2020年09月24日09:49世界で進む行政デジタル化・日本・韓国・マイナンバーカードの差【ひるおび】
 
TBS【ひるおび!】(9/23)で、
世界で進む行政デジタル化・日本・韓国・マイナンバーカードの差として解説していた中で、
「デジタル先進国・韓国」の現状部分のみ記録しました(やや要約)
また「韓国見習え」かと 思ったら、問題点も取り上げていました。
指紋押捺と
住民登録番号制度が、1968年朴正煕暗殺未遂事件からだという話も。
韓国韓国では住民登録証1枚で健康保険に加入しているか、通院や薬の服用履歴などが一括で管理されている。
韓国に生まれた時点で、「背番号」がついて、国家に全部管理されてるわけです。
まぁ、「人権がー!」と大騒ぎしそうな韓国でも、大統領の暗殺未遂事件がきっかけで、そういうシステムになった訳が・・何と言っても休戦中の国だしね。
では、ここから、1968年に何があったのか?を紹介。韓国指紋押捺制度について、金慶珠の言い訳
発覚した防空の「穴」!おもちゃ無人機に韓国衝撃。金慶珠「韓国の指紋押捺制度は安保上必要。日本の差別性とは違う」 【いま世界は】»2014年04月07日aad7b495.jpg
・・また韓国にとって今回の事件は1968年に武装工作員が大統領府の裏山を突破したのと同じくらいの衝撃だという。(※青瓦台襲撃未遂事件・金新朝事件)c633bd45.jpg462515ac.jpg
金新朝我々の目的は朴正煕(パクチョンヒ)大統領の首だった。」
当時の朴正煕韓国大統領を暗殺する為、韓国大統領官邸から1キロの地点に北朝鮮工作員31人が侵入。銃撃戦の末工作員のうち28人が死亡、2人が逃亡。1人が投降。韓国側は軍人・警察官と巻き添えの民間人の計68人が死亡したという。(ソウルの空襲警報・退避訓練・地下シェルターの様子 略) 去年、北朝鮮のメディアはこんな記事を掲載していた。c5c5994a.jpg c4096b88.jpg
無人打撃機を動員すれば山を回って大統領府や首都防衛司令部を攻撃する事が出来る
これに対し、大統領府は北朝鮮の無人機が見つかれば撃墜するよう電子波撃墜装置を導入したという。
しかし今回、製造にそれほど手がかからない小さな無人機によって思わぬ欠点をさらけ出してしまった格好
4日、韓国国防省は北朝鮮全域をほぼ射程に収める射程500kmの新型弾道ミサイルの発射実験に先月末成功したと発表した(VTR終了、金慶珠氏の発言以外はやや要約)

bbb8126f.jpg08c341e6.jpg
・・金慶珠氏「(韓国の受け止めは?)正直ビックリですよねぇ。あのーいわゆる最先端のデジタル防衛が当たり前の時代、これだけ超アナログな(笑)無人機がですね、青瓦台の上を飛び超えてきたと。でー、過去にも似たようなケースが幾つかあるんですね。
で、1980年代にはその戦闘機に乗った北朝鮮の軍人がですね、韓国に直接亡命してくると、ソウルの上空を飛んで、という事もありましたし、
あと確か3年程前だと思うんですけれども、いわゆるノック亡命事件と言いまして、DMZの中で北朝鮮の兵士がですねぇ、歩いて(笑)、あの韓国側に渡ってきて韓国側の部隊のドアをノックしながら『私亡命したいんですけど』というふうに言った事がある。つまり非常に強固な防衛体制を敷いていると言いながらも、こういった穴が随所で起こっているというところにも非常に不安があるんですね、ただひとつ従来と違うのはぁ、・・」(中略)
(Q.国防省が無人機から韓国人以外の指紋を検出したと発表し驚いたが、つまり韓国政府は全韓国民の指紋を登録・把握している?)5b26884b.jpg
あー、日本の皆さんにとってみればね、一時期あのー、そのー、在日を中心とする指紋押捺反対運動というのが相当あって韓国政府も人権侵害だという抗議をしていた。なのに韓国国内では(笑)あの、韓国人全部諮問押捺しているのかとビックリされるかも知れないんですがぁ、
まず韓国がその指紋押捺という制度をとっているのはですねぇ、あの向こうは住民登録制度というのがありまして、国民総番号制度というのが、まぁ60年代、、もっと前から大々的に取り入れられているんですね。
その最大の理由はやはり安保的な理由で、スパイなど含めてですね、国民のその本人確認含めて居場所などを把握する為の必要性なんです。
ただこれが何故韓国国内では問題にならないかというと、日本の場合は日本人の皆さんには指紋押捺を強要しない。しかし外国人には在日を含めて諮問押捺を求めるというこの差別性があるんですが、
韓国の場合は、韓国の国民もそうだし(笑)韓国に居る、あるいは訪れる外国人に対しても全て指紋をまぁ求めているというところが違いますよねっ。(以下 略)

青瓦台やソウルが国防上穴だらけというのは、戦争中なのに拙いですねっ。
で、韓国の指紋押捺は「安保的理由」で必要としながら、日本は差別性があるから別物と言うのは解せません。日本も歴史的に安保上、必要不可欠だったんです!なのに・右

指紋押捺拒否運動
在日韓国・朝鮮人には、1952年に定められた外国人登録法第14条による規定で、指紋の押捺、登録が義務づけられていた。しかし日本にはスパイを取り締まる法律が存在しない為、スパイや工作員を逮捕しても事情聴取や服役の後に強制送還で帰れた
金一族金正男金正哲金正恩偽造パスポートで簡単に日本国内に入国したように外国人登録証の偽造や売買などで潜入し、偽名を使い日本で生活する者もいる。 北朝鮮工作員は、在日韓国人を拉致し、その一部を北朝鮮に密出国させてスパイ教育をうけさせた後、韓国に送りこんだ
韓国では在日韓国人留学生ら数十人が北朝鮮スパイの容疑で逮捕された事件(11・22事件)の背後には、日本に潜入した北朝鮮工作員が存在した。ラングーン事件の東建愛国号、大韓航空機爆破事件で使われた偽造の日本人パスポート小泉訪朝実現以前は疑惑扱いであった北朝鮮による日本人拉致事件在日韓国・朝鮮人と共に日本国内で活動した北朝鮮工作員の成果であった。
1974年の文世光事件では、犯人の文世光を指導し、犯行を指示したのが北朝鮮工作員であった。この事件を受けた韓国政府の要請もあり、北朝鮮工作員の摘発強化のために、指紋押捺制度は必要不可欠であった
しかし、1991年、当時の首相であった海部俊樹韓国を訪問した際に調印された日韓法的地位協定に基づく協議の結果に関する覚書で、2年以内の指紋押捺廃止が決定し、1993年1月より指紋押捺は廃止された。

なんで廃止しちゃったんでしょう・・・勝ち誇り やっぱり在日の力なんでしょうかね。

これだけ朝鮮人の工作・犯罪が多い中、安保上、指紋押捺義務化と国民総番号制は必要不可欠なので、韓国を見習って、是非復活すべきです!

ちなみにこの無人機の件、発見されてから韓国KBSでは連日大騒ぎ。

「防空の穴」を突然、おもちゃみたいな物によって突きつけらて・・、今までの数々の対南工作を思い起こせば大衝撃もムリもないか・・・。

10万円給付の時に「遅い」って騒いでた人いっぱいいたけど、
個人情報を管理しないと、行政サーピスが効率的に出来ない。
これは先進国の潮流
やましい事がなければ反対する理由はない。
まして、日本でもこれだけ朝鮮人の工作・犯罪が多い中、安保上、韓国を見習って
指紋押捺義務化は必要不可欠なので絶対に復活すべきだし、
国民総番号制も必須。
このコーナー、「保有率2割弱・マイナンバーカード・安全性の担保に不安は?」というタイトルだったけど、日本のマスコミこそが遅れてる。「デジタル庁」を全面支援すべき。む
行政サービスを効率化する為、スパイを炙り出す為に、今こそ国民のコンセンサスを得るべく正しい情報提供を!


この記事へのコメント

2. Posted by さくらにゃん   2020年09月26日 17:00
● unknown_protcol さん
こんにちは。いつも情報サンクスです☆

>>「海外反応!ILOVEJAPAN」 様の記事
『大麻を吸った韓国人、幻覚状態で大暴走! 韓国の反応。』
>で、この記事で紹介されている韓国人諸氏の書き込みの中に『この車から通帳が100冊見つかったらしい』とありまして、ヤバい事案があった模様。

いくらお金持ちでも通帳100冊は多すぎ(・・;)
「ひも付き」の筈なのに・・怪しいー。
それにしても大麻の幻覚状態って本当にコワイですね。

>お金絡みで行政デジタル化により管理の徹底が急務な話と言えば最近は
「フィンセン文書」という話もよく見かける次第。
BBC日本版の記事より『【解説】 フィンセン文書、何が分かり何が問題なのか』
>他にも、まだ和訳されていないようですが「米国司法省がインターネットプラットフォームの免責の変更を提案」という決定を下したそうで、これにより
「運営が勝手にアカウントをBANしたり、書き込みを削除できなくなる」
「ルールを透明化して、第三者機関等の監査を行い公平性を確保する」
「利用者が異議申し立てを可能にし、その発言の削除やアカウント停止等の措置に対してユーザー側が対抗できる手段を与える」
>という具合にネット界のルールが変わっていくそうなので、
『デジタル行政も国際的に連携して進む』事も起こっている模様です。

それ一番大事かと!
「世論誘導」に悪用されないように、
今の内にネット界のルールを国際的に整えないと、
 「アナーキーな人達や社会混乱を狙う勢力」が
プラットホーム側で好き勝手して、
言論を歪めたり、言論が不自由になる可能性があり、このままでは危険だと思うから。
1. Posted by unknown_protcol   2020年09月25日 00:08
今晩は。 韓国で起きた「デジタル行政の抜け穴」に関して、最近こういう記事を見かけました。

「海外反応!ILOVEJAPAN」 様の記事
『大麻を吸った韓国人、幻覚状態で大暴走! 韓国の反応。』
http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/52007454.html

で、この記事で紹介されている韓国人諸氏の書き込みの中に『この車から通帳が100冊見つかったらしい』とありまして、ヤバい事案があった模様。

お金絡みで行政デジタル化により管理の徹底が急務な話と言えば最近は
「フィンセン文書」という話もよく見かける次第。
BBC日本版の記事より『【解説】 フィンセン文書、何が分かり何が問題なのか』
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-54230488

他にも、まだ和訳されていないようですが「米国司法省がインターネットプラットフォームの免責の変更を提案」
という決定を下したそうで、これにより

「運営が勝手にアカウントをBANしたり、書き込みを削除できなくなる」
「ルールを透明化して、第三者機関等の監査を行い公平性を確保する」
「利用者が異議申し立てを可能にし、その発言の削除やアカウント停止等の措置に対してユーザー側が対抗できる手段を与える」

という具合にネット界のルールが変わっていくそうなので、
『デジタル行政も国際的に連携して進む』事も起こっている模様です。

コメントする

名前
 
  絵文字