2016年08月12日12:15鳥越氏「ペンの力って今ダメだから選挙で訴えた」「ネットは所詮裏社会」 &愛川欽也「インターネットは「暴力を使わない”核”・渋谷の駅の便所の落書き」

鳥越俊太郎氏が都知事選惨敗の総括・反省が全くできてない・・と、ハフィントンポストの独占記事が話題になっていますが、

この記事を読んで、ジャーナリストって何だろう? ペンの力って何だろう?と改めて思います。

で、都民を舐めて、こんなトンチキな人を神輿に上げて担いだ人こそ猛省すべきだと改めて思いました。

あと、「ネットの力」を畏れる気持ちを、かつて愛川欽也氏が力説していたので、この際それも紹介します。にほんブログ村 テレビブログへ

人さし指まずは鳥越氏が都知事選を振り返った記事から[E:downwardleft](抜粋・文字強調)

「ペンの力って今、ダメじゃん。だから選挙で訴えた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】  2016年08月11日

1

7月31日に投開票された東京都知事選で、野党統一候補として出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は惨敗した。準備が足りていないことを自身も認めていながら、告示2日前に突然立候補したのはなぜか。週刊誌で報じられた女性問題で口を閉ざし、「ニコニコ生放送」などの候補者討論会に出演しなかった理由は何か。鳥越氏は8月10日、ハフポスト日本版の取材に応じ、都知事選の舞台裏を明かした。

――選挙戦の結果はどう受け止めていますか。

どう、と言われても、まあこういう結果だったな、としか受け止めていないですね。本当にとっさの決断だったので計算は全くしていないんですよね。

――改めて立候補に至る経緯を教えてください。

(中略)

――日本の危機を訴えるため、ペンの力じゃなくて、選挙に出て訴えようと思ったのはどうしてですか。

[E:danger]ペンの力って今、ダメじゃん。全然ダメじゃん。力ないじゃん。だって安倍政権の跋扈を許しているのはペンとテレビでしょ。メディアが肝心のところを国民にちゃんと訴えないから、こうなるんでしょ。[E:danger]僕はペンの力なんか全然信用していませんだから、選挙の中で訴えるという一つの手がある。そう思っている。

――国政への思いは伝わってくるけれど、都政や都民の暮らしまで精通していないという部分は、敗因になったと感じますか。

そういうこともあったんだろうとは思います。「この人は、国政のことしか言わない。都政のことはあまり知らないな」と思った有権者も、いたかもしれない。証拠はないです。

3

――野党共闘と言いつつ、調査では、民進党の支持者も小池百合子さんに投票した人がいた。まとまりきれなかったということは、どうとらえていますか。

それは、僕はわからないですね。僕の責任というか、僕だからまとめきれなかったということもあるでしょうし、僕と、全く関係のない問題もあるでしょうし。

――週刊誌報道の影響は?

大きかったでしょうね。女性票と浮動票が小池さんに流れたということは。検証のしようがないですが、可能性はある。それは認めます。

――あの報道への対応についても批判がありました。

あれしかないですよ。「やってない」ということを証明することは、できないんですよ。「悪魔の証明」と言われていて、痴漢冤罪の例もそうですけれども、痴漢してないということをどうやって証明するかというと、できない

週刊誌2誌に書かれたといっても、情報源は一緒ですよね。はっきり言って、それがそのまま、なんの裏付けも証拠もなく、「この人がこう言っている」というだけで載っちゃうのね。

でもこっちは、それに打ち勝つ方法が何もない。そういうジレンマというか、本当にもどかしい思いがありましたけれども、説明してどうなるものではない。あとはきっちり、裁判でけりをつけるしかないと覚悟を決めました。その結果、選挙戦にどういう影響があるか、周りは色々考えてくださっていましたけれど、僕はそれで行くしかないと思っていたんです。

4

――鳥越さんは、(報道に携わっているため)仕事として人のスキャンダルを聞く立場でもあります。証明が難しいなりに、記者の質問には答える選択肢はなかったのですか。

難しいですね。特にああいう混乱状態ですから。どんどんどんどん、1つ答えればまた次、となって、結果的に「要するに疑わしい」という印象しか残らない。直感的にわかりましたよ。僕ら冤罪も含めて、取材してきたからその経験で。記者会見はしても同じことだから「(疑わしいと思うのなら)勝手に思え」と思って全部切った。説明責任というのは美しい言葉だけど、実際にはこれほど難しいことはないんですよ。何の意味もないですよ

――(鳥越さんに譲る形で告示前日に立候補を撤回した)元日弁連会長の宇都宮健児氏は、週刊誌報道について鳥越さんが説明しなかったことを理由に、応援演説に立たなかったそうですが

(中略)

――「新報道2001」(フジテレビ系)や、ニコニコ生放送の候補者討論会に出なかったのはなぜですか。

テレビは、出られなかったのはあるけど、時間が許す範囲で基本的に出ていますよ。できるだけ、ぶら下がりも全部対応していた。そんなに言われるほど出ていないとは思っていない。ネットは出ていないねニコ生とかは「出なきゃいけないメディア」と考えるかどうか。それは判断の分かれるところ。[E:danger]僕はニコ生は基本的にメディアとして認めていない、悪いけど。あんな文字がどんどん画面に出てくるようなところに出たくないですよ。あんなのおかしいじゃないですか。

――ニコ生の討論会に出なかったのも、不信感があったんですか。

もちろん(不信感はある)。それ(出ないこと)は僕が決めたんじゃないけれど、全く関与していないから。選挙ってそんなもんなんだよ。候補者が何でも知っていて、何でも決めていると思うだろう? そうじゃないんだよ。候補者って要するに、街宣のときにしゃべるコマだから。でも操られていたとは思わない。与えられた仕事を、それぞれがみんな、その場その場でやっていて、候補者はそのうちの1つなんだよ。もちろん重要な柱なんだけれど。

――他の候補者から「逃げた」と批判材料にされました。

それは僕ではなくて、選対の判断だから。「次これに出てください」という指示があって、それに従って出ていただけ。断ったことは一度もないですよ。

――ということは、テレビ東京の池上彰さんの開票特番に出なかったこともご存知なかった?

知りませんよ。僕のところに提案はない。池上さんの話って何? 選対の部分でカットしているから、なぜか僕は全く知らない

――全体を通して、他候補者へのネガティブキャンペーンばかり取りざたされて政策論争が深まらない印象がありました。

(中略)

――例えばそれが、ニコニコ生放送などのネットの場であれば実現できる可能性があった。

俺は知らなかったの。ニコニコから話が来ていたなんて。だからそれについては何も言えませんね。

5

――テレビや討論会の出演について、選対でどなたが広報戦略をお決めになっていたのですか。

僕は何も知らないスケジュールまでは管理してないんで。おそらく民進党の選挙のプロがいて、その人が街宣の場所を考えていたんだと思いますよ。「ハイ、鳥越さんこれが明日のスケジュール」って渡されるだけ。「どこへ行きたい」とか、そんなのはないの。「どこ行ってください」だから「明日は伊豆大島ですよ」「えっ、大島?」っていうようにね。初めての選挙だから、「選挙ってこういうものだ」って思ってたけど、話の中身だけは言われるがままではいけないから、自分で変えたけれど。民進党と共産党が中心になってそれなりに、うまく回していた。選挙カーも、今日は民進党、明日は共産党。個人演説会とか、結構走り回ったよ。おそらく、僕の受けてた感じなんだけれど、僕の体調を考えて決めていたんではないですかね。だから最初は街頭演説も1日2回でしたよ。夕方にはもう帰って飯食ってるってこともありましたからね。「これでいいのかな、選挙」って思ったこともありましたよ(笑)。それが最後は5回とかになったけれど。

――選挙後にご自身のサイトから都知事選の記述を消されていますね?

それは知らない僕は全くノータッチだから。なくなったの?知らない。見たこともないし。あなたたち(ハフポスト日本版)には悪いんだけれど、ネットにそんなに信頼を置いていない。[E:danger]しょせん裏社会だと思っている。メールは見ますけれど、いろんなネットは見ません

――体力面でも自信があると話されていました。4年後打診があれば、出ますか?

4年後?ああ、そりゃ、どうかなあ、考えたこともないけど、4年後は80でしょ?ちょっと熟慮するだろうな。 

鳥越氏は、衰退が続く日本の「リベラル勢力」の現状についても語った。(後半は近日中に公開)

[E:downwardright](「戦後社会は落ちるところまで落ちた」鳥越俊太郎氏、惨敗の都知事選を振り返る【独占インタビュー】

「知らない」「ノータッチ」って・・・小池都知事なら言わないでしょうねふらふら、小池氏は主体的に選挙戦を戦ってましたから

この独占インタビュー記事を読んで、本当に野党共闘で担いだ「コマ」がチンケすぎたっていうのが結論だと思いました。本当に酷すぎますね(笑)

人さし指で、面白いのは・・・

ペンの力」って、サヨクの最後の砦というか、一方的に「差別だ」「ヘイトだ」と書けば、それだけで世論誘導できる便利なツールなので、

鳥越が「ペンの力」を否定したのに、サヨクは猛烈に反発しているようです。例えば右

@rinda0818李信恵 이(리)신혜@rinda0818

おいらはペンの力を信じてる。かんちゃんや桜本を守ったのは神奈川新聞や毎日新聞の記事だ。ジャーナリストたちがヘイトスピーチに怒って、闘って、どっちもどっちじゃない記事を書いてきたから今があると思う。 posted at 17:22:00

 有田芳生認証済みアカウント @aritayoshifu                          13 時間前           

青木俊さんや清水潔さん(日テレ現役)、さらには青木理さん、佐藤優さんなどなど、「ペンの力」は現実に抗して深い爪痕を残しています。もちろん企業内記者もどれほど努力をしているでしょうか。その事実を一片の言葉で否定することは間違いです

サヨクマスコミの「ペンの力」のお陰で、反日活動しやすいと言っている様なもん勝ち誇り

人さし指例えば、「安倍政権に弾圧されてる」というキャンペーンを自称ジャーナリストたちがやっています。

その中でも鳥越が全く根拠なしでただただ批判していたのを見て、これがジャーナリストなのかと呆れたものです右 

《【ザ・スクープ】と4年間の都知事職を一緒くたにしたら批判されて、「それも差別だ!」「差別!」と言う鳥越俊太郎(・・;)》2016年7月20日

Ref_l

24日、高市早苗総務大臣による"電波停止"発言を受け、日本外国特派員協会でジャーナリストによる会見が開かれた。登壇したのは大谷昭宏氏、青木理氏、岸井成格氏、田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏の5人(予定されていた、金平茂紀氏はブリュッセルでの取材のため欠席)・・

(中略)

根拠の無いレッテル貼りは鳥越氏の得意技右

《高市大臣の“電波停止”発言に抗議のジャーナリスト5人(大谷、青木、岸井、田原、鳥越)が外国特派員協会で会見。鳥越俊太郎指摘の『NHK番組改変問題』が全くの事実誤認の件》2016年3月25日

24日、高市大臣の“電波停止”発言への抗議の記者会見を有名ジャーナリスト5人が日本外国特派員協会で行いました。 

その内容は見る価値も無いもので一言で言うと5人とも妄想全開の勘違い男たちのいちゃもんという感想です。 

大谷氏は「(この問題に)海外メディアは高い関心があるのに、NHKは見向きもしない」「大臣の意に沿わないのなら、一つの番組から電波を止めるいう。こんなのは近代国家としてはありえない」と。 

そして「これが日本の言論だと世界に発信してくれ」とまで言ってました 

あと、「えーっ!?」と思った部分は、質疑応答の時の、鳥越氏の安倍総理に関する発言。 

いくらアベ憎しでも、一応ジャーナリスト名乗ってるんだから、ウソをつくな![E:annoy] 

とりあえず、BLOGOSの書き起こしと、動画です[E:downwardleft]

人さし指ここから、外国人記者の質問と、鳥越発言の問題箇所右

「政権からの圧力」と「マスコミの堕落」

ー中国ではジャーナリスト逮捕されたりと、非常に厳しいですよね。アメリカでも国が監視したり法的に追及したり、日本よりある意味ではひどい状況だと思うんですよ。にも関わらずなぜ、日本のメディアがこれほど萎縮するのかそのメカニズムはなんでしょうか。どういう圧力のかけ方があるのか。もう一つは、朝日新聞の吉田調書の問題が一つの転換期というか、今の萎縮問題の始まりなのか。(マーティン・ファクラー氏)

Ref_m

鳥越氏:わかりやすい形でメディアがプレッシャーをかけられて萎縮しているということではなく、目に見えない形で、気がついたら後退していたのが現実でしょう。

いくつか理由があると思いますけれど、一番大きいのは、安倍政権は内閣支持率をなんとか維持したい。内閣支持率を保つには、テレビに安倍批判をさせないことなんです。

国民は新聞も読んでますけれども、テレビから情報を得ていますから、誰かのスキャンダルがあったという話がでてくると、支持率下がってくる。最近いくつかのスキャンダルが出て、一頃よりは下がっている。それをなんとか食い止めたい。だからこれ以上、安倍内閣の批判をテレビで言わせない

どういう風な手を使っているかというと、証拠はなかなか見つからない。文書があるとか、証言をするということでの証明は難しいんですけれども、聞いたところによると、菅官房長官が恐ろしいのはオープンな会見ではないんです。"オフ懇"、つまり大臣と記者クラブとの間のオフレコ懇談。「これはオフレコですよ、書いちゃダメですよ」といいながら話をする。その場で、例えば「昨日のニュース23の岸井キャスターのあのコメントはちょっといただけないね、あれ困るよ」みたいなことを"つぶやく"わけですね。それは表には出ませんけれども、TBSの記者はメモをして上司に上げるわけです。上司はさらに上にあげて、どんどん上がっていきます。それで、「どうも政府筋は岸井のコメントに嫌悪感を抱いているらしい」という空気感が広がっていく。そうすると現場が反応する。街頭で話を聞くときも、できるだけ穏当な話だけを聞くとか、問題の設定もできるだけ柔らかめにするとか、萎縮をしていくわけです。毅然として切り込んでいく姿勢がなくなっていく。

そういうことがずっと前からある。それを安倍政権がさらに明確にした。それまでの政権は、そこまで個々のキャスターのコメントとか、個々のテレビ番組の放送内容について、いちいち文句を言ったりしたことはない。

ただ一つだけあるのは、[E:danger]安倍さんがまだ一国会議員であるときに、NHKの従軍慰安婦の問題で番組に介入して内容を変えさせたというある事象があるわけです。これで安倍さんは味をしめたんだと思う。それで、メディアというのは政治が手を突っ込んでいけば、後ろに下がってしまうという経験を安倍さん自身がした。[E:danger]第一次安倍政権ではお腹の具合が悪いとかって辞めちゃいましたけれもメディアをきっちり監視しろとつまり、メディアが権力を監視するというのが世界の常識。しかし日本では権力がメディアを監視する。

(以下 略)

この直後、官房長官のオフ懇に関する話、田原氏が全面否定。岸井も否定してました(苦笑)

で、鳥越氏は知らないのかわざとなのか知らないけど、

NHK番組改変問題の件、酷い歪曲しています。安倍さんも中川さんも全面否定していたし、「介入なし」の判決も出ています右・・・

鳥越さん!都知事になりたいのならあげ足ばっかとらずに、ちゃんと政策論議するべきですよ。

記者会見でも「ジャーナリスト」達がいい加減なことばかり言うから、徐々に「ジャーナリスト」なるものに対しての信頼度を失墜させているのに気づくべき!

人さし指で、この人達が一番卑怯だと思うのは、議論から逃げ回っていること右(田原氏以外)

【ケントギルバート・上念司】明日(6/16)の3×3公開討論「テレビ報道と放送法・何が争点なのか」&「放送業界の全体主義」の話 【虎ノ門ニュース】》 (2016.06.15)

居島氏放送法遵守を求める視聴者の会ではケントさん・上念さんご一緒で。」

2

上念司氏明日、公開討論なんです。」居島氏「いよいよ例の?」
上念氏「はい、明日10時から」居島氏「実現するんですね。」

上念氏『怒ってるズ』は来ないですよ。陰口ばっかりの青木、、いつでも来いよ!待ってるぞ!」+「そのジャーナリストは逃げ回ってる」

上念氏「そうそう、『怒ってるズ』は来ない」 ケント氏怒ってるだけなんで」上念氏「『怒ってるズ』は岸井さんとか」 ケント氏鳥越さんとかね」 上念氏青木さんとか雑誌に事前に連絡して来いなんて・・・」

ケント・ギルバート氏明日の10時から、ニコニコで見れる小川榮太郎さんとボク(ケント・ギルバート)と上念さんが、この3人の方と公開討論する。」

(公開討論の詳細 読み上げ 略)

田原総一朗・青木理・ジョナサン・ソーブル、笑える議論「検証!日本メディアの課題と「報道の自由」 【激論!クロスファイア】 》(2016.05.10)

017

最後、ついでに愛川欽也がインターネットについて語ったものを紹介します右

《インターネットは「暴力を使わない”核”」「渋谷の駅の便所の落書き」by愛川欽也 【パックインジャーナル】》2010年12月 4日

「・・・つまり本当に訳の分かんない時代が来て、僕は二つ、人類はとうとうそういうものを作った

一つはね、僕は核だと思うんですね。まとめて人を殺す核。もちろんこれを平和的に利用すると、まぁー発電ってのもあるんでしょうかね。なんかそういう平和利用もある。

それと同じようにこのインターネットっていうのも確かな情報も知らせる。一方ではめっちゃくちゃの渋谷の駅の便所の落書きと変わんないような物も流してもそれは、、

で、困るのはね、私たちはその便所の落書きを見るのが多いんですよ。そうすると家の中にいて便所の落書きが見える時代になったっていう事で、

それが丁度テレビのワイドショーとこう一緒になって、ワーーーッと来ると、それが僕はね、世論調査を形成していくという事になるとね、

これ山田さんね、やっぱりこれは、あの暴力を使わない核のような気がする。

と、それの犠牲者が子供が自殺したり、中国あっ韓国なんか女優さんなんか自殺してんですよ何人も。そういう事が起きているという事は、やっぱりこれは人殺しにつながってんじゃないかと思って。

650a259b.jpg
  えー、まっ、そんな中で今日その話も後で出てくるかも知れませんが、今はね、凄い時代で自分たちが目利きになって、ちゃんと頭使って見て、これは怪しいぞとか、これはなかなかのもんだとか判断を個人が持たないとエライ事になると。

それからそういうものを見て、それにこう影響されるってんじゃなくて、やっぱり個人が自分の考えを持つと。

あのねぇ、とーんでもない難しい時代になっちゃった。これ自分達が作ったんです。

私は核は核爆弾は造れないから、どんなもんだか知らないけど、あんなに広島と長崎で死んじゃったんだから。今でもそれでもって大きな世界の平和を崩している動きがあるわけだから、一方ではこのハッキリ分かるこの悪の核

一方では、インターネット、その中身の悪。あのー、それがザーーーーッと嵐のようにこう来るわけですね、で、その中で、あのーさっきもメイちゃんとスタジオに入る前に話をしてたんだけど、あのー、凄い時代になったんだって言ったら、メイちゃんが『選ぶ力がないと大変ですね』って本当そうだと。メイちゃんの言うとおり。

7b80df2a.jpg

ネットは確かに玉石混交で、リテラシーの問題は大いにありますが、

だからといって、言論の自由の場であるネットを無視するようなジャーナリストは、もはやジャーナリストではありません。

まして、ニコ生討論を否定するなんて、やっぱ逃げてるんです。怒ってばっかじゃなくて、逃げずに議論すべき。

言いっ放しは卑怯です(;一一)

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感[E:flair]!の方はポチッとよろしく   

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト 

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!



この記事へのコメント

10. Posted by さくらにゃん   2016年08月17日 20:50
<p>● orange  さん<br />
こんばんは。</p>
<p>>鳥越氏は、本当にどうしようもない人間ですね。鳥越氏に比べると、極左の宇都宮氏がまともな人間に見えてきます(笑)</p>
<p>  宇都宮氏はそれなりに筋は通ってますからね(苦笑)</p>
<p>>鳥越氏が言うペンの力というのは、捏造と歪曲なのだと思います。それが通用しなくなったというのを感じているのでしょう。ニコ生では、捏造や歪曲が即座に指摘されるので、認めていないのでしょうね。</p>
<p>  私もそう思います。 ウラを返せばネット社会になってしまって「ペンの力」で読者を騙せなくなったって話で、そりゃ認めたくないですよね。今までの活動の全否定になるし。</p>
<p>>選対の人間も、鳥越氏のしょうもなさに気付いていたので、討論や演説をできる限りやらせないようにしていたのだと思います。</p>
<p>  気づくの遅すぎー!<br />
つーか、フツー、こんなん候補者にしないよね(呆) 見抜けない方が不思議・・</p>
9. Posted by orange   2016年08月17日 15:39
<p>さくらにゃんさん、こんにちは。</p>
<p>鳥越氏は、本当にどうしようもない人間ですね。鳥越氏に比べると、極左の宇都宮氏がまともな人間に見えてきます(笑)</p>
<p>鳥越氏が言うペンの力というのは、捏造と歪曲なのだと思います。それが通用しなくなったというのを感じているのでしょう。ニコ生では、捏造や歪曲が即座に指摘されるので、認めていないのでしょうね。</p>
<p>選対の人間も、鳥越氏のしょうもなさに気付いていたので、討論や演説をできる限りやらせないようにしていたのだと思います。</p>
8. Posted by さくらにゃん   2016年08月14日 12:48
<p>●      さん<br />
>よもや鳥越氏は認知症を患っているのではないでしょうか。<br />
酷い字の歪みや、終戦時5歳であった鳥越氏の「終戦時に20歳」「戦後21年に小学校へ入学」等の時系列が合わない発言、投票日を4月31日と間違える、番組中に居眠り等、どれも認知症の症状に当てはまる物です。<br />
ここ最近の理解しがたい奇行暴論は認知症が進行したためと考えれば、まだなっとくできます。</p>
<p>  仰るとおりで、ボケの初期症状です。<br />
それは本人も6年前から自覚しています[E:downwardleft]<br />
  《6年前、「自らのボケ(認知症)」を語る鳥越俊太郎 【スーパーモーニングウェブサイト】》<a href="http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/k-1bae.html" target="_blank">http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/k-1bae.html</a><br />
  「・・DVDをツタヤやなんかに買いに行くじゃないですか、『あっ面白そうだな』と思って買って帰っるとね、自分のその棚に既にそれがあるっていう事あるんですよ。<br />
ありゃーー、また買ってきちゃったって、1回や2回じゃなく何回も有る。ねっ。で、dangerこれは完全にボケだ。ボケたな、オレもやっぱり記憶力落ちたなと思うんだよ。<br />
でも折角買ってきたから、まぁ見てみるかぁと思って見ると、danger頭から全然憶えてないんだよ。<br />
・・」<br />
</p>
7. Posted by    2016年08月14日 03:48
<p>よもや鳥越氏は認知症を患っているのではないでしょうか。<br />
酷い字の歪みや、終戦時5歳であった鳥越氏の「終戦時に20歳」「戦後21年に小学校へ入学」等の時系列が合わない発言、投票日を4月31日と間違える、番組中に居眠り等、どれも認知症の症状に当てはまる物です。<br />
ここ最近の理解しがたい奇行暴論は認知症が進行したためと考えれば、まだなっとくできます。</p>
6. Posted by さくらにゃん   2016年08月13日 16:19
<p>● huu  さん<br />
こんにちは。</p>
<p>>信用しないではなく、ただ単に論破できないだけですよ。<br />
ネットは確かに玉石混交です。<br />
ですが何事にも言える事ですが、すべてが駄目かというと、そうではありません。しっかりした意見・指摘があることも事実です。<br />
そしてこの人は、その正論に答える事が出来ないから、ただ逃げてるだけの人なんです・・・・<br />
>この人にジャーナリストを名乗る資格なんて全くありません。</p>
<p>  ですよね。<br />
あと、「自分こそ正論!」でレッテル貼りして批判したり、思い込みで決め付けたり、<br />
他の意見を排除する態度がジャーナリストとして終わってますね。<br />
ホント何様かと。<br />
少なくても色んな意見があるネットの方に答えがあると思います。</p>
5. Posted by さくらにゃん   2016年08月13日 16:12
<p>●いつも読んでいます  さん</p>
<p>>民進の長島昭久氏が、こんなことを呟いてます。<br />
「改めて怒りが込み上げて来ますね。ご本人と共に、彼を引っ張り出して来た人々に対して。余りにも有権者や支援者を馬鹿にしていると言わざるを得ない。それに、宇都宮さんに対しても失礼極まりない。人として許せないです、本当に。」</p>
<p>  いまさら何ですか?(呆)<br />
そんな人として許せない事をする党に居続けるのはどうなんでしょうね。</p>
<p>>この記事に対する反応だそうですが、てっきり都知事選前に呟いたのかと思いましたよ。共産との共闘自体あり得ない、鳥越など論外って、最初から分かってたでしょと言いたい。まともな野党が必要な今、民進の保守といわれる人がこの程度とは。。。</p>
<p>  長島氏には本当にがっかりです。<br />
そもそもマトモな保守なら、選挙の為に共産党と共闘するとか、鳥越を担ぐとか絶対に許しませんよね。 <br />
民進党はやっぱクズだらけと思ってしまいます。<br />
</p>
4. Posted by さくらにゃん   2016年08月13日 16:03
<p>●三太夫 さん<br />
こんにちは!</p>
<p>> 鳥越の反省無き弁明には驚きですね!<br />
私は「ペンとペテンは紙一重」と思っています。(ペンで紙に文字を書くので、少しダジャレが入っています)</p>
<p> 「ペンとペテンは紙一重」・・・ウマイ! 鳥越はまさにペテン師ですね。いい加減なことばかり言ってるし、逃げ回ってるし。    </p>
<p>> 植村隆氏は、慰安婦捏造記事に関する産経の取材に対して「この記事は韓国挺身隊問題対策協議会で一度だけ聞かせてもらったテープをもとに、同会から背景説明などを受けて書いた」と述べています。<br />
<br />
  テープだけで記事くのは「書き起こし」。新聞記者はウラをとってナンボのハズなんですけどね(呆)</p>
<p>>本多勝一氏も「中国の旅」の記事に関して「私は中国側の言うのをそのまま代弁しただけですから、抗議をするのであれば中国側に直接やっていただけませんでしょうか。」<br />
…と開き直っています。<br />
<br />
  本多もウラをとっていません。<br />
そんな記事を真実のように広める新聞社も新聞社ですけど(;一一) </p>
<p>>朝日の記者って「テープを聞いての書き起こし」や「相手側の話を聞いて代弁する」だけで、何の裏付け取材・聞き込み・資料検索・情報収集も無しで、お金が貰えるのですね!!</p>
<p>  同感です。<br />
それは結論ありきのアカヒの体質に原因があります。<br />
朝日新聞の人達がいかに日本を貶める事に精力を費したか、酷い話の総まとめ[E:downwardleft]<br />
《櫻井よしこさん大推薦書 『崩壊 朝日新聞』 松井やより&本多勝一 (元朝日新聞記者・長谷川煕氏著) 【虎ノ門ニュース】》<a href="http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-52f2.html" target="_blank">http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/1-52f2.html</a></p>
<p>>昔、植木等の歌で「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ!」と言うフレーズがありましたが、「朝日の記者は気楽な稼業ときたもんだ!」…と思う今日この頃です。</p>
<p>  植木等・・・古っ(笑) <br />
</p>
3. Posted by huu   2016年08月13日 03:02
<p>こんばんは。</p>
<p>信用しないではなく、ただ単に論破できないだけですよ。<br />
ネットは確かに玉石混交です。<br />
ですが何事にも言える事ですが、すべてが駄目かというと、そうではありません。しっかりした意見・指摘があることも事実です。<br />
そしてこの人は、その正論に答える事が出来ないから、ただ逃げてるだけの人なんです・・・・</p>
<p>この人にジャーナリストを名乗る資格なんて全くありません。</p>
2. Posted by いつも読んでいます   2016年08月12日 15:56
<p>>この独占インタビュー記事を読んで、本当に野党共闘で担いだ「コマ」がチンケすぎたっていうのが結論だと思いました。</p>
<p>民進の長島昭久氏が、こんなことを呟いてます。<br />
「改めて怒りが込み上げて来ますね。ご本人と共に、彼を引っ張り出して来た人々に対して。余りにも有権者や支援者を馬鹿にしていると言わざるを得ない。それに、宇都宮さんに対しても失礼極まりない。人として許せないです、本当に。」</p>
<p>この記事に対する反応だそうですが、てっきり都知事選前に呟いたのかと思いましたよ。共産との共闘自体あり得ない、鳥越など論外って、最初から分かってたでしょと言いたい。まともな野党が必要な今、民進の保守といわれる人がこの程度とは。。。</p>
1. Posted by 三太夫   2016年08月12日 15:26
<p>さくらにゃんさん!こんにちわ!!<br />
鳥越の反省無き弁明には驚きですね!<br />
私は「ペンとペテンは紙一重」と思っています。(ペンで紙に文字を書くので、少しダジャレが入っています)<br />
植村隆氏は、慰安婦捏造記事に関する産経の取材に対して「この記事は韓国挺身隊問題対策協議会で一度だけ聞かせてもらったテープをもとに、同会から背景説明などを受けて書いた」と述べています。<br />
参照:<a href="http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n1.html" target="_blank">http://www.sankei.com/politics/news/150803/plt1508030036-n1.html</a><br />
つまり「テープを聞いてそのまま書いたので、意図的な事実のねじ曲げなどは無い」「だから私は捏造記者では無い」…と言いたいのでしょうね!</p>
<p>本多勝一氏も「中国の旅」の記事に関して「私は中国側の言うのをそのまま代弁しただけですから、抗議をするのであれば中国側に直接やっていただけませんでしょうか。」<br />
…と開き直っています。<br />
参照:<a href="http://ochimusya.at.webry.info/201505/article_5.html" target="_blank">http://ochimusya.at.webry.info/201505/article_5.html</a></p>
<p>朝日の記者って「テープを聞いての書き起こし」や「相手側の話を聞いて代弁する」だけで、何の裏付け取材・聞き込み・資料検索・情報収集も無しで、お金が貰えるのですね!!</p>
<p>私はこの植村隆氏と本多勝一氏の弁明記事を読んで「ペンとペテンは紙一重」…と思うに至りました。</p>
<p>昔、植木等の歌で「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ!」と言うフレーズがありましたが、「朝日の記者は気楽な稼業ときたもんだ!」…と思う今日この頃です。</p>

コメントする

名前
 
  絵文字