ムーブ

2009年10月12日11:30勝谷誠彦の正体

私が、勝谷誠彦氏を初めて知ったのは、関西ローカルの【ムーブ!】という、当時、硬派の情報番組でした。

その時、「ボクは康夫ちゃん(田中康夫氏)と長野県政改革を二人でやってきて・・」云々の発言をよくしていたので、政治に関わってた人だと思ってました。

あの頃の、ムーブ!は、かなりマトモな番組で、竹島問題を特集で扱ったり、対馬特集をやったり、大阪・京都・奈良の不祥事問題の突入スクープ証言を取ったり、アークエンジェルズ問題を徹底特集したりしてなかなかスゴイ番組でした。(但し前期だけ)

竹島特集の時には勝谷氏が韓国側から潜入取材で、竹島観光船に乗って隠しカメラで取材したりして、韓国主張の矛盾点をついたりしてよくやってたんです。

それから鳥取・島根の漁師の証言を現地レポートして、竹島のアシカ漁の事とか、李承晩ライン の解説や、漁師の漁船拿捕話の取材や、韓国が竹島周辺にゴミ捨て場を設けた為に起こった、海洋ゴミ問題とか良い題材ばかりでした。当初は・・。

その時、コメンテーターだったのは、覚えてるだけでも、

宮崎哲弥・橋下徹・大谷昭宏・石坂啓・吉永みち子・二木啓孝・やくみつる・若一・財部・村尾キャスターなどなど、ちなみに初代アシスタントは山本モナ。曜日によって、右・左かなりの幅広いコメンテーターでした。

もう末期の頃は、宮崎氏・橋下氏・上村幸治さん(←一番好きだったコメンテーター)が辞めて、テレビ朝日御用達のコメンテーター達に、番組ごと乗っ取られた感じでしたけどね。尻すぼみってやつです。

ここで最後まで残ったのが、勝谷氏だったのですが、中国・韓国ネタには真っ赤になって怒鳴るくせに、後半の芸能ニュースでカワイイ男性タレントが出るとニタニタして「徹平クンが良い~」とか言ってキモかった。そういうキャラを作ってるカンジがいやらしかった。

それに、いつも何気にする、自分の経営しているうどん屋の宣伝自書宣伝が、解せませんでした。だって、ふた言目には、自民党の利権の徹底批判をするくせに、自分だってテレビ宣伝利権じゃんって思って。

で、何が言いたいかって言うと、ムーブの時から民主大応援、自民ボッロクソに叩きまくるパターンの繰り返しだった人なのに、昨日、この動画見てビックリしましたよ。

どーも、この度の衆院選で自民党に入れた人へのメッセージらしいのですが・・

【ニコニコ動画】総統閣下が勝○氏の発言に耳を傾けるようです



ボクは政権交代論者だけど別に民主党支持者ではありませんよ。
小沢一郎さんと田中康夫さんと考え方が一致するところがかなりあるけれど
違うところもあるし。

ボクは政権交代前からだいぶ言っていました。
どうしてお前らは
小異を捨てて大同について世の中を変えることがお前らはできんのじゃボケー!!!

お前らやぞ、半年もこの国をああいう状態にしやがって

総理大臣が国連の場で日本には民主主義がなかったと
やっと日本人が勝ちましたと
日本人が誰に勝ったかと言うと
小異を捨てて大同につけなかったお前らに勝ったんじゃボケ!!
何言うてさらしとんじゃボケ

今の状況見てどう言い訳すんだよ。
あのまま自民党政権が続いた方がよかったの?
勝手に戻りなさい、どうぞ自民党と一緒に逃げなさい、どうぞ。
誰も止めないよ。

あんな下野してボロボロ崩れていってる状態になっても
あんなタヌキみたいな置物みたいな奴らが重鎮と居座っている
そんな政党とあなた達は心中したかったのですか?

いいですよ、もう一回政権交代して自民党と心中してください
ボクはこの国出ますから

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   


 



2009年04月27日12:03テレビのご都合主義

草彅騒動で思い出したんですけど、以前朝日放送でムーブ! !という番組があり、

その中の芸能コーナーで「反町隆が昔ジャニーズだったということは、暗黙のタブー」だと
リポーターが言ってました。

その時は、反町隆のイメージがあるからかな??と思っていたけど、ひょっとして事務所の方がなかった事にしたかったのかも。とふと思いました。

去年かな?? 私としては珍しく、すっごいお気に入りのテレビドラマがありました。

でも、ホームページ見てがっかり・・・・、主役がジャニーズだったから、写真がトップページの一枚しかないわけ。あとのあらすじのとこは全部不自然な絵になってて、笑いました。

視聴者のこと全然考えてなくて、事務所と局の事情、と思いました。


それと、ムーブの違う回で、勝谷誠彦氏が「東京でコメントするときは大体言う事が決められている」というようなことを言っていました。

観てても、東京の方は、局御用達のコメンテーターたちが意見を言うので、それなりにまとまってて、一方向に誘導しているような気がする。

関西系(一部だけど)の番組は、両極端なコメンテーターを対立させて、まとまらない。

でも、まとまらないのが本当であって、そこで視聴者が考える形がベストなんだと、私は思います。


ムーブつながりで、読んでほしい記事があります。

東京では絶対に流せないコメント(ブログ内記事)

テレビ局の罪を切って捨ててます。


テレビは、視聴者を向くより、もろにテレビの裏側の都合で番組作ってますよね。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   





2009年03月06日21:17東京では絶対に流せないコメント

普段、よく分からない解説の ゛財部誠一 さんですが^^;、朝日放送【ムーブ!】で超ナイスな発言がありました。

テレビの未来像と題してのコーナーで、テレビ局をバッサリ!(最終回だったからかな??)


不況による、広告収入現象で、テレビ局127局中55社が赤字、地上デジタル放送の設備投資費(業界で約1兆円)。58年の歴史の中で最悪、下半期は更に厳しい。(パネル)

財部氏「テレビは広告収入に依存した経営そのものが危機に瀕している。単純なコスト削減では乗り切れない。」

ある放送局の2007年度決算、売上高:約750億円(事業収入:約50億円 CM:約500億円) ・・・3年連続広告収入減 (パネル)

テレビ業界の重大な問題・・・同じ番組のスタッフの給料格差

テレビ局社員              製作会社の社員               

1200万円~1500万円       436万円(200万円台のスタッフも・・・)


財部氏「社員の給料を半分にしても同一労働・同一賃金にすべき!

本音を言うと、去年の11月12月でテレビ局はどれだけ格差で、派遣切りを批判しましたか。

テレビ局の経営者は真面目に聞けと言いたいけれど、日本の製造業はもう日本で新たに工場を作ろうなんて、大企業はありません。日本では雇用なんてもう増えない法律の定められる範囲の中で人員調整をやったでしょ!?

それをテレビ局は徹底的に叩いた。具体的に名前は言わないけれど、本当にヤラセに近いようなことまでやって批判してました。

その結果、自分たちがきちっとしているならともかく、自分たちだって日常的に派遣切りなんてやっているクセに、そういう企業を叩きまくって、結果日本の製造業は日本国内で工場を作らない。物を作るのはあまりにもリスクだ。

そういう状況を自分たちも同じ構図のクセに、もっと酷いクセに、そういう言論を一方的にやって、日本の雇用環境を実質的に崩した罪は本当に大きいと思いますよ。」

テレビ局は経営見直しできるか(パネル)

財部氏「企業が無条件でスポンサーになりたくなる、クオリティーの高い番組を作れ!」



良いこと言うなぁと感心していたら、アホなコメントするやつが居て、気分が悪くなった・・↓

定額給付金に関してのコメント

吉永みち子氏「給付金なんていうと貰うなんて感じするけど・・・これ選挙対策にさせたくないですからね」

実際の経済効果を、財部さんにアナウンサーが振ると

「もう配ることが決まったんだから、経済効果が出るようにみんな一生懸命使うってことで・・・、お金持ちはそれをきっけに何倍も使うってことで・・・。」

最後に、山本健治「さもしいっていったアイツね、あれ撤回せい!!誰がオマエにくれいってゆうたんや!!」と大声でわめいた。

折角の財部さんのありがたいお話がコイツのせいでぶち壊しやん。。。。コイツ最低。。。テレビに出るな!


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   

 




2009年03月03日18:20小沢氏の記事への??のコメント(ムーブ!)

朝日放送【ムーブ!】の後半、ニュースを読み上げ、コメンテーターがひとこと言うコーナーでの、須田さん勝谷さんのコメント。これはいかがなもんでしょうか??

朝日新聞 夕刊 「小沢氏側団体捜査へ 西松建設献金巡り規正法違反の疑い」の記事をアナウンサーが読み上げ、

小沢代表側の複数の政治団体は、西松建設のOBが代表を務めていた二つの政治団体から多額の献金を受け取っている。小沢代表側の政治団体関係者が、西松建設の資金と承知して受け取っていた疑いなどがあるという。

アナ「そして先ほど、小沢代表は幹部会で、献金について何の問題もない。適切に処理していると説明したそうですが、須田さんどう思われますか。」

須田さん「うん、実はこの西松建設を巡る政治資金問題というのは、東京地検特捜部が手がけたんだけれども、大山鳴動して鼠一匹すら出てこなかった。

捜査として大失敗というのが、我々事件記者での評価になっているんです。東京地検特捜部の失敗の事例だと。

そこで、引っ込みがつかなくなった東京地検特捜部が最終的に小沢氏というネーミングで、とりあえずやってみたということなんでしょうけど、

その背景にはいよいよ差し合いが始まったなと。与野党間で差し合いがはじまったなぁと。要するに選挙が近づいて 政権交代だと政治的意図が働いた可能性が高いし、

朝日新聞スクープだけど、何もこんな大きく取り上げるというね、これもある種、意図的なマスコミの取り上げ方だなぁと思いましたけどね。」

アナ 「勝谷さん、政治資金規正法違反というと、非常に民主党にとってはピンチだというイメージはありましたね。」

勝谷さん「これは随分前から週刊誌なんかで書かれてた話なので、ある意味織り込み済みなところもありますし、

これに対抗して須田さんが言ったように、今度は与党側の話ということで材料に事欠かないですから、出てくる可能性もありますよね。」


民主党関連のこの手の話には、毒舌を引っ込めるコメンテーターたちでした。


須田さんが言うように、全然大した話じゃなく特捜の失敗例なのに、たまたま朝日新聞がうっかり大きく報じてしまっただけなのでしょうか??

そして、勝谷さんの言う、織り込み済みの話で、もう済んだ話なので、この件に関してコメントもなしで、次は与党の番とは??  コメンテーターとしてこの発言はどうよ??

私は、週刊誌とか全く読まないので、織り込み済みといわれても、納得できないんですけど・・・。

ひとつの記事に関してのコメントで、どっかの方向に誘導されるキケン性があると思いませんか??

明日の各情報番組での扱いが、楽しみですね。 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく