2023年03月05日15:21国会論戦、放送法の政治的公平性めぐる(小西洋之入手)文書にサンデーモーニングの名前。松原「戦前の反省から放送局が自由に放送する事を保証するのが放送法の本質」?【サンモニ】
TBS【サンデーモーニング】で、
「国会論戦…放送法めぐる文書・サンデーモーニングの名前が」と報じていたので記録しました(青字はナレーション)
松原氏が「安倍政権下で番組の公平性を巡って政権側からメディア側に色々な働きかけがあった」と言ってたけど、圧力あったらこんな偏向報道が続くわけないでしょ!(苦笑) あと、「放送法の精神」なるものを語っていたけど、まったく的外れ😰
サンモニ ガセ文書
女子アナ野党議員が入手したという文書が波紋を広げています。安倍政権の時代に作られた総務省の内部文書とされますが、そこにはこの番組、サンデーモーニングの名前も記されていました。」
サンモニ ガセ文書2 サンモニ ガセ文書3 サンモニ ガセ文書4
立憲民主党の小西議員が入手して公表した文書、2014年~15年にかけ当時の安倍政権で総理補佐官が主導して『放送法の政治的公平性について解釈を見直すよう求める動き』があったという内容が記されています。
サンモニ ガセ文書5  サンモニ ガセ文書6
小西洋之議員放送によって届けられる政府の活動あるいは国会の活動といった民主主義の基礎がいま大きく脅かされている・・」
サンモニ ガセ文書7 サンモニ ガセ文書8 サンモニ ガセ文書10
放送法4条の「政治的公平性」について政府は、一つの番組ではなく放送局の番組全体を見て判断すると解釈しています。ただ2015年の5月、当時の高市総務大臣は「国論を二分するような政治課題については、極端な場合、一つの番組でも政治的公平性に反すると判断するという趣旨の国会答弁をしていました。
サンモニ ガセ文書9 
小西議員が公表した文書によると、当時の礒崎総理補佐官がサンデーモーニングを引き合いに出して一つの番組でもおかしい場合があるとして、総務省に対して解釈の見直しを求めていました。
サンモニ ガセ文書11 サンモニ ガセ文書13 サンモニ ガセ文書14
文書によると、安倍総理は現在の番組にはおかしいものもあり、こうした現状は正すべきと発言されたとされています。
サンモニ ガセ文書12 サンモニ ガセ文書15
文書では礒崎氏と総務省とのやりとりが記録され、高市大臣の国会答弁へと繋がる経緯が記されています。その中には高市大臣と総理の電話会談の結果などとする記述もありましたが高市氏は・・
サンモニ ガセ文書16  サンモニ ガセ文書17
高市早苗大臣文書の信憑性について私は大いに疑問を持っております。全くそれは捏造文書だと私は考えております」
サンモニ ガセ文書18  サンモニ ガセ文書19
小西議員仮にこれがねつ造の文書でなければ大臣、そして議員を辞職することで宜しいですね?! 
高市大臣「あのー結構ですよ
サンモニ ガセ文書20 サンモニ ガセ文書21 サンモニ ガセ文書22
一方、松本総務大臣は文書の内容について「精査が必要」という認識を示した上で、「放送法の政治的公平性については番組全体をみて判断するという従来の解釈は変更していない」と説明しました。また礒崎元補佐官は総務省と意見交換した事を認めた上で、『補充的説明をしてはどうかと意見した』とツイッターに投稿しています
(スタジオトーク 松原氏のコメントがグダグダなのでやや要約)
サンモニ ガセ文書23
関口宏氏「うーん、何でこの話が今また出てきたのか…ちょっと私にはよく分かりませんが、松原さん、どうみます? 」
サンモニ ガセ文書24
松原耕二氏「小西議員が入手したという内部文書、いま信憑性がどうかという議論が出ているので、文書自体の評価はまだちょっと難しいが、
安倍政権下で番組の公平性を巡って政権側からメディア側に色々な働きかけがあった事は色々報じられているので、少なくとも当時何があったかについては政治の側がちゃんと説明する必要があると思う。色んな事がまだハッキリしない状況の中で、
1つだけ私、是非確認しておきたいのは、戦後、放送法という法律が、どんな精神でなぜ出来たのか確認しておきたい。これがどうも曖昧になっている。
サンモニ ガセ文書25つまり、放送法というのは戦時中にメディアが政府と一体になって戦争に突き進んだ、大本営発表をそのまま流してきたその反省から、つまり政治の介入を排除して放送局が自由に放送する事を保証するものであると。
つまり、戦前の反省から放送局が自由に放送する事を保証するものであると、これが放送法の本質であると多くの専門家の見方としてあるし、私自身もそう思っている。なのでそもそものこの成り立ちというのを忘れちゃいけないし、何度も我々これに立ち返るべきであると思うし、この精神をやっぱり我々は忘れてはならないという風に思っています。是非確認しておきたいと思う。」
サンモニ ガセ文書26
関口氏「まぁ色んなご意見はね、あるとは思いますが、やはり我々は我々のこの番組の姿勢をやはり淡々と貫いていかなきゃいけないなと私は思っております。」
「公正中立」する気のないクセに「放送法の本質」語るとはねぇ(呆)それに、放送法の精神が「反権力」と勘違いしてるような物言い。
「自由に放送」と言っても「偏向報道」していいわけじゃないんですけどね!(;一一)
まぁ「小西文書」を取り上げたのけど、もしガセネタだったらヤバイので、「放送法」の話に落とし込んだ形かな
放送法文書を巡り国会紛糾 野党「個別の番組に圧力」と批判:東京新聞 )2023年3月3日 (共同通信)
 立憲民主党の小西洋之参院議員が安倍政権当時の総務省作成として公表した、放送法の「政治的公平」に関する内部文書を巡り3日、参院予算委員会の審議が紛糾した。質問に立った小西氏は「個別の番組に圧力をかける目的で法解釈を変えた」と批判。当時、総務相を務めていた高市早苗経済安全保障担当相は自身の言動に関する記述から「全くの捏造文書だ」と主張した。捏造でなかった場合は閣僚や議員を辞職するかどうかを問われ「結構だ」と明言した。
 小西氏が示したのは、2014~15年に首相官邸と総務省の担当者が協議した経緯とされる文書や参考資料など計78ページ。官邸がTBS系の情報番組「サンデーモーニング」でコメンテーター全員が同じ主張をしていたと問題視し、事実上の解釈変更に至った流れとして記述されている。小西氏は同省職員から提供を受けたと説明岸田文雄首相は予算委で「文書の正確性や正当性が定かではない」と評価を避けた。
番組に圧力かける目的って・・圧力かかったら即大騒ぎして報道してたでしょうに!(爆)
今更、この問題を持ち出すのは、安倍さんと高市さんを、メディアを味方につけて貶めようという魂胆がミエミエ。
安倍さん亡きあと、「セキュリティークリアランス」やろうとしているからか? 高市さんは完全に狙われてる。2015年にも印象操作でメディア、特定コメンテーター達に散々猛攻撃食らったし。特に岸井成格と鳥越俊太郎が目の敵にして酷いもんでした
【総裁選】#高市早苗 議員(2009年野党時代~総務大臣までの足跡と、メディアからの理不尽な攻撃)2021年09月04日
・・この頃から、マスメディアに猛烈に攻撃を受け出しました
«安倍総理と細野幹事長のネット上論争に関する古賀茂明氏の的外れコメント 【キャスト】»2013年06月19日

5b0fe643.jpg

(高市政調会長 トンデモ発言 と題し、散々批判した後・・・)
(中略)

2015年、総務大臣としてのナイス答弁
«NHK籾井会長「私的ゴルフの車代…NHKに請求」のニュースへの大谷昭宏の呆れたコメント 【スーパーJチャンネル】»2015年03月17日

・・25:30分~の高市総務大臣の答弁が小川氏へのツッコミがナイス

小川敏夫氏NHK会長はやっぱり安倍さんのお気に入りだから、そういう考えが通用する人を選んだのか?」(安倍総理の軽い反論の後)

高市総務相NHK会長の任命権は12名の経営委員会にあり、9名以上の賛成がなくてはならない。籾井会長は昨年選ばれたが、4名は民主党政権の時に任命された人のはずだが、全会一致で選ばれたもので、総理のお気に入りだからなんてあり得ないし、そういう関与を無くす為の放送法でございます。」

小川氏「手続きはそうであっても・・(負け惜しみ)」

そして、2016年「高市・電波停止発言」として、メディアと野党の無理筋の批判大合唱がはじまります。
停波については、民主党・菅政権で当時の平岡副大臣が全く同じ答弁していたにも関わらず・・です
«【放送法】民主・山尾志桜里議員「強権的な拡大解釈」VS 高市大臣・安倍総理「解釈は変えてない」【国会中継】»2016年02月16日
001_2 
005

«【放送法】高市総務相が「電波停止」に言及した件に、岸井成格「政府の関与はぜっっったいにあってはならない!」【NEWS23】»2016年02月10日
006 003

そして、TBS系・テレビ朝日系で重用されているジャーナリスト6人が、恥ずかしい会見。
もともと偏った人達なので、高市発言を「恫喝」「驚く」「呆れる」「大臣失格」と糾弾し、高市さんに恥ずかしい思いをさせなければならないとも(呆)
«「私たちは怒っています!高市『電波停止』発言は憲法・放送法の精神に反している」(青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎)»2016年03月01日

001

【高市総務相電波停止発言】「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見   2016年2月29日        産経新聞  
鳥越俊太郎は、会見で高市氏を経歴詐欺だと決めつけ批判しましたが、完全に間違いでした・・
«【放送法】『高市総務相の「停波」発言、キャスターらが抗議』。岸井氏「報道に対し威嚇して、萎縮させる目的がハッキリ・・」 【サン゙ーモーニング】»2016年03月06日
001_2  002(中略)

・・人さし指あと、鳥越の高市さんの個人攻撃右

高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文4/完・質疑応答2)

 ・・あのね、僕が言いたいことはただ1つ。高市早苗さんはアメリカの下院議員でパトリシア・シュローダーという人がいらっしゃいますが、この人はリベラルでフェミニズム運動やっていた有名な議員さんですが、そこの議会立法調査官、英語でいうとコングレッショナルフェローと言うんですけど、これを日本語訳にして議会立法調査官と言うんですが、議会立法調査官をやっていたという触れ込みで日本に帰ってきて、最初に、田原さんいなくなったんで残念だけど、『朝まで生テレビ!』に出たんですよ。それで名前を少し売ってね、そのうち自然と入り込んでいって、最後は政治の世界に入って、気が付いたら総務大臣になってる。 

 僕はね、実はよく調べてみるとですね、議会立法調査官でなくて、ちゃんとした、これは契約で給料が出る、そういう身分ですよ、フェローですからところが彼女は見習い待遇で無給で未契約のフェローで、つまりコピー取り程度の、お茶くみ程度の役しかやってないというのが現実だということは、ネットなんかでちゃんと調べればそれは出てきますから見てください。おそらく議会立法調査官のフェローになるっていうのはそれなりに経験積んでなきゃ駄目なの。それなのに高市さんはそんな経験も積まないで、ぱっとアメリカへ行って、そこに飛びこんだだけの人ですよ。  だからそういうふうで言うと経歴詐称だよね、僕に言わせれば。経歴詐称。これでもし私が名誉毀損で訴えられたら受けて立ちますけど経歴詐称なんかをしている人があんな、テレビ局の電波止めるとか止めないとかいうことを言う資格があるのかね、いうのがまず最初に僕、思ったことです。ちょっと付け加えました、すいません。・・

«6年前、「自らのボケ(認知症)」を語る鳥越俊太郎 【スーパーモーニングウェブサイト】»2016年07月16日

・・ 仮に単なる言い間違いだとしても、ここしばらくの鳥越氏の発言には聞いていてはらはらさせられるものが多いのも事実だ今年2月の記者会見では、高市早苗総務相の米議会勤務歴について「経歴詐称」と断じ、こう決め付けた。

 「見習い待遇で無給で未契約のフェロー。コピー取り程度、お茶くみ程度の役しかしていない」

 ところが、これに高市氏が議員立法やスピーチのための調査に従事し、1カ月2千ドルの研究費の送金を受けていたことを示して反論すると、弁護士を通じて回答した。

 「撤回・修正するのもやぶさかではない」

 根拠なく、高市氏を中傷していたことを事実上、認めた・・
日本外国特派員協会でも執拗に攻撃
«高市大臣の“電波停止”発言に抗議のジャーナリスト5人(大谷、青木、岸井、田原、鳥越)が外国特派員協会で会見。鳥越俊太郎指摘の『NHK番組改変問題』が全くの事実誤認の件»2016年03月25日

Ref_l

24日、高市早苗総務大臣による"電波停止"発言を受け、日本外国特派員協会でジャーナリストによる会見が開かれた。登壇したのは大谷昭宏氏、青木理氏、岸井成格氏、田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏の5人(予定されていた、金平茂紀氏はブリュッセルでの取材のため欠席)・・

「怒ってるズ」の高市批判は、本当に強烈でした。普通の人なら潰されてるレベル。・・
当時、高市総務大臣は放送法を読み上げただけなのに大騒ぎ。ジャーナリストってアホなんかな
で、アメリカの場合は、1949年、テレビとラジオに対し、「公平原則」(フェアネス・ドクトリン)を導入したが、公平原則をめぐり、言論の自由を妨げているという合憲性の議論が問われ続け、レーガン政権下の87年に廃止されました。アメリカで放送法を勉強した辛坊氏によると・・

「・・一部左派系の学者の中から「放送法第4条は、政府の干渉から放送局を守るための規定だ」という妄想学説が生まれ」・・なんです
 松原氏は放送法について熱く語ったけど、日本ではまだクロスオーナーシップ構造だし、メディアスクラム組んで、印象操作・偏向報道し放題。


マスコミが、政府のプロパガンダに加担しないのは当然!でも「関西生コン」「桜ういろう」「colabo問題」に関し、一切報道しない自由って何なの
 電波は日本国民の財産なのに、偏った情報だけチョイスし日本を貶めて批判ばっかやってるテレビはもう信用できない!あと韓国の話題ばかりだし・・
 とにかく放送法なんてどこの局も守ってないんだから、いっそアメリカみたいに自由にするか、「両論バチバチ生議論の場」にするのがテレビの生き残れる道かも。

にほんブログ村 テレビブログへ にほんブログ村 ちょっと共感!の方はポチッとよろしく 

この記事へのコメント

2. Posted by さくらにゃん   2023年03月05日 17:48
●名無し さん
>どうせ守らないなら公平の部分は削ろうという話が出た時も反発があったんですよね
メディア以外のカメラを入れる時も反対してたか

はい、放送法は守る気がないクセに、
(怒ってます軍団みたいに)いちいち大騒ぎして
1ミリも触らせないようにするテレビメディアは本当におかしいと思います。特権意識なんでしょうねぇ。
1. Posted by 名無し   2023年03月05日 16:35
どうせ守らないなら公平の部分は削ろうという話が出た時も反発があったんですよね
メディア以外のカメラを入れる時も反対してたか

コメントする

名前
 
  絵文字