2020年07月27日12:53100日連続尖閣周辺に中国船「日本の抗議など受け入れない」。片山義博「中国はいまアジアの問題児に!」【日曜スクープ】
BS朝日 【日曜スクープ】(7/26)
<世界が注目・今週のニッポン>で、
100日連続尖閣周辺に中国船「日本の抗議など受け入れない」という環球時報の記事を取り上げていたので記録しました
この件に対する、片山義博氏のコメントがマトモで感慨深かった。
だってこの人、典型的な「アベガー」の人で、菅官房長官に批判的だったので(苦笑)。
「片山4条件」って知ってます?
片山氏の言う通り。きちんと対応すべき。
それにしても「尖閣諸島は古来より中国固有の領土」とは笑っちゃう
そもそも、尖閣諸島はずっと日本のものだし、中国のいちゃもんは噴飯レベル。例えば・・
«日中関係改善のウラで、中国が尖閣諸島周辺の活動活発化しているワケ【世界のトップニュース】»2020年05月20日

«1969年に日本名「尖閣群島」と記した中国地図を外務省がHPに記載。今までの中国の言い分と比較 【グッド!モーニング】»2015年03月17日
013017
だけど、「真実」を捻じ曲げるのは隣国の得意技。
「日中友好」に騙されて甘い対応していると、絶対盗られると思う。・・
で、米国はずっと、尖閣諸島を日米安保条約の適用範囲内だとしながらも、領有権については中立を貫いてきたんですが・・
ナント米国議会が中国の主張を完全否定日本の尖閣諸島への領有権を主張し、軍事がらみの侵略的侵入を続ける中国に制裁を加えるべき!という動き!
まぁ、元々キッシンジャーも認めてたし
«【#尖閣諸島】アメリカが「諸外国の領有権紛争には関せず」を大転換、米議会が中国の「尖閣領有権」主張を完全否定へ»2020年06月25日
«米 “極秘資料”に見る尖閣 固有の領土…知られざる“暗闘” (キッシンジャー・ニクソン・ピーターソン) 【報道STATION SUNDAY】»2012年10月07日

22b01ef7.jpg 91d0a276.jpg

キッシンジャー氏1951年のサンスランシスコ平和条約で尖閣諸島の日本の主権を認めている。その時すでに尖閣諸島について大きな決断は下されている。」・・
で、片山義博氏ですが、モリカケ問題で馬脚を現してました。
片山4条件とは・・加計学園の白紙撤回。村上誠一郎を入閣させる。菅官房長官と距離を置く。急がば回れ 憲法改正。・・ふらふら
«片山善博氏「安倍政権の支持率を上げる4条件!」 VS 平井文夫氏「コレむしろ安倍潰し4条件」 【新報道2001】»2017年07月16日
001 
003
↑平井文夫氏の解釈では「①規制改革をするな②内閣不一致③菅さんを首にしろ④憲法改正をするな」だと
まぁ、サンモニも超珍しく「米中対立」の話題で、China批判してたし・・
テレビもさすがに「アジアの問題児」を擁護できなくなってきた状況?かも。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



この記事へのコメント

2. Posted by さくらにゃん   2020年07月28日 14:50
●asd さん
こんにちは。

>放っておくとシナからもっと強力なウイルスが世界を席巻するかも。
この次は日本だって大ダメージを受ける可能性は否定できない。

 アメリカが本気だし、同盟国としても兎に角「アジアの問題児」から距離をとる事が大事ですよね。

>そんな中、信用するしかないアメリカの大統領のお話。
>>「テレビがやらないニュース(旧エコドライブ日記)」さんより。
--- ド派手なリーダーの”裏”の顔
     ─トランプは「大統領としての給料」を
          全額寄付していた! ---
【 トランプは大統領職で年間40万ドル(約4260万円)の給料を得ているが、
「大統領に就任してから、給料を四半期ごとに連邦政府の機関へ直接寄付している」と米TV「CNBC」は報じている。
つまり、4ヵ月ごとにどこかの連邦機関へ10万ドル寄付しているのだ。
トランプの娘であるイヴァンカ・トランプ大統領補佐官と、その夫であるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問は、ともに給料なし。無給で働いている。】
>日本の野党にアメリカの大統領の足の爪でも
舐めさせてやりたいっ!

ホントにね!
安倍総理も「給与30%返納を2012年からずっと継続」してるけど、こういういい話はほぼ報道されない。そういうところ、日米メディア一緒ですねぇ(苦笑)
1. Posted by asd   2020年07月27日 19:09
今晩は。

> テレビもさすがに「アジアの問題児」を擁護できなくなってきた状況?かも。


放っておくとシナからもっと強力なウイルスが世界を席巻するかも。
この次は日本だって大ダメージを受ける可能性は否定できない。


そんな中、信用するしかないアメリカの大統領のお話。

「テレビがやらないニュース(旧エコドライブ日記)」さんより。


--- ド派手なリーダーの”裏”の顔

     ─トランプは「大統領としての給料」を

          全額寄付していた! ---


https://courrier.jp/news/archives/206729/?ate_cookie=1595769262



【 トランプは大統領職で年間40万ドル(約4260万円)の給料を得ているが、
「大統領に就任してから、給料を四半期ごとに連邦政府の機関へ直接寄付している」と米TV「CNBC」は報じている。
つまり、4ヵ月ごとにどこかの連邦機関へ10万ドル寄付しているのだ。

トランプの娘であるイヴァンカ・トランプ大統領補佐官と、
その夫であるジャレッド・クシュナー大統領上級顧問は、ともに給料なし。
無給で働いている。】



日本の野党に

アメリカの大統領の足の爪でも

舐めさせてやりたいっ!

コメントする

名前
 
  絵文字