2020年02月20日08:25「船内杜撰な対応」岩田健太郎氏にインタビュー【イギリスBBC】&「厚労省で働いている某氏」こと高山義浩医師の見解
NHK-BS【キャッチ!世界のトップニュース】イギリスBBCで
新型コロナウイルス・クルーズ船・陰性の乗客下船始まると報道していた中、
クルーズ船「船内杜撰な対応」調査の専門家が指摘として、神戸大学・岩田健太郎氏にインタビューしていたので記録しました
岩田氏は既に自ら YouTube動画を削除したけど、
そこで「厚労省で働いている某氏」としていた、高山義浩医師の見解が客観的で船内の様子がよく分かるし、のちのち検証する上で超重要なのであえて全文引用します。

このあと、アメリカABCも岩田氏の「感染予防は不十分」と同じ映像を使って報道していました
IMG_2114 IMG_2105 
「乗客下船海外メディアが懸念」としているけど、どこもこのダイアモンドプリンセスの国籍がイギリスというのには一切触れません(呆)
各国批判してるけど、ならば何故最初にチャーター機出して救出しなかった
特にイギリス・アメリカは日本を批判できる立場か
ダイヤモンドプリンセス(Diamond Princess)とはイギリスP&O社が所有し、アメリカに本拠地を置くカーニバル・コーポレーションCarnival Corporation & PLC)の傘下、プリンセス・クルーズに所属している外航クルーズ客船。主に夏季はアジア、冬季はオーストラリアでクルーズを開始。
今更、 岩田氏がYouTube動画削除しても世界に拡散済みだから、この印象は拭えない・・
では、岩田健太郎医師が「厚労省で働いている某氏」と説明していた、高山義浩医師の見解を。
岩田 高山「高山義浩」氏Facebookより
岩田 健太郎先生の動画(コメント欄にリンク)を拝見して、まあ、「岩田先生らしいなぁ」と思いつつ、あまり気にしていなかったんですが、しっかり炎上しているようです。
岩田先生をご存じない方々には、ちょっと刺激が強すぎたのかもしれません。
ただ、下船していく乗客の方々、現場で頑張っている方々を追い詰めかねない内容なので、事実は事実と認めつつも、動画のなかに登場する当事者として、勘違いされていること、抜けているところは修正させていただきたと思います。
>1日で追い出されてしまいました。
事実です。正確には、船内におられたのは2時間弱ですね。ご覧になったのは、ラウンジ周辺のみ認識しています。
>厚労省で働いている某氏から電話がきて「入ってもいいよ」と、「やり方を考えましょう」ということでした。
これ、私ですね。ただし、「入ってもいいよ」とは言ってませんその権限はないので。ただ、「やり方を考えましょう」とは申し上げました。そして、環境感染学会が活動していたので、そこを通じてなら活動できるかもしれませんとアドバイスしました。でも、申し込むも(しばし放置されたのちに)断られたとのことでした。
>DMATのメンバーとして入ってはどうかというご提案を厚労省の方からいただいた
これ、私です。その通りです。
>DMATの職員の下で感染対策の専門家ではなく、DMATの一員としてDMATの仕事をただやるだけだったら入れてあげる
これ、ただし、「入れてあげる」とは言ってません。その権限はないので。ただ、「DMATとして入る以上は、DMATの活動をしっかりやってください。感染管理のことについて、最初から指摘するのはやめてください。信頼関係ができたら、そうしたアドバイスができるようになるでしょう」と申し上げました。
というのも、現場は乗客の下船に向けたオペレーションの最中であって、限られた人員で頑張っているところだったからです。そうしたなか、いきなり指導を始めてしまうと、岩田先生が煙たがられてしまって、活動が続けられなくなることを危惧したのです。まあ、クルーズ船とは特殊な空間ですし、ちょっと見まわしたぐらいでアドバイスできるものではないと思ってました。
もちろん、岩田先生の豊富な経験を否定するものではありません。ただ、DMATや自衛隊、検疫所など多様な組織が重層的に活動している特殊な環境ですから、まずは慣れていただくことを優先するよう私は求めたのです。
>「分かりました」と言って現場に行きました。
というわけで、岩田先生は約束てくださいました。
>DMATのチーフのドクターと話をして、そうすると「お前にDMATの仕事は何も期待していない、どうせ専門じゃないし、お前は感染の仕事だろう、感染の仕事やるべきだ」という風に助言をいただきました。
これ事実です。岩田先生は、これで自分は感染対策についての活動ができるようになったと理解されました。ただ、船には、DMATのみならず、厚労省も、自衛隊も、何より船長をはじめとした船会社など、多くの意思決定プロセスあります。その複雑さを理解されず、私との約束を反故にされました。せめて、私に電話で相談いただければ良かったんですが、そのまま感染対策のアドバイスを各方面に初めてしまわれたようです
結果的に何が起きたか・・・、現場が困惑してしまって、あの方がいると仕事ができないということで、下船させられてしまったという経緯です。もちろん、岩田先生の感染症医としてのアドバイスは、おおむね妥当だったろうと思います。ただ、正しいだけでは組織は動きません。とくに、危機管理の最中にあっては、信頼されることが何より大切です。
>アフリカに居ても中国に居ても怖くなかったわけですが、ダイアモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました。
これは岩田先生の感受性の問題ですから、否定するつもりはありません。また、船という特殊な閉鎖空間において、新興感染症が発生しているわけですから、怖くないはずがありません。ただ、そのなかで継続して頑張っている人たちがいることは、ぜひ理解してほしいと思います。ちなみに、私は明日も船に入ります
課題は多々ありながら、これまで少しずつ改善させてきました。まだまだ改善の余地はあります。ただ、乗客がいる以上は逃げ出すわけにはいかないのです。少なくとも全てのオペレーションが終わるまでは、乗客を下船させて地域に、世界に放つわけにはいきませんでした。
最優先事項は身を守ることだと感染症医の端くれとして私も思いますが、2週間にわたり船のなかで頑張っている人たちは、乗客を支えながら日本と世界を守ることを最優先としているのです。
そういう事態になってしまったことについて、政府を批判することは構いませんが、解決を与えないまま現場を恐怖で委縮させるのは避けてほしかったと思います。逃げ出せない以上は・・・。
>ダイヤモンド・プリンセスの中はグリーンもレッドもグチャグチャになっていて、どこが危なくてどこが危なくないのか全く区別かつかない。
感染症医として「グチャグチャ」と表現されるのは、分からないこともありません。でも、この表現はゾーニングがまったく行われていないかのような誤解を与えます。しかしながら、実際はゾーニングはしっかり行われています。完全ではないにせよ・・・。
たしかに、先進国の病院であれば、あるいは途上国でセットされるNGOや国際機関による医療センターであれば、もっと洗練された感染対策が実施されるでしょう。でも、いきなり、約3700人の乗員・乗客(しかも高齢者が多い)において新興感染症が発生した船舶・・・ というミッションは極めて複雑なのです。
私は海外でのNGO活動に関わったことがありますし、現在も国際NGOの理事を務めていますが、どんなNGOであっても、あるいは国際機関であっても、これが混乱状態から始まることは避けられないでしょう。この2週間が反省すべきところがなかったとは言いませんが、ここまで現場はよく頑張ってくれたなと私は思います。精神論と嘲笑されるでしょうが・・・。
>検疫所の方と一緒に歩いてて、ヒュッと患者さんとすれ違ったりするわけです。
さすがに、これは違います。そのような導線にはなっていません。患者ではなく、乗客ではないかと思います。乗客ですら、そのようなことは稀だと思います。
>話しましたけど、ものすごく嫌な顔されて聞く耳持つ気ないと。
感染症医はコンサルタントとしての能力が求められます。それは聞いてもらう能力でもあります。は聞いてもらえなかったとき、相手がダメだとは思いません。自分の説明の仕方が悪かったと思います。
>でも僕がいなかったら、いなくなったら今度、感染対策するプロが一人もいなくなっちゃいますよ
これは間違いです。毎日、感染症や公衆衛生を専門とする医師が乗船して指導しています。ご存じなかったんだと思います。まあ、ご自身に比べればプロのうちに入らないと言われると、返す言葉もありませんが・・・
>シエラレオネなんかの方がよっぽどマシでした。
シエラレオネにおいて、先進国が運用する医療センターのことだと思います。最貧国の市中病院の感染管理の悲惨さと同一視させることのないようにお願いします。
>エピカーブというのがあるのですが、そのデータを全然とっていないということを今日、教えてもらいました。
これ間違いです。岩田先生のせいではありません。教えた人が知らなかったんでしょうね。感染研がエピカーブを公表しています。新たな報告を加えてバージョンアップされるでしょうが、すでに公表してますし「全然とっていない」わけではありません。
以上、私なりに感じたことを述べました。見解の相違もあれば、私が間違っているところもあるでしょう。ぜひ、ご指摘ください。ともあれ、私は岩田先生の「志」を否定するつもりはありません。クルーズ船の対応についても教訓としていけるよう、きちんと検証して活かしていくべきです。
そもそも、こんなことは初めての取り組みです。失敗がないわけがありません。それを隠蔽するようなことがあれば、それは協力してくださった乗客の皆さん、仕事を放棄しなかった乗員の方々、自衛隊の隊員さんたち、そして全国から参集してくれた医療従事者の方々を裏切ることになります。
ただ、いま私たちの国は新興感染症に直面しており、このまま封じ込められるか、あるいは全国的な流行に移行していくか、重要な局面にあります。残念ながら、日本人は、危機に直面したときほど、危機そのものを直視せず、誰かを批判することに熱中し、責任論に没頭してしまう傾向があると感じています。不安と疑念が交錯するときだからこそ、一致団結していかなければと思っています。 昨日 13:20 (2/19)
比べるのも失礼だけど、理路整然な文章から高山先生が人格者というのが分かりますね。
現場は「命」と真剣に向き合っている訳で、専門家であってもいきなり口出しするのはナンセンス。
岩田医師が船内にいたのは二時間程度。恐らく極限状態の現場で指導し始め現場からの不信を買い、つまみ出されて激おこってカンジだったのかな?
それにしても教授ともあろう人が、激情的に YouTubeをあげるというのは、思慮が浅すぎ。世界に向けて発信して100万以上再生されちゃったし、削除しても後の祭り・・
そもそもその行為は、ただ不安を煽るだけだし、本当に改善が必要でアドバイスしたいなら、訴える手法も相手も違う。研究者としては優秀かもしれないけど、人間として残念な人だ(;一一)
高山先生には心から感謝します。
テレビニュースだけ見ていたら、本当の事は分かりませんでしたから。
関連記事



この記事へのコメント

20. Posted by さくらにゃん   2020年02月22日 20:30
● F.Y さん
>BBCの大井真理子 @BBCMarikoOi が日経の「旗国主義」に関する記事を受けて、BBCによる海事弁護士へのインタビュー動画とその要約をツイート。

【要約】
>>
・着岸を認めたのは国際法上の義務ではない
・乗客の半数近くが日本人という事情を踏まえた判断
しかし
・国際法上の「旗国主義」は感染症拡大の防止は想定していない
・会社が責任をとらなくてはいけないのは、過失があった場合のみ
<<

>少なくとも公海上での初動感染防止は、船籍国の過失とまでは言えないまでも、クルーズ会社に対して注意しても良かったんじゃないの?
イギリス人乗客もいるんだし。
それとも、WHOが何かアナウンスするべきだった?

香港客の感染が判明してからも、船内でパーティーやゲームやってたわけで、船長の責任は大きいと思うのですが、海外メディアはそこをスルーしているのに強い違和感があります。
 WHOは確かクルーズ船への日本の対応を称賛していたような? でも全く説得力はありません・・💦
19. Posted by F.Y   2020年02月22日 14:54
BBCの大井真理子 @BBCMarikoOi が日経の「旗国主義」に関する記事を受けて、BBCによる海事弁護士へのインタビュー動画とその要約をツイート。

【要約】
>>
・着岸を認めたのは国際法上の義務ではない
・乗客の半数近くが日本人という事情を踏まえた判断
しかし
・国際法上の「旗国主義」は感染症拡大の防止は想定していない
・会社が責任をとらなくてはいけないのは、過失があった場合のみ
<<

少なくとも公海上での初動感染防止は、船籍国の過失とまでは言えないまでも、クルーズ会社に対して注意しても良かったんじゃないの?
イギリス人乗客もいるんだし。

それとも、WHOが何かアナウンスするべきだった?


18. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 18:28
● F.Y さん
>岩田先生、昨日のワイドショーのインタビューで「専門家だから悪い方のシナリオで考える」と言ってましたが、
じゃぁ、国内感染が始まった当初、「大したウイルスじゃない」みたいなことを何故言ってたのかしらね。
どうみても、「悪くない方」のシナリオをTVで言って、視聴者を誘導してたじゃん。
>TV局のシナリオに乗っかったの?┐(´д`)┌マサカネ

ツイッターでも、「マスクはあまり意味がない」と言っていた!と突っ込まれていますね。
 これを真に受けたテレビ脳の老人がマスクせずに感染したらどう責任とるの?! (呆)

>クルーズ船に乗り込もうと思ったのは、乗客からの要請があったから、と言ってましたね。
あの乗客達?

あ~・・アレか、なるほどつながるかも。
17. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 18:22
● unknown_protcol さん
こんにちは。

>ピースボートの件に関して「足立康史‏」議員のツイートをご紹介
>>足立康史 @adachiyasushi · 2月19日
ピースボートのオーシャンドリーム号について厚労省に問い合わせた結果、回答を貼っておきます。
厚生労働省の検疫所業務管理室の認識です。
>どうやら検疫並びに聞き取り調査はやっていたようです。
新型コロナに関しては昨日の読売新聞系列でも「実は昨年末から感染は広がっていた」と報じるような状況だそうなので、とにかく自衛策あるのみかと。

  ありがとうございます。リンクはコッチですね↓
https://twitter.com/adachiyasushi/status/1230045623497322496
 いま、市中で検査し出してドンドン感染者が可視化されているけど、武漢で最初の新型コロナウイルスの発症が11月~12月のようなので、とっくに入っていると思っています。仰る通りもはや自己防衛しかありませんよね。 
16. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 17:50
● いつも読んでいます さん
>ロンドンがオリンピックに名乗りを上げてるようですが、あのクルーズ船の船籍はイギリスなんですけど、とまず思います。

ロンドンの市長候補が選挙目当てで言っているようだけど、仰る通り、まさに「恩を仇で・・」(呆)

>で、こういう岩田なにがしみたいな確信犯を中に入れてしまったことをうんぬんしてもしかたがない。ただ、日本政府には、日本が収集したデータを世界に公表してほしいですね。それと、あくまで人道的な立場から下船したいというから検疫をしたまでということも。

昨日公表された「厚労省」の【クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」内の感染制御策について】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_09646.html
を読めば、岩田氏の感じたことが誤解、あるいはデマの類だと分かります。クルーズ船内では、専門家の指導の下しっかり対策していたと思いました。

>BBCの記者、またお前かですよ。海外メディアはさかんに日本をチャイナと同様に扱いたいんでしょうけど、あんたらこそ、まともに検査してんのと言いたいです。このあたりの言われっぱなしな感じ、もううんざり。誤りを発信されたなら、事実で反論する。言われっぱなしで、これまでどんな不利益を被ってきたことか。

この記者、2日前には北京で取材していたけど、ウイルス連れてきてないかなと💦
 ウイグル取材の時は応援していたんですが、一方的な話を鵜呑みにしたのはガッカリです。

>ああしたクルーズ船。外国籍の船の場合、適応される法律がそれぞれの国になり、さらには多国籍の客が乗っているという特殊な状況下では犯罪が起こったとき、捜査はかなり難しいのが実情のようです。

 難しいでしょうね。国際的なルールもはっきりしてないようだし。
 一段落したら日本が積極的にそのルール作りするようすべきだと思います。
15. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 16:08
● 774 さん
>この人確信犯でしょ💢
神戸大医学部教授+感染症専門家でお呼びがかからず、身分を偽って、クルーズ船に突撃、2時間でつまみ出される。
ただの怨恨じゃねーか🚑

  この人、専門家だけど、いきなり来てつまみ出される位だから、普段でも相当「オレ様」的な人物なんでしょうね。
 仮にも救命の為に船に乗り込んだのなら、この時期に自分の不満をYouTubeで国際的に発信すべきではなかった。混乱させるだけだし、もう取り返しつかないし(怒)
14. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 14:59
●ポッペリアン さん
> 私は岩田教授の発言「内容」自体はそれほど間違っていないと考えております。
ただし、このタイミングでSNSであのような物の言い方をされたこと自体は間違いだと思います。大学の研究室をホームグラウンドとされる方と、第一線で手探りで格闘の最中にある人々とはかなり違うからです。

私も岩田氏が一番おかしいのは、「いきなり」YouTubeで発信した事だと思います。
 専門家として改善すべき点があると思ったのなら、まず高山氏に言うのが筋。

>>【某ブログへの私のコメント】
私には開業医や中小規模の病院の勤務医の知り合いがそれなりにいるのですが、テレビのワイドショーなどに出演してくる医者を批判する発言を多く耳にします。
曰く「お前らの医療機関ならそれ(ある特定の医療行為)はできるんだろうが、それを全国一律に、いかなる状況下でもできると思うな!」
メディア露出の多い医療コメンターは、いわば「恵まれた医療環境の下での医療」にしか従事していない人が多いです[※]。

はい、研究者と実際に現場に従事している人は全然違う。他人事のように偉そうに批判だけしている医師のコメンテーターに辟易しています。本当に。

>>今回の場合では、日本国の主権でどこまでのことが可能なのか、船舶という特殊な「構造物」の中で何ができるのか、その辺りを吟味する必要があるでしょう。
もちろん、だからといって神戸大学医学部という極めて「恵まれた医療環境の下での医療」に従事しておられる方のご提言を無視していいということではありませんけど。

 全く同感です。
クルーズ船の件は落ち着いたら、国際的に徹底的に議論し、日本主導でしっかりとしたルールを作るべき。
 あと、岩田氏みたいな人も含めて、日本版CDCも早急に立ち上げるべきだと思います。
13. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 14:31
● asd さん
こんにちは。

>クルーズ船の中は見ようによっては戦場、修羅場?ミニ武漢?言葉ではどうにもいい表せるだろうけど、、、
>中で自分の命を削りながら懸命に任務?責任を必死に果たそうとしている人からすれば、手伝わなくてもいいから、邪魔はしないで欲しいと思うだろう。
>Youtubeにあげるのは怒りが先頭にたって、
冷静に今何が必要なのか判断できなかった証拠?
>大学卒業して学校の勉強はできるけど、、、
現状の問題に対して分析力とか判断力とか欠けている人が結構いる気がする。。。
もっと経験を積んで欲しい。

あー、その手の自己主張が強すぎる人、特定野党国会議員に多く見られますね。人間的に未熟な人。
 仰る通り、ああいう現場には「冷静さ・判断力・協調性」が必要。 それが無い人は邪魔になるだけ。
 なんでいきなり YouTubeで国際的に発信したのか・・「常識が無い人」では済まされないくらい酷いと思います。
12. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 14:14
●ななし さん
>島根医科大学のOBですが、少々有名になったからと言って天狗になって上から目線で現場の努力を否定するような動画を平然とあげる後輩の行為を恥ずかしく思います。

あの方、島根出身の島大医学部出だったんですね。
ななしさんはそのOBですか!(・・;)
 仰る通りだと思います。なんで船内で必死に処置している人達の努力を台無しにするような発信を、
この時期に世界に向けてやったのか・・その事は筋が違うと。
11. Posted by さくらにゃん   2020年02月21日 14:06
●呆れた さん
>> 「・・政府高官が「来る前からかなり蔓延(まんえん)しているはずだ。船内でパーティーを開いていたから」と語るように、日本の領海に入る前から船内では感染が広がっていた可能性は強い。今後の教訓を得るためには、日本の対応の適否だけでなく、英国政府や船長、運営会社などの責任も見極める必要がありそうだ。
 外務省幹部は「一段落したら、国際社会で新しいルールづくりを進めるのが日本の仕事だ」と話している。」

  👆コレに尽きますね!それにしても英政府が他人事のように振舞っているのに腹が立つわ

>ロンドン市長候補は口を揃えてロンドンは、東京オリンピックの代替地として準備していると発言して、東京オリンピック中止を前提に行動していることをこの医師は助長している。

  選挙目当てにしてもこれはヒドイ。
それより先に、日本に謝罪し、感謝の意を示すべきなのに!(呆)
10. Posted by F.Y   2020年02月21日 11:53
岩田先生、昨日のワイドショーのインタビューで「専門家だから悪い方のシナリオで考える」と言ってましたが、
じゃぁ、国内感染が始まった当初、「大したウイルスじゃない」みたいなことを何故言ってたのかしらね。
どうみても、「悪くない方」のシナリオをTVで言って、視聴者を誘導してたじゃん。

TV局のシナリオに乗っかったの?┐(´д`)┌マサカネ

クルーズ船に乗り込もうと思ったのは、乗客からの要請があったから、と言ってましたね。
あの乗客達?
9. Posted by unknown_protcol   2020年02月21日 06:15
今晩はと言うか今日はと言うべきか迷う時間帯の書き込みですがご容赦を。

ピースボートの件に関して「足立康史‏」議員のツイートをご紹介(リンク先の画像をご一読くださいませ)
>>
https://twitter.com/adachiyasushi
足立康史‏認証済みアカウント @adachiyasushi · 2月19日
返信先: @Japangardさん

ピースボートのオーシャンドリーム号について厚労省に問い合わせた結果、回答を貼っておきます。

厚生労働省の検疫所業務管理室の認識です。
<<

どうやら検疫並びに聞き取り調査はやっていたようです。

新型コロナに関しては昨日の読売新聞系列でも「実は昨年末から感染は広がっていた」と報じるような状況だそうなので、とにかく自衛策あるのみかと。
8. Posted by いつも読んでいます   2020年02月21日 04:51
ついでながら、大きく報道されることはないですが、
ああしたクルーズ船。外国籍の船の場合、適応される法律がそれぞれの国になり、さらには多国籍の客が乗っているという特殊な状況下では犯罪が起こったとき、捜査はかなり難しいのが実情のようです。

以前、CBSだったかアメリカの報道番組で見たのですが、アメリカ人女性がカリブ海を就航中の船の中で行方不明になった事件をあつかっていました。家族は殺人を強く疑ったもののの誤って海に落ちたのかも。。。とうやむやにされたそうです。

ちなみに坂東さんが言ってましたが、
今回の横浜での騒動のただなかに、あのピースボートがかえってきたそうですが、何の問題もなくお客を下ろしたとか。チャイナにもよってるはずだけど、大丈夫なの?とは
坂東さんのコメントでした。
7. Posted by いつも読んでいます   2020年02月21日 04:42
ロンドンがオリンピックに名乗りを上げてるようですが、あのクルーズ船の船籍はイギリスなんですけど、とまず思います。

最初から、なぜ日本が一生懸命、あの船のお世話をしなくちゃならんのかが疑問でした。船の中で肺炎が報告された時点でお断わりできるはず。だって、あれ以降の船はお断りしてますよね。

で、こういう岩田なにがしみたいな確信犯を中に入れてしまったことをうんぬんしてもしかたがない。ただ、日本政府には、日本が収集したデータを世界に公表してほしいですね。それと、あくまで人道的な立場から下船したいというから検疫をしたまでということも。

BBCの記者、またお前かですよ。海外メディアはさかんに日本をチャイナと同様に扱いたいんでしょうけど、あんたらこそ、まともに検査してんのと言いたいです。このあたりの言われっぱなしな感じ、もううんざり。誤りを発信されたなら、事実で反論する。言われっぱなしで、これまでどんな不利益を被ってきたことか。
6. Posted by 774   2020年02月20日 23:48
この人確信犯でしょ💢

神戸大医学部教授+感染症専門家でお呼びがかからず、身分を偽って、クルーズ船に突撃、2時間でつまみ出される。

ただの怨恨じゃねーか🚑
5. Posted by ポッペリアン   2020年02月20日 20:28
4 私は岩田教授の発言「内容」自体はそれほど間違っていないと考えております。
ただし、このタイミングでSNSであのような物の言い方をされたこと自体は間違いだと思います。大学の研究室をホームグラウンドとされる方と、第一線で手探りで格闘の最中にある人々とはかなり違うからです。
さくらにゃん様には非礼に当たりますが、以下、某ブログのコメント欄に別HNで投稿した私のコメントを引用させていただきます(固有名詞を一ヶ所間違えていたのを修正した以外はそのままです)。

【某ブログへの私のコメント】
私には開業医や中小規模の病院の勤務医の知り合いがそれなりにいるのですが、テレビのワイドショーなどに出演してくる医者を批判する発言を多く耳にします。
曰く「お前らの医療機関ならそれ(ある特定の医療行為)はできるんだろうが、それを全国一律に、いかなる状況下でもできると思うな!」
メディア露出の多い医療コメンターは、いわば「恵まれた医療環境の下での医療」にしか従事していない人が多いです[※]。
今回の場合では、日本国の主権でどこまでのことが可能なのか、船舶という特殊な「構造物」の中で何ができるのか、その辺りを吟味する必要があるでしょう。
もちろん、だからといって神戸大学医学部という極めて「恵まれた医療環境の下での医療」に従事しておられる方のご提言を無視していいということではありませんけど。

[※]このことを痛感したのは、奈良県の「大淀町立大淀病院産婦死亡事件」の際の医療コメンター(特におおたわ某女医)などです。恵まれた医療環境下での医療しか従事したことがないことが丸分かりでした。
4. Posted by 呆れた   2020年02月20日 19:50
書き忘れていたので追加しますが、ロンドン市長候補は口を揃えてロンドンは、東京オリンピックの代替地として準備していると発言して、東京オリンピック中止を前提に行動していることをこの医師は助長している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022000249&g=int
3. Posted by asd   2020年02月20日 19:22
今晩は。


> 本当に改善が必要でアドバイスしたいなら、
  訴える手法も相手も違う。
  研究者としては優秀かもしれないけど、
  人間として残念な人だ(;一一)


クルーズ船の中は見ようによっては戦場、修羅場?ミニ武漢?
言葉ではどうにもいい表せるだろうけど、、、

中で自分の命を削りながら懸命に任務?責任を必死に果たそうとしている人からすれば、
手伝わなくてもいいから、邪魔はしないで欲しいと思うだろう。

Youtubeにあげるのは怒りが先頭にたって、
冷静に今何が必要なのか判断できなかった証拠?

大学卒業して学校の勉強はできるけど、、、
現状の問題に対して分析力とか判断力とか欠けている人が結構いる気がする。。。
もっと経験を積んで欲しい。

特に国会議員とか?
裁判官とか?

一部の人の事ですが。。。

ちなみに私は高卒みたいなものです。
、、、が。。。
出しゃばって失礼致しました。。。
2. Posted by ななし   2020年02月20日 18:36
島根医科大学のOBですが、少々有名になったからと言って天狗になって上から目線で現場の努力を否定するような動画を平然とあげる後輩の行為を恥ずかしく思います。
1. Posted by 呆れた   2020年02月20日 16:58
朝日・毎日、テレビなどは旗国主義を報道しません。
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200219/dom2002190006-n1.html

コメントする

名前
 
  絵文字