それを超えるとどっかから排出権というのを買って来て、それもトン当たり何千円っていうのを買って来て、埋めるわけですよね。で、お金を払う。例えば開発途上国に払う。それは何に使うかって言えばね、開発国が欲しいのは電気ですから発電所を造る。仕事をドンドンドンドン出すわけですよね。

つまり排出権はアッチ行ったりコッチ行ったり金融商品が行くけれども、地球全体のCO2の排出は減らないんですよ。どう考えたって。私の頭でどう考えたって減らない。」

011 西川氏「私、初めてお会いしたんで、ちょっと知らなかったんですけど、エコって言うのは無意味で、エコは誰かがお金儲けの為にやってるってお話なんですか?!」

武田氏「そうそうそうそう。エコっていうのは全く関係ないんですよ。」

西川氏「あっ、そうなの」

勝谷氏「あれは、もっとコワイ事が起きると思うのは、ほとんど途上国でしょ。要するにカネが行く所が。今まであれだけODAぶち込んでもアフリカが豊かにならなかったように、アイツらんとこ行ったら絶対に全部、権力者、独裁者が人々を抑圧する為に使うんですよ。だからトンデモない制度ですよ。」

武田氏「まぁ、排出権取引っていうのは国内でもね、良い企業は発明して事業を大きくしようと。そうするとCO2掛かんないんだもん。一番いいのは、今CO2一番出してる会社を買うわけです。あと一生ね段々事業を縮小してねCO2売ってきゃね、暮らせる、そーんな、、それが排出権だもん。それがキャップ アンド トレード」

たかじん「あー、目ぇ覚めたわ~」

武田氏「今、三宅さん言われた通りなの。こういう社会作っちゃったらね、もうね、ドカーッと不良会社買った方がいい。」

たかじん「先生に来て頂いているので、もっと根本的な事聞きたい。」

012 ざこば「僕、先生に聞きたい。地球ってそんなに弱いもんでっか?!自然なもんでしょ。そんならCO2が増えたら、地球はなんかしよる。爆発でもしたらええし、何してもええ。そんなもんカネでやりとりしてどないしまんねん。ほったらかしでええんちゃいますのんか(怒)」

武田氏「あのね、人間がやる事なんて大した事ないの。人間がやる事は必ず人間が解決できる。その範囲でしか出来ない。人間は。

だから今日ふたつ言った訳ですよ。ひとつは、反射板を置く。反射板を置いたぐらいでどってことない。僕は不安だったら、、不安と思う人がいるんですよ。CO2が高くなって温度が高くなって不安だって言うから、不安ならね、砂漠に銀紙貼れば終わりだと。

それからね、日本がスゴク良いのは、まわり全部海。海っていうのは表面だけが暖かい。お風呂沸かしてよく分かると思うんですけど、お風呂っていうのは最初表面が手が入らないぐらい熱くなる。で、ちょっと攪拌したらすごい冷たくなる。だから日本なんか周りの海をちょっと攪拌したらすぐ冷える。」

013 田嶋氏「中国から黄砂とか来るわけじゃないですか。で、九州の鉄工所がCO2出さないように改善したら40%無くなった。だから中国だってそういうことしたら、、そういう技術を中国に提供したら日本に黄砂こなくなるんじゃ、、」

武田氏「中国がカネ払ってくれれば良いけど、、この間の国連演説なんかね、鳩山さんがああ言ったから、中国なんて言ったかっていうと
『いやー、まぁ日本からタダでね技術ウンと下さいよ』って言ってる。ねっ、そーんな事になったら大変ですよ。」

015 志方氏「あのね、日本は技術先進国で、エコ技術で国家をたてるんだって言うけどね、

エコ技術を『くれ』って言う方はね、発展途上国ですよ。『ああ、良いモノが出来たね、援助して下さい』と。だれがそんなカネ払って日本からエコ技術を買いますかっ。」

武田氏「そう!! 第一日本の技術者は、頑張った分だけお金になってもらいたい。

それから僕ね、国連演説気に入らないのはね、他国が同乗したら25%やるなんてね、そんなケチなヤツは日本のサムライじゃないですよ。ねっ、オレがやるんなら、オレがやる。他国がどうでもオレがやる。オレはこうだってハッキリしないと」

勝谷氏「僕はアレを聞いてね、平成のロンドン軍縮条約だと思いました。相手が全然乗ってこない。日本がこれだけ軍艦削減しますって、、帰ってきたらみんなに『国賊ーー』って言われました。あの時に。ねぇ」

宮崎氏「ほーー、なるほど、ホントそうだよなぁ」

勝谷氏「アイツら、勝手に自分達知らないよって10対10対7とかにしたんじゃないですか。うん」

宮崎氏「私、環境論者の一部の中に、温暖化が起こらなくても温暖化対策をしておけば良い訳だから、起こらなかったら起こらなかったで良いじゃないかと、、今温暖化の為に色んな対策を打つ事はムダじゃないって言う人がいるが、それを見ると私はスゴク腹が立ってくる。

だって、温暖化対策の為にどけほどのコストがかかるのかって。私はだからコスト計算で、温暖化のlリスクと今のコストとちゃんとはかりながら考えないといけないと思うんですよ。」

武田氏「温暖化対策やるなら自分のお金でやれって言うんですよ。人のお金使ってやると言うから変な事になる。」

勝谷氏「さっき、人間がやる事は知れてるって言ったけど、一番大きいのは僕、太陽の黒点の極小期で、何百年ぶりかの極小期で、その前のマウンダー極小期の時は欧州なんか飢饉でね17、8世紀から19世紀ですけどね、大勢人が死んでるんですよ。」

武田氏「そうそう、そうそう500年くらい前ね。」

勝谷氏「これからもし寒冷化して同じ食糧危機、、一方で食糧危機だ、食糧危機だって言っといて、一方で温暖化反対だ反対だと言って、大矛盾じゃないですか。」

武田氏「そうです。」

勝谷氏「CO2は植物も育てるんでしょ?!」

武田氏「ええ、まぁ、もちろん我々の体も全部CO2ですからね、これ。CO2でしか出来てませんから。低炭素社会なんてやったら大変ですよ。」

たかじん「でも先生、飢饉やなんかって、もうこりゃ数十年したら、気温なんかクソも関係なしに植物みな出来るでしょう。」

武田氏「まー、だけど日本語にねぇ、冷害ってコトバがあるんですよ。だけど温害ってコトバは無いんですよ。何でかって言うと、ずっと長い間日本ってのは冷たいと問題なの。暖かいのはうれしい。全部そうなってる。」

016たかじん「ほな、温暖化バンザイ?!」

武田氏「バンザイ、もちろん」

辛坊氏「西川さん、一言感想を」

西川氏「CO2は出したいだけ出せばいいって事ですか?!」

武田氏「そうそうそうそう、楽しくね。」

宮崎氏「あのね、番組のクオリティーの為に念の為、聞きますけど、

先般【朝まで生テレビ】に出演されましたよね。国立環境研究所の研究員の方がグラフを出して、温暖化は進んでいる上下をしながらゾーンをとってみると、やはり気温が上昇しているという議論をなさっていて、私が見るとこ、武田さんあんまり有功に反応されてなかったように見えるんですが、これについてはどう?!」

武田氏「僕ね、ここで三宅さんから質問があった時に答えたように、未来の気温は今の科学じゃ分からない上がるか下がるか分からない分からないものをこうだああだって言ってもしょうがないんですよ。

あの時、国立環境研究所の研究者は上がると言った。隣の丸山先生は下がると言った。両方とも正しくてね、どっちがあってるなんてね、、僕よくこう言われるんですよ『武田先生はどっち信じますか?!』って、『いや宗教じゃないから信じられませんよ』って言ってるわけ。僕の今日の提案はね、まぁCO2が増えてね、暖かくなって心配だっていう方がおられるから、科学はどっちか分かんないけど、暖かくなっても銀紙貼るだけですよと言ってるわけですよ。それくらい小さい事を大きく言ってねお金取ろうという、まぁ電気代が倍になったりするのは、やっぱりちょっとおかしいって、、」

西川氏「先生と同じお考えの先生っていらっしゃるんですか?!」

宮崎氏「丸山先生が、、」

武田氏「まぁ、丸山先生とかアラスカ大学にアカソフ?先生とかいますけどね。」

ざこば「最終的にナンボ研究してもここやっていうとこ、おまへんのやろ?!」

武田氏「そうです。ないですね。」

ざこば「もうやめといたらええねっ。」

志方氏少なくとも、お金に換えることは止めた方がいい。」

武田氏「そう。間違い、間違い。」

017

辛坊氏 「先生、でもね私、重大な反論をしたいんですけど、

うち太陽光発電導入して、今まで1kw.20円でしか買ってくれなかったやつが、この11月から48円で買ってくれるんですよ!!こうなるとね、うち電気代タダになるんですよ!!」

武田氏「そのかわり、その差額はみんな(他の人が払うわけ?!)そうそう」

辛坊氏「私、払わなくていいわけでしょ?!」

武田氏「あなた、良くないよ、おかしい(笑)太陽電池って一番良くない。買うときに半分隣のお金貰うの、で売る時に今度2.5倍で売るからね、まーた取る。(税金)」

辛坊氏「太陽光発電導入しているヤツはとんでもない?!」

武田氏「そーそー」

たかじん「盗人やっ」

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

この話を、信じる信じないは人それぞれだと思います。

が、マスコミがエコキャンペーンを大々的にやってるからといって、それが真実と思うのは危険です。こういう考え方もあると頭において、自分で考える事が大事だと思います。

私は、環境に興味があるので、前々回、「朝生」の地球温暖化に関する討論も見ましたが、結局よく分からない。 科学者でも二分している問題なので素人に分かるはずありません。

というか、専門家にも分からない問題なんですよねー(苦笑)

そのよく分からない問題に関して、国内論議もろくにせず、国際公約してくる総理大臣ってどうよ?! って話です。

日本人特有の、もったいないとか、ちゃんと分別とかの精神は大好きだから、エコとは関係なく私は続けます。

でも、そもそも、エコエコ言うなら、まずテレビ局を整理して、深夜番組を止めるとか、あとコンビニの深夜営業を止めるとか、まずそっちから始めればいいんじゃない?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく