スーパーモーニング

2010年07月07日18:46参議院選挙(島根編)青木氏vs岩田氏vs桜内vs石飛氏 【スーパーモーニング】

今、気になっている選挙区が2つありまして、『山梨選挙区』『島根選挙区』なんですが、

今朝のテレビ朝日【スーパーモーニング】でやっていたので記録しました(青字はナレーション)

参院のドン2世 vs 元アナウンサー vs 元衆議院議長の甥 vs 元派遣社員 です。それぞれ"らしい"戦いですね。

赤江アナ「・・今回の注目はコチラです。55年体制の象徴とも言える保守王国・島根選挙区です。民主党が最重点地区に掲げるこの激戦区4人の戦いを追いました。」

014

青木氏「父でございます青木幹雄の病気によりますその後の公認候補として、立候補する事に致しました。」(自民党)

岩田氏「自民党王国での戦い、それは並大抵なものではない事は分かっていました。」(民主党)

桜内氏「保守王国と言われてきた島根県のすべてのしがらみを一度断ち切り、、」(みんなの党)

石飛氏「保守王国とは言われますけれども、本当に皆さんが真剣に政治変えようと、、」共産党)

013_2047  "参院のドン"青木幹雄氏の病気による出馬断念により、

新人候補4人が1議席を争う事となった島根選挙区夏の陣、その選挙戦を追った

かつての自民党最大派閥経世会を率いた竹下登元総理。

そして竹下氏の秘書から参院のドンへ上り詰めた青木幹雄氏を輩出したのがここ、島根県。

その青木幹雄氏が24年間に亘って築き上げてきた強固な地盤を受け継ぎ、自民党から立ち上がったのが幹雄氏の長男・青木一彦氏

青木氏「島根に暮らす皆さんが安心して暮らせる島根。そういう島根を作りたいと考えております。」

015 016
幹雄氏の秘書を12年間
務めた経験を武器に、父が進めてきた政策の継続性を訴え。
青木氏「本人(幹雄氏)の故郷・島根に対する思い、それをしっかりと引き続き、私がその志を引き継ぎ頑張って参ります。」

しかし、5月に出馬表明という、他の候補からの準備の遅れに先月行われた出陣式で、細田元官房長官危機感を募らせる一幕も・・

017 細田氏情勢は極めて厳しく、ほとんど相手候補と一線でございます。

と申しますのもやはりこれは知名度の問題がございます。」

そこで青木氏は、都市部から山間部までくまなく回り、支持者一人一人と握手をするなど選挙戦の出遅れを挽回すべく、精力的に活動を行う。

青木氏「みなさん、本当にありがとうございました。雨の降る中ありがとうございます。」更に保守王国島根の議席を守るべく、小渕元少子化担当大臣が応援に駆けつけた。

018

019小渕氏「政治の生の経験があり多くのパイプがある一彦さんです。すぐに皆様方の為に仕事が出来る、実行力と即戦力のある一彦さんであります。」

そして、谷垣総裁も島根に入り、新たな自民党をアピール

谷垣氏「一彦さんには生まれ変わった新生自民党の担い手として、これからご活躍を頂かなければならない。」

そんな青木氏の支えになっているのが妻の珠江さん。ひとりひとりに感謝の気持ちを伝え、夫婦一丸での選挙活動を繰り広げている

020

021珠江氏「大変厳しい選挙で時間もないんですけれども、

一生懸命に私達家族が支えていきたいと思います。」

青木氏「今回の選挙戦はとても厳しい厳しい茨の道の選挙戦ではございますが、何としてでも24年間父が持っておりましたこの参議院の1議席、守っていかなければならないと私は思っております。」

022

保守王国に挑むのは、地元局のアナウンサーを辞め、出馬した民主党・岩田浩岳氏だ。

アナウンス「今、本人が走って皆さんとの言葉を交わしたい。握手を交わしたい。その思いで34歳のみなぎるエネルギーで今走ってご挨拶に向かっております。」

岩田氏「よろしくお願いします。がんばりますんで、ありがとうございます。」

キャッチフレーズに選んだ言葉は”まっすぐ。” 同じく元アナウンサーの未知夫人と共に二人三脚の選挙戦を展開する。

024

025岩田氏「どうもありがとうございます。イワタヒロタカ・イワタヒロタカです。どうもこんにちは、、」

Q:結構、手を振ってるとか・・未知氏「あっ、一応私がこう見つつねぇ、なるべく夫婦でもらさないもうに、はははは」

026

小沢氏シンボリックな、最もおーーーー感心のおーーー高くなるうーー選挙区だと思っております。」

027 028

029

030 031
民主党にとって最重点地区とされている島根選挙区
続々と幹部クラスが応援に駆けつけた

枝野氏「幹事長としてのこの選挙の第一声を、この松江の地に選ばせて頂きました。」


前原氏「どうですか皆さん、もう一度古い自民党政治に戻るんですか?!」

34歳の若さ、元アナウンサー同士夫婦という知名度で、保守王国に挑む岩田氏。これまで地元島根の声を取材して来た経験を元に地域の再生を訴える

032

033

岩田氏「働ける、暮らせる、子供が産める、そして医療が身近にある。当たり前の事でしょ?オレ間違った事言ってないと思うんです。」

「どうか皆さん、この岩田浩岳に、よりいっそうのお力を貸していただけないでしょうか。私、岩田浩岳は何としてもここで負けるわけにはいかないんです。」

Q:厳しいというのは正直ありますか?

岩田氏「厳しいのはずっと厳しいですね。島根でも政治がきちんと選べるとそういう状況を作っていく事が大事じゃないかなと思っていますね。」

034

みんなの党から出馬したのは桜内朋雄氏

桜内氏「今回の参議院選挙、争点がはっきりしております。消費税反対か賛成です。」

元衆議院議長・桜内義雄氏の甥で、名前にちなんだ桜色をイメージカラーにして選挙戦を展開する

035

036

アナウンス「皆様のご期待と希望を胸に、選挙戦この桜カラーで走らせて頂きますので、、」
飲食会社の会社役員を務める桜内氏。今回初となる選挙戦、少し戸惑いもあるようだ。

037

038桜内氏「会社の場合は社員に向かって目標を掲げて一致団結して突進すればいいんですけど、選挙事務所の場合は候補者が神様にならなくてはいけないので、神様は怒らない、とこういうのがありますので、それが一番しんどいですね。」

そんな桜内氏のもとにみんなの党・渡辺喜美代表が応援に駆けつけた

渡辺氏「桜内朋雄が一世一代の決断をして、このみんなの党から立候補を決意をしました。

夫婦揃って応援に来る候補は44名の公認候補の中で桜内朋雄さん、ただ1人であります。」

039 040
まゆみ氏
「今日一日付き合って、本当にこの人のエネルギーは凄いなと。この若い政治家若い知力、体力のある政治家を国会に送って頂きたい。」

党代表の夫婦揃っての応援を背に、聖域なき改革を目指す。

041 042
桜内氏
「私には本当に支持組織も支持団体もありませんので、ですからあのー、全く行財政改革する事において、ためらう相手がおりません。それが一番の売りだと思います。」

石飛氏「今度の選挙は消費税増税を許すかどうか、これがかかった選挙です。」

消費税反対をキャッチフレーズに参院選を争うのは共産党・石飛育久氏

石飛氏「ありがとうございます。頑張りますので、、」

山間地の集落や路地裏をくまなく回り有権者に訴える。

石飛氏「暮らしを良くしてほしいというのが本当に強いですので消費税増税、本当に負担が高くなっていくという所が、非常に皆さんからは何とかしてほしいという要望が強いと思います。」

保守王国に挑む石飛氏は元派遣社員。地元島根の病院で医療事務を行っていたという。

043

044石飛氏「病院の窓口で医療費の負担に苦しむ人だとか、介護の利用料の負担が高くて苦しむ人とか、そういう人をたくさん見てきたので、やっぱりそれを変えていきたいと、私が政治家を目指した原点でもありますので、、」

平日の仕事をしながら夫の選挙戦を支える妻は・・

幸恵氏「本当に一生懸命今の政治を変えたいと思って動いているので、それをわたしは応援するだけというか、出来る事は協力しながらやっています。」

今後の選挙戦で共産党・石飛氏は、県民の暮らしを中心に訴えていく。

045 046
石飛氏
「保守王国とは言われますけれども、本当に皆さんが真剣に政治、変えようと、どうやったら暮らし良くなるのかという風に思っていらっしゃると思いますので、この島根県からも国民の県民の暮らしや命を守る為に、ぜひ共産党の議席を出してほしいという事を精一杯訴えて、頑張りたいと思います。」


雨が降りしきる中での激しい選挙戦。決戦まであと4日揺れる保守王国 結末はいかに?  以上

即戦力の自民党、知名度の民主党、しがらみなしのみんなの党、消費税反対の共産党という感じの戦いですね。岩田元アナは山陰中央テレビの平日、夕方のニュースに毎日出ていたので強いかも。

青木氏の出遅れ痛いけど底力がありそう。もっと詳しくはグーグル島根選挙区

山梨選挙区は

甲斐の国 激戦必至の情勢(山梨選挙区)  【スピークニュース】

参議院選挙(山梨編)輿石東74歳VS宮川典子31歳 【スーパーJチャンネル】

一応、念のため書いておきますが、島根県は九州寄りで東京に近い方が鳥取県です。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月02日22:00消費税に関する9党の主張(ちょっと待った!総研) 【スーパーモーニング】 2日目

前記事の続きです。

テレビ朝日【スーパーモーニング】"ちょっと待った!総研"、今日は、民主党・社民党・・共産党・公明党の主張でした。

タイトルは前日と少し違って、『ちょっと待った!破綻寸前の国家財政 これが現実です で、どうしますか政党のみなさん』です。ハッキリ言って、民主党へのコメンテーターのツッコミが凄い面白かったです。(昨日の青字部分の説明を再度やった後・・・)

027

玉川氏「各政党はこのプライマリーバランスの差、政策的経費の22兆円3つの要素で、何とか埋めようとしている。ここまで頭に入れて頂いて、

民主党。」(VTR)

細野氏「優先順位は極めて明確で、まずひとつは行政改革無駄遣いです。(やはりそこが一番?) それが当然一番です。

加えて議員定数の削減も含めて国会の方のリストラも必要だと思います。これをまずやる事。これがまず第一である理由はすぐにやれるから。二つ目は(経済)やっぱり成長ですね。これは若干時間かかるわけですね。効果が出るまで早くても1年ぐらいかかってしまうわけですね。

まずは、無駄遣い、その次に効果が表れてくるのが(経済)成長という事ですね。

で増税はこれは第3番目の選択肢です。いずれにしても消費税を上げるまで時間がかかるので、財政再建に向けて無駄遣いをなくしましたと(経済)成長も効果が出てきましたと。ただなかなか赤字が減らないと、その状況が出て、それから消費税について議論すると(改正まで)さらに数年遅れますからそれはまずい。

029ですから優先順位は

1に無駄遣い2に成長3に増税なんだけど、

3番目の増税の議論についても少なくとも超党派で始めとかないと、間に合わないぐらい今の日本の財政状況は切迫してきている可能性があるわけです。(なるほど) 

ですから超党派で消費税を含む税制改革を議論できる事自体が、上げるという事ではなく、議論が出来ているという事自体が、日本はきちっと将来的に税収を確保できるという姿を国際的にも見せる事になりますので、安心感を与えることにつながると見ているわけですね

030 ですから、]出来れば自民党の皆さんにも、他の政党の皆さんにも、そのあたりの本当に日本が迎えている危機的な状況というのを考えて、

少なくとも(議論の)テーブルにはついて頂きたいですね。」

(スタジオ)

032玉川氏「(細野氏の話のまとめ) 話の中で『議論をする事が大事だ』とあったが、

今、実は利払い費に直結する国債の利子が下がっている。何で下がっているのかというと、民主党が増税の話を始めたからマーケットが『日本増税する気があるのか』と。マーケットは心理戦なので、下がってきているらしい。

でマニフェストとしては●国の総予算の全面的組み換え●不要な特別会計は廃止●各種法人は廃止を含めた改革 

ポイントは、●来年度の新規国債の発行は44.3兆円以下●2015年プライマリーバランスのギャップを半分に●2020年プライマリーバランス達成

与党で決定権を持っているので一番重要な経済成長を聞いた。」

(VTR)

玉川氏「民主党はどれくらいの経済成長を目指している?」

細野氏「名目成長率で平均的に3%を目標にしています。」

玉川氏「名目4%成長というのは消費税とかみんなの党とかも言っているが、これは民主党としては現実的に難しいと考えている?」

031 細野氏「4%の年があってもいいし、むしろそれは望ましい事だと思いますが、

景気には循環的な要素があって、良くなる時期もあれば、それが落ち込む、そういう流れがあるわけですね。

10年を視野に入れると当然、何度か景気の後退局面も織り込まないといけない。それを考えた時に平均4%というのはかなり難しい数字なんですよ。ですからそこは実現可能な目標という事で、3%というこの数値を我々は出しています。(現実を見ていると?) はいはい。

確かに成長が実現できると税収は上がるので、財政にはプラスに利くんですけども、もう一つは成長率が高まると、金利も上がるわけですね。

金利が上がると、国債の金利も上がるという事なんです。そうするとその毎年の利払いと歳入のバランスでいえば、実は金利が上がるというのは、マイナス要因になるので、その極端に成長が高まったからといって財政が良くなるわけではないんですよ。」

玉川氏「ということは、民主党としては、経済成長だけでいわゆるプライマリーバランスとのギャップ、つまり財政の赤字をなくすのは出来ないと考えている?」

細野氏「成長はそういう意味では金利の上昇を考えると、それだけで全てを解決するのは無理ですね。」

(スタジオ)

玉川氏「これ説明がいると思うが、バブル以降4%になった事はない。つまり4%の経済成長は難しい。それを10年間続けるのはムリという話。

もうひとつは、せっかく経済が4%あっても利払い費も増えるので財政的にはあまり良くないという事。

公務員の人件費削減の件、民主党は労組との関係があるので本当に出来るのか聞いてみた。」

(VTR)

033玉川氏「実は税金の無駄遣いをずっとテーマとして私はやってきているが、

若干、ここに来て民主党の姿勢というのが不安な部分が出てきてて

例えば独法に(公務員を)現役で役員を出向させるっていう。これ本当にその民主党が言っている公務員人件費2割削減というのをこんな事で達成できるのかと

要するに結局は公務員の給料を下げないと達成できないと思うが、それは出来る?」

034 細野氏「恐らく公務員人件費2割削減というのは、公務員全体の人件費を下げる事と、人数を減らすという両方をやらないと達成できないと思う。

そこの2割削減というのは我々ずっと言い続けてる事ですし、

やらなければなりません。

そこで手を緩めるようであればこれは財政再建はとても出来ないし、

それに手を緩めた状況で増税という事は国民が許さないと思う。」

(スタジオ)

035 山口氏「あそこまでハッキリ仰るのなら、

超党派の議論というのは消費税の税率についてやる前に、行財政改革とか公務員改革の為に、


まず超党派での議論を始めますという事を言わないと、こんなもん信じられませんよっだって去年の総選挙のマニフェストであれだけ言ってたわけですよ

それから予算を組み替えたら財源が出てくるって言ったわけですよ、それどうなっちゃったんですかという部分をハッキリさせてからじゃないと、、だいたい10%って数字だって、一人歩きしているだけで何を根拠にしているか分からないわけだから、そのへんは精査してくれないと困るし、、」

036 大谷氏そういう事をやってて、超党派で乗ってくださいと言われたって、自分の所のカネの使い方は同じようにやりますよと。うちの家計簿これなんですわと。だけどもちょっとカネ稼ぐ方法は一緒にやってくださいと

ちょっと待てと

その家計簿、なんとかしなさいよと、言うのが他の野党の考え方になると思う。それそのまんまにして、超党派、超党派と言われても、なんか『この指止まれ』『止まらないヤツがいけないんだと』言われているような気がするんですよね。」

山口氏いずれにしても、本当に騙されちゃいけないのは、消費税はいずれ上げなきゃいけない。だから上げるか上げないかという議論はもうこの際、しても意味がない。」

玉川氏「上げないっていう政党もあるんで、、(民主党に)ツッコミ足りなかったですかね?」山口氏「聞いててイライラしてきたから(笑)」

玉川氏「次、共産党やっぱりちょっと違うんです。」(VTR)

037 小池氏「優先順位って事で言うと、やっぱり無駄を削るという事がまず待つ先にあると思いますね。

でこの間事業仕分けっていっていろいろ無駄を削るんだってやったけど、

私やっぱりおかしいと思うのは、例えば防衛省の予算なんていうのは去年より増えちゃってるわけですね。一番増えたのは、アメリカ軍の再編経費は480億円も増えましたから、

それから国会議員関わっての無駄遣いで言うと、やっぱり政党助成金。やっぱりああいうのはね、事業仕分けで政党助成金を各政党の代表呼んで追求してやるべきではないかなと。事業仕分けで『政党助成金は廃止です』っていうのがやるべき仕事ではないのかと。

聖域になっちゃってるところにきっちりメスを入れるという仕事をやるべきだと思います。」

玉川氏「そのメスを入れると大体どれくらい歳出が削れる?」

小池氏「これはね、財源的に言うとやっぱりせいぜい3兆円から5兆円程度の財源だと思うんですね。」

(スタジオ)

玉川氏「まぁ無駄を削ればと各党言っているが、(共産党は)非常に特徴的ですね。

削減の中身●思いやり予算3370億円撤廃!●東京外環道計画を中止!●政党助成金廃止!」

優先順位 1無駄の削減(独自)  2税制の話は(VTR)

小池氏「税の原則ってのはやっぱり、負担能力に応じて負担していただく力のある人が負担するという事な訳ですから、やはり真っ先にやるべき事は、この間、所得税の累進課税なんかをどんどん下げてきました。大金持ちの減税をやってきているわけで、ここをまず見直すのが筋じゃないかと。

それから法人税ですね、日本の法人税は高いというんですけど、確かに税率だけ見ると比較的高い部類になるんですけど、外国税額控除とか研究開発減税とか、いろんな不平等な優遇措置があるんですね。こういうものをなくしていくのが必要だと私達思っていて、そういったことをやればこれで7兆円くらいの財源が出てくると思っています。」

038玉川氏「そうすると歳出のカットと歳入を増やす部分で、

リーマンショック前の状態に戻ればどれくらい収支が改善するという事になる?」

小池氏「まぁ12兆円」

玉川氏「消費税はやっぱり上げないと?」

小池氏「上げない。」

.

.

(スタジオ)

039 玉川氏消費税より所得税の累進を強化したり、

法人税の優遇措置を見直しという事で、簡単に言うと、お金持ちと大企業にもっと負担してもらうという事。」

赤江アナ「7兆円出ても22兆円には全く足りないですよね?」

玉川氏「だから歳出の削減と合わせて12兆円ぐらいという話をしていた。それでもまだ足りないが、コッチの方が気になる。

各政党が法人税を下げると言っているのに、共産党は上げると言っているので、企業が逃げるのではないかと聞いてみた。」

(VTR)

玉川氏「日本と例えばフランスなんかを比べると、企業だけ取り出してみれば、法人税に関しては、実効税率は日本の方が高いんですけど、、例えば社会保険関係費を企業が支払っている部分を考えるとフランスより日本の方が低いという事ですよね?今現状そうなっているんですが、これどうするっていう事ですか?

法人税の実効税率はそのままにして企業の社会保障負担を増やすという事?」

040_2 小池氏「まぁ両方とも増やしていくという事だと思いますよ。」

玉川氏「えっ?!法人税も増やすんですか?

という事は、企業の負担が今よりもすごく増えちゃうんですけど、それで経済成長できるんですか?」

小池氏「私は出来ると思いますよ。」

玉川氏「お話伺っていると、経済成長はしなきゃいけないという前提に元々立っていますよね? つまりリーマンショック以前より戻す、それにはもっとそれを経済成長させていくという事を前提として、出と入りで12兆円くらい改善するという話が最初にありましたよね?という事は企業が成長しなきゃいけないわけですけれども、ただ後の話を伺うと、今度は企業の負担は今より絶対的に増えるという事になりますよね? これで企業は本当に成長して(日本は)経済成長していくんですか?」

041 小池氏「この10年間何が起こったかというと、日本は設備投資GDPが全然伸びませんでしたよね。その間何が起こったかというと雇用者報酬が減っているんですね。日本は唯一G7の国の中で。何が増えたかというと内部留保ですよ、企業の。

で大企業の内部留保が設備投資なんかに回っていればまだ国内経済還元してるんだけど、多くは有価証券とかあるいは海外子会社に対する直接投資なんかが増えている。だから金余り現象が起こっているんですよ。大企業だけで内部留保だけで言えば、200兆円以上ですよ、今。 手元資金だけでいえば63兆円あるんだと言われています。だからこういったところをきちっと活用していく。税、あるいは賃金という形で財政に還流させる、あいは日本の経済の中に内需の中に還流させていくっていう事が、経済対策としては必要ではないかと。」

玉川氏「確かに法人税の税率だけで見ると実効税率は、日本は高いという事になるわけですけども、これを下げない限りはどんどん企業が海外に本社を移して逃げて行っちゃうでしょうと。更に大企業が海外に逃げていったら日本は空洞化して経済成長どころじゃなくなっちゃうんじゃないかという話が出てくると思うが?」

小池氏「今の日本の(実効税率の)水準は決して他国に比べて高い事はないはずだと思っていますから、それはさっき言ったみたいに法人税だけじゃなくて、社会保険料の負担も含めればね。いろんな自動車会社だって例えばヨーロッパに日本から進出しているけど、ちゃんと日本の1.5倍くらいの負担をしながら、ちゃんと企業活動をやっているわけですから。そういう力をやっぱり今しっかり大企業は持てる力を発揮してくださいという事を政治がちゃんと言わなきゃいけないんじゃないかと思うんですよね。」

(スタジオ)

玉川氏「どうですか?要するに企業はまだまだ力があると。」

大谷氏「(いろんな企業の優遇税制の話) 腑に落ちないのは所得の高い人から税収を取る話は、そんな事をして景気が回復するのかと。所得の高い人がお金を使うから経済は成長する。

玉川氏「で、社民党」(VTR)

042 阿部氏「世界金融の不安あるいは経済の失速。

どういう形で日本を切り返していくかという事で、三党連立でもそうだったが、"低炭素社会"に舵を切ろうと。

今は石油からそれに変わるエネルギーの基本構造を、これによって仕事が生まれる、

すなわち雇用も生まれる。アジアの関係これからの恐らく外需の中心はアジアの景気の回復をどう支え、取り込むかにありますから、そうした部分の柱になるのが低炭素社会という考え方です。」

(スタジオ)

043 玉川氏「まず低炭素社会が第一なんだと。そうするといろんな需要が出て経済が成長すると。

マニフェストでは●温室効果ガスを2050年までに80%削減●スマートグリッドの普及●自然エネルギーの割合を20%に

優先順位は1経済成長 2税制

ポイントは●所得税の累進課税を最高50%に ●法人税の課税ベース撤廃 ●相続税の最高税率を上げる

消費税について聞いてみた。」(VTR)

玉川氏「具体的に言っていただきたいが、消費税は現在5%だが、どのくらいまで上げなければいけないと考えている?」

044 阿部氏「もし例えば消費税を7%に上げるとしたら、折半の半々にするとか、そうやって生活に関わる財源に直接補填できるよう地方の取り分を増やしながら、状況を見ながら上げていくという事になるでしょうか。

ただし上げをいつ始めるかという事も景気判断があると思いますから、これは慎重に判断しないといけない。最初の連立政権合意が4年間は消費税を上げませんという事でしたから、逆にその裏には少なくともこの3年で低炭素社会に向けた布陣は作りましょうと。そのうえで対アジアの輸出を増やしていけるだけのものを作りましょうと。そこから税収構造もに転換が出てくるんじゃないか。」

玉川氏「逆に3年後、景気回復しているとして、その時新規国債の発行額はどれくらい?」

阿部氏「今ね、社会保障の需要額が多いですから、恐らくその段階でも30兆は上回ると思う。」

玉川氏「でしょうね。それでもやっぱり30兆は上回るという事ですね? (仮に)35兆としましょう。35兆の新規国債の発行が景気が回復したとしても今のままだと行われるわけですよ。(そうですよね) じゃあ35兆だと良い事はないですよね?(ないですね) どこまで減らさないといけない?」

阿部氏「まぁそれはあのー小泉政権で言われたプライマリーバランス論ですから、当然新しいそのー、、、うーん、、、、入りと出がトントンにしていかないといけないと思いますよ。」

玉川氏「そうすると20兆ぐらいでしょ?(まぁそうですね) そうすると15兆円ぐらい?(圧縮していかないといけないねぇ、うん) という事は15兆円ぐらい税を増やすか、15兆円ぐらいの歳出をカットするしかないが?」

045 阿部氏「うんそうですねー、あのね、不公平税制を正すという中で、それから景気回復を背景に見た場合に、それがどこまで試算をしろと言われれば数値だけなら出来るけども、不測の事態というのがあるから、

この例えば仮定としての15兆円の半分が、他の税収の例えば法人税・所得税。金融証券課税・相続税から来るとして、半分くらいは消費税に頼らざるを得ないんじゃないでしょうか。」

玉川氏「なるほど。そうすると7~8兆円は(消費税に頼る)ということ?(そうですね) そうすると仮に消費というのはそれほど変わらないとすれば(消費税)1%で(税収)2.5兆円とすれば3%ぐらい (3%ぐらいじゃないでしょうかね)なるほど。

安定軌道に乗ったとして、やはり3%ぐらいは上げざるを得ないという事ですよね。」

阿部氏上げざるを得ないでしょう。」

玉川氏「社民党としては、いずれは消費税を上げざるを得ないと考えていると?」

阿部氏「そうですね。はい。その場合には前提があって、地方の取り分をもっと増やすという事ですね。これは、民主党の皆さんの場合は、消費税は年金財源にとかなり思っているが、社民党の場合には、医療や介護や福祉。それは自治体にいくようにしたいという事が一点ですね、それからもう一点は、マニフェストにずっと数年出してますけど、食料品などの非課税措置、戻し税ですね。

400万円の世帯で4万円、大体食料品にかかる消費税、これは戻す。」

(スタジオ)

玉川氏消費税の引き上げはしないというマニフェストだが、いずれは上げざるを得ないと聞こえた。

で、公明党です。」(VTR)

石井氏「今の日本の経済財政の現状を考えると、まず景気回復・経済成長、これで税収を回復させるというのが非常に重要だと思います。

税収が増えるという事は赤字国債が減るという事ですから。更に経済成長を着実にやっていく事で自然増を増やしていく。だから歳入をしっかり確保するという事が一つです。

047もう一つは歳出ですね、歳出の改革。

今、民主党さんが事業仕分けやってますけども、これは継続してやっていく必要があると思います。

例えば公務員の人件費。まぁ民主党さんもマニフェストで2割削減すると言っているけども、

あれはキチンと政策的にやっていかなければいけない。政策的な歳出という事が重要になりますね。」

玉川氏「公明党は優先順位は1経済成長 2無駄の削減 

3税制は、消費税について聞いた」

(VTR)

049石井氏「長期的な財政健全化の目標としては、経済のGDPの規模に対して180%、あの比率がどんどん伸びている事が問題なんですね。経済の実力に対して借金がどんどん伸びていること。」

玉川氏「という事は額を下げるという事よりも、GDPを大きくすれば分母も大きくなるから良いだろうと。ではどのくらいの経済成長を考えている?」

石井氏名目で3ないし4%、実質で2%

玉川氏「自民党は消費税の増税を10%だと打ち出そうとしている。公明党としてはどれくらい上げるのか?」

  石井氏「財源は消費税だけではなく所得税もあり相続税もあり、全ての税目でどれだけ財源を生み出せるか。それと税率先にありきじゃなくて、どれだけ社会保障や子育て支援でお金を費やすか、それをきちんと超党派で議論して、そこを固めた上でそれを賄う為に、各税制でどういう風にやっていくかという議論をしなければならない。」

玉川氏「公明党独自では何%か打ち出せない?」石井氏「今のところはまだない。」

048

(スタジオ)

玉川氏「さぁ、どうでしょう?」

050 赤江アナ「昨日今日と9党のお考えを伺ってよく分かりましたけど、

玉川さん、結局日本は歳出に対しお金が足りないという事はもう明確に皆さん、、」

玉川氏それは明確で危機感はみんな持ってるのは共通でした。」

山口氏「足りなさはどれだけの規模かをハッキリさせた上で、何%って数字を出していかないと本末転倒、、」

大谷氏「・・・ANNの調査でも44対43で、皆さんやっぱり議論しましょうって人が相当いるんですよ。だからこういう事やっていかなきゃいけないと思う。」以上

やっぱり、9党の主張は多いなぁ・・^^; くたびれたー!途中で割愛したい政党もありましたが、一応選挙中だし、全部の党の主張を記録しないと比較できないしで頑張りました。

民主党に関しては、山口氏と大谷氏のツッコミに尽きます。

社民の党首は絶対消費税引き上げ大反対なのに、阿部氏は割と現実的というか正直だと思いました(苦笑)

自民党・石破氏はずーっと前から、誰に何を言われても「消費税引き上げしないと日本は大変な事になる」と主張していたので、今回の主張にもある意味納得。

小政党は、選挙の為に消費税論議を隠したいものですが、たちあがれ日本は、やはり日本の将来を真剣に考えてるなぁと思いました。それにしても何度読んでも分からないのは共産党!

あと、みんなの党も説得力なかった~みなさんは、どうでしたか?!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年07月02日13:25消費税に関する9党の主張(ちょっと待った!総研) 【スーパーモーニング】 1日目

テレビ朝日【スーパーモーニング】ちょっと待った総研のコーナーでやっていた、『ちょっと待った!日本最大のリスク! 完璧な処方箋は一体どこに・・・』を記録しました。

各政党9党の党の要人に直接聞くという事で、1日目は、自民党と元自民党5党。2日目は民主党他の話です。(長いので、党人の話以外は要約)

001

026 玉川氏「最大のリスクとは・・

6月27日のG20で、先進国は013年までに財政赤字を半減しましょうと合意したが、日本は例外でいいですよと言われちゃった。要するに仲間外れ

それは何故か、日本の借金は莫大で、一人当たり約763万円の借金。これはいずれ返さなくてはいけない。国際は市場・マーケットで取引されていて、日本はダメだと思った瞬間にハイパーインフレが起こる可能性がある。そうすると物価が年間で5から10倍に上がる

だから今低所得者は今以上の苦しみを味わう可能性がある。リスクとしてそれがある。それで今、消費税の話も出てきている。どうにかできないのかという鍵は、3点しかない。財政を改善する為には●無駄を削減する! ●経済成長させる! ●税制改正する!  (消費税で増税など)国の歳入は、今ほとんどが借金で税収は少ししかない

002 歳出は、社会保障費などの政策的経費と

借金の利子とか元本になっている。

政策的経費と税収が一緒の事を

プライマリーバランスと言う。

.

これを各党はとりあえず目指している。

玉川氏「ここでまず自民党。」(VTR)

003 石破氏「私は消費税を当面10%という風に自民党の公約には書くという方針なんですけど、

それは借金減らそう何ぞという大それた事を考えているのではありません。これ以上借金を増やさない事を、まずやらなければいけない事なんですね。

消費税を上げて、、みんな嫌ですよ。嫌に決まってるんだけれども、借金をこれ以上増やしたならば財政破綻の日が日一日と近くなるって事ですからね、

これ以上借金増やさないっていう事の為に、税制改革ってのはやらなきゃダメだと。

だから、歳出の削減、、皆さん『無駄がなくなったら消費税上げますよ』と。いつ誰が無駄がなくなったって判定するんですか?『景気が良くなったら消費税上げますよ』と言うけれど、景気がよくなったら金利も上がるのよ。」

玉川氏「そうですよね、そうすると利払い費も上がるんですよね。」

石破氏「そう、だから『景気がよくなったら』とかね『無駄がなくなったら』って言うのはね、実は『消費税上げませんよ』と言ってるのとほとんど一緒なんだと私は思っていますね。」

玉川氏「なるほどね。当面、消費税を10%という話なんですが、この当面っていうのはどのくらいの期間を仰っているのか、それから当面の後はどうするのかその辺をもうちょっと具体的にお聞きしたい。」

006 石破氏「利払いを除いて入ってくる収入で支出が賄える(プライマリーバランス)というところまで、やはり5~6年かかると思っているんですね、

これはシュミレーションの仕方によって違いますけれど、いわゆる財政健全化、利払いを除いて政府の支出は国民から頂く税金で賄う事が出来ますよというのを5~6年で達成をする。

そして消費税の上げ方にしても当面10と言っているんだけれども、5からいきなり10に上げるかそれとも1年ずつ1%ずつ上げていくっていうやり方もありますよね。そこは、どういうやり方をするのかも含めてきちんとした制度設計をして"国民に信を問う"という形になると思いますよ。」

(スタジオで)

007_2玉川氏 「(石破氏の話をまとめたあと)、

更にマニフェストでは、無駄遣いを切るには●「天下り」あっせんに刑事罰 ●会計検査院の強化 ●国家公務員を20%・8万1000人切る(民主党は額20%だが自民党は数20%削減)

優先順位は①無駄を削減 ②消費税10% ③経済成長

消費税を上げるには、政権を取るので一回、信を問うので一回と二回の選挙後。最短で2年かかる。そして、自民党政権で作った多額の借金についての総括を聞いた。」

(VTR)

玉川氏「これはどうしても聞かざるを得ないのだが、これだけ国の借金が積み上がったというのは、今800兆円余りあるが、そのうち600兆以上は自民党政権の中で作られた借金だと思う。それは最初は緩かったが小渕政権の時に急激なカーブになり、小泉さんの時に少し減ったがその後もまた増えたという事で言うと、ここをきっちり総括しないとなんとなく説得力がないのだが、総括はどうするのか?」

008 石破氏「はい、小渕政権の時に物凄く財政が悪化しました。

ただあの時は、橋下内閣のもとで金融危機があった、アジアの通貨危機がありました。日本でも金融機関の破綻が相次ぎました。本当にこの国どうなるんだって時でした

あの時は小渕さんは覚悟を決めて財政出動というのをやられたと思います。あれがなければ乗り切れなかったと思う。

だけどその後、小泉さんになって財政の色んな支出をカットしていった。だけども『消費税上げる』という事は言わなかった。(そうなんですよ) それは私達は結果として責めを負わなければならない

ただ小泉さんの思いは『ここまできたらもう消費税上げなきゃいけないだろう』っていう、国民の合意が取れるまでは、カットを続けざるを得ないんだっていう考えはあったんだろうと思うんです。いいかっこしいじゃなくてね。

『消費税上げないよ』って言って『小泉さん良い総理だね』って思ってもらいたいって、そんな無責任な話じゃなくて、ここまで切ったらもう消費税上げなきゃしょうがないだろうっていう国民のコンセンサス、、それを意図していたという解説もあります。

でも結果的に、財政カットもやります。でも消費税も上げなきゃいけないんですって事を正面から訴えるべきではなかったかと、私は個人としてはそう思っています。」

(スタジオ)

(石破氏の話をまとめ)じゃあ次、たちあがれ日本。」(VTR)

玉川氏「破綻がこのままでは避けられないという考えという事だが、じゃあたちあがれ日本としては、この破綻を回避する為に何をすべきだと?」

与謝野氏「それは1つやって全部解決するっていう問題ではない。あらゆることを同時にやらなきゃいけない、、というのは、当然つまんないことにお金を使っていると判断されることはカットしなきゃいけない。」

玉川氏「(無駄は)出てきてどれくらいですか? 財務大臣もされてたんでお伺いする。」

010011与謝野氏「出てきてですね、、あの、、何百億とか(国全体で?) 国全体で、これやめちゃうと、、まぁ5000億円あればいい方でしょうね。(兆の単位には行かない?) いかないですね、なかなか。.

税としては、所得税・法人税・消費税・相続税・・その他の税ありますけども、

これをやっぱりガラガラポンで直して一定の財源を確保するようにしないと、日本の財政はやっぱり窮地に陥るというのが明らかです。」

玉川氏「ガラガラポンにするという事で言うと、何かを減らすけど何かを増やす。で全体としては増やすっていう事?」

与謝野氏「全体としては増やすんですけれども(どれくらい増やすんですか?) これなかなか難しいんです。払った事と受け取る事が1対1で対応してないと、なかなか国民の理解は進まないと。それからいきなり10%、15%と議論する人もいますけど、やっぱり徐々にやらなきゃなかなか国民の理解を得られない

それから上げる時はある水準まで行ったら、食料品とかそういうものは非課税、ないしは軽減税率を入れないとやっぱり良くない、、まぁそういう事です。

税っていうのは経済の回復でどの程度が回復かっていう問題があるわけですね。

012 まぁ日本の経済成長っていうのは

自民党の中でも"上げ潮派"とか、あるいは民主党の一部の楽観論者が言っているように

日本の経済って4%も5%も成長しないんです。

まぁ潜在成長力が2%ぐらいですから

やっぱり潜在成長力が実現しそうになったら、

やっぱり税の話は国民の理解を得るようにしないといけない。」

(スタジオ)

013 玉川氏「(与謝野氏の話のまとめ)

マニフェストでは消費税を

●2012年に8%

●経済回復後に12%~15% 

ポイントは、

●社会保障費が増える分は消費税増税などで、借金を減らす分は経済成長でやる。

●増税と受益を1対1でやらないと国民の理解は得られない

014

次、新党改革」(VTR)

荒井氏 「例えば今法人税は40%なんですよ。40を超えている。これを20台までに下げたい

そういう意味では経済活性化をして、入りを多くする。雇用を守る為にも法人税、これは下げていきたい。(半分にするという事?) 半分程度にしていきたい。しかし同時に消費税は上げざるを得ない。」

玉川氏「法人税を下げると法人収入は落ちるが、これはどうやって?」

荒井氏「しかし海外に展開しませんから雇用が守られます。全体として買い物もしますし、消費税は上がってくるんです。(法人税率を下げても、、) 雇用の場は守られる。」

玉川氏「法人税が下がった分以上が税として返ってくると?」

荒井氏「そういうことです。そして同時に消費税を上げて今の失業対策をしている分を考えれば、その方が痛みが少なくてみんなが働ける状況になる。で企業も競争力が高まる、こういう事ですから、

一つ、法人税は今の40数%から20%台に下げたい。世界との競争で活力を持って雇用を維持しそして収入の道を作ると。それは消費税にも返ってくる。そして消費税分・失業対策のもの、この分は減りますね。そういったものもある。ですから財政ともリンクするんです。

もう一方は消費税は2020年までに10%に段階的に上げていくと。ただし口から入るもの、何でしょう?(食料品?) はい"薬"そういったもの、健康や日常の食べる物を含めてこれは下げます。(5%より下げる?) はいそれ以外は上げていく。こういう我々は考えですね。」

015_2 

(『国民監査請求制度』あなたが毎日仕分け人の説明 略)

(スタジオ)

017 016
玉川氏
「ポイントは法人税を半減、

20%台にすると、企業の雇用が守られて経済が大きくなって、消費税の額がもっと増えるという主張。

国民監査請求は、国会議員の仕事じゃないのと思いで聞いてみた。」

(VTR)



荒井氏国会議員が汚職してるんですよ。官僚がデタラメやってるんですよ。誰も政治や官僚に信頼を置いていません。国民の皆さんに当然権利を与えていく。これは日弁連含めて憲法、法律論上も今、多数説です。

玉川氏「まっ感想はあとで(笑) 次、国民新党」(VTR)

森田氏「ざっくり言うと日本の場合は900兆円程度の借金がありますが、500兆程度の政府資産があります。金融資産です。100兆円程度が米国債、200兆円くらいが財投債の残高、貸付の残高。あるいは社会保障の基金も金融資産のうちに入れてもいいという論理もありますんで、

相当見合いのある資産があるという事かまず前提になってくるんだろうと思います。

018今の財政状況は決して健全とは言い切れないかも知れませんが、あまりにも悲観する状況にない

これからある程度、借金が積み重なったとしても向こう15年間くらいはその破綻のリスクはないと思います。」

玉川氏「私が伺ってるのは前提として、今のような借金を40兆円なりのレベルで続けていいのかという話です。」

森田氏それは続かないです。健全な経済成長が達成されれば、44兆円の国債を発行しなければならない局面というのは、恐らくこれから2~3年はそういう局面があるかも知れないけど、4~5年には、そこから脱出しますよという成長戦略をももってやっていかなければならないし、逆に言えば成長するためにはある程度、国が投資をしないと成長しようがないんで(ということは、今は非常時であると?)非常時です。」

玉川氏「では非常時が終わったあと、その後は?」

森田氏「一般論としては4%(成長)名目で目指さないといかんでしょう。」

(スタジオ)

020玉川氏「国民新党はちょっと特別で、15年くらいは大丈夫だと言っていた。

その間にGDPを4%成長させ、大事なのは借金の額ではなくGDPに対して借金がどれくらいあるかが問題だ言っていたが、

それに関して日本は、199%。 129%のギリシャより高いのでこのへんどうかな?と。

増税のプロセスは、とにかくデフレ脱却→サービス(社会保障)のレベルで国民合意したら、消費税5%プラスする必要もと言っていた。

今日の最後、みんなの党」(VTR)

021 022渡辺氏「まず成長、4%成長10年続ければ

GDPは1.5倍になります。お給料も1.5倍になります。年金も1.5倍になります。増税の必要は全くありません。」

玉川氏「ということは経済成長と歳出カットだけで十分ってことか?」


渡辺氏「そうですね、4%成長を続ければ歳出カットも必要ないんですね。予算の組み替えはやった方がいいと思いますけどね。要するに4%成長していくとね、歳出もその程度は伸びていきます。一方税収の方はもっと伸びるんですよ。」玉川氏「どれくらい伸びる計算?」

渡辺氏4%成長を続けていけば、大体プライマリーバランスは5年くらいで改善していきます。5~10年以内にはプライマリーバランスは黒字化いたします。」

(スタジオ)

023 玉川氏「この党は、他の党と全然違って増税の必要ないと。名目4%成長すれば増税はいらない

4%成長というのは、銀行の複利の利子と一緒。だから銀行に複利で預けると10年後に1.5倍になるという事。」

赤江アナ「でもさっき与謝野さんが4%難しいと、、」

玉川氏「みんなの党はそれは出来るんだと。(どうやって?) 今は全て官僚統制で色んな規制があって新しいビジネスが生まれてこない状況だから、それを止める事により自然と4%成長は出来ると。」

鳥越氏「小泉さんと同じ考え方?」

玉川氏「ほぼ同じ考え方。小さな政府を標榜しているので小泉さんの時の考え方を踏襲しているなという感じ。

林業・農業も規制だらけというのもあるが、ただ4%の成長を続けるというのはバブル成長後、4%を越えたことはほとんどないので・・・というのはある。

とりあえずここまで5党見て頂いた。」

024 鳥越氏「アナタがこれだけの借金をした総括をちゃんとしないとダメだよと聞いていたが、ボクはその通りだと思った。

結局石破さんは金融危機の時の財政出動があったので支出が多くなったと言ったが、

本質はそうじゃなくて、実は長い間自民党政権の間に公共事業をバンバカバンバカばらまいた結果。(それは半分以上はそうだと思う) それは国民が望んだ事でもある。(結果的には望んだといわざるを得ない、選挙で選んだんだから) ですよね。

だからそういう事を国民が認識して、もう一回耐乏生活をしろとは言わないが、、」

025 玉川氏「いやでも耐乏生活になっちゃうんです。

なっちゃう可能性が高まってるっていう事で今回コレやってる。明日もやる。」

赤江アナ選挙に負けるからって今まで皆さんが避けてきた消費税論議が、

二大政党が言っているという事は、それだけ日本が大変だと(逼迫しているということ)いうのは伝わってきた。」

玉川氏「明日は、民主党・社民党・共産党・公明党の話です。」以上

二日目の"ちょっと待った!総研"につづく・・民主党は細野氏、社民党は阿部氏、共産党は小池氏、公明党は石井氏の話です。細野氏が語った虫のいい話への、コメンテーターの大谷氏のツッコミがでビックリしました!(笑)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2010年03月23日16:41小林千代美議員「辞職せず」の不思議会見  【スーパーモーニング】

小林千代美議員の会見は、民主党らしさが良く出ていましたね。

テレビ朝日【スーパーモーニング】の、その会見についてのコメントを記録しました。(要約です^^;)

衆院議員が22日、札幌市で行った記者会見での小林発言要旨

 一、有権者に政治への不信感を与えてしまったことをおわびする。道義的責任を痛感している。

 一、裁判の推移を見守りながら、国会や地域での活動に全力を尽くし、職責を全うしたい

 一、地検の聴取では自分の知っていることを話した。起訴された2人は黙秘していたと聞いている。事実誤認のところもあるのではないかと思っている。

 一、(労組丸抱えとの批判については)選挙は組合だけでなく多くの人の支援によって行われる。私も多くの人の支えで今の職責を与えられた。

 一、今回の件で民主党の支持率低下を招いているとしたら、これからの活動で支持、期待に応えていく責任がある。

 一、(事件への自身の関与は)存じていないし、報告も受けていない。2010/03/22 22:02   【共同通信】

  赤江アナ「昨日、北教組幹部二人の起訴を受けて小林千代美議員が自身の進退について会見し、議員辞職も離党もしないと考えを示したが、高村さん昨日の会見はどんな雰囲気だったか?」

001_2  高村氏「7時半からの会見という事で、大方の見方として辞めるのかなと。私も正直そんな思いでいたが、

いや頑張ってまだまだやりますという事で、ちょっと吃驚した

ただちょっと会見中の小林さんの表情気になるところがあったので、

まずそのVTRご覧ください。」

003 004Q.「今回の小林さんの判断なんですけれども、

幹事長室とか党本部の指示で判断されたという事なんでしょうか。それとも自らの意思で、、」

佐野氏それはそうですよ。そりゃそうですよ。それはありませんよ。小林氏「あの、政、、」

005006佐野氏党本部からないですよ。

幹事長室からどうこうしようなんて事は、道連にも(指示は)ありません。道連にないという事は、ご本人にもないのは当然じゃないでしょうか、、」

Q.「数日前に一部報道で、小林さん自身が辞意を述べられたというような話がありましたけど、、」小林氏「そのような事実はございません。」

007_2008赤江アナ「小林さんがお答えになる前に道連の方が、、」

高村氏「そうですね。

民主党・北海道の幹事長が同席していたが、なんか小林さんが話そうとする時にポッと答えてしまう。と、彼女の表情がなんとなく言いたい事があるんだけど、その先に答えられてしまうとか、ちょっと言えないみたいな風に私には感じられた。だから本心はどこにあるのかなという気がした。(視線も)泳いでいる。」

鳥越氏「(この会見を見てどうか?) やっぱり議員が会見やってるわけだから、基本的には議員が受け答えしないと駄目。ああいう議員が答えようとする所に割って入って、、いくら道連の役員だとしても、やっぱりそれは拙いんじゃないか。見てる人から見ても、やっぱり議員がきちんと自分で責任を持って答えているという風には見えないので、まず第一に戦術上、作戦上拙いという事と、小林さんも言いたい事が言えないでああいう形で、モゴモゴという感じで不本意だろう。こういうのを全体としてみると、やっぱり小林議員の本音はちょっと違う所にあるのかなぁと。」

009 011(小林議員のこれまでの疑惑(公職選挙法違反・政治資金規正法違反)の説明 略)

高村氏「・・という事で、一連の流れがあるので、

いよいよ『私、道義的責任を取って辞めます』と『詳しい事は分からないけど辞めます』という流れになるんだろうなと思ってたら、かなり違ったという事。」.

若一氏「(またも政治資金規正法違反という、政治とカネの問題だが)これ北教組から1600万円流れているわけだが、政治資金規正法違反であると同時に、北教組は公立の教員の労働組合だから、

これ教育公務員特例法で『公立の教員は政治的な中立を維持しなければならない』と規定されているそれにも違反する可能性がある。

だから普通の人がしてはならない個人献金をやった以上に、立場からして北教組のやった事はもっともっと重い事だと思う。

その下には教えを受けている生徒たちがいる。そういう事を考えたら小林さんの責任の取り方はとても納得できない。」

012 三反園氏「そのほかにも今回は、労働組合の政治とカネの問題に司法のメスが入ったわけで、画期的なこと。これまで聖域扱いしていたので。

そうすると参議院選挙を含めて、民主党への影響は非常ーーに大きいのではないかなと

もう一つは、VTRにもあったが、民主党の若手議員が、地元の反応がほんとーーーに厳しいそうで、もうやって行けないくらい相当厳しい声を浴びせられると言っていた。

そうすると、この問題は小林議員が辞める辞めない、、非常ーに今後の政局に大きな影響を与えてくるだろう。」

013 大澤氏「(民主党が政策をやろうとしても、ずっと政治とカネの問題で躓くという流れが続いているが) 一番、根本的に国民から信用を得るという所で問題が生じていると。

結局、政治家の責任って一体なんなんだろう

何を言われようが、誰が逮捕されようが、離党もしなきゃ、『辞めません』と、言い張ってりゃそれで済むのかと。

これ、子供達の教育に直接関与する人達から見ると、考えられない事。悪い事をしても、ああ言い張って、勉強が出来れば良いんだ、頑張ればそれで済むのかと。

やっぱり何らかの制裁を受けなければおかしいんじゃないかと。しかも議員として国民の選良として選ばれた人間のやる事として恥ずかしくないのかと。

子供に向かってそういう態度をとり続けることが、本当に信念として、政治家として良いと思っているのか、問いたいところだ。

それがなければ、政治、何やっても国民は信頼してくれない。国民が信頼してくれなければ、政策の実現はなかなか難しいという事に繋がっていくだろうと思う。」

014 三反園氏「(参院選をみて進退問題は避けられないと思うが、時期は?) 

小林議員のあの表情を見ていると、本人は辞めたい気持ちだと私は思う。

ある民主党関係者は、補選は拙いが、予算が成立した4月以降であればいつでも辞めて頂くのが規定路線だと言っていた。

ただ、生方さんの問題とかいろいろ出てきて、小沢さんの問題がまたクローズアップされてしまったわけで、小林議員が辞めたら、何で小沢さんは辞めないのか、その先は、鳩山さんは何でじゃあ辞めないのと、飛び火してしまうのでこれ、非常ーに難しい政治判断が必要になってきたなというのが、今の民主党の受け止め方。但し私は、この先、世論が非常に厳しいので7月の参議院選挙と同日の形でお辞めになると思う。10月まで持ち越したくない。

つまり、この政治とカネの問題は参議院選挙で国民の判断を得て、決着させるという形にしたいというのが今、民主党の本音だろう。」

015 016鳥越氏「(小林議員は小沢・鳩山へ飛び火しないようにという思いもある?) 

まぁ・・小林さんがそこまでお考えになっているかどうか分からないが、まわりからの空気は当然感じ取っているだろう。」

赤江アナ民主党を支える構造の問題で、労組の政治活動も、より厳しい目でこれから見られていくんではないかと、、」

若一氏「ひとつの見方としては、ひょっとしたら、鳩山さんも小沢幹事長も参議院選挙の前に、、

その前に5月に普天間の問題が顕在化するので、県内移設収束していくだろうから、そこでまたすったもんだあって、結局トップ2人が辞めるん違うかと。

辞めて参議院選挙に臨めば、逆に勝てるんではないかみたいな、、辞め時をそこまで引っ張るという戦略をベースに持っているという見方すら出来ている。」

赤江アナ「まぁひとつの事務所に留まらず、党全体に突きつけているものが大きいように思います。」以上

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

スパモニのコメンテーター全員揃っての正論を初めて聞いたような気がします^^;

いつものように自民党も絡めず、大変良く出来ました。付け足す事は何もありません。特に大沢弁護士のコメントにめちゃ同意。

書く事ないので、今日は『北教組の組織ぐるみの選挙の様子・小林千代美議員は北教組のコントロールロボットとして送り出されたという記録のビックリ記事の紹介

民主党の死角"日教組" (テレ朝 サンプロ)  その1 09/12/20

民主党の死角"日教組" (テレ朝 サンプロ)  その2 09/12/21

北教組"政治活動とカネ"独占潜入取材 その1 【サンデープロジェクト】 3/7

北教組"政治活動とカネ"独占潜入取材 その2 【サンデープロジェクト】3/8

その他日教組関係記事

日教組と民主党の教育政策で学校は・・ 【TVタックル】2/2

札幌地検、北教組から民主・小林議員側への裏金捜査 【ニュース】 2/15

北教組トップ、長田秀樹氏とは・・【ニュースバード】2/18

あしなが育英会へのカンパ金 日教組→連合→日教組  【やじうまプラス】 3/19

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2010年03月10日15:04民主党らしさ       【スーパーモーニング】

001 テレビ朝日の
【スーパーモーニング】で、

内閣支持率が、危険水域の3割台まで落ち込んだ

鳩山政権が再浮上の鍵となるとした

『民主党らしさ』

を扱っていたので記録しました。

(青字はナレーション)

002 004原口大臣「支持率が一定以上なければ変革はできません。」

亀井大臣「雨にも負けず風にも負けず、ひたすら一生懸命頑張るしかないな。」

70%を超えていた鳩山政権の支持率が遂に、政権の危険水域とされている30%台に突入した。支持率下落の理由を問われた鳩山総理は、ある言葉を口にした。

鳩山氏「せっかく政権交代したのに"民主党らしさ"っていうかね、本当に民主党に期待していたものがなんなんだと、、」

005 006あの時、多くの国民は

民主党らしい政治に期待し

民主党らしい日本が待っていると思っていた。しかし・・

有権者・男性もう期待してないです。はい。諦めてます、、」

有権者・女性逆にあんまり良く、何も変わってないっていうか、、」

政治とカネの問題、連立政権内のきしみ、閉塞感に包まれた経済民主党らしさとは程遠い現実を目の当たりにすることになった。党内にも不満が渦巻く

007 009安住氏与党になって仕組みもちょっとおかしくなったし、発言しづらいし自由な雰囲気がないと、、」

こうした不満を受け、鳩山総理は小沢幹事長と会談。議員を政策決定に参加させる議員政策研究会を立ち上げる事を決めた。

安住氏もっと自由でもっと闊達で少し脱線気味でもね、チャレンジしてきたってのが民主党の良さなんですよね。民主党らしさを取り戻さないと、、」

民主党らしさとは何か。長年民主党を取材する作家の大下英治氏は・・

大下氏「民主党らしさとは実は、自民党に出来ない事を民主党がやってくれると、、」

自民党に出来ない事。昨日自民党政権が否定し続けてきたある物の存在を、民主党が明らかにした。

010 011岡田氏「核の持込みは無かったと言い切ることはできない状況。その疑いを完全に払拭する事は出来ない、、」

米軍による国内への核兵器持ち込みに関する"密約"、その検証を進めてきた外務省の有識者委員会は"暗黙の合意"広い意味での"密約"があったと結論付けた

『核を持たず、作らず、持ち込ませず』唯一の被爆国とて非核三原則を国是とする日本。冷戦体制下そして崩壊後と時の政権は一貫して密約の存在を否定してきた。しかし、有識者委員会はそうした対応を"嘘を含む不正直なもの"と厳しく指摘した。

012 013(福田元総理は引継ぎのインタビューに対し「全くない」と答え、)

安倍氏「いわゆる核の密約についてのですね、申し渡しという事は前任者からありませんでした。」

しかし、一方で民主党が掲げた政策は次々と形を変えていった政治の新しい形を国民に見せ付けた事業仕分け。しかし削減額は1兆6000億円に留まり、財源不足がマニフェストの実現を大きく狂わせた全国で行われるはずの高速道路無料化は37路線に。

前原氏「段階的に原則無料化をするという方針の下で、、」

014 016子供手当て2010年度は半額の見込みで、今後の満額支給にも不安を残したままだ。

野田氏「普通では、やはり困難なんでね、、」

行政刷新メンバーで改革派知事として知られる片山善博前鳥取県知事は、民主党は原点を見失ったと話す。.

片山氏「例の郵政の問題ではもうあっという間に従来と似たような天下りが生じてしまったんですね、、国民の多くの皆さんが本当に、これは変えてもらいたいっていって民主党に投票したのに、あっさりとね、それを捨ててしまった。」

そしてマニフェストで謳った"雇用""年金"への政策しかし、その現場では悲鳴とも聞こえる声が上がっていた。(池袋のハローワークでの取材 職探しの人の声 略)

その鳩山政権では、一昨日新年金制度に関する初会合を開き、ようやく新たな年金制度創設に向け動き出した

017 018多くの高齢者が住む多摩ニュータウン、

高齢者はどう見ているのか

高齢者「全然生活できませんよ、年金なんて。お坊ちゃまですよ、うん、苦労知らないわっ

高齢者政権が変わったから良くなったって事はひとつもないよねー」

今月7日、鳩山総理は祖父・鳩山一郎元総理の命日にあたるこの日、墓に参った。

鳩山の名に恥じない仕事をやらせてもらいたいと、、」

そう墓前に誓った鳩山総理。政策に"らしさ"が発揮できない民主党に片山氏は・・

片山氏「言った事が出来ない事もあるんですよ。その時はね、その何故言った事と違うかって事をきちっとやっぱりわかるように説明しなきゃいけないですよね。

その事がね説明責任という事ですし、それがきちっと果たされればそれは新たな信頼感を勝ち得る事に繋がるんですよね、、」

そして、支持率低下の大きな節目となったのが鳩山総理と小沢幹事長に浮上した政治とカネの問題だった。

019 020大下氏ドス黒いものとかですね、

そういうものはやっぱし民主党にはなかったわけですよね。で、みんなクリーンでやってた、、」

更に片山氏は、選挙重視が民主党らしさを失わせたという。

片山氏選挙第一主義 選挙至上主義って言ってるじゃないですか。選挙の為には

今まで自分たちが大事にしてきたものもかなぐり捨てるってこういう構図になっているんだと思うんですよね。」

021危険水域だと言われる支持率30%台に突入した鳩山政権だが、総理は小沢幹事長の続投を容認

一方、内閣改造については・・

鳩山氏「内閣改造するとかそういう発想を持っているわけではありません。」と否定した。

では民主党らしさを取り戻す為に今、何をすべきか。

片山氏選挙に勝とう勝とうと思うとね、目先の事ばっかりやるようになるんですよ。自分の志を一生懸命果たして、きっと評価されます。でもね、万が一評価されなかったらそれは意味が無いんだからもう政治家なんかさっさと辞めるっていうぐらいのね、そういうそのそれこそ、けれんみのないね、当初の方針に戻られたら良いのではないでしょうかね。」

大下氏「民主党もね、オタオタするなと、ね、10年単位で行けと、そしてどういう国を作るのかどういう日本を作るのかと、やれと。小沢さんも入れてね、国家戦略はもっともっとね、はっきり練ってそれを打ち出せばね、その意味において実は私は小沢一郎を非常に有効価値があると見ているんです。」

022支持率低下という政権運営の逆風。

鳩山総理の女房役・平野官房長官は・・

Q.「長官はどんなものが"民主党らしさ"だと思うか?」

平野氏民主党らしさ、、それはまさに総理じゃないでしょうか。」


(スタジオへ)
025

(リポーターのまとめは重複なので略)

鳥越氏「(核密約の話は政権交代でしか出てこなかったというフリ) ですよね、

まぁそれもそうだし、先ほどやった空港の需要予測と実態が違ってるというようなああいう数字も出てこなかったと思うんですよね。

だからそういう意味で言うと、やっぱり政権交代って、どこの国でも同じですけれども、前政権が出来なかった事を次の政権がやる。つまり変化ですよね、チェンジするという事。そのチェンジというのがキーワードになってるはずなんですけども、

民主党になってどこが変わったのかなぁというそういう一部、部分的にはチェンジしてるけど、大きく変わったという実感が国民に持てないのでやっぱり支持率が下がってくるという所があるんですよね。

例えば、コンクリートから人へっていうのは、物凄いボクは素晴らしいキーワードだったと思うんだけれども、でも道路は作りますよと言ってみたりね、なんかそのー、本当にコンクリートから人へになってんのか、

保育所そういうのできてないじゃないか、待機児童2万5千人いると言われてるのに何の手当てもしてない人へカネ掛けてない。そういう事は、うーん積もり積もってやっぱりね、こういう結果になっているんですけれども、

是非今からでも遅くないんで、民主党にはやっぱり大胆にこの国を変えると、こう変えるというね、政策をきちっと打ち出してほしいですね。」(以下、各コメント要約^^;)

023 三反園氏「(鳩山政権再浮上の秘策は?) 民主党らしさはと言われた時に、国民はピンとこないしボクも分からない。

やっぱり有言実行だと思う。これもやるあれもやるではなく。どれが出来てどれが出来ないか正直に語ってほしい

正直に語って、誠実さ人間味のある政党になってほしい

鳩山さんもパフォーマンスに躍起になるのが政治の危機を招いているので、必ずやると言った事をやれば国民は力を引き出してくれる。ボククは原点に帰ってほしい。その為にも普天間問題は県外と言ったので、それを実行できるかどうかだ。それが鳩山政権に今問われていると思う。」

森永氏「仰るとおり。だから今、全面的に普天間をグァムに移せば、支持率は急回復すると思う。やればいい。」

024 落合氏「やっぱり常駐無き日米同盟だよね。鳩山さんご自身が仰ってたんだから。

それから3月の今、零細・中小企業のトップは走り回っている。昨日の雪の中でも金策で皆さん走り回ってる。

その事をもっと引き寄せて考えるのと,それに対して何を実行するか。理念も志も大事だが、実行との間にこんなちょっと距離ができているのがつらい。」以下 略

さすがに30%台に落ち込んだ支持率を憂いて、"民主党らしさ"をみんなで必死で語っていましたが、このコメンテーター達、鳩山政権にはやっさしいですね。大下氏の意見は論外!(苦笑)

支持率上げたいなら、ズバリ鳩山総理と小沢幹事長がバッジを外す事です。

で、全国の日教組を調査、外国人参政権や夫婦別姓他の闇法案をキッパリ止めると宣言して、

財源をちゃんと考慮したマニフェストの仕分けをすれば、確実に上がると思います。

民主党がキライな私だって、それで自民党にできなかった部分をキレイにしてくれたら、結果、政権交代して良かったかもと、ちょっとは思える気がしますが、皆さんはどうですか?

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2010年02月09日14:56小沢の露骨過ぎる踏み絵(個所付け問題) 【スーパーモーニング】

テレビ朝日【スーパーモーニング】でも『個所付け』問題を取り上げていました。

昨日の【やじプラ】より、その露骨な選挙対策の徹底した自民潰しのやり口の証拠を示していたので記録しました。(青字はナレーション)

002 003赤江アナ「個所付けとは、

道路などの公共事業にいくら予算をつけるのか配分を決める事。今、この個所付けが小沢幹事長の切り札となるかも知れないんです。」

-VTR- 

(小沢・鳩山・田村耕太郎 会見 略)

・・・そして選挙に向けて小沢幹事長が練りに練ってきた次なる一手が明らかに。

それが2010年度予算の個所付けつまりどの事業に予算をいくら付けるかという予算配分だ。しかし・・.

004 平沢氏「予算はもうすべて選挙、選挙、選挙、もうこれ以外何もないと、こういうやり方ですから、じゃあ民主党さん、今まで行ってきたのは何だったの?という事ですよね。」

自民党の平沢勝栄氏は憤りを隠せなかった

民主党が国の予算配分を民主党の選挙対策のために私物化しようとしていると言うのだ。

平沢氏自民党よりはるっかに、はるかに、悪いやり方、もう税金の私物化! 要するにすべて選挙対策。私なんか普段はあまり怒らないですけど、このやり方は酷すぎます。」

自民党よりはるかに酷いという民主党の予算配分。その中身とは・・(CM)

006 007所氏「国道6号線、

日常的に交通量が多く、

その渋滞を解消する為の拡幅工事の予算が求められていました。しかし概算要求では凍結候補となってしまったのです。しかしその後、地元の自治体や民主党議員の陳情により、その予算が復活したと言うのです。」

コンクリートから人へを掲げる民主党が、事業の凍結候補に上げていた東京葛飾区の国道6号拡幅工事。いつの間にかの予算復活の裏にはあるワケがあった。

早川氏「今の渋滞が凄いんですがさらに渋滞が悪化して、まっ例えば救急車がなかなか通れないような道になってしまうので、どうぞ拡幅してくださいっていう事は、淡々とご説明に上がりました。」

民主党本部に工事の予算復活を求めたのは、先の衆議院選で地元選挙区では敗れたものの、比例で復活当選を果たした早川久美子議員

008 早川氏「大臣クラスの方も副幹事長クラスの方も、私のような1年生議員の声をしっかり受け止めて下さった結果だと私思っています。」

地元住民の要望を熱心に陳情し続けたという早川議員。

地元の人「広がったのは良いんじゃないですか。」

地元住民の反応も上々だ。しかし、今回明らかになった民主党の予算配分。いわゆる個所付けには大きな問題があるという。そう語るのは選挙区で早川議員に競り勝った自民党の平沢勝栄議員。

平沢氏「予算の個所付けですね、予算配分。これはすべて選挙対策。地元の民主党の議員から上がった(陳情の)所はつけますよと、それ以外の所は一切相手にしませんよと、こういうやり方でしょ。」

自民党政権時代、国土交通大臣を務めた金子一義議員も

010 金子氏「民主党、俺たちが取ってきたぞと。

俺のいう事を聞けば予算が付くぞという事を政治的に利用しているという、利益誘導政治にあたるんじゃないかっていうんで、、」

つまり、民主党は選挙に勝つ為、なりふり構わず予算を利用しているというのだ。

Q.民主党議員の口添えさえあれば、その事業の凍結したものすら解除される?

  金子氏「ありますね、現に前原大臣の所でも凍結をされた所、それも民主党議員の地方からの要望で復活したという事例が今回あっちこっちに出ました。」

東京都に限ってみれば、先の選挙戦で選挙区を自民党に明け渡した2ヶ所の地域で凍結候補となっていた道路工事事業に予算が復活している。そして金子議員は民主党が国の予算を選挙の為に利用している証拠があると指摘した。

去年、民主党が幹事長室に一本化した陳情ルール。そのルールの中に明らかな証拠があるというのだ(CMへ)

民主党が予算を選挙の為に利用している証拠、それは・・

012013金子氏「民主党の幹事長室に上げてくる情報については、

誰から上がってきたのか、誰が要望してきたのか、その要望してる人は民主党を応援しているのか、してないのか、あるいはこれから参議院選挙で応援するのかそれを全部(書面に)記入させてるんですね。」

金子議員によれば、民主党幹事長室に上がる陳情には、陳情の内容以外にも、民主党を支持するかどうか書面に明記しなくてはならない決まりがあるというのだ。そして・・

金子氏「そして、民主党を応援しないと予算はつけないっ!」

こうした自民党議員からの指摘に対し、民主党の馬渕国交副大臣は・・

015 馬淵氏政治的な一切の行為

あるいは恣意的な判断というのはございませんので、ここは胸を張って申し上げたいと思います。」


.

(VTR終了 スタジオへ)


(ここから流れはそのままで要約)

赤江アナ「この問題、新政権になってから陳情・要望は幹事長室に一本化という事になり、そこで浮上してきたのが、この個所付けか。」

017 018所氏「はい、箇所付け自体は、

これまでの旧政権時代からあったが、

民主党の陳情ルールというのは、

都道府県連でまず要望を集約して、

党本部・幹事長室で精査したものを政務三役などに上げ、それで予算の配分がどういう風に反映されるかっていう事になった。.

『都道府県連からの政策要望の提出方法』というタイトルのペーパー、ここには団体の報告書の書き方、という所があり全部で14項目ある。ここに一部抜粋してまとめたものがある。

例えば、履歴で、今までの民主党とのお付き合いで選挙支援があったかどうか

特記事項で、支持政党や選挙支援があったかどうか継続課題で、選挙対策上の課題を記載、つまり次の選挙をにらんでどういう課題がこの団体には残るのか・・などを明記し、幹事長室へ提出。

まさに踏み絵の要素が入っているんじゃないかと指摘する向きもある。」

赤江アナ「若一さん、民主党とお付き合いはどのくらいかと聞く必要があるのか。」

若一氏「まぁ、自民党も同じような事をやっていたが、ここまで露骨に文字にしてはっきり出すか出さないかの違い。10年くらい前に鳩山さんが民主党代表時代、『個所付けは省庁で決めるんじゃなくて、国会で議論すべき』と自身が仰っていた。にも関わらずこういう状態のこのギャップはなんなのかという疑問を持たざるを得ない。」

016アナ 「三反園さん、本当に選挙の為というのがかなり見えてきてしまったが」

三反園氏「見えてきてしまった。昨日ある民主党議員と話をしたら、『まぁ昔は上手くやっていたが、あまりにも露骨過ぎてやりすぎた』と認めていた。(党内からも?)  そう。で、陳情に行っても、自民党支持か民主党支持か迫って、自民党支持というとお帰りくださいという感じ。ある意味で露骨過ぎる

しかも、議員が仲介するとお金が上積みされるとか、選挙事情(基盤)が弱いとたくさん公共事業を持っていったほうが良いだろうという形で、非常に分かりやすい。

しかし、露骨過ぎるので、、もともと問題なのは、まだ予算時代は審議して決まっていない。決まっていないものをもう決まったかのような形で報告する事自体、国会軽視で今問題になっている。」

赤江アナ「荻原さん、こういうのを聞くと、コンクリートから人へというのが何だったのか、選挙の為に霞んできているが、、」

荻原氏だって私たちは何で民主党を選んだかっていうと、その理念に共鳴したわけですよね。その理念は何だったかというと、皆から集めた税金を無駄にしない。で弱者に底上げをする。そういう所に行くはずなのになんで選挙の為に使われちゃうんだろう。非常に怒りを覚えますよね。」

若一氏「これ三反園さん、今仰ったように、だいたい自民党政権下では個所付けは予算編成が終わった4月頃だったが、今、この段階でチラッと馬渕さんの辺りから出てきてしまっている。これは漏えいではなく、敢えて出して、このようにしないとダメなんだと誘い的にやってるという事はないのか?」

三反園氏「(笑)そうですね、そういう気もしない事はない。自民党時代私も政調会長室で個所付けを何回か見たことあるが、その時はコピーしたり紙で出す事はしない。要するに自分のとこだけメモして上手くやってたが、ここまで露骨にやるという事は、やはり選挙に向けてどっちを支持するのかという事をもう迫っているような感じがする。」

赤江アナ「大沢先生、ずっと国会議員の地元の利益誘導という政治の仕組みはなかなか変わるもんじゃないのか」

大沢氏「これが政権交代の意味だろう。政権を握っているものはこういう本質を持っているんだっていう事だと思う。自民党よりは品が良かったから、それが分からないようにしていたが、これ本質がハッキリ分かるようになった

例えば小沢さんは、鳩山さんの所に行って『このままやってよろしいですか』『いいですよ』といったが、普通民間はしない。不始末をやった部下は上司に進退伺い『辞めるべきでしょうか』というのが普通。常識ではなかなかやらない。」

三反園氏「でも、今回の場合分かりやすくした方が政権にとってプラスだと思ったのではないか」

大沢氏「でしょうね、だから小沢流だと思う。これ田中角栄さんだったら、どっちも全部受け入れ、話を聞くと思う。まぁそうじゃない所が分かりやすい。」

(地方分権を進めて、国会議員の数を減らした方が良いというまとめ 略)以上

・‥…━━━・‥…

テレ朝は他局よりこの個所付けの問題は,徹底的に批判しますねぇ。あと自称・経済ジャーナリストの荻原氏の民主党批判、初めて見ました(苦笑)

大沢弁護士の自民党よりは品が良かったから、それが分からないようにしていたが、これ本質がハッキリ分かるようになった は的を射たコメントかと。

「選挙の為なら何でもやる」って、民主党・オザワの本質じゃないの?!今頃知ったような事言う人は、コメンテーターの資格なし。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年10月06日09:54吉永みち子の死者に鞭打つコメント【スーパーモーニング】

吉永みち子のコメントだけでも読んでください!あとは流れで。

※吉永みち子のコメントは正確に文字起こししました!!

昨日のテレビ朝日【スーパーモーニング】の中川さん父子への吉永みち子トンデモないコメントと、

(前記事とダブるので、)中川昭一さんと鈴木宗男氏の後継者の座を巡る骨肉の争い部分のみ抜き出して記録します(青字はナレーション)
・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

まず「タカ派で強面のイメージだが、非常に繊細でお酒を飲んだのではなく、飲まれていたのが今回の死に繋がった」鳥越氏がコメント。

アナ「・・・・実は結構繊細で生きて来られたってとこもあったみたいですけどねぇ。」

046吉永氏「うん、あのー、宗男さんが出てくるとやはり、お父さんの事を思い出してしまって、お父さんの事から何があったんだろうという風に、またこの謎めいてきてしまうんですけどね、

あの、やはりああいう風に、お酒を飲んで酩酊してはいけない場面でしてしまうって事自体が、
中川さんの弱さの証明だったんだろうという風に思います
し、

やはりその器、、大変重い器に、この気の弱さで乗っかったことが、あのーすごくご自身自身をドンドン追い詰めていってしまったって事かなぁと

やっぱり政治家って宗男さんと対称的でね、何があってもどっこい生きてるって、生き抜くって言う強さはなかったのかなぁっていう気はしますけどねー。」

鳥越氏「親子二代に亘ってなんとなく、ちょっと悲劇的なアレだよねぇ、死に方だと思うねぇ。」

-VTR-

(町の人の声等 略)

元々銀行マンであり、普通にサラリーマンの道を歩んでいたかもしれない、その彼が政界入りしたきっかけは父親の死だった。

026担当医「死因は憶測だが、急性心筋梗塞

1983年1月 昭一氏の父・一郎氏が、札幌のホテルのバスルームで心配停止の状態で見つかった。

発見当時は死因は「急性心筋梗塞」で病死とされたが、 

首を吊っての自殺と判明。

Q.「今のお気持ちは?!」

中川氏「勘弁してください」.

027父親である一郎氏は

「北海のヒグマ」と言われ、

自殺した前の年には総裁選に出馬。

しかし結果は、予想以上の惨敗を喫し・・


047  ストレスが溜まり睡眠薬を服用していたという。







048 父親の跡を継ぎ昭一氏が出馬する事になった。

しかしここで大問題が浮上。


.

.

028当時中川一郎氏の秘書だった鈴木宗男氏が、

同じ選挙区から出馬を表明したのだ。.

.

.

.

029 石原氏「鈴木君と言う人物は

非常に秘書として高く評価していましたが、

彼の人格には疑義を感じます。」




030

一郎氏の金庫番と言われた

宗男氏と昭一氏の間で、

金銭トラブルがおき、対立した。

.

.

031

大木氏「昭一さんが出る、

宗男氏も出る。

お互いがライバルになったわけですよね。

身内同士の争いになって・・」





050  中川氏「日本一寒いこの選挙区で、

日本一激しい戦いを

ただ今から始めさせていただきます。」

.

.

052

地盤を受け継ぎ、父の弔い合戦という事で昭一氏、有利と思われたが、




宗男氏は、秘書時代に培った人脈を生かし、

強力な後援会を作り上げた。

車からはみ出るのでは思われるパフォーマンスを展開。

1983年、昭一氏、宗男氏、二人とも初出馬で初当選を果たした。

003 そして、昨日、訃報を聞いた鈴木宗男氏は、

「この政治の世界、私自身の経験も含め、厳しいものだと言う事ですね。」






039 一郎氏が亡くなった後、

中川派を受け継いだ石原慎太郎氏が代表になり、昭一氏も加わった。

父親も農水大臣を経験した事もあり、農水系有力の議員として頭角を現した。


(内閣での経歴 前記事とダブるので中略)

040・・・次期総裁議員の一人とまで言われた。

タカ派議員として知られ、

毎年靖国神社に参拝した。




041

.また、拉致問題には積極的に取り組み、

拉致被害者の救出活動に尽力をした。

横田滋氏「熱心にやって下さって、

ご冥福を心からお祈りしたいと・・」

政界のサラブレットとして エリートコースを歩んでいた昭一氏。

042 しかし今年2月イタリアでの、

あの会見で大きく歯車が狂ってしまう。

(映像)

世界中に朦朧会見の様子が伝えられ、 

責任を取る形で閣僚を辞任した中川氏

「皆様方の為に酒を断つ。」

しかし、有権者の怒りは激しく、さきの総選挙では比例復活もならず落選した。

「私には何の力ももうなくなりました。」

父親から45年間以上続いた選挙区を失ったのだ。

043 そして昨日飛び込んた昭一氏の訃報。

父一郎氏は57歳で亡くなり、

昭一氏も56歳という若さでこの世を去った。

大下氏「中川昭一氏が中心になって、

今度こそ保守再生をしなければいけないリーダーの中核の一人だったんです。

今回死によって無念にも倒れたって事は、

自民党にとっても最大の危機です。」.                          

(VTRおわり スタジオへ)

045

(あとはグダグダ、親子の共通点・中川さんが弱かったという話・・)

アノ三反園も一応人柄の良さと明るいお酒だったと言い、

松尾氏もエピソードを紹介し、「気さくな良い人だった」話をしているのに・・

アナ「選挙中、断酒宣言というのはありましたけど、お酒というのは復活してた・・」

「あの時恥を晒した時、奥さんにがんばれーって声かけられてたのが印象的で、弱いけど、家族に支えられていたと思うと、ご家族の事を思うとつらい」と鳥越氏

044

吉永氏「うーん、みんなにこう支えられてはいるけども、

一人になるとやっぱりこう、

その自分の弱さがこう出てきてしまうというね、

で、どちらも総裁選と衆議院選の二つの選挙に敗れているという、これ似てますけれど、

背景にもうひとつそれぞれが背負っているものがあるんですよね。

それに対してそっちの方がその結果これなんですよ

でもこのことに対して、状況を受け止める力乗り越える力という、これ私は政治家にとって一番重要なファクターだと思うけども、この二つ共にこの親子は欠けていたのかなっていう気がしますよね。」

アナ「あのがんばれーっていう声もその弱さがあったからこそなんだなっていう気持ちもね、、」

鳥越氏「そうかもしれないね、そうかもしれないね。うん、うん」

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

なんですかーこのコメントは(呆)

普段から、この吉永みち子は口角泡を飛ばして、人の(特に麻生さん、中川さん、安倍さん)の悪口三昧だけど、、時をわきまえよ!! 
こういうのを、死者に鞭打つっていうんじゃないですか?!

弱い弱いって、バカにして!・・・中川さんはアンタらと違って国を思う優しい人だったんです。

元競馬新聞記者で元ゲンダイ記者の吉永みち子は人間失格。

こんな国を思う人をバカにして、いっつも民主党擁護ばっかしてて汚いよ。

人間、いちからやり直せ!!!

コメンテーターなんかホントいらないっ。日本の害でしかない。


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   






2009年07月29日12:17橋下知事発言、民主党マニフェストのバージョン2 

テレビ朝日【スーパーモーニング】で、民主党マニフェストに関しての、橋下知事の発言の変化を取り上げていました。(青字はナレーション)

きのう午前10時頃の会見では・・・

橋下知事「地域主権といってる割には、本当に地域主権を目指されているのかどうなのか、非常に疑問ですね。」

「結局、地方に権限を渡したくないのかな? 国の形は国会議員が決めるんだというなんかそういう本質的な意図をすごく感じましたね。」

「民主党さんはかなり自信をもたれてるんじゃないですか?だからそのーいちいち知事会の評価とか僕らが言ってきた事に関して、敏感に反応しなくてもいけるっていう風に踏んだのではないかと思いますけどね。」

(きのう朝、橋下知事が指摘したのは地方分権に関するマニフェストの記載について、自民・公明・民主のマニフェストを採点し公表、最重要項目が「国と地方の協議機関」の設置する事だったがー

橋下知事「要は国と地方の協議の場、これは最初"インデックス"の方には方向性が出ていました"マニフェスト"では完全に落ちてましたねー。」

001 (マニフェストの骨子となった
政策INDEX2009
そこに記されていた、
『国と地方の協議の制度化』についてはマニフェストでは無くなっていた


橋下知事が指摘した”協議機関問題”、
しかし半日後には意外な結果が待っていた・・・)

夜7時頃には、態度が急変

橋下知事原口民主党ネクスト総務大臣とお話させてもらったんですが、マニフェストはバージョン2が出ると、バージョン2協議機関の話が盛り込まれるということで・・・」

(橋下知事が民主党に確認したところ、後日修正されたマニフェストが作成され、そこには「国と地方の協議機関」がしっかり記載される予定だという。

・公明党も既にこうひょうされているマニフェスト間中で「分権会議」(仮称)として法制化を確約。

・自民党も31日に発表されるマニフェストの中で”国と地方の協議機関”について記載される見通しだ。)

橋下知事「だから、協議機関の設置が3党みんな設置になるのであれば、次は地方に、どういう権限まで与えてくれるのかって所が、ポイントになるのではないでしょうかねー。」

002 その後スタジオでは、後だしジャンケンごっこだとか、

自民の批判非難は聞きたくない。
ピーアール合戦にして欲しい。と談笑

ついでにその流れで、鳥越氏、三反園氏、森永氏の自民党のバラマキ徹底猛批判のお決まりパターンでした・・

民主党マニフェストは、大々的にぶち上げたけど、
ちゃんとした最終案ではなかったんですね~。

テレ朝日の川村コメンテーターなんか、発表後、
「ホテルの大会場に、既に総理大臣になったかのような、、いやそれ以上の人が集まって、外国人記者、特に中国・韓国人記者も大注目でした!!」  なーんて言ってたのに、あーあ。

一発目で様子を見て、声の大きい人達の意見を取り入れる作戦!?

でも、まっこれもいいと思います。

公示日までは、よその党の良い所を取り入れて、切磋琢磨してベストな政策を練り上げる事が、日本の為の選挙になると私は思っているので。

批判するなって言っても、閣僚に質問してるのは記者ですよね!?
あのマニフェスト見て、褒めるわけないじゃないですかー。

その映像にかぶせて、マニフェストも出してないくせに批判だけしている。とコメントするのって卑怯じゃないでしょうか。

後出しだー!とか、まだ出してないくせにー!というコメンテーターの、勝ち負けだけに拘るだけのその姿勢は、どうなんでしょう。




2009年06月28日11:07【#国立メディア芸術総合センター】≪アニメの殿堂に関する調査報告≫【スーパーモーニング】

テレビ朝日【スーパーモーニング】の「ちょっと待った総研 第5回」で 
"アニメの殿堂に関する調査報告"というのをやっていました。

かなり悪意のある企画で、野党の言い分の方をクローズアップ。いつもの事ながらのわざとらしい「えーーっ!?」「うっそぉー!?」失笑まがいのヤジ等の雑音は、鬱陶しいので全部カット。内容だけレポートしました。

014

"国営マンガ喫茶は必要? 各党に本音を直撃!"

玉川徹氏「私だけじゃない。「永田町がちょっと待った!」と言い出した。」
国立メディア芸術総合センター(仮称) 117億円 これ補正予算で通ってますから。通ってる。お台場が候補。今年中に着工。で、2011年度開館です。あと2年です。

これ鉄筋コンクリートだと思うんですよ。一年半ぐらいかかると思うんですね。そうするともう土地とか決めないと間に合わないと思うんですよね。お金を使い出さないと間に合わないと思うんです。そういう風な状況なんですが、4,5階ぐらいの感じで。
木造じゃないんですから、時間かかる。こういう風なものが、今もう執行されようとしているわけです。」「一応ですね、この予算を提出したのは政府です。政府の反応ってのをもう一回確認しておきましょう。」

001麻生総理思いつきで出したわけじゃない。」

笹川総務会長「アニメは日本が最先端。批判は正しくない。」

川村官房長官「天下りも赤字補てんもしない。誤解がある。」 

塩谷文部大臣「野党が揶揄しても予算は実行する。」

(批判のちゃちゃがいっーーぱい)



玉川氏
「これに関して、野党与党、それぞれの話を全部聞いてきました。」

002 国民新党「業界への思いやり・・・?」


「今回の補正に盛り込む事業ではない」

Q.「なぜハコモノに発想がいくのか?」
「無駄な公共事業をやるのと同じ話。
大手のゼネコンなどが仕事を欲しがっている。」

「"特定の人たちに仕事を作る"という意味が当然あると思う」



003

日本共産党「117億円もあるのなら・・・」


Q.「共産党はあの建物をどう考える?」

「反対です。野党が母子家庭の生活保護の加算の復活法案を出した」

「これが初年度約90億円の予算が要る」
「アニメの殿堂を作るなら母子家庭に税金を使うべき」



004 社民党「あの施設でやれば良い」


Q.「アニメの殿堂は是か非か?」
「非!」
「あちこちあまっているハコモノあるやんか。そこでやったら良いと思う活用して」

Q.「例えばどこか?」
私の仕事館だって全然ウケてない」
「あんだけ問題になったわけでしょ。あんな建物つくって。あそこにしはったらどうか」
「発想が露骨に今までの自民党的な(爆笑)みんなが『アカン』と言うことを見事に、パーフェクトに美しく表現している。麻生さんはアニメの殿堂話で。入れるアイデアもないのに箱だけ作って愚の骨頂
『さすがお見事!麻生さん!』って感じ(ひきつりながら爆笑)」

玉川氏「まっ今んとこ、こういう風なお話が聞けてきたわけですけれども」(パネルをめくりながら野党の言い分を繰り返す)

006 ちなみに 私の私のしごと館は・・・
来年8月までに廃止  建設費581億円 もとの土地代約150億円 現在37億円ー解体費用29億円=8億円








玉川氏「だったらこれ使った方がいいんじゃないかってことで、と思うんです。
いっぱい原画もここに置けると思いますよ。ものすごーく広いんでね。」

007 さらに予算に重大な疑問!
民主党「官僚のお手盛り海外視察に異議あり!!」


「国立メディア芸術総合センターの予算は昨年度かけて検討し、今年度も検討する研究会が立ち上がっていた。本予算に『調査のための海外出張』がついている」

Q.「何をしに行くのか?」
「よくあるパターン、調査研究費の名目で予算をとり、実際にそんなにお金の使い道はない。例えば報告書を作ってもそんなにお金が掛からない。勉強会で講師の謝金を払ってもお金は掛からない。そうするとよくあるパターンとしては、海外出張でお金を使うということをやるんですね。今回もその予定をしていた。」

Q.物見遊山な感じなのか!?」
「その可能性は高い」

玉川氏「これですね、今回のポイントです。ここがね。」

011

「本予算『海外視察旅費』ヨーロッパに2人官僚が行きます。ひとり61万使います。アメリカに2人行きます44万使います。日当、宿泊費、支度料掛かります。全部で579万円使いますって予算が計上されているんですよ。」

大谷氏「アニメは日本が最先端って言って、海外で何見てくるだよ!?」

リポーター「まーさに、だから、ちょっと待った(シール剥がし)なんですよ。これ海外視察、仮に必要だとしたらこれをどういう物を作るのかを、考えるためにその調査研究の為に行くわけでしょ!?これ行ってないのにこれ作ったってことは、これ(海外視察費)そもそも必要なかったってことじゃないですか!?

だから、これもしかしたら物見遊山!?(シール)なんじゃないのと。

で、ちょっと調べました。予算っていうのは財務省が査定をするわけです。省が出してもこれだめだと言う風な話になるわけです。これどうなのかと思ったら、予算っていうのは大枠・中枠・小細ってあるんですけど、大枠・中枠はちゃんと予算をチェックするんですって。だけどこういう500万円台っていうのは省の勝手らしいんですよ。だからまあちょっと海外視察でも行くかと、ふたりぐらい。それもヨーロッパとアメリカっていうのがまた笑えるんですけど(笑)、こういうとこちょっと行ってくるかと

小木アナ「日本のアニメが、本が置いてありましたなんて写真撮ったりとかして、で、海外でももこれだけもてはやされてますなんて(爆笑)」
玉川氏「大体、2人とか行って、何を(笑)何を視察してくるっていうんだ(笑)僕は思うんですけど、こういったもの(物見遊山)があちこちであるんでしょうね。多分で、私これに関して、文化庁芸術文化課に聞きました。当然言い訳してくると思ったんですよ。」

「調査予算と建設予算が同時についている矛盾に関してはご指摘の通りかと・・」(爆笑)

玉川氏「文化庁って素直なんだなって。(笑) なんかおかしいかなって文化庁も思っちゃっているわけですよ。おかしいかなと文化庁も思ってるわけです。大丈夫なのかと。」

大谷氏「(笑)ちょっと自信失って来てんじゃないの!?」

玉川氏「じゃあ民主党はどうなのっていうと、当然・・NOなんですが」

細野氏「減額補正を出す!!」

玉川氏減額補正を出すと。減額補正ってなんだと!?」

減額補正・・歳出カットする補正予算。閣僚決定や国会審議が必要。

玉川氏「つまり、今回補正予算で117億円ついているわけですよ。これは本予算ではつけなかったけど、補正予算でプラスで付けます。というものは逆に補正予算でマイナスすることも出来るんですって!だから予算委員会を開いて減額補正しましょうと。」
「それに関しては野党それぞれの方、国民党・共産党・民社党 みんな賛成している。

だから野党はこれに関して減額補正をすると言っているわけですね。じゃあ、自民党与党はどうなんだと。」

012 自民党「無駄遣い撲滅PT」河野太郎

Q.「与党のPTに(文化庁から)どんな説明が?」

「これは文化庁の検討会で検討してきた と具体的に何をどう展示するのか。漫画を図書館のように置くのか。原画を展示するのか。アニメを収集するのはわかる。それをどう展示するのか。それがどう役立つのか、中身の説明ができない」

Q.「できないんですか?」
「できなかった。補正予算を出す前と公益法人のヒアリングと今回の後悔ヒアリングと3回話を聞いたが、3回とも情報発信ですと。どう情報発信するのか。どう展示するのか、答えはありません。」
Q.「予算は成立してしまったが?」
凍結する事ができる、去年チームでいくつも予算を凍結している。凍結する事ができる。」
Q.「具体的に凍結するとは?」
「(予算を)執行しなければいい
Q.「政府が決めた予算を政府が執行しない?」
「政府が執行しない」

「これ、どういう事かって言うと、政調会長に執行停止を求めた(11日取材)ということ」

執行停止・・予算はそのままで総理や担当大臣の通達などで使うのを止める。

玉川氏「(その後納得できなかったら止めるという事で、どうなったか聞くと)まだ説明がない。ここに納得できる説明を持って来れないんです!納得できないんで、だから今、止まっている状態です。河野議員はもう持って来れないんじゃないかなっていう話をされてます。」

公明党は予算が決まってから「コンテンツ産業推進PTを作った。緊急経済対策ってことで文化庁次長に話を聞いたが、「生煮えだったと」」

玉川氏「じゃあ、生煮えの予算で117億じゃあ決めてんですかって話。なんであとから見直すと。何のための国会ですかって話ですよね。」

「で、文化庁に改めて聞きました。もう一回」

芸術文化課「理解していただけなかったのは残念。早期の完成を目指し努力してまいりたい」

013

玉川氏「みんな理解してないですよ。ハッキリ言って!やるの!文化庁はやるの!」

それぞれ「えーーー。」「もう努力しないていい」・・・・

玉川氏今日のポイントです。予算が決まったあとで異論続出ですよ。異論続出。じゃあ国会なにやってた!?  異論続出どころかもう四面楚歌ですから!!永田町は!もうどういうことですか!」

大谷氏「やっぱり河野さんがおっしゃったように執行停止をさせるべきですね」(そうですそうです)「これは政調会長の腕の見せ所ですよ。あれ止めましたと。これは選挙前にみんな注目しているわけですから。冗談じゃないよと。特に共産党、母子加算の問題とリンクして、これはねぇ23000円が無くなった方って大きいですよ。」玉川氏「本当に生きる死ぬの問題ですよね」

木場氏「アニメの製作者の方々本当に厳しい状況で働いてらっしゃるので人材育成のほうに回した方がよっぽどいいですよね。」
赤江アナ私のしごと館の使い道すら決まってないじゃないですかっ!どうするんですかっ!」
山口氏「これは氷山の一角ですよ。全部同じパターンですから」
玉川氏多分ハコモノ作るときは、みんな海外出張に行ってんじゃないかな~と僕は今回、思いました。」赤江アナ「あーーもうね、"大ーーいにちょっと待った"  でしたねっ」
長嶋一茂「玉川さん、是非ね。野党の方に諦めないで、麻痺しないようにお願いしたいなと思いますね」玉川氏「ずっと見張らなくちゃいけないです。僕らはね」「見続けましょう!」

最後の方は、みんなしかめっ面で怒のコメントやヤジ。どうですか!?もうアホらしい・・ 

緊急補正で通っちゃったから、本予算に視察予算上げてたのはしょうがないと思うけどなぁ。わたし的には、海外視察もっと行けって感じ。

もう、この調査報告、ビックリです。ハコモノ=ムダという概念しかないから、取材が偏ってる。将来の世界へ向けてのソフトパワー戦略、見落としてますよ!

マンガやアニメを見くびりすぎー。≪カテゴリー国立メディア芸術総合センター 

「最後のポイントで国会は何をやってた!?」と言ったけど、
じゃあ、先日の党首討論での麻生総理の「ソフトパワー戦略」の話、アナタ達聞いてた!?と言いたい。«党首討論、マスコミが報じない部分 »

でも、世界中のクールジャパンの流れが分からない人たちには<理解できない・しようとしないのだとも思いました。

24日に古屋圭司議員が、ニコニコ動画でこの事に関して喋っているそうなので、動画の上がり待ちです。
どうしてこういう人の所に取材に行かないかなぁ・・古屋議員ブログ古屋圭司通信

ただ、今回の話で図らずも社民・辻元
氏が言ってたけど、「私のしごと館」の利用アリかも~とずっと思ってました。交通の利便性については分からないけど^^;だって規模がデカーーイんだもん♪ ちゃっちいのじゃダメなんです。日本のソフトパワーの発信基地だから。

なんだかんだ揉めて「私のしごと館」がゲットできたらラッキーかも(☆。☆)


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年05月14日22:04政治評論家4人がみた小沢一郎 その2 【スーパーモーニング】

前記事の続きですが、長いので拾い書きします^^;

小沢代表辞任を受けての政治評論家による生激論

-ポスト小沢は!?-(テーマ)

岩見隆夫氏「小沢さん、本当に裏舞台に回れば良いけど目立ちすぎるね。」

上杉隆 「・・・封じ込めたって言うより異論続出で延長して、特に期日に関して。いくらなんでも短すぎると。自民党のほうがよっぽど開かれている。安倍さん福田さんが突然やめて総裁選やって、テレビ含めてとこワイワイやりながら地方の議員も自民党員も投票できた。ところが民主党今回は国会議員だけだと。」

三反園氏「小沢さんの本来の姿に戻っていて、鳩山さんにする為には、できるだけ短くしたい。・・・」

新聞は小沢院政体制に批判的。国民の評判は悪くなる。メディア戦略が無さ過ぎると鳥越氏。

岡田さんはいろんな意味で良くなった。しかもクリーンなイメージ。取材をしたら7:3で鳩山さんだと三反園氏

(民主党の体制等の解説)

浅川博忠氏「(小沢さんは世論の動向は受けたくない)小沢グループってのは火事場のバカ力で、だから尚更短期で決着つけたい。それに対して異議がたくさん出た。」

(岡田さんがなったら、世襲問題で有利。消費税は3%上げる。)

岩見氏「・・・新代表は今度の総理になる確率がかなりある。民主党はほぼ倍増する自民党は2/3くらい減る。これは確定的。上り坂の民主党と下り坂の自民党ですから、民主党の代表が総理になる可能性が強いそれでも民主党だけで政権の運営は出来ない。野党連立でも出来ない。そうすると政権構想をどうするか、このふたりがどう言うか。岡田さんは政権再生反対論者、もともと。」

防衛政策について)岡田さんがなったら、よりタカ派に行くことはないか? 前原さんと仲間? と森永氏

伊藤氏岡田さんは集団的自衛権反対。割とリベラルに近い前原さんとは仲間じゃない。(笑)」

ー街の声の映像・・・女性は全員岡田さんー

三反園氏「(自民がなってもらって嫌なのは)そりゃあ岡田さんですよ。総理大臣になる第一条件は何かというと、見た目・雰囲気なんですよ。しかも女性にモテること。岡田さんはその二つを満たしてますから、自民党にとっては非常に怖い存在。」

小沢さんは鳩山・岡田が組むことによって政権交代できると考えていると三反園

岩見氏政権交代なんていうけど、すっきりした政権交代なんてありえないんですよ。今回は。そんなことは出来ないんですよ。」

浅川氏どっちが勝っても2、3ケ月で行き詰まる。・・・大連立で小沢・与謝野って軸が使えなくなった場合に、鳩山兄弟が脚光を浴びてくる。小沢さんが鳩山を推すってことは、そこを視野に入れている。大連立も自民党を分裂させるひとつの道になりますからね。」

上杉氏「・・・鳩山(弟)は大連立も良いじゃないかと。(兄)も(立場上)大きく反対はしなかった。視野としてそこにあるのは間違いない。」

岩見氏「一昨年やったような大連立なんてのはやっちゃいかんですよ。自民党と民主党が一緒になるってことですからね。有権者をバカにしてるようなことはやっちゃいけない。ただ中連立くらいはあるかわかんない。」

伊藤氏「小沢さんの最終目標は自民党をぶっ壊すことなんです。・・・」

(全員が)小沢辞任は民主党にとってプラスだった

岩見氏「小沢さんの院政的な、あんまり小沢さんのチカラを膨らまさない方が良いですよ。小沢さんのチカラはこれで相当落ちるんですから間違いなく。」

民主にとって誰が怖いか

伊藤氏「麻生さんの支持率が上がってますけどあれ、自力で上がったわけじゃないですよね。何故麻生さんがあまりウケないかというとバブルの頃だとウケた総理大臣になっていたと思うんですよ。ウケ狙いのとこもありますしね。・・・国民の皆さんがこれだけ真面目に考えてる時代、真面目な総理大臣が受け入れられ易い。」

森永氏鳩山さんがなる方が自民党にとって有利だって事だと思うんですけど、小沢さんは秘書の逮捕は不当だって信じてますよね。もし小沢さんの影響力を残す鳩山さんがなったら、小沢さんは政権取ったら仕返しに行きますよね。汚いカネ貰っている人っていうのは、やっぱり鳩山さんがなった方が圧倒的にイヤなんじゃないですか!?」

伊藤氏「細川政権が8ケ月で潰れた時、政権作ったらすぐ相手のスキャンダル洗い出すべきだったと。逆にやられてしまったと。・・・」

落合氏麻生さんが辞任を受けて『今何故』という疑問をていしましたが、西松建設のずーっと流れで、私たちのなかにずっとモヤのようなものがかかっていると思うんですね。それがコロッと変わって民主党が政権とってトップに来たとき、大きな嵐が起きませんか!?だって自民党のほうはあのままになっているじゃないですか。西松建設に関して。そのへんはどうなんですか!?」

岩見氏「何度も申し上げてるけど、そっくり民主党が政権取るなんて無いんですよ。どんな政権構想か言えるかどうかですよね。きれいごと言ったってしょうがないんですよ。・・・政権交代やるっていったってそう簡単にはならないんですから、現実は。」

鳥越氏「(民主党は)メディア戦略ってあんまりないなって」

岩見氏「メディアに対して恐怖心がある。」

麻生総理の秘策は-(テーマ)

三反園氏麻生さんに秘策なんかありませんよ。自民党に一番秘策があるとすれば麻生さんが辞めることです。しかし麻生さんは絶対にやめませんから。(7月まで)やりますよ。だから秘策無いんです。・・・都議選挙で大惨敗しない限りは8月に総選挙を打ってくると私はみてますね。」

岩見氏「・・・都議会、サミット後に解散。8月選挙ってのはほぼ決まってんじゃないですか。」

上杉氏「東京都議選とダブルだと言い続けてる。・・麻生さんの性格は非常にひねくれているので、・・」

浅川氏「・・8月30日に投票日」

伊藤氏「麻生さんってのは一日も長く総理の座にいたい。それを楽しみたいんだと」

選挙後の中連立に注目ってとこかな。で、そんときはポッポ兄弟が軸[E:sign02](苦笑)

それにしても、オブザーバーの森永・落合の質問はどうしようもないです。やれやれ。

三反園氏は(省略したけど)岡田さんを猛プッシュでした。しつこいほど褒めまくり。

私、岩見さんがいつもどういう論評してる人か知らないけど、中立的且つ鋭い。で、小沢嫌いとみましたがどうですか~

それに相対して浅川さん以外の連中は、ダメダメですね。伊藤氏はかな~り民主の息がかかってる。で、上杉氏はなんで政治評論家の中に入っているの??

それでも、いつものメンバー(鳥越・森永・落合・三反園)の気持ち悪い悪口大会より、岩見さんのお陰で締まった激論になったような・・・

もう以後、呼ばれないかも・・・・。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく