2020年01月28日13:55武漢在住イギリス人「米・仏・日本政府は自国民を帰国させる交渉を中国としてるのに、イギリス政府は何故出来ない?」【イギリスBBC】
NHK-BS 【キャッチ!世界のトップニュース】イギリスBBCで、
「新型ウイルス肺炎・中国・肺炎“封じ込め”に総力」として、武漢・北京の様子を報じていたので記録しました(青字はナレーション)
感染拡大に治療が追い付いていない実態と、武漢市長の初期対応の拙さ自白も。
中国の隠蔽体質、露呈、習近平ヤバイわ。
中国政府と、ついでにイギリス政府対応も批判するような、BBCの皮肉を込めた報道でした。
これを見ても分かるように、日本政府の動きは全然遅くありません。
いくら早く救助の飛行機を飛ばしても、中国側の受け入れ態勢がないと台無しだし、救出した邦人の帰国後の体制をきちんとしないと元も子もないわけで、情報収集と体制強化の為に水面下で動いていたという事
茂木氏、邦人帰国支援の協力要請 日中外相が電話協議 2020/1/26 22:20
 茂木敏充外相は26日夜、中国の王毅(ワン・イー)外相と新型コロナウイルスによる肺炎への対応をめぐって電話で協議した。茂木氏は中国湖北省武漢市などに在留する日本人の帰国支援への協力を要請した。王氏は「日本の考え方を理解する」と応じた
茂木氏は感染の拡大を防ぐため「協力できることがあれば全力で支援する」と伝え、王氏は「全力で対策にあたっている。国際社会への情報提供に努める」と語った。茂木氏は協議後、記者団にチャーター機などの派遣時期を問われ「準備が整い次第、できるだけ早くだ」と答えた。
茂木氏は26日時点で武漢市を含む湖北省の滞在者430人と連絡が取れたと明らかにした。連絡が取れない在留者や渡航者もいる可能性がある。
それは韓国人も。韓国政府は「検討する」と表明しただけだから「さすがだ」と
23:55
日本、新型コロナ感染者28日から強制入院可能→韓国ネチズン「さすが安倍はリーダーシップがある」
安倍総理 
それにしてもChinaは無責任 去年の12月に隠さずしっかり対処してくれてたら・・
中国・習主席「国賓来日・長期政権」は絶望的!? 「新型肺炎」急拡大…世界各国は武漢から自国民大脱出へ 識者「クーデターもあり得る…習氏は絶体絶命か」2020.1.27
習近平国家主席中国湖北省武漢市で発生した、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が急拡大している。27日朝時点で、中国本土での感染者は2700人以上、死者は計80人とされるが、武漢市長は患者数が近く1000人前後増え、3000人を超える可能性を明らかにした。まさに、「パンデミック(感染爆発)」寸前で、「感染力が増強している」との指摘もある。日本政府は、現地に滞在する日本人の希望者全員を、28日にもチャーター機を使って帰国させる。現時点で世界14の国と地域に拡大している新型肺炎だが、発生国・中国の責任はないのか。今後の感染拡大次第で、習近平国家主席の「国賓」来日や、長期政権構想も絶望的となりそうだ。

 「中国政府との調整が整い次第、チャーター機などあらゆる手段を追求して希望者全員を帰国させる」
 安倍晋三首相は26日夕、首相公邸で記者団の取材にこう語った。
 外務省によると、湖北省に滞在を登録している在留邦人約710人のうち約430人と連絡が取れたという。在中国日本大使館は帰国希望調査を開始。「湖北省にいる希望者全員を帰国させる」と話した。
 米国も武漢市にある総領事館の外交官らを28日にチャーター便で米国へ退避させる。ロシアや韓国も退避方法について中国側と交渉している。世界各国が、武漢から自国民を大脱出させる意向だ。

 背景には、中国政府への不信感がある。
 新型肺炎は昨年12月初旬に最初の感染者が出て、インターネット上で「原因不明の新型肺炎患者が続出」という告発があったが、地元当局は投稿者を取り締まったという。感染源とされる海鮮市場の閉鎖は今年1月で、習氏が「重要指示」を出したのは同20日と、あまりにも遅すぎる
(中略)
 中国事情に詳しい台湾出身の評論家、黄文雄氏は「中国では、これまでにも数々の伝染病が発生してきた。歴代王朝には『疫病』によって滅びたケースが多々ある。明朝も末期に、ペストや天然痘などが大流行して倒れた」と語る。
 新型肺炎は、習政権の足元を直撃するのか。
 新著『覇権・監視国家-世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる』(ワック)が話題のノンフィクション作家、河添恵子氏は「世界の専門家が『新型肺炎の感染は簡単には落ち着かない』と思わせる分析を出すなか、今春の『国賓』来日は厳しい可能性もある。ただでさえ、中国国内の経済状況が苦しいのに、初期段階での対応を怠った。隠蔽体質で『人命を疎かにしている』という点で、世界各国にも攻めどころがある。事態が深刻になれば、閉鎖された武漢などで暴動が起きたり、反習氏勢力によるクーデターが発生することも考えられる。習氏は、死ぬか生きるか、絶体絶命のところに来ているのではないか」と語っている。
関連記事
«【#新型コロナウイルス】『野生動物の味を求める“虚栄心”が招いた悲劇』。中央電視台「法律違反には厳重処罰を!野生動物を食べるのをやめよう」【日曜スクープ】»2020年01月27日
IMG_1943 IMG_1948
武漢に残された人達は「正確な情報」を知りたがっています。
でも、ネットでは、不安からくるデマが飛び交っています。
日本政府には、マスコミを通さないツイッター等、直接国民へのダイレクトな情報発信をしっかりやって頂くよう望みます。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



この記事へのコメント

10. Posted by さくらにゃん   2020年01月30日 13:40
●浮世雲 さん
こんにちは。
>フロントジャパン桜で福島香織先生がおっしゃってましたが、生物研究所から漏れたのではないか?と欧米で言われているそうですね。

はい、文化人放送局や、虎ノ門ニュースの上念さんも触れていましたが、ワシントンタイムズの報道ですよね。
 まだ真偽は分からないようですが、上念さんは統一教会系メディアだと。https://twitter.com/chanelcrara/status/1221279198087503872
9. Posted by 浮世雲   2020年01月29日 23:36
こんばんは、フロントジャパン桜で福島香織先生がおっしゃってましたが、生物研究所から漏れたのではないか?と欧米で言われているそうですね。
8. Posted by さくらにゃん   2020年01月29日 15:59
●次の引っ越しで、テレビ捨てます! さん
>そもそもですが、マスゴミ以外の日本人は大騒ぎしていませんし。

はい、マトモな日本人は冷静ですよね。

>国難をここぞとヘイトにすり替えて保守叩きに利用する毎度の風景。

>新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹も「中国人観光客ストップ」「中国にモラルない」、高須克弥は「徳川幕府なら撃ち払い令」|LITERA/リテラ

デマリテラ読みながら「関東大震災」が出てくるなと思ったら、出てた!(苦笑)

>>「世界があっての日本。自分さえ良ければ良いというのは、たんなる、わがままだと、思います。だから、日本ファーストは、違う気がします。

「日本ファースト」って・・(呆)
新型コロナウイルス感染拡大を食い止めようと、それぞれの国で策を講じてますけどね。

>北鮮は真っ先に中国人の入国を止め、フィリピンは、飛行場で即座に送り返す対応をとりました。
まあ、どっちもアレな国ですが、危機的状況には民主主義では対応しきれないのかとも思ってしまいます。
さらに民主主義を出来ない理由にしていないか、もっと言ってしまえば、人権ガーとか言論の自由ガーとか綺麗事を並べて自身の主義主張を押し付けようとする連中の都合の良い道具に成り下がっていないか、とも思ってしまいます。

はい、途上国や独裁国家と違って、日本は厳格な法治国家で、人権もうるさいしホントいちいち対処が難しいですよね。
 その中で欧米の対応と比べてもちゃんとやってると思います。(百田さんや有本さんはボロクソだけど)
ウイルスの変異したり、死者がドンドン増えたら話は別だけど、いまの新型コロナウイルスの感染力と死亡率からして、あまり極端な策はとるべき段階ではないと思います。
 デマが飛び交い、パニックになる事の方が私は怖いな。
7. Posted by さくらにゃん   2020年01月29日 14:55
● unknown_protcol さん
こんにちは。
>この一件、『武漢などの地方行政が隠蔽していただけで、珍しく習主席は隠蔽に関与していなかった。
ただし、それ故に手遅れになり習主席は大激怒のままに強硬策連発をする羽目に。
なので後日大粛清が起きると予想』と言う話も伺いますね。

責任のなすり合いが始まっているのかも。
まっ、どっちの言い分も信用できない(苦笑)

>>『「武漢市長が中央政府から2ヵ月間、新型肺炎流行の隠蔽指示を受けたとインタビューで喋った」は不正確 』
>>『【フェイク】「武漢の医者が新型肺炎コロナウィルスで手術中に倒れる」⇒雲南省の医師が低血糖を原因に倒れた 』
>また、コロナウイルスは「飛沫感染」するだけで空気感染は無いそうです。

そうそう!日本のマスメディアは、この情報をもっとしっか広報すべきですよね!!

>なので、抵抗力を維持できるよう体力を保ち、マスク着用・うがい手洗い励行・高濃度(60%以上)アルコールによる殺菌消毒で大抵防護できるようです。

  はい、個人でしっかりそれをやれば、今の時点ではそんなに怖くないと思います。
韓国が「中国人を締め出せ!」とか、デマとかパニックになっているけど・・
 今回、日本人まで過剰に反応しているのを見ると、怖がる前にもっと専門家の言う事をしっかり聞いて、「冷静になれ!」と情けなく思います。
6. Posted by さくらにゃん   2020年01月29日 14:43
● 日乃本太郎 さん
こんにちは。
>コロナウィルスの影響は4月~5月までは継続するだろう---と見るのが一般的のようです。
となると「桜の咲く頃にキンペー様の国賓ご招待」もこのウィルスが吹き飛ばしてしまいそうな勢いですね!!

はい、その可能性は徐々に高まってきてますよね!
収束しないのに「国賓」どころじゃないですからね、常識的に。

>かつて、ソ連邦は「チェルノブイリ原発事故」がきっかけで崩壊につながった。
ソ連邦の寿命は「1919年~1991年」までの71年だった。
Chinaは1949年に出来たので、今年が建国70年であり、来年は71年である。
もしかして「コロナウィルス」がきっかけで崩壊につながったりして!!

その可能性もあるかと。
周期の話もだけど、ソ連崩壊はチェルノブイリの件での隠蔽が発端だったという説もあるし。

>いずれにしても、ここ数年で結論が出るでしょう!!
もしかしたら、私たちは「歴史的転換」を眼にするかも知れません!!

そもそもあれだけの人口を、いくら監視社会だからといって何から何までコントロールできるはずがありませんしね。そろそろ限界だったところで、新型コロナウイルスの隠蔽が明白になれば・・いよいよかも。
5. Posted by さくらにゃん   2020年01月29日 14:14
● いつも読んでいます さん
>今回のウィルスにかかわるチャイナの後手後手の対応、隠ぺい体質の露呈等々を見ていて思い出したのはソ連崩壊だとのこと。チェルノブイリ原発事故の後の政権の対応のまずさが、崩壊のきっかけになったとゴルバチョフが語っていたそうです。

それ、聞きました。
China政府も対応を間違うと、国内では大暴動起こるかもしれないし、国際社会も猛批判するでしょうね。
少なくても習近平体制が大ピンチになると思います。

>広大な国土のチャイナで一政権が崩壊しても、あらたな共産政権が生まれるだけかもしれませんが、とにかく「お隣の国」の国民としては大波をかぶりたくないです。

はい、他国に迷惑をかけないのは「国」としてあるべき姿ですよね。
 まっ、崩壊するなら静かに早い内に。国賓どころじゃなくなりますように。
4. Posted by 次の引っ越しで、テレビ捨てます!   2020年01月28日 23:25
メディアで、「過度に恐れず」とか、「冷静な」とかの言葉で締めくくろうとする出演者が山のように居ますが、全く不快で。
この期に及んで、被害を矮小化しようとしているとしか見えません。
考えられる最大の被害を想定した情報で国民の警戒心を一層高める事が、被害を小さく出来ると思うのですが。
そもそもですが、マスゴミ以外の日本人は大騒ぎしていませんし。

国難をここぞとヘイトにすり替えて保守叩きに利用する毎度の風景。

新型コロナウイルスに乗じ“中国人ヘイト”が跋扈! 百田尚樹も「中国人観光客ストップ」「中国にモラルない」、高須克弥は「徳川幕府なら撃ち払い令」|LITERA/リテラ
https://lite-ra.com/2020/01/post-5225.html

沖縄の自民党議員は、中国は最大の貿易相手で日本は観光立国を目指すから入国させるべきとTweet、反論を受けたら「ワガママ」とか言い出す始末。

「世界があっての日本。自分さえ良ければ良いというのは、たんなる、わがままだと、思います。だから、日本ファーストは、違う気がします。 https://t.co/ma7IoD0de8」 / Twitter
https://twitter.com/kokubkonosuke/status/1221093419306479616

日本政府の対応は遅くないでしょうし、安倍政権だからここまでやれているとも言えるでしょうが、北鮮は真っ先に中国人の入国を止め、フィリピンは、飛行場で即座に送り返す対応をとりました。
まあ、どっちもアレな国ですが、危機的状況には民主主義では対応しきれないのかとも思ってしまいます。
さらに民主主義を出来ない理由にしていないか、もっと言ってしまえば、人権ガーとか言論の自由ガーとか綺麗事を並べて自身の主義主張を押し付けようとする連中の都合の良い道具に成り下がっていないか、とも思ってしまいます。
3. Posted by unknown_protcol   2020年01月28日 23:15
今晩は。 この一件、『武漢などの地方行政が隠蔽していただけで、珍しく習主席は隠蔽に関与していなかった。
ただし、それ故に手遅れになり習主席は大激怒のままに強硬策連発をする羽目に。
なので後日大粛清が起きると予想』と言う話も伺いますね。

デマ対策として「事実を整える」様の記事を幾つか。

『「武漢市長が中央政府から2ヵ月間、新型肺炎流行の隠蔽指示を受けたとインタビューで喋った」は不正確 』
https://www.jijitsu.net/entry/bukan-shicho-inpei

『【フェイク】「武漢の医者が新型肺炎コロナウィルスで手術中に倒れる」⇒雲南省の医師が低血糖を原因に倒れた 』
https://www.jijitsu.net/entry/bukan-isya-corona-fake

また、コロナウイルスは「飛沫感染」するだけで空気感染は無いそうです。

参考記事「NIID国立感染症研究所」様の記事『コロナウイルスとは』
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html

それに、もう効果がある薬の目処もついている模様です。
>>
https://twitter.com/EARL_Med_Tw/status/1221288334330224640
EARLの医学ツイート‏ @EARL_Med_Tw · 1月26日

抗HIV治療薬のロピナビル/リトナビル(カレトラ®︎)を新型コロナウイルス肺炎患者に投与したところ、翌日には解熱、寛解へ
https://mp.weixin.qq.com/s/3H2bwZeh6TP1SxdlZAoj8g …

既存薬が効くことが分かったのは大きいですね。次世代シーケンサー様々です
<<

なので、抵抗力を維持できるよう体力を保ち、マスク着用・うがい手洗い励行・高濃度(60%以上)アルコールによる殺菌消毒で大抵防護できるようです。
2. Posted by 日乃本太郎   2020年01月28日 21:18
さくらにゃんさん!こんばんわ!!
コロナウィルスの影響は4月~5月までは継続するだろう---と見るのが一般的のようです。
となると「桜の咲く頃にキンペー様の国賓ご招待」もこのウィルスが吹き飛ばしてしまいそうな勢いですね!!
かつて、ソ連邦は「チェルノブイリ原発事故」がきっかけで崩壊につながった。
ソ連邦の寿命は「1919年~1991年」までの71年だった。
Chinaは1949年に出来たので、今年が建国70年であり、来年は71年である。
もしかして「コロナウィルス」がきっかけで崩壊につながったりして!!
これはたまたまの偶然かな??
それとも独裁国家の宿命かな??
いずれにしても、ここ数年で結論が出るでしょう!!
もしかしたら、私たちは「歴史的転換」を眼にするかも知れません!!
1. Posted by いつも読んでいます   2020年01月28日 16:00
今朝、ニッポン放送で長谷川さんが話してたのですが、
今回のウィルスにかかわるチャイナの後手後手の対応、隠ぺい体質の露呈等々を見ていて思い出したのはソ連崩壊だとのこと。チェルノブイリ原発事故の後の政権の対応のまずさが、崩壊のきっかけになったとゴルバチョフが語っていたそうです。

広大な国土のチャイナで一政権が崩壊しても、あらたな共産政権が生まれるだけかもしれませんが、とにかく「お隣の国」の国民としては大波をかぶりたくないです。

コメントする

名前
 
  絵文字