2021年09月16日13:02石破茂不出馬で「小石河連合」結成。(ポエム小泉&ハニトラ石破&リーダー河野太郎)
石破茂氏が総裁選不出馬で河野太郎を推す事になり、前々から“河野推し”の小泉進次郎氏の3人が揃い、マスコミはソレを「小石河連合」と名付けました。
河野氏はなるべく党内の敵を作らないように、総花的な出馬会見してたのに、こうして磁石のように3人がくっついた事で「親中派の塊」にも見えてきました。
まずは、3候補の支持を巡る動きと分裂する議員票(スポーツニッポン新聞社)の記事紹介
自民党“人気トリオ”打算だらけ合体 進次郎氏は“ポエム答弁”「河野太郎自身が党風一新」9/15(水)
総裁選相関図 小泉進次郎環境相は14日、地元の神奈川県横須賀市で記者会見し、自民党総裁選に出馬する河野太郎行政改革担当相を支持すると正式表明した。出馬の是非を検討していた石破茂元幹事長(石破派)は出馬を断念。河野氏支援の方向で調整しており、自民党の“人気トリオ”が合体する形となった。石破氏の不出馬により、総裁選は河野氏と岸田文雄前政調会長(岸田派)、高市早苗前総務相(無派閥)の3人の争いが軸となりそうだ。
 小泉氏は河野氏について、新型コロナウイルス対策を巡り「候補者の中で唯一、コロナ対策を経験した直接の責任者だ」と評価。「これだけコロナで日本も世界も変わる時に自民党も変わらなければならない。その時に誰が党風一新できるか、答えは明らかだ」と説明した。岸田氏も政調会長時代にコロナに関する経済対策を行っている。その事実は無視し、河野氏を持ち上げた。さらに、派閥横断で党改革を目指す若手・中堅議員による「党風一新の会」の名前を持ち出して、自らは無派閥ながら若手のリーダー格と言わんばかりにアピール。随所で“進次郎ワールド”を展開した。
 党内最大派閥の細田派の“河野外し”についても言及し、語気を強めた。安倍晋三前首相が大きな影響力を持つ細田派はこの日、高市、岸田両氏を支持対象にすることを決定。小泉氏は「これは言い換えれば河野太郎は絶対にダメだということ。その一点をもってしても、誰が自民党を、日本を変えられる新しいタイプのリーダーか明らかだ」と強調した。“河野外し”の背景には、安倍政権と反目してきた石破氏との連携を進めていることがあるとみられる。これにも「なぜ石破さんに応援を要請することが否定的にみられるのか。私には全く理解できない」とかみついた
 最近では珍しく舌鋒鋭かったが、記者から「河野氏のどういった政策が党風一新と感じるか?」との質問には「私は河野太郎自身が党風一新だと思っています」と“ポエム答弁”。この時ばかりは会場に“微妙”な空気が流れた。
 石破氏が「再調査が必要」とした森友学園の国有地売却を巡る文書改ざん問題に関する質問も出た。河野氏は再調査を「必要ない」としている。“板挟み”の中で「未来に向けての課題に最大のリソースを割きたい」と述べるにとどめ、態度を表明しなかった。
 2009年の総裁選に河野氏が出馬した際に1票を投じ、昨年も「出馬していたら河野氏に投票していた」と述べ、終始河野氏寄りだったことをアピール小泉氏の“河野推し”について永田町関係者は「一時の人気に陰りが見えてきたので、勝ち馬に乗って自分が生き残るのが最善策と判断したのではないか」と指摘した。
小泉進次郎はすっかりメッキが剥がれ、「ポエム詠み」の称号が与えられ、ゲルはその優柔不断さ、本当は国民に人気が無いのも国民にバレちゃって、むしろ「後ろから撃つ人」で有名に。
そして、特定野党みたいな事まーだ言ってる(呆)
石破茂元幹事長、河野氏支援を表明 森友問題「これでおしまいではないと申し上げ、河野氏も同意した」 2021年9月15日 19時52分
石破茂 不出馬 自民党の石破茂元幹事長は15日夕に会見し、17日告示の党総裁選への出馬を見送り、河野太郎行政改革担当相を支援する方針を明らかにした。石破氏は「自民党を変えてほしいとの声に応えるためには改革を志す勢力が、二分することなく一致すべきであると決断した。河野氏を支援するのは、この改革の志が一致したこと、政治理念、国家に対する危機感、国家国民に対する使命感を共有したことが理由だ」と語った。
 また森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、河野氏が再調査しない考えを示したことについて、石破氏は「再調査はしないでおしまいであってはならない。私はこれは済んだ問題だからおしまいとの姿勢はとっていない。そのことは河野氏に強く申し上げ、河野氏もそのことに同意したと述べた。
◆小泉環境相と「思い共有」
 石破氏は「一昨日、河野氏と面会した際、今後挙党態勢を確立するに当たり、水月会(石破派)の力をぜひ借りたいとの申し出があった。私はこれを重く受け止めたい」と説明した。同じく河野氏の支持を表明した小泉進次郎環境相に関し「強く共鳴し、思いを共有している」と述べた。
 森友問題について、石破氏は「私は亡くなられた赤木さんの夫人の雅子さん、一番悲しんでいる人が理解納得してもらうことが大事だと思っている。一番悲しんでいる人の思いに寄り添わなくて、私は政治の名に値すると思っていない。そのことは河野氏に申し上げた」として、赤木雅子さんが納得するような対応を河野氏に求めたことを明らかにした。
◆原発・防衛政策で相違も
 一方、河野氏がかつて脱原発を打ち出した原発政策や、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画の撤回について、石破氏は「現段階で意見の一致をみているわけではない」とした上で「いかにして抑止力を維持するかが重要かという点では私は河野氏と認識の一致をみている。議論をする上において、意見の一致は必ずみられると思っている。原発も同様です」と語った。
ごちゃごちゃ言ってるけど、つまり推薦人が集まらず、河野氏に抱きついた格好ですね。
赤木さんの奥さんが納得するには、アノ問題を曇った目で見ちゃダメ!
«【検察リーク問題】「(赤木俊夫さん)自殺された直接の引き金引いたのは #朝日新聞 と #検察 だからね」【辛坊治郎ズーム】»2020年07月18日
«【財務省】赤木ファイル「(森友学園を)厚遇した事実はない」&上司音声ファイル「(政治家に)言われて減額するような事は一切ない」»2021年06月26日
森友学園の国有地売却問題に絡む「赤木ファイル」が22日に開示されました。
赤木ファイル2 赤木ファイル 
「疑惑がー」というなら、ゲルのハニトラ疑惑をまず国民に説明して貰おうか!
«【総裁選】#石破茂、3度の北朝鮮ハニトラ報道(週刊文春・噂の真相・週刊ゲンダイ) 【#虎8】»2020年09月02日
Imagesjzlb3g71
で、特に河野氏が危ういのは「エネルギー政策」。これでは、増々日本はジリ貧に。河野氏は総裁立候補の挨拶で、脱原発と女系天皇については封印したけど、実はバッリバリの左翼思想で、強硬な反原発派と連携・活動してた過去が(必見!)

あと、2019年1月28日、父・河野洋平と共に、中華人民共和国成立70周年日中友好団体新年会にて祝辞を述べたり・・かなり親中。で、ここに来てしゃしゃり出て来たよ!
河野洋平
この「世襲議員3羽ガラス」が権力中枢に就くと、立憲民主党と変わらない政策になる可能性も。
自民党党内でそれを分かってる人いるかな?
「小石河連合」石破氏との連携はもろ刃の剣…河野氏陣営に党員票では追い風、議員票は離反も 2021/09/16
小石河連合・・ 総裁選後には衆院選が迫る。これまでの国政選では、河野、石破、小泉3氏には選挙応援の要請が絶えなかった。石破派中堅は、3氏の頭文字から「小石河連合」と呼び、「オールスターだ。『選挙の顔』を求める若手議員も引き寄せられる」と期待する。
 ただ、懐疑的な見方も根強い。細田派幹部は「3氏が手を結んでも、支持率の足し算にはならない。敬遠する議員も増える」と語る。石破氏は、党内で影響力を持つ安倍氏と麻生氏との確執があり、議員票の「河野離れ」を招く可能性ある。小泉氏が派閥をやり玉に挙げるのは、派閥幹部の締め付けで河野氏を支持する議員票が伸び悩むことを懸念しているためとも言える。
 麻生派に属する河野氏の立場は複雑だ。河野氏は15日、石破氏からの支持について記者団に問われると「一人でも多くの方々に支援を頂けるのはありがたい」との模範解答にとどめた。
「ミサイル防衛」と「エネルギー政策」は、日本が生きるか死ぬかの喫緊の課題。
私は具体的・現実的に対策を提示している「日本派」でブレない高市早苗さんを断固支持します。
高市早苗 靖国 
で、河野・石破は、靖国参拝しないけど、どこへ配慮してるん(;一一)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



この記事へのコメント

8. Posted by さくらにゃん   2021年09月21日 10:01
● F.Y さん
河野家次男・二郎君という方、「日本端子」という会社社長ですってね。中国とズブズブの。
しかも、父洋平は大株主。太郎も一時在籍ですと(一時だけか?)
端子製造というと、ちっこい商売のように感じるけど、太陽光パネルの端子も製造ですって。中国ではさぞかしウハウハでしょうねー
>親族が中国とズブズブって、売電爺みたいだねぇ。

はい、元々中国とズブズブだから、あそこで一族がビジネスするのは自然な事だとして、
首根っこ押さえられてるのは本人も当然自覚してるでしょうね。
 問題なのは、それが「日本のエネルギー政策」「防衛政策」「尖閣問題」など、対中国政策全般に影響を及ぼす事!
 そもそもそんな人が、日本のトップとして手を挙げる事自体、「企み」を感じてしまう(;一一)
7. Posted by F.Y   2021年09月20日 11:49
小出しですみませ~ん!

河野家次男・二郎君という方、「日本端子」という会社社長ですってね。中国とズブズブの。
しかも、父洋平は大株主。太郎も一時在籍ですと(一時だけか?)
端子製造というと、ちっこい商売のように感じるけど、太陽光パネルの端子も製造ですって。中国ではさぞかしウハウハでしょうねー

親族が中国とズブズブって、売電爺みたいだねぇ。
6. Posted by さくらにゃん   2021年09月20日 09:02
●F.Y 2021年09月19日 21:47
>河野洋平が父親面して青木幹雄詣でをしたのには、理由があったんだね。
息子太郎君の非礼を平に平にご容赦を~、何卒よしなに~と。
太郎君は大先輩青木氏について、上から目線の発言をしたとか。

すっかり忘れてた!
【幹事長代理だった河野氏は党会合で「青木さんは世襲のために公募をせず、倒れるという芝居じみたことをやった」と…】
 人でなし発言だねぇ(呆)

>青木さん、カビが生えてそうなどと申し上げてすみませんでした<m(__)m>
まだ、太郎君を容赦なさっていないとか。3Aに加わって4Aになっちゃって下さい!

洋平が頭を下げたのは、あの時の謝罪も兼ねてたのね?
 でもそういうの、絶対に忘れないよね、政治家は!
5. Posted by F.Y   2021年09月19日 21:47
河野洋平が父親面して青木幹雄詣でをしたのには、理由があったんだね。
息子太郎君の非礼を平に平にご容赦を~、何卒よしなに~と。
太郎君は大先輩青木氏について、上から目線の発言をしたとか。

青木さん、カビが生えてそうなどと申し上げてすみませんでした<m(__)m>
まだ、太郎君を容赦なさっていないとか。3Aに加わって4Aになっちゃって下さい!
4. Posted by さくらにゃん   2021年09月17日 12:25
● F.Y さん
>河野洋平の父親面って、何なの?
しかも、青カビが生えてそうな青木幹雄に(呆
誰だっけ?と思いましたもん(苦笑
>太郎君の応援になると思っているとは┐(´д`)┌ギャクコウカー
太郎君も恥ずかしくないのかねー

 河野家は「自民党総裁」止まりの家系だから、又とない「総理大臣」チャンス!に、目がくらんだ【親バカ】っぷり(笑)
「なりふり構わず」ってこういう事!
あの保護者ジジが出しゃばると「河野談話」思い出しちゃって、ギャクコウカーだよねぇ👍
3. Posted by F.Y   2021年09月16日 22:17
河野洋平の父親面って、何なの?
しかも、青カビが生えてそうな青木幹雄に(呆
誰だっけ?と思いましたもん(苦笑

太郎君の応援になると思っているとは┐(´д`)┌ギャクコウカー
太郎君も恥ずかしくないのかねー
2. Posted by さくらにゃん   2021年09月16日 18:09
●反日極左撲滅家 さん
>嫌われ者のサイコパス石破茂が河野太郎氏と会談し、総裁選出馬を撤退する方針を固めました。この期に及んでまだ石破茂自身は自ら断念したかの様に表面を取り繕うとしていますが、余りにも党内の議員から嫌われていて(味方を平気で後ろから撃ちまくる、自分に賛同してくれた仲間を平気で切り捨てる、世話になった人に後ろ足で砂掛けて出て行く、後輩議員の面倒は見ない、話もろくに聞かず、頭ごなしに否定し恫喝する、面倒なことはやらない)左記のような不義理を散々繰り返してきて、誰にも相手にされておらず、自業自得に過ぎません。

その通り。その上ぐちゃぐちゃ言うだけで、何言ってるのか分からない。卑怯者の上に支離滅裂オトコなんですよ!なのにマスコミがヨイショするから勘違いしてるだけ(苦笑)

>今回、石破茂が河野議員の支援に回ったことにより、党内最大派閥である細田派は、これまで自主投票をするという考え方が主流でしたが、岸田議員か高市議員に自主投票するようにと、つまり河野太郎氏外しをする可能性が浮上してきています。大きな構図で見れば河野は大損をし、局面が大きく変わってきています。安倍麻生グループから目の敵にされている石破茂と組むという、最大の悪手に手を出してしまったことで、河野議員の立場が危うくなってきています。

はい、河野は戦略間違えましたね。ゲル加入は悪手すぎ。

>さらに森友問題は再調査はしないで、おしまいであってはおしまいであってはならないなどと寝言を言い、さらに党内で敵を増やすようなことを性懲りもなくやっています。本当にこの人物は信用なりません。

そもそも後ろから撃つ、裏切り人生の卑しい人間は、日本人が一番キライな人種です。
 政府・与党としては日本国民の命・財産を守る事で忙しい!森友調査したけりゃ、立憲民主党に行け!と。
1. Posted by 反日極左撲滅家   2021年09月16日 15:26
嫌われ者のサイコパス石破茂が河野太郎氏と会談し、総裁選出馬を撤退する方針を固めました。この期に及んでまだ石破茂自身は自ら断念したかの様に表面を取り繕うとしていますが、余りにも党内の議員から嫌われていて(味方を平気で後ろから撃ちまくる、自分に賛同してくれた仲間を平気で切り捨てる、世話になった人に後ろ足で砂掛けて出て行く、後輩議員の面倒は見ない、話もろくに聞かず、頭ごなしに否定し恫喝する、面倒なことはやらない)左記のような不義理を散々繰り返してきて、誰にも相手にされておらず、自業自得に過ぎません。そんな人間をマスコミはサムライだとかとか言ってヨイショしまくっていたのですから、笑わせてくれます。今回、石破茂が河野議員の支援に回ったことにより、党内最大派閥である細田派は、これまで自主投票をするという考え方が主流でしたが、岸田議員か高市議員に自主投票するようにと、つまり河野太郎氏外しをする可能性が浮上してきています。大きな構図で見れば河野は大損をし、局面が大きく変わってきています。安倍麻生グループから目の敵にされている石破茂と組むという、最大の悪手に手を出してしまったことで、河野議員の立場が危うくなってきています。さらに森友問題は再調査はしないで、おしまいであってはおしまいであってはならないなどと寝言を言い、さらに党内で敵を増やすようなことを性懲りもなくやっています。本当にこの人物は信用なりません。このように味方の足を平気で引っ張るなど、そのうち河野議員も後ろから撃たれるでしょう。もし再調査して、安倍前総理側に何も出てこなければ責任を取る覚悟があるのでしょうか。人を疑って誹謗するということはそういうことです。党として他にやる事あるはずであり、全く話になりません。

コメントする

名前
 
  絵文字