2009年06月18日11:28党首討論、マスコミが報じない部分

想像通りですが、テレ朝は「鳩山圧勝」だそうです。ヤレヤレ

鳩山さん、「人の命より財源」「人の命よりコンクリート」「唐突に安全保障の問題を持ち出した。」って迷言ですよね。

逃げたい問いには、訳の分からない例え話(個々の家庭の事情の話)をダラダラ喋って、「財源」と「安全保障の問題」から逃げてる印象でした。

政権交代したら、自殺者がいなくなって、国民全部幸せになるの?? 夢の話はそりゃ聞こえは良いけど、私はちゃんと現実に向かい合った麻生さんの方に日本を任せたいと、改めて強く思いました。

自殺者の話でいうと、こんな日本にしたのは自民党みたいに言ってたように感じたけど、もともと民主党の上層部の人の古巣ですよね!?

そうそう、先日【TVタックル】を観ていたら、鳩山ご夫妻が化粧して派手な衣装をまとって、二人で両手を宙にかざしながら「・・・神様~神様~」とかってハモりながら、声を張り上げて歌いあげていたんですよ。その映像を見た瞬間、うちの旦那が「オイ、この人らヤバいぞ」と爆笑しておりました。
大変なものを見てしまったような・・


では昨日、党首討論の中で麻生総理が語られた、いわゆる「アニメの殿堂」に関してマスコミが報道しないことを記録しておきます。

鳩山代表「・・・もっと一つ一つの中身を点検して、本当に無駄がないのかどうかをチェックをしてくださいよ。・・・例えば河野太郎先生などが中心となって事業仕分けで、例えばアニメの殿堂は無駄なんて話が出てまいりましたけど、そういう議論は政府の中では真面目にされてないんですか。無駄遣いはないと、本当に麻生総理は思っておられるのかどうかお聞きしたい。」

麻生総理「・・・またアニメの殿堂の話を具体例としてされましたけれども、これ、何も思いつきで私の段階で出たんでも何でもないんで、これは前々に安倍内閣のときにこれがスタートし、福田内閣でこれを企画をし、私の時で実行させて頂いたというそれまでの経緯がございます。(←[E:danger]ここだけ切り取るマスコミ)

少なくとも我々は、今これからの日本のソフトパワーとしては、コンテンツというものは、今日本で約14兆円位のものがありますけれど、14兆、世界では150兆のコンテンツ関係のものがあり、これはこれからも更に伸びるといわれる部門であります。我々としては、映画・写真、いろいろアニメ以外にもいっぱいありますが、こういったものをきちんとして我々としては系統立てて、我々はそれを支援していく。

役人が、政治家が、この種のことに秀でていると思ったことはありません。従ってこれは、運営等々は民間に基本的にやってもらうのが筋だと言うことを申し上げてきているので、思いつきで何もやっていると言うことは全くないことだけは、私としては誤解を招かるような話になりすぎていると思っております。」


景気悪化に歯止めをかけるための補正予算ですが、将来のソフトパワー戦略も兼ねている訳です。

私は、文化庁のブログを読んでいるのでよーく分かります。

民主(一部、自民)やマスコミが叩けば叩くほど、マジ、メディア芸術総合センターの中身知らんのとちゃう!?と思います。

そういえば、「マンガ喫茶の民業圧迫になる」と言った人がいましたねぇ。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年06月17日22:5430分で日本が好きになります。

日本が嫌いな人は、その人が受けた歴史教育のせいだと思います。私もそうでしたから。

でも、若い世代には、こんな歪んだ思いをさせて、日本人としての誇りを失わせては、絶対にいけないと思います。

幸い、今はネットというツールがあります。蓋をされた「大東亜戦争への道」をもう一度、違う側面から観てみませんか!?

アニメですが、昔のフイルムも織り込んであり、ちょっとSF仕立てになってて、分かりやすいです。

約30分と少し長いですが、時間を作って、是非見てください!
出来れば、中学生くらいのお子さんと一緒に是非見ていただけたらと思います。





【ニコニコ動画】誇り~伝えよう日本のあゆみ~

早い話、田母神さんの主張と一緒。 先人に感謝!日本は素晴らしい!
もちろん、これを観て、自分で調べる事が大切だと思います。

私は、二十歳の娘と一緒に観ましたが、鳥肌が立って、最後泣けてきました。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   



2009年06月16日09:53上杉隆さん解説 鳩の乱

大変著名な、自称ジャーナリスト上杉隆さんが、テレビ朝日【ワイドスクランブル】に出て、

鳩山邦夫氏の元秘書の立場で、『鳩山氏"悔し涙"の辞任劇 麻生総理"盟友切り"真相は』の生解説をしてました。

あ~、ちなみに上杉氏とは、こんな安倍元総理の捏造記事で有名な方です。[E:downwardleft]


【ニコニコ動画】上杉隆氏の記事に安倍事務所が抗議

上杉氏「(鳩山さんは自分を切らないと信じていたのか)・・・実際、事実関係として、そのような、まっ取材の成果ですが、ありますね。例えば麻生さん、2月に予算委員会で、そもそも私は郵政民営化、反対なんですよと言いましたよね。あれが本音で、その後実は鳩山さんにですね、これ読売新聞が翌日スクープで出してますが、人事案、西川さんの後任人事を3人名前出して、この人でやってくれと、麻生さんが鳩山さんに頼んでいます。ですから鳩山さんからしてみれば総理の意向を受けて、徹底的に突っ走ったところ、最後の最後にその当事者から外されたと。いう意味で信じられない思いがあったのがまずひとつと、

あとは、今のが理の部分だとするとですね、情の部分で、何といっても、3年前ほとんど自民党議員が安倍さん、翌年は福田さんに流れる中、別の派閥から自分の元秘書の国会議員を引き連れて、選対の太郎会の会長をやって、選対本部長をやって、麻生さんを作ってきたという事実があったわけですね。だから最後の最後はまさか自分のことをとるだろうと、ましてや一企業の社長人事を守る為に、閣僚の最大の仲間を切ることはしないだろうというのが、直前まで鳩山さんが思っていたこと。」

「国民新党の長谷川さんがおっしゃったのが丁度いいのかなぁと思うのが、『お代官様、悪いやつがいますよ』と、言ったところ、『お前が首を切れと。』言う風に言われたという感覚で、やはりですね、本人としては、まぁ麻生さんの為を思ってやっていたつもりだったんですね。ですから最後の最後に実は、辞表を2時に官邸に出しにいく前に、仲間と相談するということで、元秘書の国会議員とか話をしたんですね。その話のひとりに聞いたんですが、 みんなまわりは更迭をされよと。要するにそれこそ罷免をされればそれこそ鳩山さんはブレてないとアピールになると。ところが鳩山さんは、でもいやでも自分が作った総理だから、それは麻生さんが可哀想だから、忍びないんで、俺が書くよ。と言って辞表に名前書いていると。」

「基本的には郵政に関しては麻生さん、やや見直し派と言って、鳩山さんより早い段階から見直しを言っていたんですね。総務大臣の時もそうですし、それで麻生さんの方からすると西川さんを切る予定だったんですが、途中で選挙のこととか色々あって、両方切る事がいいんじゃないかという雰囲気になったわけですね。

ところが、前日に元総理の安倍さん、菅さん、と会った時に、お二人がかなり鳩山さんに関してネガティブな情報を持って行ったと。それによって麻生さんが『そーんな事を言っていたのか。人として鳩山さんのことは信用できない』という風になって、まっ一気にですね鳩山さんだけを切ると。」

「(ネガティブ情報とは!?)具体的には、

かんぽの宿の問題、郵政民営化ってこんなことをするのかという失望感。鳩山さんの最後まで貫き通した正義の方が立派だった。(なかにし礼氏)

(新党とかは!?)「ないですね。選挙前には恐らくないと思います。 今新党、例え本人が離党したとしても誰もついていけないと思いますね。鳩山事務所出身の元秘書の国会議員は8人いますが、ただそれはあくまでも鳩山さんは強いんですけど、他の方はそんなに強いわけではないんで、 まぁ後の、その選挙後だったらいくらでもありえますよ。」

(選挙はいつ!?)「本来は今回麻生さんは秘策があった訳ですね。西川さんも鳩山さんも選ばずにすぐに解散をうってしまえば、決断をしなくて、東京都議選ダブルぐらいにやればですね、この問題は麻生さんが判断しなくても良かった。しかも今週の金曜日は、海賊法案・年金・予算関連法案通りますし、党首討論もやると。ということで全部okだったのが、それを逃したということで、都議選とのダブルっていうのは厳しいですけど、選挙の後に国政選挙ってほとんどできません。選挙で負けた議員が国政選挙に協力する訳はない。
それは麻生降ろしに繋がるかなと思います。」

動画でおわかりのとおり、見てきたように嘘をつく人なので、ここに記録しておきます。

だいたい、密室の会話のセリフまでよくご存知で・・・(苦笑)

こんなのに生コメント求めて、先日の金正雲写真誤報の傷も深いのに、テレ朝は頭、大丈夫

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年06月15日13:34反日に参政権!?

ごっつい、頭に来た動画[E:downwardleft]

【ニコニコ動画】左翼集会

頭にきすぎて、方言出ちゃった(笑)

日の丸を侮辱しながら、参政権よこせって、アホですか。

のぼり旗?にも書いてある、うんこマークやら、文が低レベルすぎて、

心の底から軽蔑させて頂きました。

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ ←ちょっと共感。の方はポチッとよろしく



2009年06月15日11:57国連決議採択で北朝鮮は・・・

前記事の続きです。

北朝鮮制裁決議について、かいつまむとパックイン的には・・・[E:downwardleft]

田岡氏の解説によると、以前の決議1718とあんまり変わっていないとのこと。

田岡氏「中国でのメディアの報道の仕方が、ここ二ヶ月でガラリ変わっちゃって、北朝鮮に対する凄い非難。・・・それは多分、政府の承認を得てというか指導があって書いておるんだろうなと。非常に批判的、攻撃的。・・・だから世論工作をしているんじゃないかなと。つまりこれから北朝鮮に対する政策をがらりと変えると。・・・」

北朝鮮は6カ国協議に戻るのか!?、核保有国4カ国クラブにしたいんじゃないか!?という議論他

石坂啓「・・・私もね、不用意に言わないようにしています。地上波では、気をつけて、ものを言うようにしているんですけど、実はね北朝鮮がミサイルを撃ったとか、核兵器またやるかもとちらつかせても、実はそう怖くはないんです。

あのだって、あそこ国民総生産って、江東区ぐらいですよ。お金がない。軍事に全部使ってはいますけど、そんなにねぇあのねぇ体力あるとは私は思ってはいないんです。見くびってはいけないですよ。で、何が怖いかって言うと今回のように全部が追い詰めちゃう事が、いつもキレてるような国ですけど、ブチキレちゃったりとか、なんとかそういう追い詰め方っていうのは私はね、戦前の日本を彷彿とさせるんです。日本だってじゃもういいやってもう自分たちでケツ捲っちゃって、もう国連もイラネエやっていっちゃって、いろんなこと貿易とかストップされちゃって、味方が何にもない状態で、あんな国力でもって、暴走しちゃったわけでしょ。そういう追い詰め方をしていいのか

あの人たちは、今も戦時下のつもりで、本当にハリネズミが針を立ててるような状態なんですよ。本当に叩き潰しちゃえばいいですよ。我々本当に戦争したいのか、ひとつの国を潰したいのか、そうじゃない。あの家族会だって人質取られてると思ったら、国を潰したい訳がないじゃないですか。その時にハリネズミが怒り狂っているのに、ハリネズミの言語を持っていません。私達はハリネズミに分かるように我々に敵意がない形でパイプを残さないことには、なんともならないと思うんです。

で、中国もロシアも自分たちの利害関係をちゃんと考えているので、上手に水面下でやっていると思う。その中で六カ国でいったら、やっぱり日本だけがその中にあって、大人扱いをされていない。蚊帳の外に置かれていると思います。日本だからできることって本当はあると思うんですよ。」

愛川氏が、それはもう遅すぎる、小泉さんが日朝ピョンヤン宣言で成功していたら、日本の余っている食料を出す時期はなくはなかった。北朝鮮が日本に好感を持つ筈がなく、朝鮮半島に対する、我々の先輩の長い歴史があるからいろんな感情を持っているのは当然だと。

首藤氏「北朝鮮から刺激があると、麻生さんなんか、断固戦わなければいけないっ。みたいな話をしているわけですよ。・・・・私としては、アジア最貧国が世界第二位の経済大国と真正面でぶつかるというね、そういう話になっているわけですけど、・・・・私達は本当は横綱相撲をやらなければいけないのに、大きな図体の横綱が同じように、小股すくいしているから、ひとつも対応できないわけで、僕は正面決めてね、しっかりと北朝鮮外交ってのを作らないといけない。私も現職に戻ればね、それをしっかりやろうと思うんですよ。・・・」

北がもうひと暴れした場合、中国はどうするかという議論と、北朝鮮問題だけ(日本は)感情的になるけど、注目されたくて足バタバタさせてるだけだから、もう感情的になるのはやめようという話。感情論の核武装話は絶対にやめようと。

横尾氏「一番問題なのは、日本も核保有国クラブになろうじゃないかって論調が出てくるのが一番恐ろしいわけで」

愛川氏「最も、僕はその前に、核保有国だけが核クラブみたいなものを作ることを、日本が国際世論の中でそれを承認する程度だったら、日本が先に6カ国協議をやめちゃったらどうですか。日本は核も持たないけど、6者協議も無意味だ!

つまりそういう日本に主体性のある平和的な、なんか論法が出てこないんだよ。」

石坂啓「私もそう思います。平和的に日本のスタイル持つ政治家がちゃんと外交をやっていてくれていれば、(おっしゃるとおり!とキンキン)もっと有効カードはあるんですよ。核保有国だけでやるってそれだったら、6カ国協議の意味がない。何のためにようやく北朝鮮をテーブルにつかせたんだと。この中で核を絶対に持つなと言えるのは、我々ですよ。」

愛川氏「強い、平和を求める外交を作って欲しいというのは本当の気持ちだ。」

石坂啓の発言には、愛川氏は相槌を打ったり、それぞれの意見に意気投合で、もう同士ってカンジでした。(苦笑)

それにしても、決まり文句の「地上波では言えない」ってどういう意味なんでしょう。[E:sign02]

地上波じゃないから、放送法なんて関係なくて、自分たちの勝手な主張を垂れ流しでも良いよ~。だって朝日ニュースターだもん。っていう事でしょうか??

ホントにこの人たちは、楽屋でするような井戸端会議を、影響力のある公共の電波を使って思う存分広げています。

これじゃ、テレビの公平性なんて、無いに等しい・・・

にほんブログ村 テレビブログ テレビ生活情報番組へ ←ちょっと共感。の方はポチッとよろしく



2009年06月14日15:35鳩山総務相辞任と、民主党のお家事情【愛川欽也パックインジャーナル】

前記事の続きです。

ここからは鳩山総務相辞任の件。抜き出すと、パックイン的にはこうなります。

愛川氏「・・麻生さんにとっては相当のイメージダウンだと思いますよ。これは間違いないですね。・・・」←何度も繰り返し

二木氏「・・今回は邦夫の味方なんです。筋を通したって意味では原則論として正しいです。・・この問題、一体なんなのかって言うと、入り口はかんぽの宿の叩き売り問題が入り口なんですよ。出口はじゃあ誰が責任を取るのって事で、西川さん。邦夫元総務大臣は筋が通っている。・・この話は一体なんなのか、結局残るのは麻生さんがブレたんだって話ですよね。あいかわらずって話ですね・・」

田岡氏「ブレた以前の話、何も考えてないんじゃないですか」

石坂啓「前に一回、私は(郵政民営化)反対してたんですよねって言った。あそこでミソを付けちゃってたな。あれがなければですね、まだね、シラを切りとおしてやれたかも知れないですけど、あそこで一回ネックでって言うか、ポイント下げちゃっていたのでやりようがなかったんですね。」

首藤氏「この世界に、多少長くいる者から見ればね、これ鳩山さんの勝利なんですよ。今、タイミングを一番高く売ったということですよ。ですからこれが例えばね、喧嘩両成敗だと、じゃ、お前も悪いのかということになっちゃう。しかし、これは被害者ですからね、やっぱりあそこで西川さんを支えるのはおかしいんじゃないかと、みんな思っているから、だからこのタイミングでこの形でお辞めにるというのはベストだと思いますよ。

だけど、こちらが引くのは、正義がどうのこうのおっしゃるでしょ。それが引っかかるんですよ。私も世界でいろんな正義のいろんな人に会いましたよ。その人は、アナタは正義!!と、見た瞬間に正義の人はわかりますよ。そういう意味では、正義がどうのこうのというのは非常におかしくて、鳩山さんとしてはね、西川さんがこんな悪いことしてますよと。官僚組織を集めて情報、あるわけだ。それを国民に提示してね、国民が西川は悪いやつだと思えば、それはその自分の道を全うすることもできたはずなんですよ。結局こういう形でお辞めになったというのは、それはそれで政治家としての」

石坂啓「この鳩山さんってキャラが立ってますから、やっぱり面白がられますよ。この件に関してはさっき二木さんがおっしゃったみたいに、私は鳩山さんよろしいと思いますよ。

しかし昨日ね、息子が、またデカイニュースだなぁなんて面白がって見てたんです。息子はまだ選挙権ありません。しかし色んな話をしてて、これ麻生政権にはどうなのって言う風に、、で、話をすると、私張り切って、実はかんぽの宿があってねっ、郵貯があってねっとか話をしながら、いかにも鳩山さんが今回はカッコ良く見えるけど、

でも、ついこの間ですよ。鳩山さんが、それこそ草なぎさんが酔っ払った事件で、最低の人間だなんて偉そうに言ってて、言える資格あるのかてって! 君ンとこの酔っ払い事件はどうしたんだ、あの後。とかいろいろツッコんでましたよ。死刑制度のときのこの方の話、遡れば、アルカイダの友達の友達のって話。あのぉその都度ねやっぱり目立ったパフォーマンスをやっているけれども、じゃその都度いろいろなブレ方だったりとか、それを除せない麻生さんの政権だったりとか、あのもう国民から見ても、もう本当に失墜してるなぁと、もうねぇ~、おもしろいですよ。選挙に響きますよ。(笑)

「大きいと思いますよ。この間だって中川さんが財務大臣が酔っ払ってあんな醜態晒してるでしょ。これもうみんな盟友じゃないですか、麻生さんの、、鳩山さんも。もうガタガタですよ。」

この問題は、小泉改革を総括してない各政党と国民の責任だと愛川氏がまとめ。

総選挙の話で、時期を回転寿司に例え、いつにしようと迷ってるうちに無くなったとか、自分で決められないことを「私が決めます」と流行語大賞だとか、例え話で嘲笑しながらいつもどうりの悪口。

ここで、田岡氏が先日の「民主党が政権をとれば戦争が早くなる」論を(ブログ内記事:「さて、まぬけは誰でしょう!?」)

首藤氏「それは大丈夫ですよ。(笑) それはやはりちゃんと、きちっとね、民主党も今、、こんなこと自分勝手な事ですけど、本当に民主党らしい人は全員落選しているわけだから。(爆笑) 僕たちが戻ればですね、民主党らしい政策に戻りますよ。

よく言われるのは、民主党はダメだと自民党はいいかというと自民党にはね、防衛の専門家なんていないんですよ。たくさんいるのはね、防衛の専門家じゃなくて、防衛利権の専門家です。本当の意味の防衛の専門家なんていないです。(田岡・愛川から石破氏は民主党よりスゴイと指摘され・・・) あの人は専門知識はありますよ。それは私認めます。」

愛川氏「みんなでトレード(浅尾氏と)しちゃったらどうです!?民主党で。いやホントですよ。」

まーた、石破氏褒めちぎりのとトレード話

首藤氏「あのそれホント、心苦しい事です。(笑) あえてこの場だから、慣れ親しんだパックインジャーナルだから言いますけど、民主党も今、アイデンティティークライシスなんですよ。96年に最初に作った、市民団体とかいろんな人があって、リベラルの集結を求めて作ろうとした政党とですね、現実にいろんな団体が入ってきて、膨れ上がって、今ようやく自民党と一対一で規模的にもなってきた民主党、かなり違う。これから民主党がどういうアイデンティティーで作っていくかって言うのはもう本当にこれからの課題です。(愛川氏が防衛問題について訳の分からない人を言う人がいると指摘・田岡氏は強硬なことを言うのは選挙狙いで戦前と一緒で、危ないと指摘)

リベラルの方は、民主党を支持していただける。ただ、もっと広げないといけないというと、危ない勢力まで取り込んで当選したいという・・・(かぶって聞き取れず)」

二木氏「・・民主にとってピンチなのは、『友愛』は弱い。『一回やらせてください。』みたいな卑猥なスローガンしか聞こえてこない(石坂啓バカウケ)。これをやるっていう、なんかの旗がないと・・・」

首藤氏「・・民主党がどういう方向を示したらいいかというと、正直言ってまだないわけです。この間、菅氏がイギリスに調査に行ったと、・・今頃になって民主党は模索を始めている。」

ここで、スローガンの議論、愛川氏が「天下り禁止」と頑として結論。

石坂啓「一刻も早く選挙して欲しいと思いますよ。というのは、もうとんでもない事、強気で推し進めて強気でやっていたので、今一日も早く辞めてくれることで、本当に末端の危機的な、もう全然所得がなかったり、暮らが、助けが欲しいともう悲鳴に近い人たちを、一刻も早く救って欲しいと思う。あのーだって、今日明日が生きられるかどうか、今日自殺を考えている人を救えるかどうかそれくらいやっぱりね、あの危機迫ってると思うんです。切実だと思いますよ。」

首藤氏「完全に死に体なんですよ。だから早く選挙やって、どちらが勝利しようがね、ともかく早くリセットしない限り、このままズルズルズルズル日本の、、もう何もできないまま、ドンドンドンドン悪くなっていく。そんな感じですよね。」

北朝鮮問題に続く・・・

今回、首藤氏のお陰で、民主党は方向性が何も決まっていなくて、「政権交代」のスローガンしかないという事が、内輪話でよーく分かりました。[E:think]

ちなみに、首藤元衆議院議員は、小泉郵政民営化選挙の犠牲者だそうです。(苦笑)近々の総選挙では返り咲くのでしょうか^^;

できれば是非とも当選していただいて、当初の真の民主党とやらに勝手に戻って頂きたい。

愛川氏が、ポロっと「西川さんは、郵政時代の財務整理しただけなのに」と言ったのが印象的でした。

このメンバーは、二木氏以外、鳩山さんはどうしようもないけど、暴れて内閣がバタバタするのが楽しいって感じでした。

それにしても、首藤・石坂両氏の発言は、民主党が政権をとれば、貧乏人がいなくなり、自殺しようとしてる人が助かるような発言・・・・それは、ナイナイ

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年06月13日19:35メディアが報じないそうです。(西松事件)【愛川欽也パックインジャーナル】

【愛川欽也パックンイジャーナル】で、

民主西松問題第三者委 郷原氏に聞く のテーマより石坂啓、民主・首藤氏のコメントを中心にレポートしました。あと、愛川氏の地上波批判など。


「検察・報道を批判 党派危機管理失敗」の朝日新聞記事

まず、郷原氏が報道されないという所を抜き出し。

郷原「検察批判のところは、我々新たに事実を調査して、新たな事実を引っ張り出して批判したわけではなくて、今までの情報の確認をした。その指摘したことをメディアは報じない。

例えば、西松の関連団体から陸山会に渡った献金っていうのは、あの団体ができた95年当時からずっーと続いていて、ほとんどが時効にかかっていて最近のとこだけが検察に起訴されたと、ほとんどの人が思っているが、西松関連団体から陸山会への寄付は起訴された分だけ。2003年以前はない。それ以前は小沢さんが党首をやっていた自由党とか新進党の、政治資金団体に出された。政党の方に出されている。小沢さんが自由党を民主党と合併さるに伴って、献金の宛先が変わったということ。その処理をどうするかが問題になって、西松建設と書いたらいいのか、団体の名前を書いたらいいのかということで見解が異なっているということ。最初から西松のダミー団体を作る段階から、陸山会が関わっていたとは考えられない。そんなことはわかっていたはずなのに、新聞に書かれてない。」

横尾氏「これ、凄いことですよね。みんな我々今までそう思ってなかったですよ。」

郷原「もうひとつ、公表されている収支報告書に基づいて、一旦西松建設の関連団体がどんなところに献金をしてきたのか、自民党の議員だってたくさん貰ってるはず。それを全部明らかにしようとした。ところが、過去の分は分からない。2002年以前。

何故かというと、全く同じ名称の新政治問題研究会という政治団体が、同じ千代田区内に存在している。それは橋本龍太郎さんが代表。そこから毎年2億3億もの金が自民党の議員に献金されていた。だから西松の関連団体から、貰ったのか、橋本龍太郎さんから貰ったのか分からない。迷彩が施されてしまっている。むしろ西松の関連団体の最大の存在意義はそっちだったんじゃないか。

小沢さんの方は橋本さんからお金を貰うとは思えない。自民党側は橋本さんから貰ってるかも知れない。分からない。特定しようがない。そう考えると今回の事件ってどういう事件だろうという根本的な疑問が生じてくる。←報告書に書き、記者会見で話した事が全く触れられなくて「検察批判をした。」ということに」

愛川氏「今度の検察の動きって言うのは、選挙がらみで、権力者と地検が繋がってるとは申しませんが、ナンカの形で影響しあってるってことはありませんか。」

郷原「私はその可能性は低いと思っているし、そう信じたい。・・・・でも調べれば調べるほど普通じゃこんな事件は起訴しないんじゃないかというような事実ばかり出てくる。」

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━(略)

石坂啓「・・・この間の党首討論で麻生さんが、もうすごーくもう大威張りで、その国民が今関心があるのはこの西松事件のことです。って何回繰り返したか分からない。(最大の関心事)もう我々は思いっきりドン引き状態ですよ。

で、さっきの小沢さんがですね、この嫌疑がかかった時にですね、その後に自民党にまで及ぶだろうと、小沢さんの一例だけではなくって。それは思い当たる人たちいっぱいいるだろうと。だって続きがあるつもりだったのにそこで終わっている。で逆に穿って考えるとですね、麻生さんがそんなに強気だと言うことは、これ以上はもう捜査はさせないというような、なんかそんな事があるのかなぁ。という風に私は穿ってみていました。あの、何故行かなかったんでしょうね。」

郷原「何故行かなかったのか。このまま全く行かないのか。私は断言はできない。ただひとつこの報告書の中で指摘していることは、自民党の議員の側に犯罪が成立するかどうかってことに関しては、西松建設の関連団体の実体を知っているかどうかってことが問題。これが陸山会の側と自民党の側で認識が異なっている可能性が全くないわけではない。でも西松建設の側から西松建設が献金をしたことが犯罪になるかならないか、認識は変わらないはず。ところが自民党の議員は起訴猶予になった。犯罪が成立するってことを認めている。・・・・

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━(略)

郷原「今回のことで、民主党に対しては、率直に反省しなさいってこと。そういう風に問題提起することもできなかったし、党首が総選挙の前に辞任するに至ったってことは民主党の責任だと思う。ちゃんと対応できなかった。それが小沢さんの個人の立場と投手の立場を区別できない。・・・そういうことを反省して、とんでもない目に合わされたという被害者的な観点でなく、制度的な問題について、きちんと取り組んで前向きに考えて欲しい。」

・‥…━━━‥…━━━・‥…━━━(略)

首藤信彦「今、私引っかかったのはね、この点に関して民主党は反省している。という話がありましたが、大いに反省していますよ。そりゃもう反省してます。

それは問題に対しての民主党のもっと大きなテーマで、しっかりと追及できなかったということもあるし、民主党の組織論って言いますかね、やはり小沢さんも自由党から入って来られて、その軍団を率いて入ってこられたわけですから、それをしっかり組織的にクリアにできなかったという、そういう反省もまたあると思うんです。

ひとつお聞きしたいのは、日本は三権分立と中学ぐらいで教わってそうかなぁと思ってて、現実に今回の事件でよく分かったことは、日本は三権分立じゃなくて、三権癒着で、まさに検察とか警察とか裁判所とか本来ならば政権政党と離れて、ある程度の中立性を持ったものがあるべきだと思ってて、またあるだろうと考えてたけど、全然違って、これ今おっしゃったようにね、もう単なる政権の用具なんですよね。その組織としての用具なんですよね。そうすると郷原さんの専門的な立場としてあるべき中立性、あるべき検察のシステムっていうのはどういうものが考えられるんですか。」

郷原「・・・・政治と検察とメディアとの三者が、バランスの取れた権力を持っていないといけない。ですから今回メディアが検察に対してきちんとした報道をして、場合によっては批判してということを役割を果たしていたらこんなことにはならないし、政治の動きだって違っていたと思う。・・・」

メディア批判の議論。ここで郷原氏は退席。その後愛川氏の検察・権力論

首藤信彦「愛川さんは検察が暴走した事件だと言うが、私は政治が主導した事件だと思う。私達は近々選挙がありますけど、民主党対自民党の戦いだと思ってましたけど、そうじゃないです。

自民党プラス今までの官僚も含めて、50年間の政官業の癒着の構造。全連合軍対民主党の戦いなんですよ。これはもうハルマゲドンですよ。もう本当に。これまで検察をいろいろと動かしてきたわけですよ。政権がね。

そして今まさに動かそうとして、今回たまたま小沢さんの事件ですけど、例えば今問題になっている郵政省のDMの事件もあるし、今いろいろ話を聞くと各省庁で民主党の議員が、どんな圧力をかけてきたかという聞いてるらしいんです。ほっんとうに今度の選挙ってのは総力戦で、私達が選挙に勝つだけと言っているんじゃなくて、50年間の歴史そのもので、

私は小沢さんが追い詰められたって言うのは、やはり小沢さんの発言、例えば第七艦隊だけで十分だとかね、アメリカに対する刺激とか、大使を呼びつけて放っておいたとか、そうしたアメリカの圧力も含めて50年間のアレがここに集中して、ここまでやらなければいけないと政治が決定したんだと思いますよ。」

この民主・首藤氏の発言は愛川氏以下全員が嘲笑気味。

田岡氏「今回の事件はね、自民党は騒ぐとね、ダミーを使った献金ってのは山ほどあるんだから、あれ本来は騒ぎにしたくない類の話で、どちらかと言えば自民党も。」

このあと、何故自民に及ばないか、検察の行き詰まりとメディアのあり方の議論をグダグダ。

愛川氏「多くの大衆は新聞を読んで、、勉強しているわけじゃないんです。つまり、地上波なんですね。そのことをどっかで皆さん自身も考えてもらいたい。そのことは本当に大きいんです。・・・・・テレビのね、その力を利用して、利用されるテレビのほうもホイホイ出して、テレビに出れば当選するって言うような、日本のメディアの中心が地上波になっているっていうことをね、考え直さないと。」

横尾氏テレビがイメージを作っちゃうんですよね。小沢さんは悪人だーとかね。」

田岡氏「アメリカのテレビはジャーナリストがやってますけどね、日本のテレビは芸能界に近いようなとこがあります。」

愛川氏「近いなんてもんじゃなくて、どっぷりですからね。」(略)


愛川氏「・・私は、今の地上波を試験放送の頃からやってるけど、今の地上波ってのは本当、情けないよ。そう思わないですか石坂さん」

石坂啓「喋ってもいいですか。喋りたいこといっぱいありますよ。暴走しそうですけど、・・こっちの番組(パックイン)を地上波でやって欲しいですよ。私。わたし的には。うふふふふっ」

愛川氏「この番組は、地上波で絶対にできない。」一同爆笑


きりのいいところで、後半に続く・・・後半はまた間違った歴史認識が出てきます^^;

この首藤氏は、イラク戦争の頃のパックインで、奥大使と書記官が殺害された事件を、アメリカの誤射だと決めつけ、何週にも亘ってこの番組で検証していた人物。何をかいわんや。思い込みが激しい人の議論はエスカレートして怖いです。(苦笑)

昨日の報道ステーションのコメンテーターの堀田力さん(同第三者委メンバーで元検事)は、古館氏の質問に、

「郷原さんの話は次元が違う」「小沢さんだけ逮捕されたのは断トツで悪質だったから。」「国策捜査ではない。」と、空気読まずに答えてましたね~

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   




2009年06月12日11:03偏向番組ベストスリー

どうしようもないワイドショーは数々あれど、私が今チェックしている番組は、大体絞れてて、

朝日ニュースターの【愛川欽也のパックインジャーナル】と、テレビ朝日の【やじうまプラス】です。あとたまにテレ朝【スーパーモーニング】。

これらは、局の意向に沿った、そういう思想のコメンテーターだけを配置して、そういうコメントを垂れ流しの番組だと思うから。公平・公正な放送をしないのは放送法違反です。

麻生総理の悪口・人格攻撃が多いし、どう見ても、反政府番組だと思います。
権力を見張るなんて崇高なレベルじゃ全然ないです。


特に、自称日本一分かりやすい絶好調のトーク番組 【パックイン】は、も垂れ流し。

ちょっと思い出しても・・・「日本は世界から嫌われている」←ウソ

「安倍さんは下痢で逃げた」「麻生さんは度胸がない。総理になりたかっただけ。しがみついてるだけ」等々

「従軍慰安婦」「南京」「植民地」の話題で、日本を貶める。

あと、「拉致問題は日朝関係にとって、とるに足らない問題」とか、たっぷり支援して日朝国交正常化しなければいけないとか。

極めつけは、天皇陛下を「天皇」と呼び捨て。「憲法九条」は死守の姿勢。

政権交代の為の番組だと言い続けてる。

・・そんな、地上波ではありえない偏った朝日ニュースターの番組ですが、明日は



民主西松問題 第三者委郷原氏に聞く

<コメンテーター>
田岡俊次(朝日ニュースターコメンテーター)
首藤信彦(東海大学教授)
二木啓孝(ジャーナリスト)
石坂 啓(漫画家、作家)
横尾和博(社会評論家)


石坂啓、あの発言でひっぱりダコですね~

本当はあの人とあの人は、顔見るだけで吐き気くるんだけど、我慢してレポートします。(苦笑)

日本嫌いの人が集まると邪悪な空気が漂います。

それにしてもスゴイ面々です

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   





2009年06月11日17:21韓国人も呆れた テレ朝の誤報(笑)

お昼の【ニューススピーク】を見ていたら、次のように報じていました。

「テレビ朝日が昨日、独自入手したキムジョンウン氏とする写真は、韓国でも一斉に報道されましたがその後、インターネット上に掲載された韓国人男性の写真と非常に似ている事が分かり、男性本人が自分の写真だと認めました。」

019

020

021

022

023

024

025

026

0221fefa.jpg


で、これはタイヘ~ン♪  とテレ朝の【ワイドスクランブル】を観たら、


029大下アナ昨日・・ジョンウン氏と見られる写真を入手したというニュースをお伝えしました

しかしその後の再確認の結果、キムジョンウン氏とは別人である可能性が極めて高いという結論に至りました。

視聴者の皆様、関係者の皆様に誤解を与えましたことを深くお詫びいたします。」

大和田氏「さっ、次のニュース・・・・」(何事もなかったかのように次の話題へ)

 

えーーーーっ、ここだけ

昨日、リアルで観たんですよ。ジョンイルの元料理人をゲストに呼んで、スクープだと何十分もコーナー組んで、やってました

この写真、ネットで入手したんですよね(フジテレビによると・・)。
どういうルートのスクープだったのでしょう。

ワイドショーなら、そこのとこ報道しなくちゃダメなんじゃないでしょうか。

それにしても、人の揚げ足取りには必死だけど、自分のミスはどう責任取るのでしょう。

ひょっとして、これでオワリ?? これ韓国一般男性にどう謝罪するつもり??

その後のことも、もちろんちゃんと報道しますよね。だって、それがマスコミの仕事だもん。 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   





2009年06月11日11:07「マンガ」!【NHK クールジャパン】

昨日のクールジャパン(再放送)のテーマは、「マンガ」

005 スタジオの外国人、自分の国で「日本のマンガ」は全員知っていたけど、

もともと世界のほとんどの国が、マンガは子供が読むものという位置づけなのだそうで、

外国人が見た日本は、電車でマンガ本読んだり、

ケータイマンガを読んだりしてて、そこら中に漫画が溢れて、

老若男女が読んでるから本当にびっくりなんだそうです。

.


種類豊富なマンガ

006 マンガ大国日本の出版物の約4割がマンガ

多種多彩ジャンルも恋愛モノ・動物モノだけじゃなく、
統計学とか微分積分・フーリエ解析・哲学書入門・・・

など専門書に至るまで多種多彩。


日本はまさしく「マンガの国」だと思ったそうです。

各国マンガの主流は、アメリカ・カナダはヒーローもの

フランスは事件ものやファンタジー。ドイツはアングラ系。チュニジアは新聞の風刺漫画。ブラジルは子供向けの冒険もの
イスラエルは・・・マンガ文化なし

009

とにかく日本のマンガのその種類と、
絵の繊細さ、長さに驚くらしい。
そしてそれが欧米にウケて広がっている。

特に、アメリカでは日本の女性向けマンガは確実にウケて市場を広げ、
フランスのマンガは14、5歳位にならないと読まないので、
子供の需要を満たすために、日本のマンガが人気とのこと。



010

だけど、日本で政府機関とか警察の広報、
公共の冊子もマンガが多いのは、

大人なのに馬鹿にされているようだとスタジオでは不評。.

それと専門書のマンガは、翻訳したら外国で売れると思うけど、

文学書のマンガは賛否両論でした。





で、ドイツ人が「記憶にとどめておく必要がありますが、

日本は新しい媒体を作った国なんです。
インターネットはアメリカで生まれ、マンガは日本で生まれました。

マンガは親しみやすいものだし、日本人が生み出すマンガは、想像力に溢れていると思います。」発言に感動~

慶応大学の中村伊知哉教授の解説 「外国のマンガは基本的に子供のもので、日本は文化として大人と子供の線引きが曖昧。
だから大人の読むマンガ文化も発達。12世紀の鳥獣戯画の頃から庶民の映像文化として育ってきた。」


日本式マンガの作り方

012 マンガの売り上げ日本一の集英社で、

人気漫画家(キングダムの作者)と
その編集者の仕事ぶりを密着取材。

中国への取材旅行、綿密な打ち合わせ、構成のダメ出し。
その他のやりとり・・・、

漫画家の部屋など興味深かった。
例えば、まつげ一本の直しとか。

この辺の漫画家と編集者の二人三脚の作品製作が、
日本式のマンガの作り方の特徴なんだそうです。

あと、新人発掘のやり方も興味深かった。厳しいダメだしとか。

011

北米のマンガは、物語を作る人、絵を描く人、編集者全て分業で、

日本では最初から最後まで二人で協力して作り上げるということです。

ブラジルはひとりで。フランス・ドイツの編集者はマーケティングしかやらない。

でも最近は日本式マンガの作り方を取り入れているそうです。

そもそも独自の連載マンガ雑誌自体がアメリカ・韓国にはほとんどないそうで、

カナダ人「日本人がマンガ雑誌をポイ捨てするのはおかしい。マンガは芸術だと思っているので決して捨てません。」  ブラジル人「(日本は)多すぎるのよ。」  イスラエル人「私は以前電車内に捨ててあるマンガ誌を拾っていたんです。弟に送ってあげようと思って・・今はしませんけど」の会話はちょっと面白かった。

解説 「日本式マンガの作り方は、週間のマンガ雑誌がたくさん出てきて、出版のサイクルが短いのと、需要が高いからたくさん作らなくてはいけないので、クオリティーを保つ為に編集者のプロデューサー的な生産システムが出来上がってきた。」

015 今やマンガが社会に与える影響も大きく、ドラマの3割はマンガが原作で、

「のだめカンタービレ」でクラシックCD売り上げが増えたり、
「カバチタレ」で行政書士の志願者数が二万人も増えたり、アメフトブーム・囲碁ブームなどなど・・

海外では、有名なとこではフランス(チュニジアとかも)で「キャプテン翼」が起こした大サッカーブーム。(有名なのはジダン)。

ただし日本のマンガだと気づかず^^;

韓国では今、「神の雫」でワインブームが起こり、テーブルマナーを勉強してるそうです。

解説 日本のサブカルチャーが今や日本文化の中心になっている。そこに才能を持った人材が集まってきた。そこから娯楽だけでなく情報、文化、社会的ムーブメントを出す力を持ってきた。それが海外にも広がって北米ではここ六年の売り上げが、八倍以上の伸びを示し、日本のマンガが大きな市場を持つブーム。浸透力を持つ優れたコンテンツ。


大学のマンガ学部

016 最後に京都精華大学の漫画学部を取材。

その基礎・(陰影のつけ方・コマ割りの仕方・視線誘導)作業の仕方もおもしろかった、

その学部長があの竹宮恵子先生☆

授業風景は、技術者ではなく作家を育てる為の、漫画の歴史の講義。

単に絵が上手なだけではなく、独創性があり商業的に成功するように考えているとのこと。

「まんが道」をスライドで写し、竹宮先生自ら講義など。あとは京都マンガミュージアムの様子とか。

レポートしたイスラエルの女性は「マンガの歴史や脚本の授業がとても興味深かった。マンガ家は、絵を描くだけではダメなんだとわかった。マンガ学部を持つとしたらそれは日本しかない。日本にはマンガ文化があるから。」との感想でした。


解説 日本はマンガが単なる娯楽作品というだけじゃなくて、学問として研究対象のひとつになってきている。

018 この日のベストオブクールは、

もちろん「種類豊富なマンガ」でした。








編集者と二人三脚の日本式マンガの作り上げ方、
というのが面白いですね。

そういえば精華大学には、
マンガ学科だけでなく、

アニメーション学科と
マンガプロデュース学科(編集者育成)があるんですよ。



私の中学時代に理数系のマンガがあったら、もっと賢くなっていたかも!と思いました。(笑)

とにかく日本のマンガを語らせたら、外国人もきりがなく、書ききれませーん。
すごいパワーでした。


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
 ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく