2020年01月27日14:45【#新型コロナウイルス】『野生動物の味を求める“虚栄心”が招いた悲劇』。中央電視台「法律違反には厳重処罰を!野生動物を食べるのをやめよう」【日曜スクープ】
BS朝日【日曜スクープ】(1/26)<世界が注目・今週のニッポン>で、
「中国が注目、新型コロナウイルス影響拡大」として、『野生動物の味を求める“虚栄心”が招いた悲劇』という記事を紹介していたので記録しました
今、日本で様々な情報(デマも)が流れていますが、一番心配なのはこのウイルスの「変異」。
その対策を出来るのは獣医学だと思し、今後、その役割は大きいと思う。
接待でゲテモノ出す文化なんだ💦
で、「食べちゃいけない法律」があっても、野生動物がネット販売されてるのか(・・;)
そういえば、2011年に中国政府は「中国食品の安全検査合格率は90%以上!」と発表したけど、
中国人の衛生観念も中国当局の管理も杜撰すぎで唖然としました
«"世界の大迷惑"中国迷-1グランプリ 食の安全『地溝油(下水油)』 【たかじんnoマネー】»2012年04月07日

e48cdb0d.jpg 3a18955c.jpg

児童30万人の被害者を出した有毒物質メラミンを混入した粉ミルクを初め、食べさせると肉の赤身が増すとして喘息治療薬入りのエサを食べさせたブタ肉

7ab36abc.jpg 4e2ec074.jpg

更には着色饅頭に、偽酒など問題は後を断たないが・・最近特に問題となっているのが地溝油これはナント、下水に流れる油を再利用した大変危険な油で、ヒ素の100倍の毒性を持つ物質も検出された。

0f288b49.jpg 9fef5277.jpg
(中略)
この下水油・髪の毛油などの件は、関西ローカルのムーブという番組で、5年前位前に取り上げていたから私は知っていたけど、

こういう人体に関わるような情報はもっともっと日本人に周知せるべきだと思います。

そうしたら、CHINAへの修学旅行なんてトンデモないっ!!て事に当然なりますよねぇ

ちなみに、ムーブの上村先生が解説していたけど、

「中国人は4つ足は机以外、空飛ぶものは飛行機以外は何でも食べる」と言ってたなぁ。。。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

タイムリーな新聞記事追加

生ゴミ、屍肉、下水から食用油…中国の食を脅かす「闇リサイクル」   配信元:産経新聞2012/04/08 20:42

野生動物経由の病気の研究といえば「獣医学
動物由来感染症を知っていますか?(厚生労働省)

動物由来感染症とは?

この言葉を目にするのは初めての方もいらっしゃると思いますが、漢字からその意味を想像いただけるものと思います。おわかりのとおり「動物由来感染症」とは、動物から人間へうつる感染症をあらわす言葉です。
「人獣共通感染症」といった言葉もありますが、厚生労働省は人の健康問題という観点に立って、この「動物由来感染症」という言葉を使っています。

人への感染症については医学が対応し、動物の感染症については獣医学が対応していますが、動物から人へ伝播する動物由来感染症については、医学と獣医学が協力して対応することが大変重要です。

動物由来感染症の伝播 (以下略)

動物由来の病気対策を国策として研究し始めたアメリカと、既得権益で52年間も新規参入を阻止してきた日本・・日本獣医師会はあまりに無責任
«【閉会中審査】愛媛県前知事・加戸守行氏の心打つ切実な証言。 片山善博「加戸・原英史さんは脇役」(・・;)【ひるおび】»2017年07月11日
Photo

加戸氏「10年前に愛媛県知事として今治に獣医学部の誘致を、当時は構造改革特区の名の下に申請したことを思い返して、はなも引っ掛けてもらえなかった問題が、こんなに多くの関心を持ってもらっていることに不思議な感じをもっている。

 一番苦労したのが鳥インフルエンザ、口蹄疫の四国への上陸阻止、あるいはBSEの日本への波及の阻止。感染症対策として一番防御が可能な地域という意識もあったし、アメリカがこの問題に先端きって国策としてこれからはライフサイエンスと感染症対策をベースとした獣医学の教育の充実ということで大幅な獣医学部の入学者の増加。そして3つの獣医科大学の新設という話で懸命に取り組んでいる姿を横で見ながら、なんと日本は関心を持っていただけない国なんだと

 私は少なくとも10年前に愛媛県民の今治地域の夢と希望と関心を託してチャレンジした。厚い岩盤規制ではね返されはね返され、やっと国家戦略特区という枠の中で実現を見るようになった今、本当にそれを喜んでいる。

 行政がゆがめられたという発言は、私にいわせると少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けていただいたということで、ゆがめられた行政が正されたというのが正しい発言ではないのかなと思う」・・
問題は 、あらゆる手を使って50年以上獣医学部を日本に作らせなかった 日本獣医師会の政界工作
«『審議会メンバー語る、加計認可へ「忸怩たる思い」』←獣医師会の政界工作。加戸守行氏、「52年ぶり獣医学部新設の喜びと真実」 【言論テレビ】 »2017年11月11日

5(北村直人藏内勇夫)

加戸守行元愛媛県知事が、

「あらゆる事で北村氏が全ての主役」 「今治市が名乗りをあげたらすぐに『石破4条件』が出来てなかなか頑強なハードル作って入りにくくした功労者はこの北村直人さん」・・

今回の新型コロナウイルス肺炎で、図らずも「獣医学」の重要性が露呈しましたね。
衛生観念が希薄で、野生動物を食べる国が隣にある以上、もっと獣医学を発展させる必要があります。
そして、専門知識がない人が記事を書くと・・
(朝日新聞)素粒子 2020年1月24日
・・ウイルスに効果があるのは手洗い、マスク着用など日常の風邪対策。中国人を排除するより、ともに手を洗おう
無責任な朝日新聞危機感無さすぎで呆れるわっ。
ヒステリックな反応するのもアレだけど、↑こんな呑気な事言ってると死人出るよ!
机上でテキトーな事を書くのは止めて、すぐに今治の、加計学園・岡山理科大学獣医学部に取材に行きなさい(イヤミ)
岡山理科大学獣医学

「One World, One Health」に貢献する!
 2014年のアフリカにおけるエボラウイルスの大流行は、高病原性の新興感染症ウイルスの脅威を世界に改めて意識させました。1994年にオーストラリアで発生したヘンドラウイルス、1998年からアジアで報告されているニパウイルス、2001年のSARSコロナウイルス(CoV)、2012年から報告されているMERS CoVなど次々と新たなウイルスが出現しています。近年日本においても、ダ二が媒介する重症熱性血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)が発見されています。こうした新たに出現する感染症を迅速に診断し、治療および予防法を開発して適切にコントロールしていくためには、獣医学や医学といった関連する領域がひとつになり(One World)ヒト・家畜・野生動物・伴侶動物の健康はひとつである(One Health)ことを認識して、従来の専門領域を超えて柔軟かつ迅速に対応していく必要があります。・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



この記事へのコメント

7. Posted by さくらにゃん   2020年01月29日 14:26
●呆れた さん
>支那の残酷性として、ネットで話題になっているのが、豚の足を縛られてバンジージャンプをさせる「豚バンジージャンプ」で日本人には理解不能。

日本人には耐えられませんね。 YouTube見るのは止めておきます。
あと、残酷な動物虐待といえば・・中国のサファリパークで生きた牛をトラの前に放して、食べるところを見るというのもありましたね。
6. Posted by 呆れた   2020年01月28日 17:09
支那の残酷性として、ネットで話題になっているのが、豚の足を縛られてバンジージャンプをさせる「豚バンジージャンプ」で日本人には理解不能。
https://www.j-cast.com/2020/01/24377981.html?p=all
https://www.youtube.com/watch?v=5uAdVn96090
5. Posted by さくらにゃん   2020年01月28日 15:49
● いつも読んでいます さん
>動物の脳で思いだすのですが、超古い映画「ジャイアンツ」(ジェームスディーンが出てた)の中で子牛の料理というか、脳がごちそうとして出て、東部からテキサスにやってきた嫁さんがこするというシーンがありました。子供のころに見て、筋すら覚えてないですが、印象的でした。

その映画は知らないけど、グロ過ぎて絶対に見たくないわ・・💦

>その国、その土地の食文化はまさに独特だと思います。
エボラもサルを食べるアフリカの食文化に起因してたかと思います。ただ、昔ならば病気が発生した土地の住人が相当数死んで収束で済んだのが、今はそうはいかない。

はい、飛行機で瞬く間に世界中に拡散してしまいますからね。

>この点でもフィリピンが500人の旅行者に入国を許さなかったというのは英断だと思います。

フィリピンにはできても、日本には出来ないのは厳格な法治国家だから。
 それに他の先進国の対応からしても、まだ0か100かを判断する時期ではないと思います。
 むしろ、独裁のChinaがまずやるべき事として、武漢閉鎖、出国禁止にすべきだったと。

>あ、今、文化人ジャーナルを見たのですが、
今回のウィルス、生物兵器の可能性がゼロではなさそう。
武漢にはチャイナ唯一の高レベルの生物兵器研究の拠点があるとか。。。。
となるとワクチンもあるはずですが、チャイナが「あ、うちにワクチンあります」なんて言うはずもないですし。

 それで去年の12月に最初の患者が出た時、情報を隠蔽したとの憶測も出ていますね。
次の記事に書いたけど、武漢市長も隠蔽をゲロったし。
 で、「ワクチン作った!」と言い出したら怪しいかも。とにかくChina側の情報は疑ってかかるべきだと思います。
4. Posted by いつも読んでいます   2020年01月28日 02:31
>嫁さんがこする

嫁さんが卒倒する、でした。

あ、今、文化人ジャーナルを見たのですが、
今回のウィルス、生物兵器の可能性がゼロではなさそう。
武漢にはチャイナ唯一の高レベルの生物兵器研究の拠点があるとか。。。。
となるとワクチンもあるはずですが、チャイナが「あ、うちにワクチンあります」なんて言うはずもないですし。
3. Posted by いつも読んでいます   2020年01月28日 01:29
動物の脳で思いだすのですが、超古い映画「ジャイアンツ」(ジェームスディーンが出てた)の中で子牛の料理というか、脳がごちそうとして出て、東部からテキサスにやってきた嫁さんがこするというシーンがありました。子供のころに
見て、筋すら覚えてないですが、印象的でした。

ネズミを食べるといえば、これもアメリカの中西部で慣習的に食べる土地というか人たちがいるようで、一度、CSのドキュメンタリーだったかで見たことがあります。

その国、その土地の食文化はまさに独特だと思います。
エボラもサルを食べるアフリカの食文化に起因してたかと
思います。ただ、昔ならば病気が発生した土地の住人が相当数死んで収束で済んだのが、今はそうはいかない。

飛行機にのって病が一日を置かずにやってくるわけで、
この点でもフィリピンが500人の旅行者に入国を許さなかったというのは英断だと思います。

その点、チャイナに忖度しまくりのマスコミや、おそらく
政治家のおかげで、日本の対応がなんとも手ぬるかったと
おもわざるをえません。日本は法治国家ですが、守べきは国民ですし。

2. Posted by さくらにゃん   2020年01月27日 17:57
●呆れた さん
>支那では、猿脳を食べるからこれぐらいでは驚きません。

はい、猿脳や胎児を食べますよね、Chinaは。
YouTube見るのは止めておきます💦
1. Posted by 呆れた   2020年01月27日 15:31
支那では、猿脳を食べるからこれぐらいでは驚きません。
https://www.dailymotion.com/video/x20f839
(後半10分頃からです。)

コメントする

名前
 
  絵文字