2020年07月21日17:005年前の英中蜜月から一転、香港情勢めぐりイギリス・中国関係悪化【世界のトップニュース】
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】
<きょうの松田解説>で、
香港情勢めぐり英中関係悪化を解説していたので記録しました(青字はナレーション)
「中英黄金時代」と言っていたのはたった5年前。ロンドンの金融界は中国マネーに依存し、AIIBにもいち早く参加、シナ製原発発注したりしてましたよね・・(遠い目)
中国と仲良くなっても、結局は利用されて無理強いされるだけ。
皇室を戴く日本は、イギリス王室の利用のされ方を他山の石とすべき。
習近平の国賓訪英では、その無礼さに女王も思わず本音が・・
Chinaと仲良くなっても、利用されて無理強いされるだけ。何も良い事がない。むしろマイナス。
日本はといえば・・政治家も、メディアの中にも、テレビコメンテーターも親中派が多すぎで、
皇室の政治利用に鈍感すぎるから要注意

当時、オザワVS羽毛田長官 への各局各番組のコメンテーターの発言

(【報道ステーション】一色氏 【ニュースJAPAN】和田氏 【ズームインSUPER】橋本氏 【朝ズバッ】伊藤氏・三屋氏・宮内氏 【とくダネ】富坂氏・田崎氏・竹田氏 【やじうまプラス】小池氏・萩谷氏・川村氏 )



この記事へのコメント

2. Posted by さくらにゃん   2020年07月23日 16:17
●unknown_protcol さん
こんにちは。

>>渡邉哲也@daitojimari·7月21日
イギリス ファーウェイ正式排除、香港との犯人引き渡し破棄 ロシアのネット工作と議員に金を使った政治介入の議会レポート提出 このタイミングでジョンソン、ポンペオ会談 明らかにタイミングを計っている。

米英は同調して動いていますね。
日本は変な憲法があるし、「隣国」という微妙な位置なので、米英に少し遅れて付いて行くしかないかと。

>で、色々雑多なネタも引っ掛かってしまいますが、日本人に支那朝鮮を甘やかす馬鹿者が多すぎる理由は
『玄洋社 黒龍会 大本 二・二六 石原莞爾 児玉誉士夫 笹川良一 権藤成卿 国柱会 満鉄調査部 東久邇宮稔彦王 賀川豊彦』
で検索すると色々暗黒なネタが見つかるそうです。
>>米政府に撤去を命ぜられたヒューストン中国総領事館の職員が書類を燃やす様子を隣人が撮影してシェア。
>>1)
●FBI長官クリス・レイ、アメリカにおける中国のスパイ活動を告発するの巻
2020年7月7日、ワシントンDCのハドソン研究所で行われたFBI長官クリス・レイの講演を訳しました。話の内容は「中国という国がアメリカに対していかに悪辣で執拗なスパイ活動をしているか、いかにアメリカの利益を掠め…
<<
>なので、予想以上に開戦が早まるかもしれませんね。

 (中庭で大量の書類を燃やし何かを隠滅)テキサス州の中国総領事館がスパイ拠点認定され、閉鎖命令が下り、中国も対抗措置をとると・・
 やっぱ開戦間近?!
1. Posted by unknown_protcol   2020年07月22日 23:52
今晩は。 そもそもイギリスは『チャールズ皇太子がダライ・ラマ猊下の一番の支援者』と言うぐらいだったので
最初から「支那中国内部にスパイを潜らせるために近づいた」のではないかと。
先ほどこんなツイートも見かけましたし。
>>
https://twitter.com/daitojimari/status/1285549344163196928
渡邉哲也@daitojimari·7月21日
イギリス ファーウェイ正式排除、香港との犯人引き渡し破棄 ロシアのネット工作と議員に金を使った政治介入の議会レポート提出 このタイミングでジョンソン、ポンペオ会談 明らかにタイミングを計っている。
<<

日本の場合は「支那のヤケクソ暴発に対応するための軍拡すらアホな民衆が妨害した」という自業自得でもありますので、
戦争による犠牲を減らす為にも穏健な外交しかできないのが実情ですし。
(ただ、最近の軍拡具合を見るとやはり新世界秩序に向けた流れは進んでいますね)

で、色々雑多なネタも引っ掛かってしまいますが、日本人に支那朝鮮を甘やかす馬鹿者が多すぎる理由は
『玄洋社 黒龍会 大本 二・二六 石原莞爾 児玉誉士夫 笹川良一 権藤成卿 国柱会 満鉄調査部 東久邇宮稔彦王 賀川豊彦』
で検索すると色々暗黒なネタが見つかるそうです。

なお、既知の事やもしれませぬがこんな事案も。
>>
https://twitter.com/tnak0214/status/1285916672243560448
米政府に撤去を命ぜられたヒューストン中国総領事館の職員が書類を燃やす様子を隣人が撮影してシェア。
<<

>>
https://twitter.com/David_R_Stanton/status/1285214931999055872
1)
●FBI長官クリス・レイ、アメリカにおける中国のスパイ活動を告発するの巻

2020年7月7日、ワシントンDCのハドソン研究所で行われたFBI長官クリス・レイの講演を訳しました。話の内容は「中国という国がアメリカに対していかに悪辣で執拗なスパイ活動をしているか、いかにアメリカの利益を掠め…
<<

なので、予想以上に開戦が早まるかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字